星・宙・標石・之波太(しばた)

星、宇宙、標石、之波太(しばた:柴田)をこよなく愛するサイト。

あずなびあまつり2017

2017-09-20 23:50:33 | 
9月18日(月・祝)午後、あずなびあまつり2017が開催されました。

チラシ

会場マップ
出入口付近に「のぞいてみよう太陽望遠鏡!太陽をドアップで見よう!」のコーナーがあります。
太陽望遠鏡を見た人にスタンプラリーに押印して、ポイントゲットできます。

台風が過ぎ、吹き返しで強風が吹いています。
風よけを兼ねて、建物近くに太陽望遠鏡2台をセットしました。

会場は、えずこホールです。

左の望遠鏡では、投影板に太陽像を投影して見てもらいます。
小さな黒点が1個あります。

太陽望遠鏡は、Hα光で見るものです。
周辺、数か所にプロミネンスが見えました。
スタッフ:4人。
来場者:約350人。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阿武隈天文同好会・月例会1709

2017-09-19 23:56:19 | 
毎月第3月曜日は、阿武隈天文同好会の月例会です。
場所は、丸森まちづくりセンターです。
参加者:4人。
★先月の行事報告
・9月2日、第7回みやぎ近郊星仲間の集い、福島県新地町「鹿狼の湯」、会員参加5人
・9月4日、角田市観察会、会員4人、晴、客30人、1等星全部見てみよう達成者1人(小学生)
 9月12日の河北新報に掲載されたらしい。広報かくだ10月号に掲載予定
・9月10日、はやぶさまつり、角田市コスモハウス会員4人、晴、客約300人、
 太陽・金星の観察、フレアの話題もあり大盛況
・9月11日、丸森町観察会、曇・中止
・9月1日、角田市文化協会加盟団体長会議、角田市民文化祭(11月1~3日)の打合せ
・9月16~17日、天文教育普及研究会東北支部研究会、八戸市、管理人参加
★今月の行事予定
・10月2日、角田市観察会
・10月9日、丸森町観察会
・10月16日、月例会
・9月27日、藤尾小学校区子ども会育成会天体観察会、月・土星・秋の星座
・10月7~9日、星の村天文台スターライトフェスティバル
・11月1~3日、角田市民文化祭、準備10月31日夜
・11月4~5日、丸森町文化祭
・10月4日、中秋の名月
★会誌「大熊」の発行
・3,6,9,12月は会誌の発行です。
・9月号のテーマを8月の月例会で「プラネタリウム」と決めました。

128号が発行されました。
今号から7月に会員Kさんが死去されたので発行部数は10部となりました。
表紙はO画伯の作品です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天文教育普及研究会東北支部研究会2017

2017-09-18 23:41:41 | 
今年5月頃、2017年度天文教育普及研究会東北支部研究会の第1報が流れた。
9月16日~17日、八戸市開催とのことであった。
この研究会では、今年3月青森県つがる市クレーター騒動について関係者から発表があるので、
万難を排して、参加するよう他の行事は断っていた。
当日は、しばた曼珠沙華まつり開花式、船岡城址公園歴史ツアー、しばたの歴史ガイド解説会、
生涯学習実践塾・名取市下増田公民館講座がありました。


八戸市視聴覚センター児童科学館が会場です。
2日間のプログラム

黒石すばるの会・高井さんの発表「街角観望会について」

ポスター紹介「黒石すばるの会の発行物の紹介」工藤能継さん

東北大学・津村耕司さんのMitakaの立体映写の実演紹介

特別講演「つがる市クレーター騒動~何が起こり、どう伝えられたか~」を甲田昌樹さんが発表しました。

会津大学・寺薗淳也さんの「つがる市クレーター騒動~ソーシャルメディアはどう反応したのか~」を発表。
議論「今後、このような隕石落下の可能性のある現象があった時、業界としてどう対応すれば良いか?」
について、会場から様々な意見が寄せられました。
クレーター状の穴を見た方は、出席者では甲田さんと管理人のみでした。
意見を述べたり、質問にも答えました。
2日目の最終セッションでこの議論をさらに深め、東北支部研究会として、とりまとめを行っている団体に
提言を予定しています。

2日目、東北大学・古川善博さんの特別講演「つがる市クレーターの現地調査」
津軽平野はガス田として知られており、地下のガスが噴出したものではないかとのお話でした。

左から世話人・工藤剛(黒石すばるの会)、田端健(八戸天文同好会)、根市さん(八戸市児童科学館)、
寺薗淳也(東北支部長)
来年度は、岩手県で開催予定です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TBCラジオ 生出演2

2017-09-12 23:50:36 | 
前回(6月27日)TBCラジオに生出演しました。

あれから1カ月半、9月に入ってからアナウンサーの林朝子さんからメールが来ました。

9月6日09:19
**様
お世話になっております。
あれから、お変わりありませんでしたでしょうか?
色々なご案内を頂き、どうもありがとうございます。
このたびは1つお伺いしたいことがあり、ご連絡差し上げました。
来週9月12日(火)が「宇宙の日」ということで、まだ取材可能かどうかも定かではない
のですが、何か宇宙に関するお話や取材ができないかと考えており・・・。
特に、以前伺っていた**さんの「スペースガード協会」の活動についても
気になっていたこともあり、
簡単にその活動内容をこちらで教えていただくことはできますでしょうか。
お忙しいところ恐縮ですが、どうぞ宜しくお願い致します。

9月7日16:00
**様
お世話になっております。
昨日はご返信頂き、取材もご快諾頂きどうもありがとうございます。
是非、12日(火)、スペースガード協会について
お話を伺えればと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。
お時間ですが、
◯13時半から8分ほど
◯15時40分から8分ほど
いずれの放送枠がご都合宜しいでしょうか。
それに合わせて、こちらから角田宇宙センターに
許可を申請しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

9月7日17:41
**様
ご連絡ありがとうございます。
では、13時半からの放送枠でご出演をお願いできますでしょうか?
宇宙センターのアポイントは、ディレクターが取りましたので
先方に取材内容をお伝えしておきます。
放送中、職員の方が立ち合ってくださるそうです。
前回と同じく、中継車1台でまいります。
現場で13時10分頃から打ち合わせをさせて頂き、
30分からの放送、という形で宜しかったでしょうか?
お忙しい中、ご調整いただきどうもありがとうございます。
お話を伺えることを楽しみにしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

ということで、本日、TBCラジオの午後の番組「ロジャー大葉のラジオな気分」に
出演しました。

先ず、管理人から取材場所は日本スペースガード協会の話をするのにふさわしいのは
角田宇宙センターと思っていました。
自宅や柴田町内ではふさわしい場所がありません。

事前に打合せを簡単にしました。
日本スペースガード協会とは、目的は、どんな事をしているのか、いつ発足か、
なぜ管理人が役員なのか、等々。
13時30分、放送開始です。
ラジオカー担当の林アナばかりでなく、スタジオにいる、ロジャー大葉さんやパーソナリティの
粟津ちひろさんからも質問が来ます。

あっという間に約束の10分が過ぎました。
途中、マナーモードに設定していた携帯電話の振動が伝わります。
あとで見たら、ももさんでした。13:34、「ラジオ聴いてるよん」

放送終了後、JAXA関係者と林アナと管理人と。
右:H-2、左:H-2Aロケット十分の一模型前で

TBCのラジオカー

ラジオな気分公式facebookより

ラジオカー火曜日 林です。
きょう9月12日は「宇宙の日」!1992年のこの日、毛利衛さんが日本人で初めてスペース
シャトルで宇宙に飛び立ったのです。
ということで、今日のラジオカーは角田市のJAXA角田宇宙センターで「日本スペースガード協会
理事」の****さんに、地球防衛についてお話を伺いました(壮大!)。
協会は、その名の通り地球を小惑星の衝突から守ろうと1996年に発足。24時間365日宇宙の
観測を続け、数十年先に地球にぶつかりそうな天体を見つけたら、その時までに、例えば
ロケットを打ち上げ天体の軌道を変えるなどの技術開発=対策を進めるといいます。
まるで映画の世界…!
柴田町在住の**さんはかつてJAXAの前身でロケットエンジン開発に携わっていた経験があり、
この協会に加わりました。
普段は柴田町で歴史ガイドもされていて、宇宙空間から地上の歴史まで非常に幅広〜く活動
されているスゴイお方!

ちなみに、ここ100年で地球にぶつかりそうな小惑星は今の所見つかっていないとのこと。ホッ。
宇宙には、まだまだ知らない色んな可能性があり、地球でも、まだまだ知らない色んな活動が
あるのだと、実感しました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はやぶさまつり2017

2017-09-11 23:52:49 | 
第5回を迎えた「銀河連邦カクダ共和国 はやぶさまつり」9月10日開催されました。

まつりに先立ち、銀河連邦共和国お国自慢がありました。

大友角田市長の歓迎の挨拶
今年7月にオープンした宇宙っ子テラスで行われました。
サガミハラ共和国、サンリクオオフナト共和国、サク共和国からお国自慢がありました。

我が同好会は、真昼の天体観察会~太陽・金星を見よう~です。

白昼、金星を見ていただきます。

太陽は、白色光、投影板、Hα光の望遠鏡を用意しました。

小学校で使用した「遮光板」でも見てもらいます。
9月6日に発生した太陽フレア関連で新聞記事を用意し、現在フレアに関係した黒点が
太陽の自転で、太陽面の縁にあると説明します。

12時20分頃、Hα光で太陽を見たら、赤矢印はフレアの発生した黒点、
近くに白い領域が見られました。(青矢印)フレアが発生(?)したもようです。
ここからアーチ状のプロミネンスも見られました。

10時から15時30分まで快晴、休みなくお客さんが来られました。
来場者約300人、日陰のないところにいたので日焼けをしました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加