THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

三菱重工、横浜の本社ビル他売却、自社使用のフロアは賃貸に、特別利益500億円計上

2017年03月31日 20時33分48秒 | thinklive
1株利益29.78 配当12

チャート画像

三菱重工/ヒューリックに三菱重工横浜ビルを売却 17年03月31

譲渡の相手先はヒューリック(600億円)とKRF(161億円)。

土地面積は2万176.90m2、建物の総床面積は約10万9587.58m2で、譲渡後の三菱重工横浜ビルは、一部のフロアを除き自社と自社グループが賃貸する。

帳簿価格は約244億7000万円で、譲渡益は約516億3000万円、2017年3月期連結決算で固定資産売却益として約500億円の特別利益を計上する見込みだ。三菱重工横浜ビル内には、三菱みなとみらい技術館やミュージアムショップ、飲食店なども出店している。近隣の土地万m2と建物、信託設定し、信託受益権を売却、

16/3月期までの10年間、平均で毎年600億円の特別損失を計上してきた、6年間には品川ぼ本社ビルを売却、今期はJR西日本に傘下の不動産管理会社の一部株式を1000億円で売却、大型客船2隻の赤字合計、2500億円,MRJの開発コストも膨らむ、原発事業の評価損も今後発生の可能性、日立と合弁事業の南ア発電所の赤字、2500億円?未計上の赤字がまだ残っている,東芝の1兆円赤字に匹敵する規模となる可能性がある、*日経

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SpaceXが再利用ロケット打ち上げ&回収に無事成功、木曜日の夜、

2017年03月31日 18時57分13秒 | thinklive

現地時間で木曜日の夜(日本時間金曜朝)、SpaceX再利用ロケット打ち上げ&回収に無事成功しました。イーロン・マスク氏の考える低コスト宇宙事業の柱である再利用。宇宙に携わる多くの人間が考え、トライしてきた再利用。今回の初成功で、宇宙事業は大きく前進していくでしょう。 

打ち上げ&回収の様子はライブ配信され、TwitterでもSpaceX公式が実況していました。リアルタイムで見逃した人も、ツイートを見ると臨場感が味わえます。

*スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ、通称スペースX(英語: Space Exploration Technologies Corporation, SpaceX)は、ロケット・宇宙船の開発・打ち上げといった宇宙輸送(商業軌道輸送サービス)を業務とするアメリカ合衆国の企業である。2002年に決済サービスベンチャー企業PayPalの創設者、イーロン・マスクにより設立された、

スペースXは2000年代に多数創設された米民間宇宙ベンチャーの一社であるが、新興企業にも関わらず、低コストのロケットを武器に商業衛星市場で大きなシェアを獲得している[1]

打ち上げロケットファルコン9ファルコンヘビー、ならびにファルコン9で打ち上げるドラゴン宇宙船を開発している。スペースXは、費用と品質を管理するために、大部分のコンポーネントを自社で開発しており、その中にはマーリンケストレルドラコといったファルコンロケットで使われているロケットエンジンとドラゴン宇宙船が含まれる。拠点はホーソーンに所在し、この拠点には本社機能と組立工場に加えてロケット発射時とミッション中の管制を行うコントールセンターも備えている。完成した機体は工場から射場までをトレーラーに乗せられてトラックで引かれて道路を移動する[2]

株価推移 1,369前日比-21(-1.51%)

チャート画像

 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒトモノクローナル抗体製剤はバイオ医薬品のベース、ボクの湿疹はステロイド系クリームで治癒へ

2017年03月31日 17時04分19秒 | thinklive
デュピルマブの治験

「私は3回注射しましたが、まさに奇跡です」と彼女は言った。

彼女の皮膚はもはや赤くはなく、かゆみもなくなり、よく眠れるようになったのである。*1

これは、デュピルマブ(dupilumab)という新薬の治験に参加した女性についての記述です。現在、デュピルマブの治験がアメリカで行われています。

デュピルマブは、完全ヒトモノクローナル抗体製剤で、2型ヘルパーT細胞(Th2)の免疫反応に必要なインターロイキン-4(IL-4)およびインターロイキン-13(IL-13)の2つのサイトカインを阻害します。フランスの製薬会社サノフィとアメリカのバイオ医薬品企業リジェネロン・ファーマシューティカルズによって開発された、

1970年代に発明されたモノクローナル抗体は臨床に革命的な変化を起こすといわれたが、その後ほぼ20年間、臨床試験は上手くいかなかった。これは主に、マウスの抗体はヒトに抗原認識されることが原因であった。しかし1990年代になって、CHO細胞内に、マウスでなくヒトの免疫グロブリン遺伝子を発現するプラスミドを直接形質転換する方法が開発されて以降、この問題は克服された。この方法はさらに進化し、現在ではハイブリドーマを使用せず、ファージディスプレイにより1兆個の分子からなる莫大なクローンライブラリーから最適抗体がスクリーニングされ、その遺伝子をCHO細胞で大量生産する方法が用いられている。もしくは、ヒトの抗体を生産するトランスジェニックマウスを使い、直接ヒト抗体を得る方法が用いられる。これらの方法は、前臨床段階までの開発費がわずか約2億円で済むといわれており、従来の古典的化学薬品にかかる20億円と比較して非常に効率がよい。ただし細胞培養を必要とするため、最終製品の製造費用は化学合成による化学薬品と比べると、非常に高い。

モノクローナル抗体は1990年代後半から、バイオテクノロジー産業に革命をもたらし、現在のバイオテクノロジー薬品のほぼ3分の1はモノクローナル抗体である。1997年にGENENTECH社のRituxan抗体が抗CD20抗体として非ホジキンリンパ腫 (NHL) に対して認可されたのをはじめ、Herceptin, Avastinなどのシグナルトランスダクションやアンジオジェネシスを標的とする新型をふくめ、現在15以上のモノクローナル抗体ががん治療などに使われ、少なくとも100を超えるモノクローナル抗体がPhaseI・II・IIIの臨床試験で開発されている。特にがん治療において使われ、2004年の売り上げは約60億ドル、2008年までにモノクローナル抗体の売り上げは150億ドルを超えると予想される。また、次世代モノクローナル抗体で呼ばれる、放射性同位体を結合したものや、抗体可変部位のみの極小型、などの新型が開発されている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仏サノフィー,アトピー性皮膚炎の”デュピルマブ”中、重度患者4割に効果、米でspeed承認、

2017年03月31日 16時31分08秒 | thinklive
公開日時 2017/02/28 03:51
 
米FDAでは今回の申請承認を通常1年はかかるところをわずか6ケ月で承認した、それだけ待たれていた新薬であった、サノフィは2月27日、既存治療でコントロール不良の中等症から重症の成人アトピー性皮膚炎に用いるヒトモノクローナル抗体デュピルマブ(一般名)を日本で承認申請したと発表した。皮下注製剤。承認された場合、同社のスペシャリティケアグローバルビジネスユニットであるサノフィジェンザイムが販売する予定。


デュピルマブはIL-4とIL-13という2つのタンパク質のシグナル伝達を特異的に阻害するよう設計されたヒトモノクローナル抗体。IL-4とIL-13の活性増強は、アトピー性皮膚炎における持続する炎症を促進する上で中心的な役割を果たすと考えられている。

米国FDAはデュピルマブを、十分なコントロールが行えない中等症から重症のアトピー性皮膚炎成人患者に対するブレークスルーセラピー(画期的治療薬)に指定している。優先審査の対象品目でもあり、審査終了目標日が今年3月29日になっている。欧州ではEMAが16年12月に承認申請を受理している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三菱商事は地場企業2社と3社合弁で、ヤンゴンに300床規模の病院建設、海外病院、1号

2017年03月31日 15時12分29秒 | thinklive
三菱商事は、ミャンマー連邦共和国の、イー・シン・ホールディングス、及び、キャピタル・ダイヤモンド・スター・グループとの合弁により、新たに病院運営会社を設立の上、2020年を目途にヤンゴンにて新たに総合病院を建設することにつき、合意いたしました。新会社の出資比率は当社30%、Yee Shin/CDSGの両社合計で70%となります。
 
当社はヘルスケア事業領域において、医療機器・医療材料の流通・販売を中心に事業を展開してきましたが、病院事業を中長期的な成長分野の一つと位置づけ、第1号案件として、今後大きな経済成長が見込まれるミャンマーで病院事業に取り組んで参ります。
 
現在ミャンマーでは多くの人々がタイ、シンガポールを中心とする近隣諸国で医療サービスを受けています。新会社は、300床規模の総合病院を設立し、高度な医療サービスを提供します。ミャンマー国内で展開しているCDSG(※1)の多角的な事業のネットワークを活かし、病院はヤンゴン市内の「キャピタル・シティ地区」(※2)に建設いたします。Yee Shinはマンダレーで2つの総合病院を運営してきた経験から、病院運営ノウハウを提供します。
この両社の強みに、当社主導で日本品質の医療サービスを組み合わせることで、地場に根差した安全かつ高品質な医療サービスを提供し、ミャンマーの医療水準の向上に貢献して参ります。
 
(※1)当社とCDSGはこれまでも食品製造販売会社(ルビア・リミテッド社)の運営を合弁にて行うなど協業関係にあります。
(※2)「キャピタル・シティ地区」は、CDSGのグループ会社であるCapital Development Limitedが総合開発(コンドミニアム・ショッピングセンター等)を進めているものです。
2. イー・シン・ホールディングスの概要
  1. 本社所在地 : ミャンマー マンダレー市
  2. 設立年     : 1990年
  3. 事業内容   :
  4. 2つの総合病院を運営)、医薬品・医療機器の製造・流通・販売業等、幅広いビジネスを展開。
  5. 従業員数   : 約1,400人
  6. 代表者     : Chairman U Maung Maung
 
3. キャピタル・ダイヤモンド・スター・グループの概要
  1. 本社所在地 : ミャンマー ヤンゴン市
  2. 設立年       : 1960年
  3. 事業内容    :
食品関連事業(製粉、コーヒー、菓子輸入)、農業関連事業(農産物輸出、肥料・農薬販
売)、小売事業、不動産開発事業、自動車輸入事業等、幅広いビジネスを展開。
  1. 従業員数    : 約6,500人
  2. 代表者       : Managing Director  U Ko Ko Gyi
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三菱商事、ミャンマーの地場企業2社と合弁、ヤンゴンに300床の新病院建設、海外第一号

2017年03月31日 15時12分29秒 | thinklive
三菱商事は、ミャンマー連邦共和国の、イー・シン・ホールディングス、及び、キャピタル・ダイヤモンド・スター・グループとの合弁により、新たに病院運営会社を設立の上、2020年を目途にヤンゴンにて新たに総合病院を建設することにつき、合意いたしました。新会社の出資比率は当社30%、Yee Shin/CDSGの両社合計で70%となります。
 
当社はヘルスケア事業領域において、医療機器・医療材料の流通・販売を中心に事業を展開してきましたが、病院事業を中長期的な成長分野の一つと位置づけ、第1号案件として、今後大きな経済成長が見込まれるミャンマーで病院事業に取り組んで参ります。
 
現在ミャンマーでは多くの人々がタイ、シンガポールを中心とする近隣諸国で医療サービスを受けています。新会社は、300床規模の総合病院を設立し、高度な医療サービスを提供します。ミャンマー国内で展開しているCDSG(※1)の多角的な事業のネットワークを活かし、病院はヤンゴン市内の「キャピタル・シティ地区」(※2)に建設いたします。Yee Shinはマンダレーで2つの総合病院を運営してきた経験から、病院運営ノウハウを提供します。
この両社の強みに、当社主導で日本品質の医療サービスを組み合わせることで、地場に根差した安全かつ高品質な医療サービスを提供し、ミャンマーの医療水準の向上に貢献して参ります。
 
(※1)当社とCDSGはこれまでも食品製造販売会社(ルビア・リミテッド社)の運営を合弁にて行うなど協業関係にあります。
(※2)「キャピタル・シティ地区」は、CDSGのグループ会社であるCapital Development Limitedが総合開発(コンドミニアム・ショッピングセンター等)を進めているものです。
2. イー・シン・ホールディングスの概要
  1. 本社所在地 : ミャンマー マンダレー市
  2. 設立年     : 1990年
  3. 事業内容   :
  4. 2つの総合病院を運営)、医薬品・医療機器の製造・流通・販売業等、幅広いビジネスを展開。
  5. 従業員数   : 約1,400人
  6. 代表者     : Chairman U Maung Maung
 
3. キャピタル・ダイヤモンド・スター・グループの概要
  1. 本社所在地 : ミャンマー ヤンゴン市
  2. 設立年       : 1960年
  3. 事業内容    :
食品関連事業(製粉、コーヒー、菓子輸入)、農業関連事業(農産物輸出、肥料・農薬販
売)、小売事業、不動産開発事業、自動車輸入事業等、幅広いビジネスを展開。
  1. 従業員数    : 約6,500人
  2. 代表者       : Managing Director  U Ko Ko Gyi
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日テレ,SNSメディアのオールアバウトの株式をリクルート、ヤフーから25%取得、子会社化する、

2017年03月31日 13時47分48秒 | thinklive

日本テレビホールディングス 30日、傘下の日本テレビ放送網を通じて、情報サイト運営のオールアバウトに出資すると発表した。約22億円を投じて持ち分法適用会社にする。SNS(交流サイト)上でのコンテンツ流通のほか、EC(電子商取引)分野で連携する。異業種と組んでネット事業の拡大をめざす。

 日本テレビ放送網が31日、リクルートホールディングスヤフーから約25%の株式を取得する。オールアバウトグループが持つSNSメディアを通じて日テレのコンテンツを流すほか、日テレのイベントにからめたキャンペーンを同グループが持つECサイトで展開することも視野に入れる。

株式会社オールアバウトAll About, Inc.)は、生活情報サイト「All About」などを運営する企業。2005年平成17年)9月ジャスダックに上場している。

オールアバウトとは、日常生活の各領域の専門家が、日々の生活をより 豊かにするための知恵や、最新ニュースを記事を通して紹介する総合情報サイトである。

1株利益7.40

 チャート画像

運営会社のAll about株式会社は、上記のAll Aboutを中心に、All About News Digや 楽習フォーラムなど、メディア・グローバル・マーケティング支援など様々な領域の メディアを展開している。

本社所在地 日本の旗 日本
150-0013
東京都渋谷区恵比寿一丁目18-18
設立 1993年平成5年)3月25日(※)
(株式会社リクルートエリアネット西東京)
業種 サービス業
事業内容 総合情報サイトの運営等
代表者 江幡 哲也(代表取締役社長
資本金 11億6967万5千円
発行済株式総数 134,277株
売上高 連結27億9596万6千円
2012年3月期)
営業利益 連結8897万4千円(2012年3月期)
純利益 連結△399万9千円(2012年3月期)
純資産 連結32億6764万7千円
(2012年3月31日現在)
総資産 連結36億1591万3千円
(2012年3月31日現在)
従業員数 連結176人(2012年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 大日本印刷(株) 32.07%
(株)リクルート 29.96%
ヤフー(株) 19.88%
江幡 哲也 1.23%
(2012年3月31日現在)
外部リンク http://corp.allabout.co.jp/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グループメヒコ、米鉄道企業を買収21億$,全米の貨物輸送ネットの構築が企業目的の1つ、

2017年03月31日 12時03分09秒 | thinklive

*メキシコ国境に壁を築く米大統領の愚かさを笑っているようである、メキシコ国外の世界的企業がメキシコ国内に生産工場を建設する、それを米政府が壁で阻止は出来ない、それは資本と生産性の競合なのだ、

【メキシコシティ=丸山修一】メキシコで鉱業と鉄道事業を手がけるグルーポ・メヒコは28日までに米鉄道会社、フロリダ・イースト・コースト・レイルウエー・ホールディングス(FEC)との間で同社の全株を買収することで合意した。取得総額は21億ドル(約2300億円)の見込み。買収によって北米地域での鉄道事業を一気に拡大させたい考えだ。

 グルーポ・メヒコによると、FECはフロリダ州ジャクソンビルに本社を置き、総延長565キロメートルの自社鉄道網に加え、他社との連携で全米の7割の地域に1~4日間での輸送が可能という。自動車や化学品、金属など幅広い貨物に対応している。グルーポ・メヒコは今後も米国での貨物需要は成長が続くと判断。目標とする北米全域での事業拡大に弾みを付ける。

 今回の買収では全株の取得を現金で賄う。買収総額のうち3億5千万ドルは自己資金を投じ、残りの17億5千万ドルは借り入れで対応する。

グルポ・メヒコGrupo México S.A.B. de C.V.)はメキシコ非鉄金属企業。メキシコ最大の鉱山企業であり、ペニョーレスとあわせて同国の鉱業生産の大部分を占める[1]を中心に、亜鉛モリブデンなどの採掘・精錬製錬事業、鉄道運輸サービス及びインフラ事業を行っている[2]。銅の埋蔵量においては、チリのコデルコと世界一を競っている[2]

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米穀卸大手の神明、水産加工の、神戸まるかん買収

2017年03月31日 09時29分55秒 | thinklive

*神明は三菱商事系、米穀卸では最大手、外食チェーンの買収を含め、米穀の垂直体制構築のための企業買収を繰り返し規模化してきた、直近では、青果卸、水産加工など多様化を進める買収へ向かう、

 コメ卸最大手の神明(神戸市)は水産加工の神戸まるかん(同)を買収する。神明グループの回転ずしチェーンなどに水産品を供給し、コメを使った新商品開発も進める。全国農業協同組合連合会(JA全農)がコメ卸を通さず外食などへの直接販売を増やそうとするなか、水産品と一体でコメの消費拡大を図る。

 31日付で神戸まるかんの株式88%(議決権ベース)を取得する。買収額は十数億円とみられる。

神戸工場と中国、煙台工場の2工場体制で、安定供給を行います。「会社の力は、人の力」  

 

 
設立 1977年4月
資本金 4000万円
従業員 60人
売上高 2010年3月 34.8億円
2011年3月 35.5億円
2012年3月 37.0億円(予定)
取引先銀行 三菱東京UFJ銀行神戸中央支店
徳島銀行神戸支店、京都銀行神戸支店 
代表者 代表取締役会長:本山 寛
代表取締役社長:松平 親一 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米穀卸大手の神明、青果物販売の「東果大阪」、買収、売上高、約、400億円

2017年03月31日 09時09分01秒 | thinklive

米穀卸の神明は、青果物販売を手掛ける東果大阪の発行済全株式を取得し、グループ化したと発表した。

神明グループは、基幹事業である米穀事業の拡充を図ることに加えて、人口の減少や少子高齢化、 食生活の多様化などの環境変化に対応するため、無菌包装米飯・炊飯米等の加工食品、アグリビジネスなどの国内での事業のみに留まらず、米国・中国・香港の海外子会社を通じた製品の販売、さらには国内外での外食事業の展開など、事業領域を伸長させ、近時ではコメ以外の取扱商材の拡大にも注力している。

一方、東果大阪は、永年にわたり、青果物流通の拠点として新鮮な青果物を公正な価格で流通させることで、消費者の食生活を安定させ、生産者と消費者の利益を守り、効率的な流通、安定した取引を推進し、川上から川下までの幅広い取引関係や情報収集力、全国の農協等を中心とする産地との強固な信頼関係、仲卸業者を通じた販売網並びに販売力を構築している。

今回の株式譲渡は、米穀と青果という違いこそあれ、農産品の食品流通の要として、将来にわたり果たしていく役割、克服すべき課題を共有できるパートナーとなり得、両社が協力して「産地との強固な連携による集荷力強化」、「マーケットインの発想による販売力強化」という共通課題に取り組むことで、双方の企業価値の向上と生産者、消費者の利益に繋げていくことを目的としたもの。

東果大阪

種類 株式会社
市場情報 未上場
略称 東果
本社所在地 日本の旗 日本
546-0001
大阪府大阪市東住吉区今林1-2-68
大阪市中央卸売市場東部市場内
設立 1964年(昭和39年)11月25日
業種 卸売業
事業内容 野菜、果実の卸売業
代表者 代表取締役社長 重田秀豪
資本金 1億
売上高 396億7,417万円
・野菜:240億3,537万円
・果実:156億3,880万円
従業員数 172名(男性:144名、女性:28名)
(2009年5月1日現在)
決算期 3月末日
主要子会社 株式会社ジーアンドアール
株式会社東果研修センター
株式会社一品一会
外部リンク http://www.toka-osaka.co.jp/
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国、百度、東大発VC、ポップイン買収、ネット広告の読まれ方測定の技術に注目、

2017年03月31日 07時59分11秒 | thinklive

*ポップインの創業者は中国人留学生で東大大学院に在学していた、

 中国インターネット検索最大手で世界2位の百度は8日、東京大学発ベンチャーのポップイン(東京・文京)を買収したと発表した。ネット上の広告がどの程度深く読まれたかを測定する独自技術に、ネット広告事業で米グーグルと激しく競合する百度が目をつけた、

百度の日本法人がVCの東京大学エッジキャピタル(同)やポップイン創業者の程濤社長らから、ポップインの全株式を取得した。買収額は推定で10億円程度。ポップインは売上高や利益を公表していない。同社は百度傘下で事業を継続する。

 「買収理由の一つはポップインの技術のすごさだ」。同日記者会見した百度日本法人の張成煥社長はこう強調した。 ポップインは中国人留学生だった程氏が東大大学院に在学中の2008年に設立した。サイトに表示された広告文などについて読み終わるまでにかかる時間を算出し、閲覧者が実際にサイトにとどまった時間から熟読されたか読み飛ばされたか、読み込み度合いを測定する。従来の技術は広告が読まれたかどうかを把握するまでだ。

 

 ポップインの技術の顧客は企業などの広告を掲載するサイトの運営会社。広告の精度を高めればサイトの媒体価値を引き上げられる。

 記事に似た体裁の新たなタイプのネット広告として注目されている「ネーティブ広告」の効果検証にも利用され、既に200以上のニュースサイトが導入しているという。広告を読んだ人に別の広告を推薦する機能もあわせて提供する。米調査会社BIAケルシーは、19年のネーティブ広告の世界市場は14年の約3倍の2兆3千億円に拡大すると予測する。

しのぎを削る百度が目をつけた。「読み飛ばされにくい広告」を売り物に、日中連合で世界市場の開拓をめざす。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アマゾン、中東最大のネット通販,UAEの,su-ku.com買収、7億$で競り勝つ、

2017年03月31日 07時25分59秒 | thinklive

 *政治的コストは大きくなる可能性はあるが、アラブ世界でのネット通販は寡占化するのでは、アマゾンの買収は大きな収穫を生みそうである、

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米アマゾン・ドット・コムは28日、中東最大のインターネット通信販売会社でアラブ首長国連邦(UAE)のスーク・ドット・コムを買収することで合意したと発表した。買収により中東に進出する。買収額は7億ドル(約770億円)規模とみられる。UAEのショッピングモール運営大手、エマールモールズとの買収合戦に競り勝った。年内に買収手続きを完了する見通しだ。

 中東地域は消費者の購買力が高いが、ネット通販はまだ黎明期で、今後の成長が期待される。スークはUAE、サウジアラビア、エジプトなどで事業を展開し、数百万人規模の顧客を抱える。スークにとっては物流やシステムなどで投資が必要な時期で、中東進出を目指すアマゾンと利害が一致した。*日経

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

香港鉄路、16・12期、純利益は21%減益だが、102億HK$、純利益率は22.6%、完全な寡占利益率、

2017年03月31日 07時00分59秒 | thinklive

*公共事業は低収益という考えは、日本以外のアジアには存在しない?家族財閥が国家という形態が多い、ということもあるだろうが、それなりの利益が無ければ、次の投資が出来ない、投資理念が優先している、

香港鉄路(MTR、香港の地下鉄運営会社) 2016年12月期決算は、純利益が前の期比21%減の102億香港ドル(約1500億円)だった。本業は好調だったが、投資不動産の評価益の落ち込みが収益を押し下げた。

 売上高は8%増の451億香港ドルだった。純利益率は、22.6%、新線開通などによる利用者の増加で、主力の運輸部門の売上高は176億香港ドルと4%増えた。中国本土など香港域外での鉄道事業も伸びた。一方、投資不動産の評価益が減少し、不動産部門の利益は77%減の5億3000万香港ドルとなった。

 梁国権・最高経営責任者(CEO)は7日の記者会見で、香港―広州間の高速鉄道について「前期末時点で87%が完成し、18年第3四半期に開業できる」と述べた。高速鉄道を巡っては、香港側の工事難航で開業時期が当初予定の15年から18年に延期されており、事業費も844億香港ドルと当初計画から3割超膨らんでいる。*日経(香港=阿部真也)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安徽海螺水泥(中国の国有セメント大手)16/12月期の純利益、13.7%増の85.7億元、純利益率、15.3%

2017年03月31日 06時48分14秒 | thinklive

安徽海螺水泥(中国の国有セメント大手) 16年12月期決算は、純利益が前の期比13.7%増の85億7000万元(約1400億円)だった。売上高は同9.7%増の559億3000万元。地方政府のインフラ投資の増加などが貢献した。純利益率は、15.3%、この利益率の高さは寡占利潤率レベル、

 安徽省など中国中部と、四川省など西部のセメント販売金額が15年に比べ10%以上伸びた。同社はインドネシアなど海外事業を強化している。16年の海外販売(輸出含む)は22億元と同16.5%増えた。海外シェアは3.9%に過ぎない、

 中国国家統計局によると、16年の国内セメント生産量は24億トン強と同2.5%増えた。景気刺激を狙い、地方政府がこれまで抑制してきたインフラ投資を再開する動きが目立っている。

*日経(上海=小高航)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

墨田区は中小企業センターを閉鎖、中小企業支援は本庁内に移設、パソナが支援業務を受託する、

2017年03月31日 06時10分02秒 | thinklive

東京都墨田区は中小企業支援施設である「すみだ中小企業センター」を閉館し、その機能を区役所庁舎内に移転した上で、4月から運営を民間企業のパソナに委託する。区内工場数の減少や生産拠点の海外移転、経営者の高齢化などの産業構造の変化に対し、役割を見直すことにした。専門知識委を生かして相談にのる「産業コーディネーター」を10人配置する、巡回相談なども手掛けて町工場が抱える課題を掘り起こし地場産業の活性につなげる、本庁内の墨田ビジネスセンター作る、閉鎖する中小企業センターの建物には千葉大学を誘致する、

コメント
この記事をはてなブックマークに追加