哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

現実を言葉で聞き取る

2016年08月25日 | yyy52私はなぜ新聞を読むのか


身の回りに広がる現実を言葉で聞き取ることで、私たちの身体は安心を得る。そのような機構が人間の身体に備わっているとすれば、そこに現代の新聞、テレビ、あるいはインターネットがなりたっている、といえます。







拝読ブログ:

金のバド松友が持つ勝敗「超越した優しさ」にすごみ



拝読ブログ:

島津亜矢「糸」と、親友K君の思い出 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幻想や精霊の動き

2016年08月24日 | 0プロローグ


さらに原始時代、人々は事実と幻想と伝説が入り混じった現代人には不可解な世界観の中に生きていたと思われます。そこでも毎日、伝聞や幻想や気象や精霊の動きを見聞きして身の回りの変化をつかんでおくことは重要だったでしょう。







拝読ブログ:

覚悟を決めた大人達のいる「シン・ゴジラ」に碇シンジは必要とされない



拝読ブログ:

「ポケットモンスター XY&Z」で印象に残っているシーンとそれを見た感想



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怪しげな情報源

2016年08月23日 | yyy52私はなぜ新聞を読むのか


たとえば江戸時代、村や町には寄合というようなものがあって、人々は情報交換、つまり噂やゴシップを楽しんでいたようです。人事情報、犯罪のニュース、物価相場、あるいは宗教的な説教や道徳教育もあったかもしれません。今の新聞に書いてあるような種類の情報を、それらの集会あるいは辻の立ち話で見聞きしていたのでしょう。それは現代の私たちの見方では、不正確な怪しげな情報源ですが、そのころの人々には現実そのものでした。








拝読ブログ:

トーキョーショー



拝読ブログ:

女性芸能の源流 傀儡子・曲舞・白拍子


コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

潜在的に受け入れる体質

2016年08月22日 | yyy52私はなぜ新聞を読むのか


新聞などなかった江戸時代、あるいは室町時代の人は、現代の新聞のようなものを受け入れる体質を持っていなかったのでしょうか?分かりません。さらに昔の文字がない原始時代の人々の身体であっても、潜在的には、新聞のようなものを受け入れる能力があったのでしょうか?









拝読ブログ:

腐れ縁 ホントに腐っているならもう離れる時期



拝読ブログ:

楽しいゲームと楽しくないゲーム 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

理論では解明できない

2016年08月21日 | yyy52私はなぜ新聞を読むのか


なぜ紙の新聞が読まれるのか?単なる習慣なのか?どうも、そうではないらしい。
根本のところが、なかなか理論では解明できません。どうも私たち自身が分かっていない不思議な理由によるのではないでしょうか?それは感覚的な、身体的な、身体の深いところにあるメカニズムではないか、という気がします。










拝読ブログ:

欧州民族は貧困時代の歴史を捏造し、中世以降に優れた民族を演出する



拝読ブログ:

第62回ノーベル物理学賞 レフ・ランダウ「凝集系の物理、特に液体ヘリウムの理論的研究 」 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加