THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

米ギャレット、16年中に中国進出、アジア市場での、シェアを拡大する、

2016年07月02日 14時54分38秒 | thinklive

 【シカゴ=野毛洋子】高級ポップコーンの草分け、米ギャレット・ブランズ(シカゴ)が中国などアジア進出を加速する。年内に台湾、16年半ばには中国に出店するなど、今後10年間でおおむねアジア主要国への展開を終える方針。中間層の拡大に伴い「手が届くぜいたく品」への需要が高まるとみている。

 オーナー兼最高経営責任者(CEO)のランス・チョディ氏は「中国では『1級都市』(北京や上海など主要都市)のうち複数を出店候補地とし、現地企業との提携も含め検討中」と語った。

 アジアでの事業拡大に向け、原材料や包装材料の現地調達も目指す。トウモロコシは現在、米中西部の契約農家から購入しているが、今後は中国やオーストラリアでの調達を検討している。

 ギャレットは1949年創業の老舗企業で、05年にチョディ氏が買収した。日本にはカルビー傘下のジャパンフリトレー(茨城県古河市)と提携して13年に進出、原宿の1号店は行列ができる人気店として有名になった。現在は米国や日本のほか香港、アラブ首長国連邦(UAE)など9カ国・地域に41店を展開している。

 
 
<form id="JSID_formKIJIToolBottom" class="cmn-form_area JSID_optForm_utoken" action="http://www.nikkei.com/async/usync.do/?sv=NX" method="post">
 
</form>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊藤忠は中信証券と提携、波司登(ボシデン)に14%、300億円出資、伊藤忠海外ブランドの展開を図る、

2016年07月02日 14時45分08秒 | thinklive

伊藤忠商事は27日、中国最大の国有複合企業の中国中信集団(CITIC)と、中国アパレル大手の波司登(ボシデン)に出資すると正式に発表した。株式の約14%を最大300億円で取得する。ボシデンが抱える1万店舗で、同社は中国のダウンジャケットの市場で4割のシェアを握る、伊藤忠が商標権を持つ複数の米アウトドアブランドの衣料品を販売、CITICはカード決済などの金融サービスを提供する。

 特定目的会社(SPC)を通じてボシデンに出資する。SPCには伊藤忠が66.7%、CITICグループの投資会社、金石投資(北京市)が33.3%を出資する。ボシデンの年間売上高は現在1200億円程度だが、伊藤忠やCITICとの連携で3年後に250億円、5年後に400億円の上積みを目指す。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丸一鋼管、米でロシア鉄鋼最大手企業から、ポートランド鋼管工場買収、約,62億円、

2016年07月02日 11時21分22秒 | thinklive

*純利益率は6%内外、加工技術の水準の高さ、オリジナリティ高い、

株価推移  3,550前日比-15(-0.42%)

1株利益187.68 配当72

チャート画像

 丸一鋼管は5日、米国北西部のオレゴン州ポートランド市にある鋼管工場を買収したと発表した。月産5千トンの構造用鋼管工場で、米北西部からカナダにかけて販売網を持つ。丸一はロサンゼルスの子会社から同地区に鋼管を配送してきたが、今後は同工場から建築や農機具向けなどに販売する。工場買収で丸一の米国拠点はシカゴ工場と合わせ3拠点目になる。

 

 買収したのはロシア鉄鋼最大手、エブラズ社の米国子会社・エブラズ北米社傘下のエブラズ・オレゴン・スチールの構造用鋼管工場。エブラズ社が買収した旧オレゴン・スチールの工場。 
 敷地9万2千平方メートル、工場面積1万6千平方メートルで、主要設備は12インチ角管ミル。従業員約50人。買収額は工場資産4250万ドル・在庫買取額900万ドルの計5150万ドル(約61億8千万円)。 
 買収のためロサンゼルス子会社のマルイチ・アメリカ社(MAC)を通じて、「マルイチ・オレゴン・スチール・チューブ社」(MOST社、資本金・5500万ドル、社長・森田渉MAC社長兼務)を設立。買収工場はMOST社として運営する。1年後をめどに3インチミル(丸管・角管、月産2千トン)を設置して供給体制を拡充する。 
 母材の熱延コイルはエブラズ社から購入するほか、来年以降は小径管用母材を他社から購入していく。 
 丸一はポートランド市の対岸にあるワシントン州バンクーバー市で工場建設を計画していたが、新立地を中止して工場買収で拠点を確保した。 
 工場買収で丸一の米国における鋼管生産量はMAC7千トン。シカゴのレービット社1万3千トンと合わせ月2万5千トン。1年後には2万7千トンになる。

売上高合計

当期純利益

続きは日刊鉄鋼新聞をご覧ください

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽天、電子図書館事業の世界最大手、米オーバードライブ(オハイオ州)を490億円で買収、

2016年07月02日 10時07分19秒 | thinklive

株価推移  1,110.5前日比+8(+0.73%)

1株利益 不明 配当不明

チャート画像

楽天は15/3月19日、電子図書館プラットフォームの世界最大手、米OverDriveの買収を発表した。OverDriveの発行済み全株式を約4.1億米ドル(約500億円)で取得し、完全子会社化する(買収完了は2015年4月の予定)。ちなみにKoboを買収したときは約236億円だった。

 「10億米ドル規模の電子書籍ビジネスの創出を目指す」――楽天が同日開催した説明会で、同社常務執行役員、Kobo CEOの相木孝仁氏はこのように話し、イーコマース、ファイナンスに続く柱としてデジタルコンテンツ事業をさらに成長させていく考えを示し、OverDriveの買収はその実現に向けたものだと説明した。

 1986年創業のOverDriveが提供する電子図書館サービスは、約5000の出版社から提供された250万以上のタイトルをラインアップ。米国では1万8000館、45カ国58言語で3万館以上の公共図書館、学校図書館が導入しており、利用ユーザーは2014年10月末時点で約2100万だという。

  相木氏は、OverDriveの買収で、楽天の電子書籍事業がフェーズ2に入ったと話す。フェーズ1は、Koboの買収により、端末とアプリを通じて電子書籍販売ビジネスに参入すること、そしてフェーズ2は、図書館や教育機関への電子書籍貸し出しビジネスへの参入だ。

  従来は、本の入所場所は大きく分けて書店と図書館だったが、電子書籍によりそのモデルが変わりつつあると相木氏。ストアなどで販売される電子書籍の普及に少し遅れる形で公共図書館での電子書籍貸し出しも普及が進むとみている。つまり、伸びしろがあるということだ。

「楽天Koboの事業とOverDriveのそれは両輪」と相木氏。楽天Koboが提供していないオーディオブックをOverDriveでは提供していたり、展開地域での補完、つまり、楽天Koboがサービスを展開している欧州やアジア圏でOverDriveの展開を加速したり、あるいはOverDriveが強力な存在感を放っている米国での楽天Koboのブランド強化なども期待されるなど、補完関係にある部分が多い。

 こうしたシナジーも出しながら、今後鍵になると考える教育分野への進出も進めながら、短期的ではないが、10億ドルのビジネスに成長させたいという考えを示した。なお、OverDriveは14年度の償却前の連結営業利益(EBITDA)が2500万ドルで、これを加えた15年の楽天グループの電子書籍事業はEBITDAベースで黒字に近づく見込みだという、今までは2500万$の赤字、ということ?

海外事業を含む「その他インターネット部門」は14年12月期に349億円の営業損失を計上。赤字から脱出できず、水面下に沈んだままだ。

楽天の不安要素は、M&A価格に比べてのれん代の割合が高いことだ。11年に236億円で買収したコボののれん代残高は208億円であり、買収額に対するのれん代の割合は実に88%に上る。14年2月に1000億円で買収したバイバー・メディアののれん代は993億円と、ほぼ100%がのれん代だ。14年12月に同じく1000億円で買収したイーベイツののれん代も994億円に上る。「楽天のM&Aは、高値づかみを通り越して大盤振る舞いだったことを数字が示している」(市場筋)といわれるゆえんである。

 

【楽天のれん代の残高(14年12月末)】 ※以下、億円以下は切り捨て。 

PRICEMINISTER S.A.S:156億円
Rakuten Kobo Inc. :208億円
VIKI,Inc:199億円
Ebates Group:994億円
Slice Technologies,Inc. :134億円
その他:446億円
――――――――――――――――――――
インターネットサービス分野合計:2141億円

 

楽天銀行:328億円
その他:140億円
――――――――――――――――――――
インターネット金融分野の合計:469億円

Viber Group:993億円
その他:32億円
――――――――――――――――――――
その他の分野の合計:1025億円

(総合計:3636億円)



 

 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日立、米、容器へのマーキング機器の販売会社買収、2社目を買収、米国の同売り上、15億円倍増のため

2016年07月02日 09時53分19秒 | thinklive

日立製作所は18日、飲料や食品の容器に賞味期限の日付などを印刷するマーキング機器の販売会社、米IMS―パートナーズ(イリノイ州)を買収すると発表した。買収額は6億円。飲料や食品の安全性に対する関心が高まっており、容器への印刷需要が増えているため。18年度にマーキング機器事業の米国売上高を14年度比で7割増の30億円に引き上げる。*15/

 日立産機システムは、Hitachi America, Ltdと共同で、カリフォルニア州アーバインにあるマーキングおよびラベル機器製品の販売・サービス事業を行うLabel House (正式社名:L.A. Supply Corporation/以下、LH社)を買収し、LH社は16年1月18日より日立グループ会社として営業を開始します。

  日立産機は、日立アメリカ社と共同で、15年7月に米国における日立産機初の現地法人として、イリノイ州エルク・グローブ・ヴィレッジに産業用インクジェットプリンターなどのマーキング機器製品の販売・サービスを行うHitachi Industrial Equipment Marking Solutions Inc.を設立しました。今回新たに買収するLH社は、米国における2社目の日立産機の現地法人となります。*16/1/27

  日立産機は、マーキング事業において40年の実績があります。03年以来、日立アメリカ社および現地販売会社と連携し、米州においてマーキング機器の販売・サービスを展開しています。
  今回のLH社の買収により、米国内の主要市場の一つであるカリフォルニア州を含む米国西海岸地域におけるマーキング事業の販売・サービスをさらに強化、拡大していきます。

  日立産機は、今後、LH社および日立産機マーキングソリューションズを中核拠点とし、現地販売会社とも協力していくことで、米国マーキング事業のさらなる拡大をめざすとともに、他地域への進出も視野に入れた米州ビジネスの拡大を加速していきます。

Label Houseの概要

名称 商号: Label House (正式社名: L. A. Supply Corporation)
所在地 アメリカ合衆国カリフォルニア州アーバイン
住所 18005 Sky Park Circle, Suite C, Irvine, CA 92614, U.S.A.
社長 Randolph Austin (ランドルフ・オースティン)
事業内容 マーキング機器製品などの販売、アフターサービス
従業員 14名(予定)
出資比率 日立アメリカ社80%、日立産機20%


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丸紅、米国で主導の天然ガス火力発電、メリーランド州72.5万kw、持ち分中、25%を大ガスに譲渡、豊通も25%保有

2016年07月02日 09時43分02秒 | thinklive

*チョット旧い記事だが、見落としていた、丸紅、豊田通商の組合わせに注目した、豊通の海外エネ投資は戦略の一環で、トヨタ自のEV世界化に対応している、

大阪ガスは28日、米国メリーランド州で火力発電事業に参画すると発表した。17年2月に稼働する天然ガス火力発電所の運営権益の25%を丸紅から取得した。大ガスが海外で市場での売電を目的とした発電事業に計画段階から参画するのは初めて。

 発電所の出力は72.5万キロワットで総事業費は約900億円。大ガスの取得額は100億円程度とみられる。大ガスは4カ国で火力発電など計105万キロワットの電源を保有しているが、20年代までに海外の発電能力を倍増させる方針だ。

 米国での発電所運営会社には日本企業のほか現地の独立系発電事業者(IPP)が共同出資している。大ガスへの権益売却で丸紅の出資比率は25%に低下する。豊田通商も25%を保有しており、日本勢で権益の75%を保有する構成は変わらない。*15/4/28

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

92才の介護ダイアリー、彼女のホームまで家からタクシーで15分、乗れば5分、この近さが介護を最適にする、

2016年07月01日 20時49分58秒 | thinklive

* 青葉台さくら苑を選んだことがボクノ介護の後半のハジマリ、これが最適の選択で、家からイチバン近くて交通至便の立地であった、また、彼女は健康で、介護度は5だけれでも、コストレベルでは最低であろう、だから、ボクの考える介護perfectに立ち向かうことが出来ている、more PERFECTなんて言っていられる、さくら苑の施設長以下、みなさんとの相性も悪くない、イイといべきであろう、音楽が好きでという方も多く、ボクと共通する、

*さくら苑の夕食前の、お歌の時間、歌われるのは、小学唱歌や東京音頭、イチバン手前の右端が彼女、10分程度の短い時間だが、長唄と言うコトバも失った彼女は、身じろぎもしないでマッスグに座ったままである、してはいけないことは、ムカシからしないマジメやだから、わからないままに座っている、ホームの住人で帰る、と言って聴かないヒトがいうと、Aさんは踊りが上手だから、皆さんに教えて上げて、など、うまく誘って、帰る之を忘れさせる、纏めるのはタイヘンだが、手をたたき、声をみんんで出せることは必要なことだ、多分、ボクは目をつぶって別のことを考えるであろう、この苑の雰囲気は強制感がすこしもない、それがいい、

*この頃はチョットムカシに帰っている、パパ来たよ、というと、ニッコリする、地蔵さんのようなムッツリではなくなった、来たよ、が、パパが来た、という解釈に変わっている、いままではなにも感じなかった?感じが変わった、そういえばへルーパーが、対話が幾分かはできるようになった感じです、返事が帰って来ます、この前は、隣のヒトとのハナシ中に入ってこられました、アルツハイマーの余命は5~7年という、アメリカの余命説はまったく彼女には当てはまらない、今はどこにもイタミもないし、呼吸が苦しいなんてこともマッタクない、先のことはわからないが、少なくとも5年は今のままだろう、

*問題は歯で上の差し歯が取れちゃうと後は歯茎で食べるしかない、それが衰弱の入り口になる?ボクは自分のケアが問題になってきたと思っている、ボクの湿疹は今のところハンデにはなっているが、ゴルフでいえば、10前後だろう、という感じ、湿疹の検査で血液や臓器の検査はしたが異常はない、

*青葉台のさくら苑を選んでよかった、最上の選択になった、家が近い、だから毎日来ても疲れるということがない、緊急の呼び出しがくれば20分イナイにはこれる、前回のインフルのように医師の診察に立ち会えるから副作用の強い薬はキャンセル出来る、熱冷ましで翌日は9℃の熱が平熱へ戻った、

*彼女にボクはいつもささやく、ボクは家から10分で飛んでくる、だから、ママはゼッタイに1人じゃないよ、いつもボクが側にいる、だからダイジョーブだよ、”ダイジョーブ?”ダイジョーブ、”安心した、”というコトバが出る時がある、

*ボクが作る彼女の夕食は野菜類と魚類はホームの食事で十分に取れるので、彼女の好きな肉類と卵料理が主体で半分はくだものである、それでもリンゴジュースを含めて、1時間はキッチンに立っている、この1週間に限れば、立っているのが、シンドイナ、という日が1日あった、買い出しは2日に1回?ホトンド駅前のプレッツエで済ませている、今は宅配をお願いしている、皮膚科に行かばならない、が、プレッツからは3分くらいだ、ドラッグは帰り道である、往復すると30分近くは歩く、ファッションは銀座か渋谷だ、が、2時間は掛かる、その間は歩くか立っている、買い出しやって、宅配たのんで、出掛けることになる、

*あらゆる動作がぼくにはトレーニングだと思っている、10分程度の道だから歩けるだけは歩いている、もっとも、バスの中目黒からはバス停の前いあるパークからタクシーで帰る、ヤバイ可能性はもたない、

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ABCマート,16/3~5月、営業利益140億円、最高益、利益率21.2%、小売り垂直型、韓国生産高級ブーツがハジマリ、

2016年07月01日 15時37分25秒 | thinklive

株価推移  6,960前日比+110(+1.61%)

1株利益361.05 配当120

チャート画像

 

* 靴専門店「ABCマート」を展開するエービーシー・マートの16年3~5月期は連結営業利益が前年同期比5%増の140億円程度となったようだ。営業利益率は、21.2%、ブランドshopを売り物に、PBが過半数、利益率は垂直業態の標準的レベルだが、小売店では、ユニクロ、しまむらに拮抗する、

 3~5月期として過去最高を更新した。女性客向けに高価格帯のスニーカーの販売が好調だった。購買意欲の高い都市部を中心に新規出店を増やし、訪日外国人(インバウンド)消費の減速を補った。

 売上高は4%増の660億円程度とみられる。スニーカーは履き心地が良く、カジュアルな服装に合わせやすいとして女性客向けの販売が好調だ。特に高単価の「ニューバランス」「ナイキ」など海外ブランドの人気が高い。スニーカー中心にスポーツシューズの販売は約1割伸びたようだ。

 キッズシューズも販売が1割程度増えたもよう。母親が子どものスニーカーをまとめて購入する例が増えている。ディズニーのキャラクターをあしらった商品も販売が好調。1足6000~7000円程度の高価格帯の引き合いが強い。既存店は客数が減ったが、客単価が5%強上昇し、微増収を確保した。

 さらに大都市の大型商業施設や駅前ファッションビルなどに、前年同期より1店多い26店を新規出店したのも収益増に寄与した。それでも4%しか伸びない。

 一方、前期に収益を押し上げた中国人による靴のまとめ買いは、円高や中国景気の減速の影響を受け減少した。タイやフィリピンなど東南アジアからの訪日客は増えているものの購入単価は低く、インバウンド消費は一巡したとみられる。

 16年3~5月期の決算発表は6日を予定している。足元で円高が進んでおり、海外からの商品の仕入れコストが低減する見通し。17年2月期通期の売上高は前期比2%増の2430億円、営業利益は3%増の427億円を見込むが、上振れする可能性がある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

有効求人倍率、1.36倍、24.7年振りの高水準、求職者数が減少している、もう増える事はない?東京都は2倍超、

2016年07月01日 15時22分50秒 | thinklive

厚生労働省が1日発表した5月の有効求人倍率(季節調整値)は0.02ポイント上昇の1.36倍だった。上昇は3カ月連続。QUICKがまとめた市場予想(1.35倍)を上回り、1991年10月(1.36倍)以来、24年7カ月ぶりの高水準になった。企業の求人数が引き続き伸びる一方で、求職者数が減ったことで求人倍率が上昇した。教育・学習支援業や訪日外国人の恩恵を受ける宿泊・飲食サービス業での求人が2割強伸びた。

 雇用の先行指標とされる新規求人倍率は0.03ポイント上昇の2.09倍だった。上昇は2カ月連続。正社員の有効求人倍率は0.02ポイント上昇の0.87倍と、前月に引き続き04年11月の調査開始以来で過去最高になった。都道府県別の有効求人倍率は東京都が2.03倍と、1974年6月以来の高水準。就業地別の有効求人倍率は、2カ月連続で全都道府県で1倍を上回った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリックスは欧州の航空機リース大手から世客数150~200人の中型機、14機を900億円で取得

2016年07月01日 13時01分48秒 | thinklive

オリックスは欧州の航空機リース大手から航空機14機を約900億円で取得する。主に旅客数150~200人程度の中型機で、欧米やアジアの航空会社にリースされている航空機だ。世界の航空機市場は拡大が続いている。今回の買収を機に成長分野への投資を積極化させる。

 14機の平均機齢が2.5年。新型の機体を購入することで競争力を保つ考えだ。子会社のオリックス・アビエーション・システムズを通じて取得し、4月ごろまでに全機の引き渡しを完了させる予定。

 オリックスは現在、中型機を中心に約130機を保有・管理している。同社は米ゼネラル・エレクトリック(GE)系の航空機リース会社から航空機17機を取得するなど、今期は今回の取得分を含めて35機を約1900億円で新規購入している。

 同社は1978年に航空機リース事業に参入した。機体の管理や運営のノウハウが豊富で、世界各国の航空会社とのつながりも深い。今後も長く保有した機体については売却しつつ、新型機に入れ替える。*日経

 

 GEから17機取得、

オリックスは米ゼネラル・エレクトリック(GE)の傘下部門から航空機17機を購入する。関係者によれば、取得額は7億5000万ドル(約930億円)前後となる見込みだ。

 

 オリックスは一部の航空機について取引を済ませたことを認め、残りも近く完了すると明らかにした。

 

 金利がゼロ付近にとどまる日本では、金融機関の間で、高い利回りを生む資産への関心が高い。格安航空会社(LCC)が台頭するアジアや新興国で成長余地がある航空業界は、とりわけ投資妙味があると考えられている。新たに参入した航空会社の多くは航空機を購入するよりも、債務を低く抑え、高い柔軟性を確保できるリースを好む。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神明、神戸やの子会社、イーグルデリカ買収、サンドイッチ、おにぎり、弁当製造、従業員330人、引き継ぐ

2016年07月01日 12時29分28秒 | thinklive

*神明は外食チェーンの買収や食品小売り店などへのM&Aを積極的に推進、米卸の垂直業態を作ってきた、三菱商事が大株主、米市場における三菱商事の戦略部隊、

コメ卸最大手の神明ホールディング(HD、神戸市)は30日、パン製造の神戸屋からコメ・パンの加工品製造子会社を買収する。炊飯設備を追加導入し、白飯などの炊飯量を現在の7割増にあたる月産2000トンに増やす。コメの需要が減少するなか、中食事業に力を入れており、設備の増強で販路を広げる。

 神明HD子会社で炊飯加工の神明デリカ(大阪府泉大津市)が、神戸屋子会社のイーグルデリカ(京都府城陽市)の発行済み株式を100%取得する。城陽市内にある敷地面積約7300平方メートルの工場と従業員約330人を引き継ぐ。イーグルデリカの15年9月期の売上高は36億円。買収額は非公表。

 イーグルデリカはサンドイッチのほか、おにぎりや弁当を製造している。コンビニエンスストアやスーパーなどに販路を広げる方針だ。

 神明HDは14年に神明デリカを買収。神明デリカは関西に3カ所の炊飯加工工場を持っており、イーグルデリカの買収で4カ所の工場を運営することになる。

 

日本の旗 日本
〒650-0023
兵庫県神戸市中央区栄町通6-1-21
設立 1950年(昭和25年)10月
創業 1902年明治35年)
業種 卸売業
事業内容 米穀を中心に穀物砂糖等の食料品卸売加工など
代表者 取締役社長 藤尾益雄
資本金 5億8,995万2,500円
売上高 1,600億円(2016年3月期)
総資産 370億円(2014年3月)
決算期 3月
主要株主 藤尾益雄 22.11%
三菱商事 17.07%
藤尾益人 10.63%
(2014年3月)
主要子会社 元気寿司
神明
神明アグリ
神明精米
神明ロジスティクス
ウーケ
神明ファームなど

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モンデリーズ、ハーシーへ買収提案、1株/107$、ハーシーは拒否、モンデリーズへの買収野気配もある、

2016年07月01日 12時11分54秒 | thinklive

ウォール・ストリート・ジャーナルの6月30日の報道によると、モンデリーズはハーシーに対し、株式と現金合わせて約230億ドル(約2兆3750億円)、1株当たり107ドルで買収を申し出た。これをハーシーの取締役会は全会一致で拒否した。しかし、ハーシー株は17%近く急伸した。恐らくもっと興味深いのは、モンデリーズ株が約6%上昇したことだろう。これは、モンデリーズの買収提案が自社に買収が仕掛けられるのを回避するための防衛措置だという一部のアナリストの説に説得力を与えるものだ。

 アクティビスト(物言う投資家)のウィリアム・アックマン氏はモンデリーズ株を保有しており、モンデリーズに米食品大手クラフト・ハインツへの身売りを提案している。モンデリーズとクラフトはいずれも2012年までクラフト・フーズの一部だった。クラフト・ハインツはウォーレン・バフェット氏とブラジルの投資会社3Gキャピタル・パートナーズが経営権を握っている。モンデリーズがハーシーへの買収提案を公表した背景には、3Gが主導する買収をかわそうとの意図があるのかもしれない。ハーシーを抱え込めば大きすぎて買収対象にならない公算が強いからだ。

「ハーシーズ・キスチョコ」などで知られるハーシーはこの提案が、両社が「話し合いを進めるたたき台にならなかった」と明かした。これは、過去にもM&A(企業の買収・合併)の提案を拒否してきたハーシー・トラストが再び提案を拒んだためとみられる。買収は実現すれば世界的菓子メーカー2社の大型合併となる。

 

Founded Lancaster, Pennsylvania, United States (February 9, 1894; 122 years ago)[1]
Founder Milton S. Hershey
Headquarters Hershey, PennsylvaniaUnited States
Area served
Worldwide
Key people
John Bilbrey (President and CEO)
Products List of products manufactured by The Hershey Company
Revenue Increase US$7.421 billion[2] (2014)
Increase US$1.389 billion[2] (2014)
Increase US$846 million[2] (2014)
Total assets Increase US$5.629 billion[2] (2014)
Total equity Decrease US$1.519 billion[2] (2014)
Owner Hershey Trust Company
Number of employees
14,800[2] (2014)
Website hersheys.com


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モンデリーズ、ハーシーへ買収提案、1株/107$、ハーシーは拒否、

2016年07月01日 12時11分54秒 | thinklive

ウォール・ストリート・ジャーナルの6月30日の報道によると、モンデリーズはハーシーに対し、株式と現金合わせて約230億ドル(約2兆3750億円)、1株当たり107ドルで買収を申し出た。これをハーシーの取締役会は全会一致で拒否した。しかし、ハーシー株は17%近く急伸した。恐らくもっと興味深いのは、モンデリーズ株が約6%上昇したことだろう。これは、モンデリーズの買収提案が自社に買収が仕掛けられるのを回避するための防衛措置だという一部のアナリストの説に説得力を与えるものだ。

 アクティビスト(物言う投資家)のウィリアム・アックマン氏はモンデリーズ株を保有しており、モンデリーズに米食品大手クラフト・ハインツへの身売りを提案している。モンデリーズとクラフトはいずれも2012年までクラフト・フーズの一部だった。クラフト・ハインツはウォーレン・バフェット氏とブラジルの投資会社3Gキャピタル・パートナーズが経営権を握っている。モンデリーズがハーシーへの買収提案を公表した背景には、3Gが主導する買収をかわそうとの意図があるのかもしれない。ハーシーを抱え込めば大きすぎて買収対象にならない公算が強いからだ。

「ハーシーズ・キスチョコ」などで知られるハーシーはこの提案が、両社が「話し合いを進めるたたき台にならなかった」と明かした。これは、過去にもM&A(企業の買収・合併)の提案を拒否してきたハーシー・トラストが再び提案を拒んだためとみられる。買収は実現すれば世界的菓子メーカー2社の大型合併となる。


ハーシーの増収率推移

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイダルのジェイジェー元来がラッパー、作詞、作曲、音楽プロドユーサー、妻はビヨンセ、

2016年07月01日 11時22分18秒 | thinklive

ジェイ・Z、タイダルはアーティストを株主として、今後音楽の地位を高める運動を展開する、水が6$もするというのに音楽が無料だなんてのはオカシイ、音楽に価値がなくなる時代に向かっている、それに深い懸念をもつ、そのための音楽家の糾合を志す、

ジェイ・Z(ジェイ・ズィー、):Jay Z、男性、1969年12月4日 - 47才)は、アメリカ合衆国ラッパー作詞家作曲家音楽プロデューサー。本名:ショーン・コーリー・カーター (Shawn Corey Carter)。元ロッカフェラ・レコード、ロッカウェア、デフ・ジャム・レコードCEOブルックリン・ネッツの共同オーナー。現在は、ロック・ネイション、ロック・ネイション・スポーツ、スターロック、定額制音楽配信サービス「Tidal」のCEO。ナイトクラブチェーン40/40のオーナー。ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区ベッドフォード・スタイベサント地区出身。グラミー賞受賞者。MTVが選ぶ「世界的にもっとも偉大な輝きが衰えないラッパー」「世界的にもっとも頂点に君臨するラッパー」にも選ばれた。推定資産は500億円。妻は歌手のビヨンセ。2012年に長女のブルー・アイビーが生まれた。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第88位。

大御所ラッパーであり、人気ミュージシャンを多数抱えるマネジメント/レーベル Roc Nationを始め、音楽フェスの主催、香水やアルコール飲料のプロデュース、映画製作などビジネスマンとしての活躍でも知られるジェイ・Z(Jay Z)が、先日買収が報じられた定額制音楽ストリーミング・サービス「TIDAL」(タイダル)を再ローンチ。妻ビヨンセ(Beyonce)や、カニエ・ウェスト(Kanye West)、リアーナ(Rihanna)、アリシア・キーズ(Alicia Keys)からダフト・パンク(Daft Punk)、マドンナ(Madonna)、コールドプレイのクリス・マーティン(Chris Martin of Coldplay)など錚々たる面子も共同オーナーとなり、この新サービスを後押ししている。

 米経済誌フォーブスによるヒップホップ長者番付「Cash King List」で、昨年も1年間でおよそ6000万ドルを稼ぎ出したとして2位となったジェイ・Z。彼は、自身のPanther Bidco社を使って、今年1月30日、およそ5620万ドル(およそ67億円)でスウェーデンのAspiro社の過半数の株式取得に動き、今月10日に承認され、買収に成功した。同社は、2011年に北欧向けに音楽ストリーミング・サービス「WiMP」をスタートさせており、昨年10月には北米やイギリスでも展開されるサービスとして「TIDAL」をスタートさせたばかり。

 経営権を獲得したジェイ・Zは、「TIDAL」の再ローンチを米時間で今月30日に発表。カニエ・ウェスト、リアーナ、アリシア・キーズ、アッシャー(Usher)など人気アーティストがTwitterでプロモーションに協力、ハッシュタグ「#TIDALforALL」がトレンド入りするなど話題になったほか、インターネット生中継された記者会見にはジェイ・Z、妻ビヨンセを始め、アリシア・キーズ、カルヴィン・ハリス(Calvin Harris)、クリス・マーティン、ダフト・パンク、ジャック・ホワイト(Jack White)、J・コール(J. Cole)、カニエ・ウェスト、デッドマウス(deadmau5)、マドンナ、ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)、リアーナ、アッシャーらが出席。また、これらスターが勢揃いしたティーザー映像も公開され、「なにかすごいことが起こる」という予感を抱かせるローンチとなっている。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Apple、有料会員1500万人、音楽配信のタイダル有料会員数、420万人、の買収に向け交渉、

2016年07月01日 11時08分17秒 | thinklive

 米アップルは、ミュージシャンのジェイ・Zが運営する音楽配信サービス「Tidal(タイダル)」の買収に向けた予備交渉を進めている。事情に詳しい関係者が明らかにした。

 関係者によると、この交渉は合意に至らない可能性もある。アップルは、カニエ・ウエストやマドンナといった人気アーティストと関係の深いタイダルを取り込んで、自社の音楽配信サービス「アップル・ミュージック」を強化することを検討している。

 買収の条件は明らかにされていない。 

 ジェイ・Zは15年3月にスウェーデンの音楽配信会社アスピロを5600万ドルで買収。その1カ月後にタイダルを立ち上げた。事情に詳しい関係者によれば、ジェイ・Zは19の有名アーティストとバンドにタイダルの少数持ち分を付与したほか、それぞれ数百万ドル相当のマーケティングを約束したという。

 タイダルの広報担当者は、アップルとは交渉していないと述べた。

  4000万曲の楽曲をそろえるタイダルの料金は、高音質のハイファイプランが月額20ドル、普通の音質プランは月額10ドル。有料会員数は420万人だという。

  だがタイダルは、1年足らずの間に最高経営責任者(CEO)が3人代わるなど経営が混乱している。現在のジェフ・トイCEOは1月に就任した。同氏はドイツの音楽共有サービス会社サウンドクラウドの最高業務責任者だった。

 関係者によると、タイダルは昨年から米音楽配信サービス会社ラプソディー・インターナショナルなどとも提携に向けた予備交渉を行っている。ラプソディーは最近、社名を「ナップスター」に変更した。

  アップルは約1年前にアップル・ミュージックのサービスを開始した。同社は6月13日、有料会員数が1500万人に達したことを明らかにした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加