哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

人類の知識の極限

2013年06月30日 | xxx5人間は真実を知ることができるのか

Manet_edouard__berthe_morisot_1872 このように物質の微細構造から大宇宙の生成と歴史までが、幾何学や方程式を用いて、定量的に解明されているということは、ようするに、現代人は科学およびその他の知識を総動員すれば、原理的には、すべての真実を知ることができる、ということではないのか? そうも思えます。宗教家からは、神を恐れぬ人間の傲慢、と叱られそうですが、実際、人類の知識は、どこまでも広く深くなっていくことができるのでしょうか?

拝読ブログ:あまり苦しまずに経験という大切な力を得る方法 : ITスペシャリストが語る芸術

拝読ブログ:未来人類の顔はこうなる/イケメンの画一化/死んでも人間は生きている/ロズウェルUFO宇宙人 - 民族学伝承ひろいあげ辞典 - Yahoo!ブログ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

現代科学

2013年06月29日 | xxx5人間は真実を知ることができるのか

現代物理学は宇宙の謎を解明した。物理学者は宇宙の生成と発展の法則を数式で描く事が出来ます。この法則から宇宙に存在する物質とエネルギーと時間と空間の構造が分かります。またそれらの科学理論に天体観測の実測値をあてはめて逆算すれば、宇宙は百三十七億年前に生まれたことが分かります。

現代生物学はまた、生命の神秘を解明しました。生命現象は、核酸とたんぱく質からなる精妙な物質サイクルが数百万年の単位で漸進的に進化していく物理化学過程として、生体分子の立体構造の中で原子間結合が変遷する細密な動的過程が分かってきています。

拝読ブログ:現代科学では物事の因果関係を証明できないから、科学的論争は決着しないが、自己防衛の選択肢は存在する Behind the Days/ウェブリブログ

拝読ブログ:科学史の「ギリシア好き」 Pingree, "Hellenophilia versus the History of Science" - オシテオサレテ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

知る知らない

2013年06月28日 | xxx5人間は真実を知ることができるのか

Edouard_manet_toter_torero 人間だけが物事を知っているとか知らないとか言える。人間以外のものは、そもそも、物事を知る知らないという概念がない。古来の哲学、認識論ではそうなっています。

拝読ブログ:1日1ラッキー:知らない世界を知る - 10年寝たきりからでも元気になれる!。*☆あきごころ。・*☆

拝読ブログ:知識の源泉 - 知らないことを調べるブログ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百科事典は火星を知っている?

2013年06月27日 | xxx5人間は真実を知ることができるのか

火星人は火星を知っているのではないか?

最近のロボット探査機は火星をくまなく探査しましたが、残念ながら、火星人はいませんでした。そのロボット探査機は火星をよく知っているのではないか?百科事典には火星の記述があるから、その事典は火星を知っているのではないか?いや、そういうのは、単に人間が火星に関する知識をロボットのコンピュータや事典に書き込んだだけで、書き込まれたコンピュータや印刷物が火星を知っているとは言えないような気がしますね。

拝読ブログ:悪口事典: 限りなく啼鵬

拝読ブログ:今度の日曜日はスーパームーン

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第四惑星

2013年06月26日 | xxx5人間は真実を知ることができるのか

Edouard_manet_lexcution_de_maximili 望遠鏡カメラで火星を撮影してブログに掲載することができる。あるいは、「火星は太陽系の第四惑星です」と人に言うことができる。「最近、NASAが火星探査機を着陸させたよね」と人に言うことができる。あるいはJAXAのプロジェクトマネジャーになって、火星往復宇宙船を建造することができる。などなどのことができる人は火星を知っている、といえます。

人間以外の動物は火星を知らない。これは間違いありません。チンパンジーが火星を知っているはずがない。動物に限らず人間以外に火星を知る者はありません。

拝読ブログ:太陽系の惑星運動シミュレーションと分子動力学計算のスケールを比較 - 生物物理計算化学者の雛

拝読ブログ:「宇宙、太陽系、地球、そして生命 ~第二の地球はあるか~」 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 阪本成一教授の講演を聴いて・・・: つれづれログ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加