哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

死んだらナッシング

2013年01月31日 | xxx3現実に徹する人々

Henri_rousseau__the_football_player 人はだれも自分がかわいいだけで、口では何ときれいなことを言っていても、実は自己利益や自己顕示を求めている、と思う。

神様なんていない。信仰や道徳や法律や自由平等はまやかしである。愛とか誠とか心の安らぎとかは嘘。そんなものがこの世にあると思っている人は錯覚しているか、だまされている。天国も地獄もない。死んだらナッシングだ。世間の人間関係も、一皮むけば食うか食われるか、弱肉強食。競争に負けて食われるか、事故か病気で身体が壊れてしまえば人生はおしまい。人はそうして死ぬしかない。

拝読ブログ:「生きているうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」 - 東京散歩研究5 - Yahoo!ブログ

拝読ブログ:徒然写心 生きていて。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分の感覚だけ

2013年01月30日 | xxx3現実に徹する人々

こういう人は、自分の感覚だけを信じている。

世界に関しては物質的、物理的な力だけを信じる。現代の科学、医学は信頼する。暴力や武力や権力は感覚的に感知できるから信じる。そういうものが現実だと思う。人の言葉は信じない。人のうわさは信じない。テレビや書物や先生の言うことも信じない。人が言ったり書いたりすることの半分は嘘だ、と思っています。

拝読ブログ:笹子トンネル、京都駅ー日本人の労働モラルは高い - 鬱病患者の現代日本幻聴幻覚大全集

拝読ブログ:境界例ガールのサクセス日記。 - 「まだ死ねない」という命への執着。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一見ふつうの人

2013年01月29日 | xxx3現実に徹する人々

  

Rousseau001
一見ふつうの人なのに現実に徹している人々。そういう人の人生に対する考え方はどうなっているのか? 仲間とも仲良さそうに見えます。宗教行事など適当に参加している。モラルについても会話や行動では仲間に合わせています。しかしもちろん、現実に徹している人ですから、宗教もモラルも実は信じていない。<o:p></o:p>

 

<o:p></o:p>

 

 

拝読ブログ:支配者は、一見正しく愛情深そうな人に見える - yuhka-unoの日記<o:p></o:p>

 

拝読ブログ:たけちゃんPAPAの独り言: 負担増に参ってしまいますね<o:p></o:p>

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

隠れる人

2013年01月28日 | xxx3現実に徹する人々

エリートでないふつうの人々。名もなく黙々と毎日のルーティンワークをこなしている人たち。こういう多数派の人々は、ふつう、常識的な人生観を持っています。親と同じようにこつこつと働く人生を過ごし、子や孫を育て、周りの人たちと仲良く生きていきます。誠実に人々と交際し、仲間との間に共感や同情を持ち、助け合うことができます。

特定の宗教の信者であったりなかったりしますが、いずれにせよ、自分として誇れるモラルはしっかり持っています。義理人情、人の気持ちや感情を無視してまでも現実に徹する、というような考え方はしません。しかし実は、こういうふつうの人と同じと見える人たちの中に、少数派ですが、現実に徹する人が隠れていたりします。

拝読ブログ:【コーギーを探せ!】写真のなかにコーギーが隠れているよ! どこにいるか見つけてほしいワン | ロケットニュース24

拝読ブログ:/// 持ち歩きに便利な「幸せの湯村温泉『隠れハートを探せ』 」A5のチラシが出来ました。 /// : 朝野家スタッフのblog

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

非エリート層

2013年01月27日 | xxx3現実に徹する人々

Henri_rousseau__the_football_player

非エリート層

さて一方、エリートでない人々の中にも現実に徹する人は、もちろん、います。実際、エリート層ほど割合が高くはないけれども、けっこう多そうです。職人、兵隊、主婦などにもいそうです。しかしこれは、理論としては、ちょっと分かりにくい現象です。

拝読ブログ:エリートビジネスマンが仏教に集うワケ: がんばれ!iMindMap Ultimate

拝読ブログ:左翼エリート文化: よたろうさんのネタ保管箱

コメント
この記事をはてなブックマークに追加