哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

教祖のような言葉

2017年07月13日 | yyy58生物学の中心教義について


しかし現代生物学の父祖ともいえる業績を残したクリックの教えはまさに偉大な教義とも言ってよいでしょう。自分が基礎を作った学問が巨大な科学に育っていくことを見越して、彼は、教祖のような言葉を残してみたかった、と言えなくもありません。








拝読ブログ:

【野際陽子さん逝去】あえて、『溺れる魚』を思い出そう



拝読ブログ:

社内SEだって向き不向きはある



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宗教で使う信仰の原理 | トップ | 秘密の教義 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。