読書日和

お気に入りの小説やマンガをご紹介。
好きな小説は青春もの。
日々のできごとやフォトギャラリーなどもお届けします。

「おおかみこどもの雨と雪」 −映画−

2012-07-23 19:50:26 | 音楽・映画
※小説「おおかみこどもの雨と雪」のレビューをご覧になる方はこちらをどうぞ。

久しぶりとなる映画のレビュー。
昨日「おおかみこどもの雨と雪」(監督:細田守)を観に行ってきました。

------- ストーリー -------
人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”に恋をした大学生の花。
やがて妊娠し、雪の日に女の子の、雨の日に男の子の《おおかみこども》を産む。
姉弟は雪、雨と名づけられる。
ところが、ある日突然“おおかみおとこ”が帰らぬ人に。
遺された花は子供たちを人間として育てるか、おおかみとして育てるか悩み、山奥の古民家に移り住む。
日々成長する快活な雪と内気な雨。
小学生になった2人にそれぞれ転機が訪れる。


------- 感想 -------



まず冒頭から素晴らしい映像美に引き込まれました。
話題になっていた「背景を動かす」という演出を目の当たりにしました。
これまでのアニメーションでは背景は固定されていることが多かったのですが、この作品では非常に完成度の高いレベルで背景を動かすことに初めて成功したとのこと。
冒頭からその演出があって、それがすごく美しかったです

この作品は、母と子の成長の物語。
作品全体では13年間の月日が流れます。
当初19歳の大学生だった主人公の「花(声優:宮崎あおい)」は、人間の姿で暮らす“おおかみおとこ(声優:大沢たかお)”に恋をすることに。
二人の間には雪の日に女の子が生まれ、雨の日に男の子が生まれ、それぞれ雪、雨と名づけられます。
しかし雨が生まれて間もなく“おおかみおとこ”である彼が死んでしまったために、花は一人で「おおかみこども」を育てていくことになります。
ここからが、花と雪と雨、三人の成長の物語の始まりです。



花が「まるで狼として生きるか人間として生きるか迷っているみたいだった」というように、幼い二人はおおかみになったり人間になったり、ポンポン変身しています。
活発で勝ち気な姉と、内気で臆病な弟。
この二人を人間として育てるかおおかみとして育てるか悩んだ末、花は自然豊かな山奥の古民家に移り住んで子育てをしていくことにします。
その開放的な環境で、二人がどう生きていくか少しずつ答えを見つけていってくれればと思ったのだと思います。
都会からいきなり大自然に環境が変わったことに活発な姉は大喜びし、臆病な弟は「もう帰ろうよ」と怖がっていました。

ボロボロの古民家を毎日少しずつ掃除し、直し、手入れしていく花。
畑も耕し作物も作ろうとしますが、これがなぜか枯れてしまい上手くいきません。
そんなとき花を助けてくれたのが、地域の人々。
もともとほとんど人がいないような田舎ですが、韮崎のおじいちゃん(声優:菅原文太)と呼ばれる頑固じいさんを筆頭に、みんなで花の助けになってくれます。
都会にはない人々の暖かさ、地域の助け合いが感じられる場面でした。

やがて姉の雪が小学校に入学することになり、「絶対におおかみには変身しない」と母と約束を交わします。
万が一「おおかみこども」だとバレれば大変なことになりますから。
今まで活発で「おおかみこども」らしくねずみや蛇を取って遊んでいた雪は、周りの女の子がそうではないことに気付かされ、とても恥ずかしい気持ちになります。
それからは自分も周りの女の子みたいにおしとやかでお洒落好きな女の子になろうと決意します。
これが雪にとっての転機でしたね
そのことを真顔で相談したら母は笑いながら「しょうがないなあ」と言い、雪のために青い花柄ワンピースを縫ってあげていました



一方の雨も次の年には小学校に入学するのですが、こちらは内気で臆病な性格のため、どこかクラスにも馴染めない感じです。
いじめられそうになっているところを姉の雪が飛んできて蹴散らしている場面もありました。
そして段々学校に行かなくなっていく雨ですが、代わりによく山に出かけるようになり、その山に住むアカギツネを「先生」と呼び、山の中で色々なことを教わっていきます。
これが雨にとっての転機
二人とも転機を迎え、今までとは少しずつ変わってきていたのでした。

そしてある時垣間見られる、姉弟の逆転。
活発で勝ち気だった雪は、ほかの女の子たちと同じになれるよう、頑張っておしとやかにしようと努めていました。
一方内気で臆病だった雨は、山に行って「先生」から色々なことを教わるうちに成長し、いつの間にか逞しく強くなっていました。
そんな二人が学校に行かない雨のことで喧嘩になったのですが、今まで活発だったはずの雪が雨に負けてしまいました。
喧嘩で弟に負け、泣く姉。
何だかこの場面は男の子と女の子のパワーの逆転が描かれていて印象に残りましたね。
いつまでも臆病な弟ではなかったのです。
そしてそれは姉弟それぞれが歩みつつある生き方の差でもありました。

とても印象的だったのが、物語の終盤、6年生になった雪が学校で「早く大人になりたい」と言っていた場面。
大雨の降る中、同級生の「草平」君と話しているときのことでした。
最初は分からなかったのですが、しばらくしてこの台詞に込められた意味に気付きました。
あれは人間・雪の11歳はまだ子供だけど、狼・雨の10歳はもう大人だという姉弟の「対比」の意味なんだと思います。

姉弟それぞれの、生き方の選択。
狼として生きるか、人間として生きるか。
それぞれが生き方を決め、羽ばたいたところで物語は終了。
とても心に残るクライマックスでした
雪も雨も自分で考えた生き方だし、母もそれを受け入れ、エールを送ります。
「しっかり生きて!!」
間違いなく素晴らしい良作だし、一人でも多くの人にこの母子の感動の物語を見てほしいなと思います
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (26)   トラックバック (74)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レモンカスタードケーキ | トップ | 「おおかみこどもの雨と雪」 −小説− »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして♪  (micha*)
2012-07-26 22:06:41
TBありがとうございます!

心に残る、いい映画でした
背景の美しさにも目を見張りました


雨が涙ぐみながら“おおかみってどうしていつも悪者なの....?”と花に問いかけるシーンが印象的でした
micha*さんへ (はまかぜ)
2012-07-26 22:28:16
はじめまして!
背景はほんと素晴らしい美しさでしたね
冒頭の映像美のほかにも、冬の夜の街なども良い感じでした^^

私もあのシーンは印象に残っています。
あの雨が後に逞しく強くなっていくのもまた印象的でしたね。
映像美や可愛らしさだけではない、温かみのある良い映画だと思います
こんにちは〜! (とっても気まぐれおーちゃん)
2012-07-29 09:03:26
トラックバックありがとうごさいます〜
これからもよろしくお願いいたします〜
とっても気まぐれおーちゃんさんへ (はまかぜ)
2012-07-29 12:30:04
こんにちは!
とても温かみや爽快さ、時に切なさのある良い映画でしたよね(^_^)
こちらこそこれからもよろしくお願いします♪
Unknown (イルカ)
2012-07-31 05:41:00
お初です〜
トラックバックありがとうございました。

私も昨日観に行ったのですが本当に素晴らしい映画でしたね〜〜

たまたまテレビで映画の話やアフレコなどの話も聞いていたのでますます興味がわき、猫の病院へいった後に行きました。

映画は大好きですがほとんどが洋画派です、居間上映されている映画はほとんど観ています。
アニメは宮崎映画は数本は観ていましたけどこれからも映画大好きなので観に行こうと思っていますよ。

ありがとうございました。
イルカさんへ (はまかぜ)
2012-07-31 12:16:18
はじめまして!
ほんと素晴らしい映画でしたよね(^_^)
単なる映像美や可愛らしさには留まらない、母の温かい愛や子の成長が描かれていました。
もう一度観に行きたいなと思います♪
はじめまして (きのこ)
2012-08-07 18:31:42
トラックバックありがとうございました。
映像が綺麗でしたね。登場人物の心情も細かく描かれていたと思います。

ちょっとわたしは前半が辛くて、
もう一度必ず見るとは思いますが、しばらく時間を置きたい感じです。

きのこさんへ (はまかぜ)
2012-08-07 23:53:29
はじめまして!
ほんとに綺麗な映像でしたよね。
冒頭のシーンとか素晴らしかったです。
時間が経ったらぜひもう一度観に行ってみてくださいね♪
はじめまして小春です。 (小春)
2012-08-08 07:14:27
はまかぜさま・・・。

はじめまして小春です。

ブログにトラックバックを残していただいてありがとうございました!

私はですが、最後の姉弟の生き方の選択

成長過程を思うとどんでん返しに思えるけれど

自分自身で決めたことの価値。

そう決断出来るまで育て上げたおかあさんの素晴らしさに感動でした。

まだご覧になっていらっしゃらなくて楽しみにしている方のお邪魔になっては申し訳ないのと

人さまのコメント欄で長々続きそうなので言葉不足ですがここまでとします。

ギュ凝縮!一言最後に・・・。

上質の映画を観ることが出来ました。
小春さんへ (はまかぜ)
2012-08-08 12:16:31
はじめまして!
私も上質の映画を観ることが出来て幸せな心境です(^_^)
ほんと、雪と雨を育て上げた花には感動しました。
やはり母は偉大だと思います。
多くの人に観てほしい映画ですね♪
Unknown (yutake☆イヴ)
2012-08-14 00:16:13
Tbありがとうございます。  

姉弟の逆転は、話の転機になっていました。

成長物語に、思うところある作品でした、

ではでは☆
Unknown (dolphin)
2012-08-14 07:33:58
TBありがとうございました。
素晴らしいレビューですね。
これからも参考にさせていただきまーす。
yutake☆イヴさんへ (はまかぜ)
2012-08-14 12:58:50
ほんとあの姉弟の逆転は転機になりましたよね。
雨も雪もそれぞれが選んだ道、あれで良かったのだと思います。
とても良い映画でした♪
dolphinさんへ (はまかぜ)
2012-08-14 13:02:23
お褒め頂きありがとうございます(^_^)
これからも頑張っていきますのでよろしくお願いします♪
おはようございます (にゃおん)
2012-08-16 09:38:03
はじめまして、にゃおんです。
トラックバックありがとうございます。

心温まる、素晴らしい作品でした。
たくさんの方に観ていただきたいですよね(^ω^)
にゃおんさんへ (はまかぜ)
2012-08-16 14:28:51
はじめまして!
ほんと、心の温まる素晴らしい作品でしたね^^
一人でも多くの人に観てほしいし、まだまだ頑張っていってほしいと思います
はじめまして (カッパ)
2012-08-18 12:15:22
TBありがとうございました。
久しぶりのTB嬉しかったです。
しかし素晴らしいレビューです、自分の記事が恥ずかしい限りです。
これからも頑張ってください。
カッパさんへ (はまかぜ)
2012-08-18 12:22:10
はじめまして
お褒めいただきありがとうございます^^
これからもお互い頑張っていきましょう
はじめまして!! (さら)
2012-08-18 13:04:13
はまかぜさん。

トラックバックありがとうございます。

とっても美しい映像でしたね。
 
私自身雪と雨とは逆ですが、息子と娘がいますので、
花さんの気持ちが良〜〜〜くわかりました。

雨くんの旅立ちは胸が締めつけられました。

沢山の方に観て貰いたい映画ですね。
さらさんへ (はまかぜ)
2012-08-18 14:42:46
はじめまして!
ほんと、冒頭から素晴らしい映像でしたよね
息子さんと娘さんがいるとなると、花さんにはかなり感情移入しそうですね^^
素晴らしい母親だと思います。
クライマックスの「しっかり生きて!!」は感動でしたね。
ぜひたくさんの方に観てもらいたいと思います
初めまして! (byonbyon)
2012-08-19 08:14:28
はまかぜさん、トラックバックありがとうございます。

自然なのだけれどとても内容のある映画でしたね。

私が見るきっかけとなったのは このアニメのプロモーションがビデオレンタル店にあってそれをみたらぜひ続きが見たくなったのでした。

映画館に足を運んでよかったです!

すてきな映画でした。
byonbyonさんへ (はまかぜ)
2012-08-19 09:47:09
はじめまして!
なるほど、そういうきっかけでしたか
私は映画公開直前に「サマーウォーズ」をテレビで見てすごく面白かったので、これはぜひ「おおかみこどもの雨と雪」も見たいなと思い足を運んだのでした。
本当に素晴らしい映画でしたね
良い映画でしたよね (yone)
2012-08-20 23:01:14
トラックバックありがとうございます〜

さまざまな部分で深読みができる良い作品ですよね。
終わり方も続きはそれぞれの胸の中で…みたいな。
私は雪と草平くんの恋仲を応援したいかな。
母の苦労を知っている雪はその時何を思うのでしょうね。
yoneさんへ (はまかぜ)
2012-08-21 23:37:49
たしかに、あの続きは人それぞれの心のなかに、な感じですね(^_^)
雪と草平の恋仲は気になるところです。
いつか短編でも良いので中学生時代の雪に焦点を当てた小説を読んでみたい気がします♪
こんにちは (maki)
2013-03-23 10:16:38
コメントありがとうございました
二人の自立があんまりにも早くて、母の花はとまどいと覚悟との間をゆれていたのだろうなと感じました
「しっかり生きて!」
生きている、それだけでも母親にとっては嬉しい事でしょうね
しかし、雨がいなくなったことで、村の人たちへのフォローはどうやったんだろ?とちょっと思いました(笑)
makiさんへ (はまかぜ)
2013-03-23 11:27:07
母の花は戸惑っただろうなと思います。
特に雨は途中からどんどん逞しくなっていきましたし。
「行ってしまうの?」の後の「しっかり生きて!」はじんと来るものがありました。
村の人たちへのフォローをどうしたのかは私も気になりましたが、そこは突っ込んでは駄目かなと思い触れずにおきました(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

74 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画 『おおかみこどもの雨と雪』 (アニメって本当に面白いですね。)
おおかみこどもの雨と雪   お勧め度:お勧め   [大人向けファミリー映画]   7月21日(土)全国ロードショー   監督 : 細田守   脚本 : 奥寺佐渡子   キャラデザ : 貞本 ...
おおかみこどもの雨と雪  監督/細田 守 (西京極 紫の館)
【声の出演】  宮崎あおい(花)  黒木 華/大野百花(雪)  西井幸人/加部亜門(雨)  大沢たかお(彼/おおかみおとこ) 【ストーリー】 人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”に恋をした大学生の花。やがて妊娠し、雪の日に女の子の、雨の日に男の子の《おおかみこ...
『おおかみこどもの雨と雪』 ことはそう単純ではない (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  一見すると、『おおかみこどもの雨と雪』は細田守監督の前作『サマーウォーズ』(2009年)の延長のようだ。  だが、ことはそう単純ではない。  『おおかみこどもの雨と雪』は、大...
おおかみこどもの雨と雪 (Akira's VOICE)
この映画を観ている間,僕は"親"になった。
『おおかみこどもの雨と雪』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「おおかみこどもの雨と雪」 □監督・脚本・原作 細田守 □脚本 奥寺佐渡子□キャスト(声) 宮崎あおい、大沢たかお、黒木 華、西井幸人、大野百花、           加部亜門、林原めぐみ、染谷将太、谷村美月、麻生久美子、菅原...
おおかみこどもの雨と雪 (佐藤秀の徒然幻視録)
おおかみは孤立の匂いを放っている 公式サイト。英題:The Wolf Children Ame and Yuki。細田守監督、(声)宮崎あおい、大沢たかお、黒木華、大野百花、西井幸人、加部亜門、平岡拓真、染谷将 ...
おおかみこどもの雨と雪 (ぐ〜たらにっき)
「時をかける少女」、「サマーウォーズ」の細田守さん監督の 長編オリジナル作品の第2作目。 キャラクターデザインは前の二作品同様、貞本義行さんが担当し、 スタッフもそのままに新たに「スタジオ地図」...
劇場鑑賞「おおかみこどもの雨と雪」 (日々“是”精進! ver.F)
母は、強し… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201207210002/ おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)細田 守 角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-06-2...
おおかみこどもの雨と雪 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)クチコミを見るファンタジーと日常が絶妙な割合で同居する「おおかみこどもの雨と雪」。異形の存在を認めた母と子の選択の物語でもある。大学生 ...
おおかみこどもの雨と雪 (そーれりぽーと)
個人的意見としては、今はジブリよりも確実に楽しませてくれる細田守監督の最新作、『おおかみこどもの雨と雪』を観てきました。 ★★★★ おおかみこども二人を育てる人間の母親の目を通して究極のスローライフ体験をさせてくれる素敵な狼男映画。 実写映画を観ている...
おおかみこどもの雨と雪/宮崎あおい (カノンな日々)
今やポスト・ジブリの一番手となった感のある『時をかける少女』『サマーウォーズ』の細田守監督がこの新作映画のテーマに選んだのは「母親」。なんでも細田守監督の周囲で母親と ...
映画「おおかみこどもの雨と雪」@TOHOシネマズ川崎 (新・辛口映画館)
 TOHOシネマズさん主催の試写会でほぼ満席、アニメ作品という事で小さなお子さんから大人まで幅広い客層だ。
『おおかみこどもの雨と雪』 (こねたみっくす)
これは入道雲が見守り続けた花と雪と雨と彼の家族の物語。 一夏の出来事を描いた『時をかける少女』や『サマーウォーズ』のような勢いはなくとも、13年に及ぶとある家族の成長を四 ...
おおかみこどもの雨と雪 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】狼と人間のハーフの子供を育てるけどな
『おおかみこどもの雨と雪』 (ラムの大通り)
----この映画のって、 『時をかける少女』や『サマーウォーズ』で人気の細田守監督作品だよね。 タイトルが分かりにくいんだけど…。 「そうだね。 でも、よくキービジュアルを見てごらん。 ほら、ふたりの子どもの耳…」 ----あっ。 「ね。彼らは 人間とオオカミの間に...
おおかみこどもの雨と雪 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
人間が自然に入りこみすぎて狼は絶滅した。自然に入りすぎたのに人間はその境界である集落を守ることができない。限界集落という問題が浮上して農作物が被害を受けている。そんな勝手な人間の営みを”おおかみおとこ”との混血で生まれた子供、雨と雪という二人の子供の物...
『おおかみこどもの雨と雪』 2012年6月18日 東京国際フォーラムCホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『おおかみこどもの雨と雪』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 娘が時間通りに来ないので、18:15頃に座席券へ引き換えました でも、係員の粋な計らいにより1Fの座席券にしてくれたのですが やっぱり最後方でしたので、全然舞台挨拶は見えませんでした...宮崎あおいの...
「おおかみこどもの雨と雪」1人で問題を抱えた先に辿り着いた温かい助け合いの心と運命の出会いによるそれぞれの生きる道 (オールマイティにコメンテート)
「おおかみこどもの雨と雪」は「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田守監督最新作品で、大学に通う女子学生が知り合ったおおかみおとこと恋に落ちて2人の子供が生まれるが ...
映画「おおかみこどもの雨と雪」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「おおかみこどもの雨と雪」観に行ってきました。 「時をかける少女」「サマーウォーズ」などの作品を手掛けてきた細田守監督の新作アニメーション。 映画の基本的な進行は、後日の成長したと思しき雪のモノローグをはさみながら、物語の前半は映画のタイトルにもな...
[映画『おおかみこどもの雨と雪』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆凛とし、毅然ともしている一人の女性が、二人の「おおかみこども」を両腕に抱いているポスターが印象的な、期待の作品だった。  テーマとしては、突き詰めると「シングルマザー」の物語なのだと思っていた。  そして、どのような経緯かは知らないが、かようなオリジ...
おおかみこどもの雨と雪 (とりあえず、コメントです)
おおかみこどもを育てることになった一人の母親の子育て記を描いたアニメです。 細田守監督&“おおかみこども”なんて、これは絶対に観なくちゃと思っていました(^^ゞ 子育ての大変さと喜び、そして母親の愛の大きさを感じさせてくれるような物語でした。
おおかみこどもの雨と雪 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://ookamikodomo.jp/ 何度か試写会に応募したけど全てハズレ。 仕方なく貯まったポイントで無料鑑賞。 などという冗談はさておき、前作『サマーウォーズ』が面白かったので楽しみにしていた作品。 19歳の大学生花は、あるときおおかみおとこと運...
おおかみこどもの雨と雪 (ひびレビ)
「おおかみこどもの雨と雪」を見てきました。以下、ちょっとだけネタバレを含みつつの感想です。 非常に丁寧に作りこまれている作品だなと思いました。始まりはヒロイン・花と、「おおかみおとこ」である彼との出会いから。出会い、おおかみおとことしての秘密を明かし....
親としての信念は?『おおかみこどもの雨と雪』 (水曜日のシネマ日記)
おおかみおとこと恋をした女性とその子供たちの物語です。
おおかみこどもの雨と雪 (映画と本の『たんぽぽ館』)
成長していく“子どもと親”の物語                    * * * * * * * * *  「サマーウォーズ」にすっかりハマった私は、この細田守監督作品、迷わず見ました。 脚本の奥寺佐渡子さんも好きなんですよね。 ただ、“おおかみお...
おおかみこどもの雨と雪<試写会> (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <東宝試写室> 監督:細田守 原作:細田守 脚本:細田守、奥寺佐渡子 キャラクターデザイン:貞本義行 作画監督:山下高明 私が好きになったひとは “おおかみおとこ”でした。 良かった。 「おおかみおとこ」の子供を産んで育てる話、とだけ知っ...
おおかみこどもの雨と雪・・・・・評価額1800+円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
命を産み育てるとはどういう事か。 「時をかける少女」「サマーウォーズ」のヒットで、一躍ヒットメーカーとなった細田守監督は、遂に驚嘆すべき作品を作り上げた。 これをファンタジックなだけのファミリ...
おおかみこども。 (The Remedy)
『おおかみこどもの雨と雪』ネタバレあるかもなので未見の方は注意です。今日のお仕事は健康診断でした。もちろん受ける方。健康診断って良いですよね、ほとんど休みみたいなもん ...
「おおかみこどもの雨と雪」みた。 (たいむのひとりごと)
『時をかける少女』『サマーウォーズ』に続く奥寺佐渡子脚本&細田守監督による長編アニメーションで、この夏一番楽しみしていたアニメーション映画。細田監督作品と言えば”夏”と”青い空&白い雲”。でも今作では
おおかみこどもの雨と雪 (だらだら無気力ブログ!)
期待を裏切らないイイ作品だった。
No964『おおかみこどもの雨と雪』〜こどもたちを育て、守る母の懸命な姿と輝き〜 (パラパラ映画手帖)
とってもすてきな、「girl meetsboy」が母、娘と二代にわたって、繰り返される。一つは、母、花の大学生の時の“おおかみおとこ”との出会い。冒頭に映る花と草原のきれいなこと。二つめが、娘、雪が恋を告白する場面。窓から吹きこむ風と舞い上がるカ....
映画『おおかみこどもの雨と雪』(お薦め度★★★) (erabu)
監督・脚本・原作、細田守。脚本、奥寺佐渡子。キャラクターデザイン、貞本義行。音楽
日本映画「おおかみこどもの雨と雪」、素晴らしい親子のもがたりです! (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆☆      子育て中のお母様 ☆☆☆☆☆ 題名からして、ちょっと敬遠していたが、深夜番組で偶然日本テレビ(読売テレビ)で、この映画がフランスで同時公開されること。舞台となった山村が細田監督の故郷だったこと。アニメに描かれている家とか...
「おおかみこどもの雨と雪」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・日本/制作:スタジオ地図配給:東宝 監督:細田守 原作:細田守 脚本:奥寺佐渡子、細田守 キャラクターデザイン:貞本義行 作画監督:山下高明 美術監督:大野広司エグゼクティブプロデューサー
映画「おおかみこどもの雨と雪」 (FREE TIME)
注目の映画「おおかみこどもの雨と雪」を鑑賞しました。
「おおかみこどもの雨と雪」 (大吉!)
<日曜日> (7月27日・ユナイテッドシネマ・会員サービスデー・シネマカード鑑賞・12時15分から) 人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”に恋をした大学生の花。やがて妊娠し、雪の日に女の子の、雨の日に男の子の《おおかみこども》を産む。姉弟は雪、雨と名づけられ...
『おおかみこどもの雨と雪』 (beatitude)
人間の姿をしていながらもおおかみおとこという正体を持つ男(声:大沢たかお)と出会った大学生の花(声:宮崎あおい)。二人は惹かれあい、やがて子どもを授かる。姉の雪と弟の雨は、人間とおおかみのふたつの顔を持つ、おおかみこどもだった。都会の片隅で正体を隠しな...
「おおかみこどもの雨と雪」 子育ての喜びと寂しさと誇りと (はらやんの映画徒然草)
「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田守監督の最新作です。 細田監督の「時を
おおかみこどもの雨と雪 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年7月21日(土) 19:10〜 TOHOシネマズ有楽座 料金:0円(フリーパスポート) 『おおかみこどもの雨と雪』公式サイト フリーパスポート15本目。 細田守の新作は、前二作のSFぽいものと異なり、昔のジブリの香りのする作品。 田舎でのおおかみこどもの子育ての話...
細田守監督『おおかみこどもの雨と雪』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。細田守監督・長編最新作『おおかみこどもの雨と雪』脚本は奥寺佐渡子。キャラクターデザインは貞本義行。花の声を宮崎あおい、“おおかみおとこ”の声を大沢たかお。ほかに菅原文太、
「おおかみこどもの雨と雪」:物語の力 (大江戸時夫の東京温度)
細田守監督+奥寺佐渡子脚本の『時をかける少女』『サマーウォーズ』に続く新作『おお
『おおかみこどもの雨と雪』 (キュートなバアサンになるために)
公式サイト  東京の片隅にある国立大学に通う花は同じ教室にいるひとりの男性に心を惹かれる。 やがてふたりは付き合い、一緒に暮らし始め、ふたりの子どもにも恵まれる。 しかし、『彼』には大きな秘密があった。 『彼』は絶滅したニホンオオカミの末裔の『おおかみ....
おおかみこどもの雨と雪 【映画】 (as soon as)
試写にて観賞 女性が持つ母性 男性が求める理想の母性 この作品の母性は、男性が求める理想とする母性 わたしは高村光太郎を読んだ時のような気持ちになった 高村が智恵子に求めたもの 「荒...
映画「おおかみこどもの雨と雪」(2012年) 感想 (みかりんの 気ままに感想記)
「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田監督の作品。脚本もこの2作品と同じ奥村
『おおかみこどもの雨と雪』('12初鑑賞77・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 7月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 15:15の回を鑑賞。
映画「おおかみこどもの雨と雪」の感想 (ライトノベルシアター)
おおかみこどもの子育ては大変です(笑)
おおかみこどもの雨と雪 (うちらのひとりごと。)
※当ブログは基本的にネタバレありで書いてるので注意してください。 3年に1回のお楽しみになるのかな〜と思ったら、ホントにその通りになりましたね。 2006年「時をかける少女」 2009年「サマーウォーズ」 2012年「おおかみこどもの雨と雪」 次は2015年…? 今回は日...
映画『おおかみこどもの雨と雪』 (頑張る!独身女!!)
1人映画です。
【おおかみこどもの雨と雪(2012)】 (明るいときに見えないものが暗闇では見える。)
細田守監督といえば今や宮崎駿監督に並んで名前でお客の呼べる数少ないアニメ監督。さっそくその名前に釣られ観てきました。 「おおかみこども」という秀逸なネーミングと貞本キャラとの組み合わせならもう勝ったも同然w。どんな楽しいお伽話を見せてくれることやらと...
映画『おおかみこどもの雨と雪』 (健康への長い道)
 『時をかける少女』、『サマーウォーズ』の細田守監督の最新作『おおかみこどもの雨と雪』を新宿バルト9で。  平日の特定回が割引になるシネマチネは、いい制度だ。 Story 人間の姿をして、人間として普通に暮らす“おおかみおとこ”(声:大沢たかお)と出会った大...
★おおかみこどもの雨と雪(2012)★ (Cinema Collection 2)
私は、この子たちと生きていく。 映時間 117分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝) 初公開年月 2012/07/21 ジャンル ドラマ/ファミリー/ファンタジー 映倫 G 【解説】 「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田守監督が贈る ファミリー・ファンタジー...
おおかみこどもの雨と雪 (うりぼうのシネ煉獄)
 「サマーウォーズ」「時をかける少女」の細田守監督の最新作「おおかみこどもの雨と雪」、観るかどうするか迷ったんですが観てきました!  ”おおかみおとこ”と結婚して子供をなした女性・花(宮崎あおい)が、やはり”おおかみこども”である雨と雪の子育てに奮闘す...
おおかみこどもの雨と雪を観た。  (マシンblog)
「時をかける少女」「サマーウォーズ」で知られる細田守監督作品。 キャラクターデザインは貞本義行。宮?あおいそのまんまなキャラが出てくるが、 当初からキャスティングは決まっていたのか? おおかみ男という人ならずものと人間との間の子どもが出てくるが、 お....
細田 守監督「おおかみこどもの雨と雪」と宮崎アニメ (エンターテイメント日誌 )
評価:A 宮崎あおい、大沢たかおらが声を担当。映画公式サイトはこちら。 細田 守
『おおかみこどもの雨と雪』 を観てきました (総天然色・魔人スドォの匣)
『おおかみこどもの雨と雪』 【ストーリー】 ある日、大学生の花は“おおかみおとこ"に恋をした。 ほどなく、ふたりは愛しあい、二つの新しい命を授かった。そして彼との悲しい別れ--。 一人になった花はおおかみの血を継ぐ子供、雪と雨を田舎で育てることに。 ...
おおかみこどもの雨と雪 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】細野守 【声の出演】宮崎あおい/大沢たかお/黒木華/西井幸人/菅原文太/他 【公開日】2012年 7月21日 【製作】日本 【ストーリー】 ある日、大学生の花は、人間の姿で暮らす“おおか...
映画『おおかみこどもの雨と雪』★自立あるいは大人になるということ〜雑感です。 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158332/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     女子大生・花は、おおかみ男の彼と恋に落ち、卒業を待たずに子供ができる。 生まれた長女は雪。...
「おおかみこどもの雨と雪」 (ゆっくり歩こ。)
泣きました〜。。  きっと子供を産んだお母さんは。。 みな号泣 細田監督のは「時をかける少女」が大好きなのですが この作品も・・・ 観終わった後の感覚が、・・・ どことなく似ています お話は全く違うのだけれど、ね  予告とか観ていて・・・ 果たし...
おおかみこどもの雨と雪 (迷宮映画館)
弟の方を先に呼ぶのね、この題名は。。。いや、単なるごろの良さか。
おおかみこどもの雪と雨 (secret boots)
評価点:42点/2012年/日本/117分 監督・原作:細田守 何を描きたいのか、全く見えなかった。 東京の国立大学に通う花は、ある日講義で見慣れない男性を見つける。 知らぬ間に引かれていく二人だったが、彼は花に衝撃的な事実を伝える。 おおかみおとこであ...
映画「おおかみこどもの雨と雪」感想 (カッパおだてりゃ木に登る)
映画「おおかみこどもの雨と雪」感想 ネタバレは基本なしで、まあ公式HP程度まで。 はじめは、普通の恋愛ものだったが、色々突っ込みどころ満載だ。 まあ、物語にそれを求めちゃダメだが、言いたいところは2つある。
ウルフガキ 細田守 『おおかみこどもの雨と雪』 (SGA屋物語紹介所)
♪わーお わーお わおー どどんがどんどんどんがどんどどど 『時をかける少女』『
おおかみこどもの雨と雪 感想 (世の為人の為に生きたいけど感想も書きたいブログ)
昔よりも涙腺が緩くなってきていまして、思わず涙ぐんじゃいましたね。 声優が宮崎あおいでどうかな、と思いましたが、非常にお上手で懸念は吹き飛びました。 ※以下ネタバレ注意
【映画】おおかみこどもの雨と雪 (へっぽこヲタ日記)
映画『おおかみこどもの雨と雪』を見ました。 『ときをかける少女』、『サマーウォーズ』の細田守監督の最新作映画です。
おおかみこどもの雨と雪 / 映画 (恋する図書館。 -Diary-)
先日、気になっていた映画『おおかみこどもの雨と雪』をやっと観てきましたSTORY:人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”に恋をした大学生の花。やがて妊娠し、雪の日に女の子の、雨の日に男の子の《おおかみこども》を産む。姉弟は雪、雨と名づけら...
おおかみこどもの雨と雪(2012-110) (単館系)
おおかみこどもの雨と雪 MOVIXさいたま 19歳の大学生花は、あるときおおかみおとこと運命的な恋に落ち、 やがて雪と雨という姉弟が誕生する。 彼らは、人間とおおかみの両方の血を引くおおかみこどもとし...
もののけ姫 と けものの姫●おおかみこどもの雨と雪 (Prism Viewpoints)
私は、この子たちと生きていく。   (公式キャッチコピー) 『おおかみこどもの雨と雪』 監督 細田守 原作 細田守 脚本 細田守    奥寺佐渡子 出演 宮崎あおい    大沢たかお    
劇場アニメ「おおかみこどもの雨と雪」−感想 (珈琲は一日二杯まで)
「おおかみこどもの雨と雪」の感想を書きます。 私は評論家でもなんでもないし、そんな知識もないので、観客のひとりが抱いたひとつの感想です。 作り手側の意図等は気にせず、各メディアで絶賛される技術的な部分に関しても省略して、自分が何を感じ考えさせられたかと...
おおかみこどもの雨と雪【映画】 (本日、快晴。)
打率の高さに定評のあるアニメ監督といえば、 個人的には、細田守監督はかなり上位だと思います。 本作も公開前から楽しみにしてました。 ------------------------------------------------- 19歳の大学生、花は、あるときおおかみおとこと運命的な恋に落ち、 やがて雪....
『おおかみこどもの雨と雪』雑感 雨と雪はやがて水となって川を流れタービンを回す (筆不精者の雑彙)
 普段、映画なんか滅多に見に行かないし、行ったとしても感想なんか書かないのですが、実は先日たまたま機会があって表題の細田守監督のアニメーション映画『おおかみこどもの雨と雪』を見る機会がありまして、その直後にカマヤン先生のブログを見たら奇しくも「『おおか...
おおかみこどもの雨と雪 (いやいやえん)
子の成長を見守る母という存在にはぐっとくるものがあった。しかし出産、子育てといった過程を過ごした人にはもっと心に響くものがあると思うのですが、独身未婚の私では、そこまで深くは感じ取れなかったというのが実際のところ。 性格が異なる雨と雪、二人の子供た...
おおかみこどもの雨と雪 (とつぜんブログ)
監督 細田守 出演(声) 宮崎あおい、大沢たかお、黒木華、西井幸人、菅原文太  一人の女性が恋に落ち、子供を二人授かる。親子4人の幸せな生活は長く続かなかった。夫が亡くなる。女性は女手一つで子供二人を育てる。こんな話ではSFでもなんでもない。このお話の...
おおかみこどもの雨と雪 (零細投資家映画記録)
鑑賞映画館:DVD 鑑賞日時:12月29日 評価:B+ 原題:おおかみこどもの雨と雪 製作:2012年 日本 監督:細田守 出演: 宮崎あおい 大沢たかお 黒木華 大野百花 西井幸人 加部亜門 菅原文太 映画生活  ※ネタバレを含む場合があります。 この映画は狼男との間に...
【映画】おおかみこどもの雨と雪(の記事を比較的内容濃いめにやっつけた) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ひとつ前の記事で、2015年は「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」の年だ…と書きましたが、もうひとつ。 今年は、手塚治虫先生が何故か「鉄腕アトム」を違う名前でリブートさせた「ジェッター・マルス」の生まれた年でもあります(※オープニング曲による情報)。 ロボッ...