星・宙・標石・之波太(しばた)

星、宇宙、標石、之波太(しばた:柴田)をこよなく愛するサイト。

名取市下増田公民館

2017-09-23 23:54:24 | 仙南地区
名取市下増田公民館において、NPO法人生涯学習実践塾の講座が9月16日開催されました。

残念ながらこの日、管理人は青森県八戸市において天文教育普及研究会東北支部研究会が開催され
たので欠席しました。
前日(15日)の夜、準備を行いました。



展示風景
古地図、空中写真、皇国地誌等貼り付けています。

歴代の村長、館長の写真がありました。
下増田地区に、星仲間がいます。
電話したところ農作業が夜遅くまであり、来れないということでした。
翌日、夕方電話があり、下増田公民館に行き、古地図コーナーを見てきたという。
管理人の思わぬ一面を見て関心したという。

今回、下増田公民館で名取市の旧村毎の公民館での講座は終了となります。
閖上地区は東日本大震災で壊滅的な被害のため、住民が戻っていません。
小・中学校は他地区に移転しています。
今回に閖上公民館分を入れています。

名取郡の変遷(名取市分)
藩政時代:北方・31村、南方・30村

●明治22年4月1日、町村制施行・合併:6カ村
東多賀村:閖上浜、小塚原村、牛野村、大曲村、高柳村
下増田村:下増田村、杉ヶ袋村
増田村:増田村、田高村、上余田村、下余田村、手倉田村
高舘村:吉田村、熊野堂村、川上村
愛島村:塩手村、笠島村、小豆島村、北目村
館腰村:飯野坂村、植松村、堀内村、本郷村

●明治29年6月30日
町制施行 増田村 → 増田町

●昭和3年4月1日
町制施行 東多賀村 → 閖上町

●昭和30年4月1日
合併 閖上町、下増田村、増田町、高舘村、愛島村、館腰村 → 名取町

●昭和33年10月1日
市制施行 名取町 → 名取市

現在に至る。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

角田市民文化祭2017

2017-09-01 23:54:19 | 仙南地区
角田市文化協会の加盟団体長会議が開催され出席した。
11月1日~3日角田市市民センターを会場に角田市民文化祭が開催されます。
今年は、第60回記念になるという。


当会は企画展で天体写真展を行います。

最終日の3日は芸能発表大会です。
文化協会会員による舞踊、カラオケ、フラ・社交ダンス、大正琴、詩吟ほか、60組の出演が
あります。
今年は記念大会ということで歌手のティーナ・カリーナの特別出演があると発表されました。


TBCラジオでカラーズ(9時~12時)の金曜日の藤沢智子アナウンサー担当のとき、
「生で歌謡曲歌いましょう」にティーナ・カリーナさんが出演しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

枝野自治センター講演会Ⅱ

2017-08-13 23:14:57 | 仙南地区
角田市枝野自治センターで8月11日午前中に講演会が開催されました。
当日は歴史講演会とお盆花鑑賞会の2本立でした。
お盆花鑑賞会については11日に記載しました。
歴史講演会について聞きに行ったのでした。
7月上旬、みなみさんから開催の告知があったのでした。

右:講師の角田史談会の阿部憲正さん

講演会のタイトル
大河・阿武隈川は度々氾濫を起こし、川の流れが変わってきました。

阿武隈川右岸の枝野地区を中心に解説してくれました。

明治27年の迅速測図に等高線に沿って、自らの手で着色を施しています。

管理人提供の地図に着色し、拡大コピーをして展示しています。
絵心の無い、管理人とても着色する気になれません。

GHQが撮影した昭和22年9月の空中写真。

伊具郡は管理人の守備範囲外と思っていましたが、このような視点からの考察が
あったかと思うと再考が必要となります。
でも、当面は9月中旬の名取市下増田地区についての考察に専念します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

枝野自治センター講演会

2017-08-11 21:21:21 | 仙南地区
角田市の阿武隈川東部にある枝野自治センターで歴史講演会の開催案内が7月上旬みなみさんから
ありました。
8月11日9時半からです。小雨模様のなか、センターに向かいました。
会場には20人程集まっていました。
歴史講演会とお盆花鑑賞会でした。
歴史講演会は後日。

小島和夫先生が秋の七草の話をしました。

「萩が花、尾花、葛花、なでしこの花、おみなえし、また藤袴、あさがおの花」
花を鑑賞するために選定されたもの。
約1300年前、山上憶良の歌。
藤袴は西日本でのみ自生するという。
鑑賞会ということで、これから歩いて行くというが、雨降りのため、有志のみで
行うこととなった。
管理人は、参加せず帰路につく。

帰り、藤袴を植生したものをいただいてきました。
左:藤袴、右は名前を聞いたものの忘れてしまった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生涯学習実践塾・TBCラジオに生出演

2017-07-28 23:19:59 | 仙南地区
我が家では、朝から夕方までラジオをかけっぱなしです。TBC(東北放送)ラジオです。

午後1時からは「ロジャー大葉のラジオな気分」を聞いています。

今日のラジオカーが岩沼市方面と話していました。
ラジオカー担当はいつもは鈴木実森アナウンサーですが今日は袴田彩会アナウンサーです。

1時30分から「ラジオカー中継」で玉浦コミュニティセンターからでした。
NPO法人生涯学習実践塾が登場ということで耳を凝らして聞いていました。
水戸理事長、酒井さん、阿部さんの3人が登場しました。
生涯学習実践塾が7月8日の「玉浦だよ!全員集合Ⅲ」のことを話していました。
10分のインタビューでしたが、会の設立の経緯、音楽絵本、玉浦ミニミニ地域検定などを
紹介してくれました。


残念であったのが、「古地図を楽しむ講座」を「ふるちづ」と2度も袴田アナウンサーが話したことでした。
同席された3人のどなたか「こちず」と修正していただければと思ったところでした。
次回は9月16日下増田公民館と紹介していただきました。
出演の皆様、ご苦労さまでした。
同時録音されたCDが数日後、送られてきますので、次回の生涯学習実践塾の打合せの時、
持参していただき、みんなで聞きましょう。

このような内容で生涯学習実践塾のメンバーにメールしたところ、

お世話さまですー!ごめんなさいね 打合せでちゃんと「こちず」となおしたのに、
本番はマイクが回ってこないと喋られない状況、ストップウォッチ片手に袴田アナウンサーが
仕切っているので指摘しても気付いてもらえませんでした。
今回は新聞記事をみてスクリーン音楽絵本が中心の内容とのことで進めました。

が返事で帰ってきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加