逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

総理大臣佐藤栄作とニクソン大統領の密約

2010年03月23日 | 軍事、外交

ホワイトハウスで会談する佐藤栄作首相(左)とニクソン米大統領(1969年11月)

『トップ・シークレット極秘核密約文書を佐藤元首相の遺族が隠匿保管』

日米間の四つの『密約』を検証してきた外務省有識者委員会は三つは『広義の密約』とする報告書を岡田克也外相に提出した。
しかし意外な事に外務省官僚が文章を引き継ぎしていない事を理由に、佐藤ニクソン両首脳の間の『直接の密約』は、『密約では無い』との不思議な結論に至った。

『沖縄核持ち込み密約』
 
1969年11月にワシントンで行われた日米首脳会談時に、当時の佐藤栄作首相とニクソン米大統領が署名。
首脳会談では沖縄の『核抜き本土並み』の返還が合意されたが、同時に密約で有事の際の沖縄への核兵器の再持ち込みを認めた。
密約では、米国が核兵器を持ち込む事前協議を日本政府に申し入れた場合、『(日本が)遅滞なく必要を満たす』と明記しており、核持ち込みの事前協議の意味を事実上空洞化する内容。

『密約の経過精細』

沖縄返還で、当時の佐藤栄作首相とニクソン米大統領が69年11月に署名した、『沖縄への有事の際の核持ち込みを認める密約文書』を佐藤栄作の遺族が極秘に保管していた。
草案などで『佐藤ニクソン密約』の内容はすでに分かっていたが、両首脳の署名がある実物の存在が明らかになったのは初めて。
『佐藤ニクソン密約文書』では、
米側が『日本を含む極東諸国防衛のため、重大な緊急事態が生じた際は、日本と事前協議を行ったうえで、核兵器を沖縄に再び持ち込むこと、及び沖縄を通過する権利が認められることを必要とする。米国政府は好意的回答を期待する』とし、
有事の際の沖縄への核持ち込みを両首脳が合意したことが記録されている。
日本側は『そうした事前協議があれば、遅滞なくその要求に応える』と明記されている。
また、『米国政府は重大な緊急事態に備え、沖縄に現存する核兵器の貯蔵地、すなわち嘉手納、那覇、辺野古、及びナイキ・ハーキュリーズ基地をいつでも使用できる状態に維持しておく必要がある』と記している。

『佐藤ニクソン密約文書』は2通作成され、1通は日本の佐藤栄作の首相官邸、
もう1通は米国のニクソン大統領がホワイトハウスで保管するとしてある。
佐藤栄作は首相退陣後、自宅の書斎に私蔵隠匿していた。
この密約文章は69年11月にワシントンで行われた日米首脳会談の際、両首脳がひそかに署名した『合意議事録』。
返還交渉で佐藤氏の密使を務めた若泉敬・元京都産業大教授(故人)が94年に著書でその草案の写真とともに明らかにした。
今回の文書は文末にフルネームで署名があり、2通作成され、日米首脳がそれぞれ保管するとした本文の日本保管分とみられる。
若泉氏は著書で『イニシャル署名する予定だったが、フルネームで署名したと佐藤首相から知らされた』と記述しており、符合する。
この密約は現在、岡田克也外相が進めている密約調査でも対象になっており、調査では『外務省には保管されていない』という結論になっている。
密約をめぐるやりとりは外務当局とは別に若泉氏の『密使』ルートで行われたため、外務省には保存されていないとみられる。
しかし、両首脳の署名が残っており、米側は有効な公文書と見なしている可能性が高い。
机は首相在任時、首相公邸に置かれ、退任後は、自宅に持ち運ばれた。
関係者によると、元首相は生前、文書の存在について寛子夫人(故人)も含めて家族に漏らしたことはなかった。
佐藤元首相の二男の佐藤信二元通産相は『(元首相は)外遊の際はアタッシェケースに書類を入れて持ち歩いていた。69年の訪米の際も、帰国してその文書をアタッシェケースから書斎机に移したのだと思う』と証言する。
佐藤氏の次男の佐藤信二元通産相によると、元首相から引き継ぎなどはなく、75年の元首相の死去後に、元首相が使用していた書斎机を整理した際に見つかった。
机は首相在任時に首相公邸で使っていて、その後、東京・代沢の自宅に運ばれたもので、元首相が文書を保管してそのままになっていたとみられる。
佐藤元通産相によると、文書を発見した際に、密約が結ばれた69年当時駐米大使だった下田武三氏(故人)ら複数の外務省OBに『(外務省の)外交史料館で保管したい』と相談したが『公文書ではなく、私文書にあたる』と指摘されたという。
佐藤元通産相は『資料として保管してほしいと思ったが、二元外交を否定しているのだと感じた』と話している。

『日本国では全てが官僚優位?』

今回岡田外務大臣に報告された、外務省有識者委員会の結論ほど日本の政治家の地位を貶め官僚制度優位の現状を追認した事柄も無いだろう。
今回、『歴代外務官僚に引き継がれていない』ことを理由として日米両首脳の署名した『機密文章』が『外交機密』から外されたのですが、こでは日本国の最高責任者である『首相』の行為が、外務官僚の行為よりも重要度が下であるとの結論になってしまう。
この機密文章は既に30年以上前の1975年には佐藤首相遺族から外務省関係者に提出されていたのです。
佐藤栄作の次男の佐藤信二元通産相の『(外務省側が)二元外交を否定しているのだと感じた』との感想は興味深い。
外務官僚とは政治家の仕事(外交)を補佐するのが仕事だとばかり思っていたが、大間違いだったのです。
実は我が日本国では、それぞれの政治家に関係なく(出し抜いて)外務官僚こそがすべての『外交』を行っていた。そのために政治家(首相や外務大臣)は外交には関与していなかったのでしょう。
それなら政治家(日本国首相佐藤栄作)が行った独自の『機密外交』は、外務省の行っている外交に邪魔になる種類の『二元外交』に当たることになる。

『これこそ真の密約』

日本への核持込み疑惑ですが、
誰が見ても『ある』にもかかわらず頑として事実を認めず『無い』と言い続けた歴代自民党政権は、鉄面皮で恥知らずな無責任体質なのですが、
それなら現在の民主党新政権のように、あるものを『ある』と認めたところだけは以前よりは良いが、『あるものはある』として全く反省しない(悪い事を改めようとしない)のはもっと悪いような気もしますね。
たしかに日本政府の言うとおりに90年代以降は冷戦構造の崩壊でアメリカの全ての水上艦船から戦術核兵器は撤去されたのですがロスアンゼルス級原潜には核巡航ミサイルトマホークが配備されたままで、地球規模の米軍再配備に関連して核管理の為に廃止する米軍の方針を拡大抑止(核の傘)の為に継続してくれるように前麻生政権がアメリカに申し入れていた事が米議会の報告書にも記録されているのです。
浮気の証拠を突きつけられても『絶対無い』と白を切り通す今までの無責任亭主(自民党)。
浮気の現場を押さえられて『事実だから仕方が無い』開き直る厚かましい亭主(今の民主党)。
どちらの方が、より悪いのでしょうか。?
岡田外相のもしもの時の核再配備のニクソンと佐藤両首脳による密約を、代々外務省が機密文章を申し送りしていないので『密約で無い』とした件で、『これこそ密約だと思う』と感想を述べていたが、確かに正論ではあるでしょう。
主権者の国民に隠して官僚が代々申し送りしていたのは、関係官庁の『極秘事項』には当てはまるが、真の国家間の密約とはならない。
ニクソンと佐藤の二人だけが署名して外務省官僚にも内密にしてホワイトハウスと首相官邸に極秘に隠していた『核再配備』こそ本当の『密約』と言えるでしょう。

『優先順位のもっとも高い首脳間の密約』

正式な表向きの条約や宣言よりも、今回表に出された佐藤ニクソン密約のような首脳同士の『外交密約』の方が政治的に優先される事は例外的な事柄ではなく普通に行われる。
最高責任者同士の約束が、関係者全員を縛るのは外交や政治の基本的な約束事(常識)なのである。
例えば1945年2月日本の合法的な領土である南北千島列島のソ連への引渡しを、ソ連軍の対日参戦の褒賞として認めたソビエトのスターリン書記長とイギリスのチャーチル首相、アメリカのルーズベルト大統領、三首脳のヤルタ会談の『密約』が、日本と連合国との正式な約束事のポツダム宣言の戦勝国の領土不拡大(日本国の領土保全)よりも不当に優先されて、6年半後の1951年9月(利益をうける当事者のソ連が欠席でも)アメリカなどが主導して日本国の千島列島放棄のサンフランシスコ講和条約が締結されているのです。
この条約締結当時は前年に始まった朝鮮戦争(1950年6月~53年7月)がもっとも激しい時期とも時期が一致しているのですが、それでもアメリカは冷戦相手(ソ連)に有利(日本に不利)な対日講和条約をアメリカ軍全面占領下の日本政府(吉田茂政権)に強制しているのですから、ソ連のスターリンとの密約を優先させたアメリカのトルーマン大統領の意図は興味深い。
因みに現在のアメリカ人にとっては史上もっとも評判が悪い、ハリー・S・トルーマン第33代大統領は、ヤルタ会談当時は副大統領。
トルーマンは、敗戦が確実でアメリカへの報復手段を持たない日本の広島長崎への人類最初の核兵器使用に踏み切ったアメリカ軍最高司令官(大統領)でもあった。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (29)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 橋下徹『北朝鮮と暴力団は基... | トップ | 伊藤博文暗殺犯安重根処刑1... »

29 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
イラク戦争の前まで (マトリックス)
2010-03-25 11:18:57
現在の日本における、イラク戦争の前まで続いた、国民の大半が持っていた感覚「アメリカは何だかんだいっても民主主義で信頼できる」、それは『1984年』の中で『ビッグ・ブラザー』に対するほぼ絶対的な信頼と似たようなものではないでしょうか。盗聴・監視機能も付いた『テレスクリーン』ではないですが、テレビの放送内容・報道をほぼ真実だと思い(ヤラセをするのは基本的に、おもにバラエティ番組の中)、誰かに会って話をする前に、朝、視たニュースでアナウンサーなりキャスターが言ってた話の流れが正しいのを前提に、誰かと会話をする時に話が始まっていく。メディアコントロールの中、選挙でもマスコミに誘導されていた。 『民』という字は、古代中国で逃亡・反乱を防ぐ為に目を失明させられた奴隷が起源らしいですが、真実を視る目を奪われ支配構造を見抜けず、管理されているシステムが今までの日本の、今も続く日本の社会体制なら、『デモクラシー』に値する単語『民主主義』は字源的にまさにその通りではないでしょうか。
クロスオーナーシップと記者クラブ制度 (逝きし世の面影)
2010-03-25 16:17:12
マトリックスさん、コメント有難うございます。

何故これほどまでに多くの日本人が、アメリカの正義やマスコミの報道を何の根拠もないのに『正しい』として信じられるのか。?
実は、私にはこの理由が全く分からないのですよ。
世の中に悪い人がいるわけが無いと信じている小学生低学年でもあるまいし、いくら何でも、『其れは、ないでしょう~。』
ほんの少しでも自分で歴史を勉強すればアメリカの戦争犯罪行為や日本のマスコミの嘘(悪質なプロパガンダ)が誰にでも分かるのですよ。
ところが誰も信じいて、疑う事をしない。
何の根拠もなく多くの人々が、アメリカやメディアが嘘や悪い事をするはずが無いとこれ等の『絶対正義』を信じているのですよ。
余りの無邪気さにはあきれるばかりです。
科学的客観的な何の根拠もないのですから、これはもう。『宗教』ですよ。
永遠に終わらない対テロ戦争を引き起こしたアメリカの狂気である福音派原理主義や、アフガンなどの土着のイスラム教原理主義と全く同じようなカルトとしての宗教(カルト)が日本国内にも存在しているのでしょうか。
宗教的に寛容で曖昧な無宗教の日本人のイメージとはまったく正反対に日本国の国教(国民宗教)は、マスコミやアメリカは絶対的な無条件の正義なのだと信じ込む原理主義が日本の最大宗教(カルト)だったのでしょうね。

しかし正義不正義は絶対的なものではなく、あくまでも相対的で、例えば第二次世界大戦では連合国側(アメリカ)に正義はあった。
しかし、だからといってアメリカ軍の行動の全部が正義であった事にはならないが、ところがアメリカ人は『自分は絶対正義である』と思いたがる困った傾向がある。
第二次世界大戦時のアメリカの不正義の最たるものは原爆投下に尽きると思いますが、アメリカがこの事に気付かないと世界の平和は危機に曝される。
01年に始めたブッシュのアフガン戦争の最初の作戦名は『無限の正義』「Operation Infinite Justice」だったが、余りに対イスラムの宗教的な作戦名だったので不朽の自由作戦(Operation Enduring Freedom)に変えた経緯がある。

今のマスコミ報道や世論の動向は、政治の「歴史的転換」を言っているが、それらはすべて『脱官僚』(官僚バッシング)に集約されているように見えるが、
この現象は、4年前の郵政選挙や、20数年年前の国鉄解体の為に仕掛けられた国労組合員叩きキャンペーンの時に感じたものと同じ種類の危惧を感じます。
これは日本国を解体する危険な兆候(策動)ではないでしょうか。
昔の常識では誰もが今とは正反対に、
基本的に官僚は政治家より政策にくわしく優秀であり、国民に対して公正公平な感覚を持っていると考えられていたのです。
昔の常識と、ある時から何の説明もなくまったく正反対に為ってしまった今の常識と、
果たしてどちらが正しいのでしょうか。?
日本の優秀な官僚制度のお陰で、歴代自民党政府がこれほどの無茶苦茶をしても未だに国家が破綻していないで辛うじてもっているのではないでしょうか。
ただ、この私の説は、支持者があまり多くは有りませんね。
かなり見識の高い人でも『日本の最大の問題点は官僚制度』だと何の疑いも無く信じきっています。

実態と報道のずれ (kaetzchen)
2010-03-25 19:05:16
ブログ主さん,こんにちは.実は私も若き日の数年,「官僚」として働いた経験から,同じような危機感を持っている一人です.

官僚バッシングで叩かれているのは単純に「天下り」や「ワイロ」などで「犯罪行為」を犯した一部の上級職員であって,ほとんどの「官僚」は24時間,身を粉にして働いているという事実をマスコミは意図的に伝えようとしません.

分かり易い例が実はマスコミにもあります.例えば大新聞の中之島にある大阪本社だとか,テレビ局の局舎へ行くと,喫茶店やレストランやコンビニや美容室や理容室,そしてカプセルホテルやサウナなど至れり尽くせりの設備があることに驚かされると思います.私の住む中国地方でも同じで,中国新聞本社とかNHK広島とか民放テレビ局へ行くと,豪華な設備に圧倒されます.でもこれって,私の勤めてるような中規模の病院でも質の良し悪しは別として,同じ状況下にあるんです.なぜならば「常に24時間体制でいないと突発的な事件・事故に対応できない」という,公共性が根底にあるからなんです.

実際,大阪の官庁街や東京の霞ヶ関を歩けば分かる通り,これらもマスコミと同様に24時間寝泊まりできる設備になっていて,極端な話,売店ではワイシャツやネクタイや下着なども売っています.クリーニングに出すよりも使い捨てにした方がラクだからです.そして身体を壊して「独立行政法人」の8-5のラクな仕事へ「天下り」する人間の何と多いこと! 私の友人にも独法へ天下りしてもうつ病が治らなくて苦しんでいる元官僚が何人もいます.マスコミにも同じように身体を壊して職場を去っていく人が多くいることも一般庶民には知られていません (あくまでドラマの世界だけ).


| この現象は、4年前の郵政選挙や、20数年年前の国鉄解体の為に仕掛けられた国労組合員叩きキャンペーンの時に感じたものと同じ種類の危惧を感じます。

これこそが恐らく私のキーワードである「公共性」の破壊,ではないかと思います.なぜ労働者が組合を組織できるのか,それは「公共性」を維持するためだという考え方をねじ曲げられたせいです.実際,日教組の先生たちはつきあってみると非常に熱心な人たちで,組合活動は教育研修の一環だという本来の働きが表に出てきません.自民党が勝手に「教員の組合活動は違法だ」と決め付けたため,検察がその前例を利用して北教組を潰しにかかっただけです.教員組合の解体はイコール,「日本国を解体する危険な兆候(策動)」だと私は考えています.


| ただ、この私の説は、支持者があまり多くは有りませんね。
| かなり見識の高い人でも『日本の最大の問題点は官僚制度』だと何の疑いも無く信じきっています。

これこそ,前の話題で問題になった,北朝鮮は悪者だという「洗脳」ですよ(笑) 拉致事件なんて統一協会が勝手にでっちあげたものを,日本会議が継承しただけの「うそつき」以上の何者でもないのにね.
公務員たたきには賛成です (もえおじ)
2010-03-25 19:16:11
「密約」と言っても、米国の核抑止力で守ってもらっている状況では、日本国内に「核配備」されていたとしても、『やっぱり、そうなのか』と思うだけです。 そもそも憲法第九条の戦争放棄の理念からすると、日本が自衛隊という軍隊を保持していること、日米軍事同盟によって核の傘の下にいること自体が第九条の原則から乖離しているので、これ以上の本音議論が出来るわけがありません。 非核三原則の「核の持ち込ませず」については、皆が嘘と知りながら建前の議論をしている猿芝居なのですが、そのことを指摘することは禁忌なのです。

ところで、20年くらい前までは官僚制度が日本の問題であるとは考えられていなかったはずです。 疑問なのは、その後の20年間で、日本の産業競争力・生活水準が低下し、財政赤字が増大し、公的教育費負担および社会保障費が減ってしまった原因が何なのかということです。 悪いのは、政治家なのか官僚なのか産業界なのか。 それとも全てに原因があるのか、議論が分かれるところです。 ちなみに、一般的には、政治家>官僚>産業界と考えられていると思います。
日本国解体 (日向男)
2010-03-26 10:16:47
>これは日本国を解体する危険な兆候(策動)ではないでしょうか。

地方分権、東アジア共同体、脱官僚。
これらはまさに日本国解体の方向だと感じます。

それを推進しているのは民主党で、その民主党を牛耳っているのがロックフェラーの代理人・小沢という事を考えると、日本国解体は世界政府樹立への過程なのではないかと感じます。

しかし、世界を見れば、国家や民族が力を持っているのに、日本だけが解体されては他国にいいように利用されるだけでしょう。

逝きし世の面影さんは日本国解体の裏をどのように見ますか?
それは、イジメをする側の論理に近い (逝きし世の面影)
2010-03-26 12:04:55
もえおじさん、その姿勢は危険です。

報道されているキャリア官僚と一般公務員とを混同していませんか。?
官僚トップたちは時の政権(長年続いた自民党政府)と癒着して腐敗して、この記事でも指摘したように国家を私する宦官集団で、日本のためには叩く必要がある。
しかし不思議な事に日本国の様に、これだけ上(キャリア)が腐っていれば、他の国では下の末端の公務員も上を真似るので自動的に腐ってきて賄賂や情実での不公正な行政が行われ国家が段々崩壊していくのですが、
これらの腐敗したアジアアフリカ中南米の賄賂を公然と要求する公務員と全く違い、日本国は例外なのです。
日本では交通違反現場で賄賂を要求されたドライバーなんか一人もいませんよ。
公務員制度の幹や根っこが完全に腐っていても日本国の一般公務員(一つ一つの葉っぱ)は今でも健全で少しも腐敗していないのです。
例外は部落解放同盟枠で雇っている京都周辺の一部公務員だけなのですよ。
この腐敗した高級公務員と未だ健全な一般公務員の問題点ですが、別個に考えるべき性質のものでしょう。

核問題ですが、実はそもそも非核三原則というのが実にインチキ臭いのですよ。
『持たず』、『作らず』、『持ち込ませず』の三つとあるが、核兵器は販売も譲渡を不可能な兵器なので『持たず』と『作らず』は意味が一緒なので実質2原則なのです。
ところが3原則と表現されている。
これは一番重要な1原則が根本のところで抜け落ちているのを隠蔽する目的があったのではないかと疑っています。
核兵器にとっても最大の原則は佐藤栄作のインチキ三原則ではなく『使わせず』(先制不使用)ではないでしょうか。?
非核三原則の議論から、この原則がすっぽり抜け落ちているのです。
このことに気が付いたのは護憲派ブログにコメントした時に何とも不思議な事にそこのブログ主は三原則には書いても無い『核の不使用』が入っていると信じていたのですよ。日本の非核三原則はいざと言う時は核戦争を想定している危険極まりない代物なのです。
日本の非核三原則とはまったく悪質な偽善そのものですね。
(核でも銃でもあるだけなら何の害もない、使うから人が死ぬ)
真の非核三原則なら核兵器を『持たす』『持ち込ませず』『使わせず』でなければ為らない。
しかし、日本政府の対応は正反対。
アメリカに対して、拡大抑止(核の傘)の維持の為に、核兵器の削減、撤廃を表明していたオバマ政権に核兵器の『先制不使用』を打ち出さないよう要請したのが誰あろう我が日本の麻生太郎自民党政権です。
マスコミと権力とのプロパガン (逝きし世の面影)
2010-03-26 12:54:54
kaetzchenさん、コメント有難うございます。

『官僚バッシング』は、最近では最も成功したプロパガンダでしょう。
多分長い日本国の歴史を調べても高位に位置づけられる成功例でしょね。
疑っている人物を探す方が骨が折れる位に日本国民の間に浸透していて、政治ブログで危惧しているのは昔を良く知っている反戦塾ましま塾頭ぐらいですね。
流石に人間の年季と知識経験の量が違います。
高級キャリア官僚の不祥事報道と公務員削減キャンペーン、これに関連する議員定数削減キャンペーンは別々のモノではなく同じ一つの目的の、同じ運動であろうと推測しています。
これは産経新聞が一貫して行っている議員定数削減も一定数の有権者からは支持されているので、名古屋市長や大阪府知事に(北朝鮮の表現なら政治的詐欺師)いかがわしい人物が選ばれる根拠にもなる。
公務員削減を公約して当選した橋下ですが、府の公務員の殆どが警察官の府立学校の教員だった事を知らなかったらしい。教員数は文部省の管轄事項でしかもて団塊世代の大量退職で定員確保で四苦八苦しているし、警察官も同じ大都市の東京と比べれば人口当たりでは半分の少なさなのです。
減らせる余地はまったくないばかりでなく、現場の状況は正反対。結果ほんの僅かですが増員しているのですよ。
この程度の人物でも大都市の首長に圧倒的な人気で当選するぐらいに世論は『公務員バッシング』を信じているのです。
高級キャリア官僚と公務員の違いが分かっていないのでしょうか情けないですね。
しかもこの自分たちの『常識』がわずか10年ほど前は正反対だっったのにその記憶が忘れ果てて、今までの日本の自分たちの歴史が修正されているのに気が付きもしない。
150年前の記憶が完璧に書き換えられた歴史があるが65年前の歴史を書き換えようとする『作る会』を批判している護憲左派の多くの人が10年目に書き換えられた常識(歴史)を支持している(信じている)のですから、何をかいわんや。
これでは、極右勢力の歴史修正主義を笑っている場合ではないでしょう。そもそもプロパガンダであるとの自覚がないのです。
日向男さん、コメント有難う御座います (逝きし世の面影)
2010-03-26 13:46:21
仰られている事柄はそのとおりだと思います。何の原因もなく今までの常識が正反対になるなどあり得ない話で、公務員バッシングにも必ず誰もが納得する理由があるはずです。
始まったの三公社五現業を破壊した中曽根康人の時代で公務員全体ではなく一部(国労組合員)だけがその時は標的だったが、10年ほど前からは公務員全体にバッシング対象が拡大されている。
これは間違いなく世界中の国境を超えて自由に人、物、金、情報、資本、技術が例外なく動く悪魔の碾き臼である新自由主義の世界的な跋扈と関連があるでしょう。(公務員減らしの策動は日本だけの特殊事情ではなく世界規模)
しかし、私はそれ程心配していません。
世界中の王政がなくなっても最後に残るキングはトランプのキングと英国の王室だとの説もありますが、
EUの国家統合が世界的に広まって、あるいは社会科学が進んで国家が段々無くなったとしても最後まで残るのが我が日本国でしょう。
これは日本の官僚制度の優秀さとも関連していて、江戸時代を武力によってサムライが支配した野蛮な封建国家であると描いた明治政府のプロパガンダが大成功して今では誰もが信じていますが、それでは300年近い平和は維持できません。
実はサムライカーストという階級の職業官僚組織が日本を指導していた。
官尊民卑の明治は、何のことはない江戸時代のこの制度をそのまま延長していた国家体制なのですよ。
1945年の日本国敗戦も腐敗した官僚組織としての日本軍は解体されたが、アメリカ軍に全面協力する官僚組織自体は温存していたので日本に進駐してきたアメリカ軍はたったの4個師団で占領できたのです。
これがイラクやアフガンとは大違いなところで、中東地域では一番官僚組織が発達していたイラクの官僚組織を完璧に解体してしまった初代暫定施政当局代表(CPA)ポール・ブレマーとは、大馬鹿なのかそれともわざとアメリカを泥沼に引きずり込んだ張本人で、イスラエル人脈であると言われています。
基本的に日本は大陸とは200キロも離れており独自の文化や体制が成り立ちやすい。
しかも一億人を超える人口大国で世界第二の経済大国でもあるのです。このような条件の国家は日本以外には世界中にありません。
アジアアフリカ中南米と比較したら駄目でしょう (もえおじ)
2010-03-26 14:34:46
ブログ主さんや Kaetzchenさんの言われることは間違っているわけではありませんが、「役人天国」を野放しにしてはいけませんよ。 例えば、(公開された)阿久根市職員の給与水準は、「優良」民間企業の平均給与水準と同じだと思います。( 年収2~300万円の人たちは、非正規職員、臨時雇い、アルバイトでしょう。) 本当に問題なのは、給与が比較的高いにもかかわらず、役所の職員たちが、全般的に報酬に見合った働きをしていないことです。(ただし、国公立の教師はそうではない。)

一部では、「優良」民間企業の会社員と比べて、役所職員の生産性は3割程度にすぎないという見方があります。( その根拠は、民間なら2人でこなせる仕事を6~7人で行なっている慣習に基づく。) 公務員は年金その他でも優遇されているのに、その働きぶりに関する監視は甘すぎます。 怒りを抑える事ができませんね。


地方議員などの給与も時給に換算するとべらぼうに高い。 私が聞いた埼玉県和光市議員給与に関しては、仕事の内容(年間出勤時間80時間)に対して、560万円の給与はもらい過ぎです。 参考として、3期12年の報酬合計を、労働時間合計で割って、時給を計算してみると :

( 560 × 12 + 1920 ) ÷ ( 80 × 12 ) = 9 万円 / 1時間

共済金などを含まない、給与と退職金での計算ですが、時給で9万円となり、いかに議員が優遇されているのかが分かります。 市会議員でこのくらいですから、給与水準のもっと高い都道府県会議員では、さらに時給が高くなります。


東京都議会議員は、地方議員の中では突出した厚遇です。(毎日新聞平成21年6月20日より引用)

都議の月給は税込み103万円で、都道府県で最高額。 全国平均は83万円(08年4月現在)。 期末手当と合わせると、年収1740万円(09年度)。 これと別に、調査研究用の政務調査費が1人月額60万円で、全国一高い。 本会議などに出席する際は、住所に応じて交通費が一律1万円か1万2000円支給される。 年1人平均40回分で、徒歩で通える場所に住んでいてもよい。 電車賃は23区内なら都庁まで高くても往復1000円前後、八王子まで特急を使っても2500円程度。実費精算が全国的な流れだが、見直しされそうもない。

一方、国会議員の月給は130万円で期末手当と合わせた年収は2132万円。 また文書通信交通滞在費が月100万円、政務調査費にあたる費用が月65万円。 交通費では、JRの無料パスや航空券が手当てされる。

◇ 海外視察に1人269万円

都議会で過去4年間行われた海外視察は6回で、自民、民主、公明の都議30人が参加した。 07年に民主がフィンランドやグリーンランドを訪れた際の費用は1人269万円。 同年に自民がエジプトやスペインへ行った際はピラミッドやナイル川巡りも含み、1人228万円だった。

「年15人、1回の日程は10日以内」との申し合わせがあるが、予算上の制限はない。 共産党の調査によると、全都道府県で07年度に海外視察を実施したのは17議会。経費は1人平均82万円だった。

豪勢な都議の視察に、中身が伴っているのかは疑問だ。 昨年、自民・公明合同の視察と民主の視察を巡り、報告書に既存の文献からの「盗用」があったことが発覚している。

◇ 公用車の経費年2億円

公用車も国会議員並みだ。 都議会では議長、副議長と自民、民主、公明各会派の幹事長計5人に専用車がある。 このほか自民に3台、民主と公明に各2台の会派専用車がある。 共産はいずれも辞退している。
さらにどの議員も使える車が8台。 いずれも運転手付きだ。

過去に選挙運動に使って問題になったため「利用も控え気味になった」(議会関係者)というものの、公用車の経費は昨年度で約2億円に上るとみられる。 全国的には、公用車は正副議長だけというのが一般的だ。

国会議員の公用車は衆院に136台、参院に100台。正副議長や各種委員会の委員長には専用車があり、残りを会派の人数比に応じ割り当てている。

交通費支給額と実際にかかった費用との差額分を法務局に供託している後藤雄一都議は「議会はお友達クラブになっていて、厚遇を見直そうという声も上がらない」と話す。 (記事ここまで)
キャリア官僚の腐敗は第三世界程度 (逝きし世の面影)
2010-03-26 15:16:44
もえおじさん、基本的な社会認識に対する誤解ですよ。

基本的にデフレが進行したので官民の賃金体系が逆転しただけで、問題点がそもそも逆さまです。
ご存知の様に大企業の内部留保が増えるにしたがい民間の労働者の賃金はさがっているのです。
リーマンショックが起こるまで、バブル期よりも今の方が大企業が儲けが増えて史上最高益の記録を更新し続けていたのですよ。
公務員の労働を云々する前に過労死寸前の正規労働者の労働問題ことを語るべきでしょう。
問題点の捉え方が、これでは産経などの悪質なプロパガンダ機関と同じ視点で物事の正誤が全く逆さまです。
何故リーマンショックが起こったのかの視点が欠如していますし、
何故、我が国だけが一番大きな損害を受けたのかの視点も欠如しているし、
何故、未だに金融崩壊の影響が癒えず日本の経済が未だに低迷しているかの視点もまったく欠場しています。
そのような社会認識で竹中平蔵や産経新聞程度の同一であると思われかねませんよ。
今のようにバブル崩壊してから基本的にデフレ基調の経済が日本国では続いているので全ての事柄が崩壊しかかっていますが、これ等はまさに全てが今までの自民党政権の経済政策の失敗であり、その根本を問題にせず公務員叩きに同調するなどは愚か過ぎます。

其れは結果であって原因ではありません。
資料の丸写しは止めてください (逝きし世の面影)
2010-03-26 16:43:31
もえおじさん、ご意見は伺いますが、このような記事の趣旨とは関係ない長い資料の提示は迷惑です。
ご自身のブログではなく、他人のブログの『コメント欄』である事を考慮してください。
その当該記事に対するコメントであるなら私も納得もしますが、
送られたコメントが、この記事の趣旨とは何の関係もないことぐらいは、誰にでも分かると思いますよ。
当方の記事を読みに着ていただいている読者の迷惑になりますので、簡潔に要約したものの提示なら歓迎しますがそのようにはなっていない。、
以前にももえおじさんには、一度注意しましたが、
お馬鹿極まる産経などの右翼メディアの主張の簡潔な纏めならありがたいが、
要約なしで丸写しでは完全な手抜き行為ですよ。
それにしても、
>全般的に報酬に見合った働きをしていないことです。(ただし、国公立の教師はそうではない。)<
これはダメです。
綸旨が一貫していないばかりか、前後の話が正反対です。
普通の公務員の賃金を下げれば、自動的に働きすぎの公務員である教員も下がりますし人員も削減されるでしょう。
もえおじさんは一たい何が言いたいのですか。?
教員やら病院の医師や職員はいまでも大変な思いをして働いているのに、産経などの公務員叩きの影響で人員や待遇が悪くなりそうですが、これ以上労働条件を引き下げる心算ですか。
公務員叩きでは公務員だけに限定されず、民間の労働者側にも、悪い事ばかりで、何の良いこともありません。
>『怒りを抑える事ができませんね。』<
と書いてあるが怒りの方向が完璧に間違っているのです。
過労死寸前まで働かされている正規雇用の労働者の働きすぎを問題とせず、其れを前提にして公務員の待遇を下げるなどの発想自体が情けない。
話が正反対でしょう。
日本の労働者が欧米水準になくアジアアフリカ中南米でも考えられないくらいに働かせている現実が見えていないのですか。
叩く方向が全く間違って見当違いな方向に向かっていますよ。
それでは外国人労働者に仕事を奪われるとして排斥(差別)を主張する欧米のネオナチ程度の考え方と五十歩百歩の浅はかな考え方です。
自分たち以外の権利を守る事が、結局は自分の権利を守る最良の方法であるとの認識がない。
小泉や竹中や産経ならその考え方に大いに賛成するでしょうが、私は賛成しません。

怒りの方向が間違っていると言えば、産経新聞のつづけている悪質なお馬鹿キャンペーンである議員定数削減の手放しで認めているようでは話にも成りません。
公務員を監視する主体は市民の代表である議会なのです。
市民が如何にして力を持つかに感心があるならば、質と共に量でも議会の充実こそが大事でしょう。
主張が矛盾している事に気が付いていないのか不思議な話ですね。
議員お待遇の不満ですが、これこそ本末転倒。
大昔のように無料にすれば問題点はもっと大きくなりますよ。優秀な人材を集める為には報酬もそれなりに考えないと、其れこそ何もしない無能力な人材しか集まりませんよ。
綸旨は一貫しています (もえおじ)
2010-03-26 17:27:05
> 公務員を監視する主体は市民の代表である議会なのです。… 優秀な人材を集める為には報酬もそれなりに考えないと、其れこそ何もしない無能力な人材しか集まりませんよ。

その理屈が破綻していることを「事実」として示すための「引用」です。 いくら報酬を厚遇にしても「役所」の質は上がりません。 しかも、報酬が低くても議会が機能している先進国は沢山あります。

確かに、国公立病院の医師、国公立学校の教師は報酬以上に働いているようなので、一般公務員全般をひと括りには議論できません。 しかし「役所」についてはそうではない。 最近まで私自身も役所(地方議員と一般公務員)の実態を知らなかったのですが、あまりにもその質が低いので驚いている次第です。 多くの地方議会や役所は、まるで組織防衛に走るカルト集団です。 地元の共産党議員なども『役所を批判することは、新自由主義を支持することだ』という意味の主張をしていますが、全然別問題ですよ。

「なぜ議員の質が上がらないのか」「なぜ行政を監視すべき議会が機能しないのか」については難しい問題なので一言では答えられませんが、選挙制度や教育に原因があると考えています。
分かってませんね(笑) (kaetzchen)
2010-03-26 18:20:38
もえおじさん,いい加減にして下さいませんか.

>確かに、国公立病院の医師、国公立学校の教師は報酬以上に働いているようなので

当たり前です.他にも薬剤師や看護師やその他の職員も24時間体制で働いています.

同じことは地方自治体の一般公務員にも言えるって,ブログ主さんが言われているじゃないですか.私も非常勤ながら,先日腎臓を壊すまでは常勤の職員同様,夜勤も当直も研修医の指導もこなしておりました(今ではレジデントやインターンなどの研修医の指導だけですが).地方の過疎地では何でもやらないといけないのです.

一人の公務員として言わせてもらえば「役所を批判することは、新自由主義を支持することだ」という,もえおじさんの批判こそ,閉鎖病棟に閉じこめて拘束してやりたい危険思想です.

議員の質が悪いのは「日本人のカルト性」にあるという,私の主張を全く無視してますね.こんな人間を育てた教育が悪いと言うのならば,日教組の先生たちを尊敬している私を殺してからにして下さい.
河村たかし氏の場合は (kaetzchen)
2010-03-27 06:19:13
ブログ主さん,おはようございます.今朝は寒くて起きました.最近,トシのせいか,早起きのクセがついてしまっています.

それはさておき,

>産経新聞が一貫して行っている議員定数削減も一定数の有権者からは支持されているので

ですけど,名古屋では産経新聞って売られてましたっけ(笑) 大規模なダンピングで公取から追放された読売新聞は地下鉄の売店で見掛けたことがありますけど,基本的に名古屋の人間は9割近くが中日新聞,残りの1割のインテリや企業経営者が朝日をとるだけです.日経は朝日の販売店が扱ってるので,朝日=日経と考えて良いかも知れません.

大阪と異なり,名古屋の場合は2交代・3交代の企業は非常に限られていて,私の知る限り三河のトヨタ本社とアイシンくらいでしょうか.よく名古屋の喫茶店のメニューは豪華と言われてますけど,実は独身の労働者が朝食と昼食を職場の近くの喫茶店で食べるという習慣があり基本的に8-5の勤務体系で,彼らは家では中日新聞を読み,喫茶店で中日スポーツを読むという一生を終える訳です.

要するに河村氏の政策は基本的に愛知万博の後に大量に溢れ出た失業者やホームレスの行き場を作るための財源確保というパフォーマンスと私は考えています(でないと金持ちから「産廃業者の成り上がり」と嫌われるはずがない).橋の下のような無知から来る人気取りとは違うのではないでしょうか.
いささか蛇足ですが (kaetzchen)
2010-03-27 06:35:17
中国地方でも産経新聞は見掛けませんねぇ.一度,指定暴力団・侠道会のシマの備後のくにの福山で見掛けたことはありますけど.安芸のくに,つまり指定暴力団・共政会のシマの広島市内では見掛けたことはないです.

唯一の例外が,例の日本会議がバックについてる「拉致被害者」うんぬんの連中が拡大コピーしてパネルに貼ってた記事でしたか(笑)

#「サンケイリビング」は郵便ポストに入ってるけど,地元無料紙の方が分かり易いです.
もえおじさん、コメント有難う御座います (逝きし世の面影)
2010-03-27 10:51:11
今回は、前回のような恥ずかしすぎる産経の主張(悪質なプロパガンダ)の手抜きコピーでなく、もえおじさん御自身の意見を書いてくれた事には感謝しますが、
残念ながら、内容があまりにも恥ずかしすぎる。
ご自身が『何を』主張しているかの自覚がまったくない。
完全に人々が元々誰でもが持っている弱点である低俗な妬みとか嫉み、怒り、嫉妬心などを巧に利用したフジ産経グループの宣伝に乗せられて、我を忘れているとしか思えません。情けなすぎる。
もえおじさん、
もう一度冷静になって、何故その様な不思議な考えに立ち至ったか、ご自分の矛盾点を見つめなおしてください。
私もわざわざコメントして頂いた方に、一々赤ペン先生のような真似はしたくなかったのだが、ご自分の矛盾点に気が付いておられないようなので仕方がない。
もえおじさんは何かの教育関係のお仕事をしておられると推察ししているのですが、あの産経などの公務員バッシングの標的の中心(目的)は、決して(産経が自分で主張している)日本国の健全化などではない事ぐらいは、誰にでも分かるはずです。
キャンペーンだけではなく、それ以外の産経の主張と重ね合わせれば、一定以上の知性や教養があれば誰でも判断できると思いますよ。(平和憲法の改正が真の目的か?)
あの下種のキャンペーンは10年近くも続いているのですよ。
何かの確固とした政治的な信念がなくてはこれは出来ません。
ではその産経の信念とな何か。?
しかしですね、これまでの産経や『日本会議』や『作る会』などの狙いが何であるのかを考えれば、自ずと『答え』が出てきます。
そして公務員叩きの真の標的は、『郵便ポストの赤いのも日教組が悪い』と考えている中山成彬と全く同じで健全な公教育の破壊(教育勅語の復活)して、次には憲法改正(自主憲法制定)して戦前のような国にしたいのですが、教職員を最初から標的にしたのでは目的があからさま。
これでは成功率が低い。
それで、先ず叩きやすい一般の公務員を標的にして実績(前例)をつくり、成功したら次に真の目的の教育関係の公務員にと、産経でなくとも誰でも少しでも悪知恵があれば考えるものです。
何事も成功させる為には順序があるのですよ。
もえおじさんは、お馬鹿キャンペーを続けている産経の目的が、『市民に真実を報道する事だ』とでも善意に誤解しているのでしょうか。?それでは余りにも御人が良すぎる。
あれは真実の一部を真実全部であると偽装するプロパガンダの見本にしたいような典型的な手口ですよ。

『ソフィーの選択』をご存知だと思いますが、長年自前の国家を持っていなかったが第一次世界大戦の結果、念願の自分の国家を持った当時のポーランドでは民族主義が高揚するのですが、
残念な事にカトリックのポーランド人は『イエス・キリストを殺した人々』としてユダヤ人に対する偏狭な差別、排斥運動も高揚していたのです。
この、同じようにユダヤ差別をしているナチスドイツに侵攻される。
ところが侵攻してきたドイツ軍の目的は違っていた。ユダヤ人より先に恐ろしい事にユダヤ差別を主張していたポーランド人知識人たちが摘発され収容所送りになる。
ドイツは長年敵対していたプロテスタントの国だったのです。
結果ユダヤ人の犠牲者は600万人に対してユダヤ人を差別していたカトリックのポーランド人犠牲者は800万人の多数になるのです。
他人の不幸を願うものは同じ不幸が何時かは自分自身にも降りかかるものですが、
日本でも15年前に、オウム事件の時にマンション廊下など入っただけで信者たちが『住居不法侵入』で逮捕され有罪にされているが、『悪いやつだから』と護憲左派を含めて、だれも見てみぬふりをした結果が、今では反戦団体や共産党がビラを配るだけで逮捕されて有罪となっている現在があるのです。
如何解釈するべきか・・・ (逝きし世の面影)
2010-03-27 13:22:46
kaetzchenさん、コメント有難うございます。

ただ、これは・・・・議論を盛り上げる為の『ツリ』ではないのでしょうか。?
もえおじさんのコメント内容は産経のプロパガンダのそのまんま東。
お粗末過ぎる。
余りに程度が低すぎて、大のおとなが真面目にコメントが憚られる水準ですよ。
普通なら塵として削除(掃除)する程度の話で社会科学のイロハを説明しなければならない小学生でもあるまいし。幾らなんでも其れはないでしょう。
この記事の直前の記事である、橋下徹『北朝鮮と暴力団は基本的に一緒』に送ってきた産経のお馬鹿解説の其のままコピーの手抜きの、貼り付けコメントでのもえおじさんの>『多くの反論があることを指摘したまでです 』<
なんて事もありますしね~え。
大体ですね、これではもえおじさんの知的レベルや政治的立ち居地はフジサンケイグループのプロパガンダと同一で、お馬鹿右翼の漫画家小林よしのりなどに影響されたネットウヨ状態ですよ。
ですが、それでは余りにもえおじさんに対して失礼ではないかと思っているのですよ。
ある程度の政治的な経験があれば誰にでも出来る、産経の主張の、本当の目的が見抜けないほどの政治オンチの漫画好き低年齢では無いと思っているのですよ。
議会の議員が多すぎるなどの産経の主張が正しいなら、何も議会なんかがいらない事に気づくべきですね。
二度手間なのですよ。
選挙で選ばれる首長が立派に存在して居るのですから、議会そのものが必要ないのです。何も議会なんかが一々文句を着けるから改革が進まないのですよ。
産経の主張が正しいなら、産経の主張する議員を少なくするなどと中途半端な改革案ではなく議員全廃(議会の廃止)の方が遥かに優れている事になります。
中曽根康弘、首相の法律破り (逝きし世の面影)
2010-03-28 14:17:54
民主党鳩山由紀夫新政権で自民党政権で行われた国労に対する不当労働行為の賠償が行われ和解勧告が20年越しで成立する方向で動いています。

20数年前に国民の大切な足でもあり財産でもある国鉄を解体する為に仕掛けた自民党中曽根政権の悪質なプロパガンダ(国労叩き)が一定の国民たちに支持された結果が、悪質な違法行為(不当な国労にないする差別不当労働行為)を法律を守らさせる責任がある側の国が行ったのです。
普通の日本以外の国では、この様な国家が自ら『法律破り』(遵法精神の喪失)をしてしまうと一般の国民の一人一人の遵法精神も消えうせるもので、必ず国家が自動的に崩壊する。
ですから敗戦などのよほどの事が無いと中曽根内閣のように堂々と法律破りはしない。(どの政権でも隠れたところでは色々あるようですが)
赤信号皆で渡れば怖くないではないが、平時に国家の責任者たちが全員で国家の法律を破った前代未聞の椿事が元祖新自由主義とも言うべき中曽根康弘だったのです。
ところが全ての鉄道関係者の予測のとおりに数十兆円の国鉄債権は(中曽根の主張の正反対に)倍増して国家にとって大損害になったり信楽や尼崎のような国鉄時代ならあり得ない大事故が起こり百数十人が死亡した程度で済んでいる。
国家が法律破りをしたときに、世界中のどんな国でも普通なら起こる国家全体のモラルハザードが起こっていないのですよ。
自民党政府がいくら無法を働いても、未だに我が日本国では、国家が崩壊していない。
『アジアアフリカ中南米と比較したら駄目でしょう』 との意見も在るが、アジアやアフリカ諸国が崩壊する原因は、このような国家の不法行為による国家(国民)全体のモラルハザードなのです。
この原則は北米や欧州諸国でも全く一緒。
だから先進国の政府は自国の国民に法律を守ってもらう為に、否応なく自分(政府)が率先して法律を厳格に遵守する風を装うのです。
別に主義主張や信教などに関係なく社会科学の常識的な話なのですが、
ところが、この世界基準の唯一の例外は世界中で何処にもなく、日本国一国だけなのですよ。
日本国では、政治家やそれに癒着した高級官僚は腐敗しているが未だ一般公務員や一般市民層はモラルハザードに陥っていない。
この原因が生産性は低いかもしれないが、未だ健全で優秀で公正公平な日本独自の官僚組織である可能性が高いのです。
それなら産経などの10年間も続けているあの摩訶不思議なバッシングキャンペーンの目的が何であるか、ある程度は推測出来るでしょう。
中曽根康弘は極悪人 (マトリックス)
2010-03-30 13:01:01
「不沈空母」発言からして日本人の、それも民間人の命をどう思っていた(いる)のか、憲法9条を持つ国の首相として在任中に、政治家ではなく普通の一般市民が発言しても異常極まりない発言としか云えません。これでは自民党政権時代に基地問題が事件が起こらない限り、議論にされようとしなかったのがよく分かります。元海軍軍人としての国民を守る責任感、誇りのカケラも感じません。そもそも東京裁判で陸軍軍人ばかりが死刑や重罪となり、海軍軍人が無罪や短期刑なのがおかしいです。『リメンバーパールハーバー』がアメリカの正義なら海軍軍人こそ重罪にするはずです。元海軍高官から政治家に転身した人物は極悪人か死ぬまで裏切りを繰り返すかでしょう。
青年将校気取りの愚か者中曽根康弘 (逝きし世の面影)
2010-03-30 14:43:40
マトリックスさん、コメント有難うございます。

日本海軍の真珠湾攻撃で太平洋戦争が始まったのとの説は実は間違いで数時間前に日本陸軍がイギリスの要衝シンガポールを攻撃しているのです。
今では常識ですが、海底ケーブルの電信網で当時でも一瞬で世界中に発信できるのです。
圧倒的な空軍力の下で制空権を奪われて対独戦争でアメリカの参戦しか生き残る道がないイギリス軍としては一日千秋の思いで待ち望んでいた日本軍の攻撃だったわけです。
イギリスはそれ以外の国と比べてそれ程国力があるわけではないが情報、宣伝力で抜きん出て他の国を凌駕していたのです。
ですから海軍の真珠湾攻撃は奇襲でもなんでもない。
対日戦争を望んでいたはイギリスだけではなくアメリカの方にも切実な理由があった。
ルーズベルト大統領のニューディール政策などのケインズ的な公共投資での経済復興は1929年から始まった世界恐慌に対しては焼け石に水でさほどの効果がなかった。
アメリカが世界の大国になれた最大原因は、其れまで世界の中心だった欧州大陸が第一次世界大戦の為に焼け野原になったお蔭で戦火を免れたアメリカや日本などが戦時中は軍事物資の戦争景気で戦後は、戦後復興景気大いに潤った。
ところが資本主義では必ず生産力(供給)よりも消費(需要)が追いつかないで需給バランスが崩れ定期的に恐慌が発生する弱点が仕組みとして元々存在している。
その解決策が公共投資による日本の無駄に大きい箱物造りなどのケインズ学説の採用なのですが、
ある程度の効果があるが、本当に悪い時には効き目が薄い。
恐慌の最高の特効薬とは戦争経済なのです。戦争では生産力(供給力)は何倍にもなるし需要(消費)にいたっては無尽蔵に膨らんでいく。
其れまで苦しんでいたデフレ経済は完璧に吹っ飛びます。資本主義のリフレッシュには定期的な戦争が必要だったのです。
アメリカの恩人日本海軍 (逝きし世の面影)
2010-03-30 15:28:45
『リメンバーパールハーバー』がなければ第一次世界大戦の10万人近い多大な人的損害の結果、反戦平和の世論は未だ強固で衰える気配さえない。
何しろ当時は世界戦争が終わって20年ほどしか経っていなかったのですよ。
戦争の悲惨さは誰もが忘れず覚えていた。
日本で言えば1960年代で当日本人全体が戦争の悲惨さを記憶していたので、当時は日本で非武装中立の世論が半分近くもあったし核武装論や今の様に自衛隊の海外派兵などは考えただけでも内閣が吹っ飛んだでしょう。
憲法9条などの考え方は時代遅れの平和ボケなどの批判が言われだしたのは、平和憲法のお蔭で日本が半世紀以上平和で戦争をしていないからこそ言われだした珍説です。戦争を知っている人たちが今では本の少しになってしまったのです。
ところが1940年代のアメリカでは誰もが戦争を覚えていたでルーズベルト大統領は戦争反対の公約で当選しているので『イギリスが危ない』からと参戦できない。
皇帝でもないのですから民主主義の大統領では戦争を始める為には世論誘導する以外に方法はないのです。
この難問を解決するウルトラCの大技が正にりメンバーパールハーバーなのです。
A級戦犯を裁いた東京裁判は中国ソ連が主導した物ではなくアメリカが主導していたのです。
これでは日本海軍関係者には戦犯がいないのは当たり前でしょう。
日本ではそれ程問題とはされていないが中国の臨時首都重慶爆撃が戦争犯罪とはならなかったが、これは日本全土の無差別爆撃や広島長崎の核爆弾に道を開いてた世界最初の一般市民にたいする無差別空爆だったのです。
重慶爆撃とは「無差別都市爆撃」の事始めで、5年半に218回も繰り返された計画的な都市爆撃であったが行った日本側にはそれ程報道されていないが、
上海など沿岸部から内陸にある重慶を爆撃する時に、
中国側戦闘機の迎撃を叩く目的で、2000キロメートルという当時としては驚異的な航続距離を誇る零戦が、軍参謀本部の要請で開発されたようです。
この当時のドイツのメッサーシュミットやイギリスのスッピッツファイアー何かは零戦の何分の一しか航続距離がなかったのですよ。
戦闘機としては異例の、今の旅客機と同じように翼にまで燃料が入る構造でラバウルから1000キロメートルも離れたガダルカナルまで飛べたのも零戦の航続距離のお蔭ですが、撃たれると翼にまでガソリンが入っている為に簡単に炎上して乗員は助からない。
日本軍の人命軽視は敵味方なく見境なしなしだったのですが、これでは長期戦では絶対に勝てないはずです。
山本五十六とビン・ラディン (逝きし世の面影)
2010-03-31 10:32:04
英軍を攻撃したい陸軍と真珠湾を主張する海軍。
陸軍は対ソ戦争を熱望していたとの説はインチキ臭い。
確かに独ソ戦に便乗する論もあったのは事実ですが日本陸軍は対ソ戦でのノモンハンの手痛い敗戦や対ソ干渉戦争の惨めな撤退の経験が有るのですよ。
ソ連と戦えば戦争がどうなるかの正確に予想出来たのです。
日本がシベリア全土を制圧しても最も欲しい石油が手に入らず人と金ばかり浪費してメリットが何もないことは経験上知っていた。
当時シベリアには石油などの資源は見つかっていなかった
ですから日本陸軍の対ソ戦とはノモンハンの面子の回復程度の話で、ウラル山脈の西(ヨーロッパロシア)まで進出しないと実利面が無いのですがそれだけの人も金も何も無い。
ソ連に攻め込んだドイツとは条件が全く違う。
ドイツは喉から手が出るほど欲しいウクライナの穀物とカフカスの油田地帯が目の前にあったのです。
だからソ連に侵攻したのですが、実は面白い事に日本海軍の山本五十六は独ソ戦の開戦からドイツの敗北に終わるまで、第二次世界大戦のほぼ全てを正確に予測していた。
日本海軍(山本五十六)の驚くべき洞察力(情報力)ですが、これを読んだ私の父は『ドイツの敗北』(日本の敗北)を人前で語ってもう少しで憲兵隊に捕まりそうになったそうです。
元々日本独自で対英米戦を戦う実力も戦略も全く持っていなかった。
連戦連勝のドイツがヨーロッパ大陸全部を占領するのを見て『ドイツが勝つ』との目論見で、第一次世界大戦のときと全く同じ作戦『勝ち馬に乗る』をやったのが日本軍の太平洋戦争(真珠湾攻撃)を引き起こした動機でしょう。
(ドイツが勝てば、日本が緒戦の局地戦で勝っていれば有利な条件で講和できる)
日本がアメリカを占領する筋書きは全く持っていなかったのです。
日露戦争や第一次世界大戦の対ドイツ宣戦布告の時と全く同じで相手国の全面占領なんかは全く想定していなかった。
何時もは成功していた『勝ち馬に乗る』作戦ですが、今回は海軍(山本五十六)は自分たちが賭ける馬(ドイツ)が負けると知っていたのですよ。
日本帝国を負け戦に巻き込んだ山本五十六(海軍)目論見はなんだったのか。?興味深いですね。
庶民の意見 (伯爵)
2010-04-10 10:25:01
話を戻しますが(ごめんなさい)、

> 議会の議員が多すぎるなどの産経の主張が正しいなら、何も議会なんかがいらない事に気づくべきですね。二度手間なのですよ。

逝きし世の面影さんの言われる通りだとすると、公務員たたきにもマトモな根拠がある事になりますね。

私には、民主党の公務員2割削減公約の「膨れ上がった国・地方の歳出を削減しなければ財政再建の足かせになる」という単純な理屈は受け入れやすいです。 公務員(経費)削減案の意図が、公務員たたきプロパガンダであるという解釈は余りにも一方的ではないでしょうか。 官僚機構だけでなく、地方行政(役所)にも多くの無駄が存在すると感じるのは、庶民の普通の感覚だと思います。
伯爵さん、 (逝きし世の面影)
2010-04-10 11:51:16
> 議会の議員が多すぎるなどの産経の主張が正しいなら、何も議会なんかがいらない事に気づくべきですね。二度手間なのですよ。

逝きし世の面影さんの言われる通りだとすると、公務員たたきにもマトモな根拠がある事になりますね。

何故、根拠になるのですか。?
話の趣旨が理解できません。
産経主張では議員が少ない方が少ないだけ『善であると』の立場ですが、
この産経主張が正しければ100よりも10が優れており10よりも1がより優れていることに為ります。
そして産経主張では、首長は既に選挙で公正に選ばれているのですから、議会と首長と二つあることの意味が無いのですよ。2よりも1の方が優れているのですから議会は不用になることに為るのですよ。

産経では同じように削減を主張していますが、公務員削減と議会の議員定数とは性質が大きく違うので同一に論じるべき性質のものではありません。
混乱のもとです。
話が混乱して誤解いるようです (逝きし世の面影)
2010-04-10 12:03:54
伯爵さん、コメント有難う御座います。

>『官僚機構だけでなく、地方行政(役所)にも多くの無駄が存在すると感じるのは、庶民の普通の感覚だと思います。』<

全く仰られるとおりで、誰一人も、このことを否定している人はいないのですよ。
権力は腐敗するが絶対権力は絶対に腐敗するというが、
長年の自民党一党独裁の結果、官僚機構が肥大化して無駄は目に余ります。
みんなが、そう思っているのですよ。
勿論私も日本人の一人として、みんなと同じ思いで、このことでは何の見解の相違は無いのです。
職員の大幅削減を公約にした橋下徹は大阪府民の圧倒的な支持で当選した事をもっても、このことは証明されているでしょう。
ところが困ったことに。
大阪府の職員の4分の3は警察官と教員である事実を橋下は知らなかったらしい。
教員は今では文部省や教育委員会の徹底した管理で各種の報告書の作成などの雑務が昔では信じられないくらいに増えて、其れに加えて昨今伝えられている学級崩壊など教育現場の環境は急激に悪化。
激務で心身に疾患を抱えている割合では教員は抜きん出ているのですよ。
今、早急な増員が求められているのです。
人口当たりの警察官の人員は大阪府は東京都などの半分以下の少ない状態で、引ったくり日本一などの不名誉な記録も警察官の、この余りにも少ないことが原因で起こっているのです。
つい最近、連続路上強盗事件が起こった時に大阪府警が警察官を大動員したら、その間だけは引ったくりなどの犯罪が激減したのです。
街中に警官の姿があるかないかは、その町の治安状態に大いに関係してくるのです。
現状は必要とする警官や教員の人員が全く不足しているので、色々な問題が起こっているのですが橋下は正反対に公務員削減を公約していた。そして市民たちも信じていた。

無駄の削減は誰もが感じているのです。
そして自民党政権で無駄な官僚制度が肥大化したのも事実です。
ただ大阪府の例に見られる様に、無駄に肥大化した官僚機構の改革の必要性は重要で、行われなければならないのですが、間違ってはいけない事は
官僚機構の無駄の削減と同時に、
産経などマスコミ報道(プロパガンダ)の『公務員の削減』ではなく、
その正反対の『公務員の増員』こそが今の日本の社会の健全化の為に是非とも早急に待ち望まれているのです。

そして我が日本国は、先進国の人口当たりの公務員数は、フランスなど欧州諸国に比べて何分の一の少なさなのです。
原則的に『自己責任』『自助努力』を第一と考えて『公』の介入を嫌い『自らの命は自らが守る』と国民個人個人の武装権(銃を持つ権利)を最大の価値観とする小さい政府の代表格の国家であるアメリカの公務員数は圧倒的に少ないのですが、
人口1000人当たりの人口比で比べてみるとアメリカの半分ぐらいの少ないのが、今の日本国なのです。
この、今の日本における公務員削減キャンペーンとは、自民党政権での医療費削減と全く同じですよ。
確かに薬漬医療や乱診乱療など医療の無駄の削減に誰も反対するものはありませんが、
日本は先進国で一番医療費が低い、しかも世界一のと長寿社会でもあるので,級もっとも医療制度が上手く言っている社会でもあるのです。
救急医療の崩壊とか極度な産婦人科の不足など、医師などの医療関係者の増員は緊急課題なのは誰にでも分かるはずですが、
医療費削減の為に、極最近まで20年以上も自民党政府により意識的に医学部定数削減など医師を減らそうと努力したいたのです。
今のような医療崩壊が起こって当たり前だと思いませんか。
あくまで (伯爵)
2010-04-10 13:13:34
論点は行政の無駄です。もし(ご指摘のように)議会が必要ないというのであれば「無駄」という点では同じ話です。混乱するのは、行政の効率化をはかり無駄を減らすべきであるという主張が、本来必要な公務員の数も減らせといっているように受け取られるからです。

例えば、日本では、全ての県で空港が建設されていますが、これは行政の無駄です。不要な地方公共事業の問題は山ほどあります。また、(引用された)東京都議会議員のように法外な手当が見過ごされているのに、庶民に必要な公立病院・医師に予算が足りない、教員に予算が足りない、警察官に予算が足りないとすれば、それは行政側(東京都議会)の問題であって、住民が至らないからではないと思います。

当然ですが、批判の矛先は、真面目に働いている一般公務員にではなく、多くの無駄を作り出してきた行政の無駄の温床となっている「お役所体質」に対してです。
伯爵さん、 (逝きし世の面影)
2010-04-11 09:01:05
>もし(ご指摘のように)議会が必要ないというのであれば・・・

(ご指摘のように)には『産経が』という主語が抜けています。
議会の役割を否定しているのは産経のお馬鹿キャンペーンの方です。
私の方の意見はこの産経主張とは逆で、産経のキャンペーに反対しているのです。
産経の議員は少なければ少ない方がよいとの主張が正しいなら、→議会そのものが『いらない』となるのですよ。
何故なら数字で一番小さい数はゼロなのです。
少なければ善であるなら『ゼロ』(議会解散)が最善となるのです。
公務員や議員の削減キャンペーンと同時に日本国の憲法改正も主張しているので、産経にはそもそも何故近代国家には憲法や議会が必要であるのかの基本的な認識が欠落しているのです。
近代国家や民主主義にとっては、この制定憲法と議会(議員)とは切っても切れない密接な関係があり、どちらの意味も国家(権力)の暴走を抑止して国民の権利を守るという共通の重要な役目が有るのです。
ならば、憲法改正を党是とする自民党とは、反市民的な反民主主義団体にほかなりません。
憲法や議会の力を弱めようとする産経や自民党の存在自体が憲法違反の市民の敵なのです。
憲法99条には公務員の憲法尊重の義務が明記されているのです。
(反対に市民には憲法遵守の義務は無い)
何故産経が憲法改正や議員や公務員を削減しようとするかの意味は、国家の力を強めたいからでしょう。
特別職の公務員である政府や大臣には憲法を守る義務があるが、勿論内閣や議員個人個人も憲法を守る義務がある。
これに真っ向から挑戦する自民党や産経読売などは憲法違反で、憲法に反する法律は無効で違法なので、違法な法律を作った違法団体なのです。

では憲法とは何か。?
日本では和を持って尊しとする聖徳太子の17条の憲法も憲法と書いてあるが、あれは道徳を箇条書きしたもので憲法ではない。
初めての憲法とは、矢張りイギリスの権利章典マグナカルタが元祖であると思われるが、意味するところは如何にして国家(国王)の権力を縛るか、国家を監視するかにあるのです。
自民党憲法調査会が考えているような『如何にして国民を縛るか』では無い。
この自民党流の『如何にして国民を縛るか』は憲法ではなく各種の法律の事ですね。
この二つの違いが自民党には分かっていなかったのです。
だから『今の日本国憲法には国民の権利ばかりで義務が書いてない』などといえるのです。
国民の義務が書いてあるのは法律です。
国家を縛る目的の憲法に、国民の義務が書いてあるはずが無いじゃありませんか。馬鹿馬鹿しすぎる。
産経や自民党は心底アホ。それとも反民主主義か。それとも無知の極みです。
憲法と同じ、国家の暴走を監視する目的が議会(議員)にはある。議員の最大の仕事は国家の監視なのです。
イギリスの国会議事堂の正面には清教徒革命のヘンリー・クロムウェルの銅像がたつが、この国会が向いている方向が『国家』(国王)なのですね。
国王の住むバッキンガム宮殿に向かって国会の議事堂の建物が真正面に立てられているのです。
国家(イギリス国王)を監視する役目が国会(議員)にはあるので、そのことをイギリス議事堂の建物が象徴しているのです。
因みに日本の国会議事堂の正面には国家の象徴である皇居は無く斜め横を向いていて、東北方向を向いているのですが、まさか戊辰戦争で官軍に敵対した東北列藩の方を向いている訳では無いと思うが、・・・
面白いことに、平面のメルカ. トール図法ではなく地球儀で見ると日本の国会議事堂のまっ正面に面しているのは10000万km近く離れてはいますがアメリカの大統領官邸ホワイトハウスなのですよ。もしも明治の人たちが意識して造ったとしたら物凄い話ですね。
Unknown (Saito)
2010-04-20 00:27:54
やらなきゃならない仕事やら勉強やらあるのに、ついこのブログがおもしろくて、今日もさぼってしまいました(笑)。ところで、国家権力を監視すべき国会の向きですが、日本の場合はどうしたら?皇居は国家の象徴かもしれないですが、国家権力の象徴と感じている日本人はほとんどいないとおもいますし。。。
Saitoさん、はじめまして (逝きし世の面影)
2010-04-20 10:19:45
コメント、有難う御座います。これからも宜しくお願い致します。

もうその実態を知っていた人々が日本人のあいだでは極少数になってしまいましたが、65年前までの明治憲法下の天皇とは、今とは正反対に唯一の主権者であり、『国家権力』そのものだったのです。
ところが、現在の平和憲法の下では第一条で『国家権力の象徴』ではなく『日本国民統合の象徴』と書いてあるのですが、同時に国民主権も明記しているのです。

天皇には『権力』は無いのですね。
日本国憲法第4条でわざわざ『天皇は・・・・国政に関する権能を有しない』と改めて念押ししているのですから、『権力』とは完全に無縁な存在なのです。
それなら国家の権力を具現(あるいは象徴する)する大統領や国王など『元首』とは全く違う存在であることになります。
考えてみれば不思議な条文ですね。
国家権力とは関係ないが、『国民統合のシンボル』なので国民が『喧嘩せず仲良くしなさい』程度の意味でしょうか。?
それなら今の明仁天皇の言動は『なるほど』となりますが、今の皇居の位置は権力(国会議事堂や首相官邸)の直ぐ側なのは良いとはいえない。
皇居の位置は軍事要塞だった旧江戸城ではなく、亀井静香の主張のように1000年の都である京都の御所の方が適当であると思いますね。
私としては亀井説のもう一方の候補地広島の方がもっと良いと思いますよ。
それなら問題になっている唯一の原爆投下を行った米国大統領の広島訪問が否応無く実現します。これは全人類にとってはノーベル平和賞以上の大きな意味を持ち、これ以上に戦争を批判し平和に貢献する事も無いでしょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
NO.1543 強権国家つくりを許すな! (大脇道場)
 民主党は、官僚の答弁禁止などを柱にした小沢一郎幹事長肝いりの「国会改革」関連法案(国会法・衆参各院規則の改定案)の国会提出を確認...
NATOと日本の核の傘 (反戦塾)
 NATOとEUの違い、自信のない方は一度こちらをご覧下さい。簡単にいうとNATOはアメリカを含むヨーロッパの軍事同盟、EUはヨーロッパ主体で経済・外交等の各国
二酸化炭素=温暖化論は原子力発電推進論の根拠に過ぎない (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 某ブログで表題のようなことを書いたら,「二酸化炭素が温暖化ガスというのは常識だ」と噛付いてきた,いわゆる 「御用学者」 の類のネットゴキがいた(笑) 何とも幼稚な奴である.電力会社か東芝あたりから,きっとお小遣いをもらっているのだろう.  まずもって,...
日本政府の核密約問題と「非核の日本、非核の世界」ー日本共産党の不破哲三氏の講演・その1ー (未来を信じ、未来に生きる。)
非核の日本、非核の世界 神戸方式35周年のつどい 不破哲三氏の講演 --------------------------------------------------------------------------------  日本共産党の不破哲三・社会科学研究所所長が、20日に神戸市での「非核『神戸方式』決議35周年記念のつど...
日本政府の核密約問題と「非核の日本、非核の世界」ー日本共産党の不破哲三氏の講演・その2ー (未来を信じ、未来に生きる。)
 4、これからが日本の「非核」化の正念場 核密約を否定する弁護論の数々  「しかし」、と不破氏は続けます。  「討論記録」の存在をはじめ、核密約をめぐる事実がこれだけ明らかになっても、日本政府は、「核密約はなかった」と言いつづけ、いろいろな議論を持ち出...