哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

人の目的を読み取る

2013年10月31日 | xxx6目的の起源

原始生活においては、仲間の人間や敵や獲物や家畜や猛獣の動きに対してそれらの持つ目的を読み取りながら必要な対応行動をとることによって、うまく栄養供給システムにつながることができたからでしょう。現代においても、私たち人間は、仲間の人間や敵の人間や獲物としての人間や家畜や猛獣に似た人間たちを相手に彼らの目的を読み取りながら、願ったり祈ったり交渉したり闘ったり操ったりして毎日の生活を維持しています。

拝読ブログ:JUGEM ブログのお題 | 目的地に大行列発見!ならぶ?帰る?

拝読ブログ:「柳田国男 山人論集成」を読む 蘭鋳郎の日常/ウェブリブログ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原始生活-現代

2013年10月30日 | xxx6目的の起源

Gustavemoreaugalaetia それは、人類の文明以前の原始生活においてまさにそうでしたが、文明のまっただ中に生きている私たち現代人も、同じように、そう思っています。

拝読ブログ:木村俊道『文明と教養の〈政治〉──近代デモクラシー以前の政治思想』: ものろぎや・そりてえる

拝読ブログ:「イチ、ニ、サン、イッパイ」の算数と分配代数 - 檜山正幸のキマイラ飼育記

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目的論的、意図的行動

2013年10月29日 | xxx6目的の起源

さて、拙稿の見解では、人間にとって世界はまず目的論

に意図的行動によって推移していくような構造を持っている。目的を持って意図的に推移している世界あるいは人々、社会に対して、私たちはおおいに感情を働かせて、願ったり祈ったり交渉したり闘ったり操ったりしながら、毎日を暮らしている。そういうような世界に、私たちは生きている、と私たちは思っています。

拝読ブログ:「はじまりはいつもA線~バイオリン日記~」

拝読ブログ:下されるジャッジに対するブルー 2013 J2リーグ 37節 ザスパクサツ群馬 VS 京都サンガ - Take it easy

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

因果論による現代科学

2013年10月28日 | xxx6目的の起源

Gustave_moreau_x 因果論によるこのような考え方は当然、大昔からあって、人が物質や道具を操る場合にはもっぱら使われてきました。現代においてこれが洗練された先端に現代科学があります。人間の身体に関しても人がそれを物質としてみなす場合〈医学など〉や道具として使用する場合〈スポーツなど〉は、この考え方が使われます。

拝読ブログ:日進月歩の人間科学(続x32)(その7) | 防衛省OB太田述正の日本はアメリカの属国だ

拝読ブログ:(166)ハネケ映画を通して現代を考える(14)セブンス・コンチネント後編・・・考えないことを強いる社会で今求められているもの(特定秘密保護法案) - ドイツから学ぼう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

状態の決定論

2013年10月27日 | xxx6目的の起源

空気の分子の現在位置と運動量から次の瞬間の風速方向と風量が決定する。そうして風は、だれの意志にもかかわらずに、吹く。

そうだとすれば、この身体も風が吹くのと同じように、自然現象として動いていることになるから、意志を使ってそれを操縦している私という主体が存在すると言わなければならない理由はありません。(拙稿24章「世界の構造と起源(19)

拝読ブログ:決定論とランダム理論。。。 - ☆*:;;;;;:*☆ 北海道発 ☆*:;;;;;:*☆ - Yahoo!ブログ

拝読ブログ:心の唯物論は決定論でなければならないのか。 - まじめに考えるヒント 身近な哲学入門 - Yahoo!ブログ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加