星・宙・標石・之波太(しばた)

星、宇宙、標石、之波太(しばた:柴田)をこよなく愛するサイト。

宮城県蔵王自然の家「秋の夜長の星空観察会」

2017-10-14 23:58:40 | 
今年の夏、宮城県蔵王自然の家での星空観察会(雨天でした)終了時、秋に「満喫!蔵王の秋」
の事業を行うのでその中に「星空観察会」があり講師をお願いしたいとの依頼がありました。


開催要項

何度か担当者から電話連絡があり、必要書類、準備物等の確認がありました。
その際、何人の応募があったか聞いたところ38組96人とのことでした。

朝から曇り空、天気予報の芳しくありません。
午前中:自治会の行事、午後一番:しばた歴史観光ガイドの会定例会。
夕方、蔵王自然の家に向かいました。蔵王町役場付近で時おり晴れ間が見えます。
ひょっとすると、と思いながら向かいました。
現地についたらやはり曇り空。
担当者と挨拶もこそこに、準備を進めます。
中央ホールにてスライド上映の準備を完了させ、玄関近くのロータリーに望遠鏡をセットしました。
スライド上映の途中で晴れたら、すぐ天体観察を行える体制を整えるます。

「秋の夜長の星空観察会」
蔵王の澄み切った夜空に輝くきれいな星々。専門家の話に耳を傾け、ロマンチックなひとときを
過ごしましょう。

開会前の会場の様子

開会の挨拶
天気の回復が見込めないので月と星の話をします。
小学生低学年もいるので、ゲームを入れます。
グループ、野外炊飯した8グループに分れ、星座の名前を紙に書いてもらいました。

今日の午前から活動したばかりの親子がみんなで星座の名前を思い出し紙に書いているところ。

5分間で書いた星座名の個数:30~23個
ここで88星座を上映します。
合っていた星座数を数えてもらいます。
下の段は、合っていた個数:28~21個
最も多く正解した4班の児童5人に記念品を差し上げます。
「ピザ:ぴ座」、「ギョウザ:ぎょう座」「ライオン座」などの珍答もありました。
最後に質問タイム、「月は自転しているのか?」「宇宙人はいるのか?」「JAXAに入るには?」
などが寄せられました。
予定の時間となり、終了です。
今回は雨が降らないもの星が見えませんでした。
今年の蔵王自然の家は2敗です。
片付けを始めたところ、雲間に星が少し見えます。
子どもたちは次の行事を行っているので自然の家先生方に少し見てもらい帰路につきました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加