THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

コカウエスト、広島工場に22億円投資ボトル缶飲料の能力を7割増産体制、コンビニのセルフ式コーヒ等需要5割増

2016年09月18日 15時23分46秒 | thinklive

*産業環境の変化が生活の隈々で、結果としての大きな変化をつくり出している、需要の5割増といった商品が続々でている、ボトルコーヒーもその1つ、

コカ・コーラウエスト<2579>が3日続伸し、底離れへと向かい始めた。きょう付の日本経済新聞で「11月にもコーヒー『ジョージア』などボトル缶飲料の生産能力を7割程度引き上げる」と報じられており、増産効果による業績への影響を期待した買いが入っている。

 記事によると、広島県三原市の本郷工場に製造ラインを新設するという。足もとで需要が拡大しているボトル缶飲料の生産能力を高めるのが狙いで、新ラインが稼働すれば、生産能力は年2000万ケースと現在より約7割増えるとしている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三井物産、スペインの自動車... | トップ | オンワード、16/2期の営業利... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事