哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

止まらない進軍が有利

2016年05月24日 | yyy51侵略する人々


フン族の大侵略は、アッティラ大王という軍事の天才カリスマのもとに成立していたシステムであったので、大王の死によって求心力を失い、離散してしまいました。しかしローマ帝国の弱体化という時代環境では、フン族に限らず、軍事的連合が成り立つ限り、大きな遊牧騎馬軍団にとっては略奪しながらの止まらない進軍が有利で、占有が済んだ地域の守りは不利です。







拝読ブログ:

角栄の高速道路構想



拝読ブログ:



たくさん宅会@鶴見




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

首都に迫る

2016年05月23日 | yyy51侵略する人々


一方、この時代、先述したようにローマ帝国の栄養補給システムは破綻しつつあります。弱体化したローマ軍は長大な国境線を守り切ることができません。防衛のために雇ったはずの傭兵軍団が反乱し、不法移民が定着し、各地は無政府状態になっていました。騎馬を活用し機動性の高いフン軍団が、その防衛線を突破して主要都市を陥落させ、首都コンスタンティノープルあるいはローマに迫ることはそれほど困難ではなかった、と推測できます。







拝読ブログ:

東工大・集う文系の達人



拝読ブログ:





「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連戦連勝の側

2016年05月22日 | yyy51侵略する人々


アッティラ軍団の進軍路上にあって、対決して侵略されるか、服従してともに隣地を侵略するか、どちらかしかないとなれば、侵略するほうに就く。その結果、連戦連勝の側に加われれば士気は上がります。侵略軍団は大きくなり戦意は高い。逆に敵は委縮する。ますます楽勝です。どこまでも侵略軍への参加者は増えます。桃太郎と同じです。






拝読ブログ:

FM津田沼〜湾岸スカイライン 5月20日放送



拝読ブログ:

2016/05/15ロジカリストエクストラミーティング博多




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アッティラの軍団の諸部族

2016年05月21日 | yyy51侵略する人々


東西ローマ帝国に襲いかかったアッティラの軍団は、中央アジアから黒海周辺、東北ヨーロッパにかけてフン族に連携追従してきたアラン系、イラン系、トルコ系、スラブ系、ゲルマン系等の諸部族から成り立っていました。つまりアッティラの進軍行路上に居住していたすべての部族が進軍に参加しています。これらの諸部族はスケールメリットを求めて大軍団に参加したのでしょう。






拝読ブログ:

あえて失敗を犯す日本人 / 破綻への道は善意で出来ている



拝読ブログ:


アイヌ民族?大和民族?日本の原住民は一体誰なのか?海外で議論に(海外反応)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

軍政の天才アッティラ

2016年05月20日 | yyy51侵略する人々


五世紀になると、このフン軍団は周辺の遊牧民を糾合して、ドニエプル川からドナウ川にかけて侵略を繰り返す大軍事勢力になります。ここで侵略の対象として、ドナウ川の対岸に広がる最高の文明領域、東西ローマ帝国にひきつけられていくのは当然の成り行きでしょう。獲物が大きければ大きいほど仲間を呼び集めやすい。その原理に気づいた軍政の天才がアッティラ大王だった、といえます。






拝読ブログ:


リッカルド・ムーティ指揮|日伊国交樹立150周年記念コンサート



拝読ブログ:


鶴田浩二「男たちの旅路」水谷豊桃井かおり山田太一 )



コメント
この記事をはてなブックマークに追加