星・宙・標石・之波太(しばた)

星、宇宙、標石、之波太(しばた:柴田)をこよなく愛するサイト。

航空自衛隊に宇宙部隊

2017-09-05 23:36:15 | 宇宙

朝日新聞8月18日の記事

防衛省が、自衛隊初の宇宙部隊を5年後をめどに発足させる方針を決め、米政府に通告したという。
自衛隊の活動領域を宇宙空間にまで広げる考えだ。

自衛隊の宇宙部隊は、役割を終えた人工衛星やロケットなど宇宙を漂う物体「宇宙ゴミ」を監視し、
人工衛星との衝突などを防止することを主な任務とする。
当面は、レーダー設備を強化する。その後は光学望遠鏡での観測も視野に入れているという。
関連情報を米軍に提供し、陸海空に次ぐ「第4の戦場」と言われる宇宙分野でも日米連携の強化を
図る計画だ。宇宙部隊は、航空自衛隊の所属とする案を検討している。

日本が宇宙部隊の創設を推進するのは、宇宙開発で米国とロシアを猛追する中国をけん制する狙いが
あるとした。さらに、日本の軍事力が及ぼす空間を宇宙にまで広げようという意図もあると見える。

国会は2008年に宇宙基本法を通過させ、宇宙を軍事目的に利用するための道を開いた。
同法によって24時間監視のための早期警戒衛星や高性能偵察衛星、通信衛星などの打ち上げが
可能になった。
2012年には、宇宙航空研究開発機構法の改正を通じて、宇宙航空研究開発機構の活動を
「平和目的」に限定した規定を削除した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NAOKO☆アサガオ2017

2017-08-31 23:26:28 | 宇宙
昨年12月、日本宇宙少年団かくだ分団の再結団式の際、参列者に配布されたのが

NAOKO☆アサガオ2015です。
また、2010年山崎直子宇宙飛行士がスペースシャトルで宇宙に持って行った種子から
日本宇宙少年団福島分団が育てた「NAOKO☆アサガオ」をもらって育てていて、種子を
採って毎年育てていました。



そのアサガオの花です。
他のアサガオとは離して植えていますが、虫が花粉をまき散らしているので、交配が
進んでいるのかなと思っています。
NAOKO☆アサガオと普通のアサガオの区別がつきにくくなっています。
今年の夏は異常で、
7月22日から8月26日まで36日間連続降雨がありました。
8月は27日と28日は降雨がなく、残り29日間が雨降りでした。
このような中、アサガオの花もあまり元気がなかったような気がします。
いよいよ明日から9月です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

角田市スペースタワー・コスモハウス学習棟オープニングセレモニー

2017-07-02 23:53:45 | 宇宙
本日午前、角田市台山公園にある角田市スペースタワー・コスモハウス学習棟のオープニングセレモニー
が行われました。

式次第

角田市長の式辞

角田市議会議長の祝辞
来賓は42名、管理人は「コスモハウス学習棟運営会議」のメンバーということで
末席に名前を連ねています。

学習棟ネーミング発表4月1日~14日、公募したという。
84件の応募があり、遠くは札幌、長崎、兵庫、愛知等
神奈川県相模原市の内河さん(50代?)(本日欠席)の提案が採択されました。
「宇宙っ子テラス」:読みは、「コスモっ子テラス」。

トレードマーク

学習棟の外観


学習棟の概要等

記念講演会
講演に先立ち

元JAXA宇宙飛行士 山崎直子さんのビデオレターがありました。

演題:「はやぶさ2」の新たな挑戦

JAXAはやぶさ2プロジェクト ミッションマネージャー 

吉川さんのプロフィール

講演は、はやぶさ、はやぶさ2の事のほか、
小惑星「角田」についても講演で取り上げてくれました。

講演終了後、角田市長、角田市議会議長等と吉川さんを囲んで仙南シンケンファクトリーにて
会食。
その後、JAXA角田宇宙センターを吉川さんが見たことがないというので、
角田宇宙センター所長の案内で見学を行いました。
吉川さんに声をかけ角田市に来ていただいた管理人、最後まで同行して無事終了し、
ほっとしているところです。

講演会のアナウンスを「日本スペースガード協会」と「みやぎ近郊星仲間のつどい」のメーリング
リストに流したところ、岩手県奥州市、福島県浪江からかけつけてくれた星仲間がいました。
感謝です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

はやぶさまつり「宇宙っ子科学屋台村」実行委員会

2017-06-15 23:57:00 | 宇宙
今年第5回を迎えるはやぶさまつり「科学屋台村」の第1回実行委員会が
角田市スペースタワー・コスモハウスにて開催されました。
今回は総会も兼ねているので、前年度の事業報告、収支決算報告、会計監査
報告があり、承認されました。
今年度の事業計画(案)、予算(案)も承認されました。
総会の案件で役員改選の提案があり承認しました。
今年、9月10日(日)19時~15時30分
角田市スペースタワー・コスモハウス館内外及び周辺を会場に開催されます。
また、角田宇宙センター「一般公開」と同時開催となります。
科学・工作ブースが例年の規模の20~25件予定されています。
講演について、事務局から管理人に対し、候補者がないかとのことでした。
6月11日、日本スペースガード協会総会時に打診し、事前に了解を得ていたので、
講師を事務局に伝えておきました。
正式には、企画部会で決定されますが、管理人は企画部会のメンバーではありません。
総会ということで、出席者からまつりの名称変更、目的についても変更の道義が
出されましたが、事務局との打ち合わせも行っていないので、9月10日の
はやぶさまつり終了後、じっくりと協議することとしました。
『はやぶさまつり「科学屋台村」』を『はやぶさまつり』としたいという趣旨でした。

今年の「みやぎ近郊星仲間のつどい」の担当が阿武隈天文同好会となっています。
例年9月に行ってるので、10日がはやぶさまつり、17~18日が天文教育研究会
東北支部会が青森県八戸市で開催、23~24日が秋の彼岸ということで、2~3日に
開催と思っているところです。

角田市スペースタワー・コスモハウス学習棟のオープニングセレモニーが
7月2日(日)10時~10時30分、
記念講演会が10時30分から開催されます。
『「はやぶさ2」の新たな挑戦』と題してJAXAはやぶさ2プロジェクト
ミッションマネージャー 吉川真さんが講演を行います。
管理人に招待状が届きました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かくだ宇宙っ子まつり2017

2017-05-05 23:47:05 | 宇宙
第24回を迎えたかくだ宇宙っ子まつりが快晴のもと、開催されました。

まつりのマップ

真昼の天体観察会
ほぼ快晴状態でしたが、昼過ぎ一時雲が出ました、その際「彩雲」が見られました。

15cm屈折望遠鏡で白昼の金星を見てもらいます
金星が三日月に見え感動ものです

水素α光(赤色)による望遠鏡で太陽のプロミネンスを見る

8cm屈折望遠鏡で太陽像を投影し太陽黒点を見ます
小さな黒点が1個ありました

太陽を観察している様子をNHK仙台放送局白石支局が取材していました。
夕方のニュースでこの模様が放送されました。

待っている間に日食メガネで太陽を観察してもらいます

コスモハウス内でプラネタリウム上映が行われました

エアードームに入るようす

屋外で水ロケットの打ち上げが行われていました。

本日の来場者
真昼の天体観察会:約600人
プラネタリウム上映:約300人
内訳(9:30~15:00の5.5時間、1時間に約5.5回、1回約10人)

角田高校自然科学部の1年生5名がボランティアとして来てくれました。
本日のスタッフ:4人、午後仙台在住の会員が陣中見舞いに来てくれました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加