気まぐれ 花★旅日記

奈良に一番近い京都からお出かけグルメの話題LUMIX-GH4

真冬に蟻!?

2017年01月14日 17時15分13秒 | 環境

久々の投稿です
ご心配おかけしましたが、主人は毎日元気よく仕事に行っています 
医療技術の進歩って本当に凄いですね


今朝の出来事です  息子が「あっ!蟻がいるよ!」って部屋の天井に小さな蟻がいる事に気が付いて・・・

えぇ~!?こんな真冬に蟻がいる!? しかもマンションだし何処から上がって来たの?

でもどう見ても小さな小さな蟻? 測った訳では無いけど5mm位かな・・・

普通に写しても よく分からないので
マクロレンズを引っ張り出して接写して見ました  う~ん やっぱり蟻ですよね



うん~? でもこれ蟻の目じゃないような・・・ 
それに前の2本は触覚かと思いきや 何と足ですよ! って事は足が8本ある~?



お分かりいただけただろうか・・・(笑)

単眼が6個見えました  蟻そっくりだけど、これ蜘蛛ですね  それにしても擬態技術凄いですね~
調べてみた所、その名も ずばりアリグモですって 
ハエトリグモの仲間らしいですが、ちょっと目を離した隙に何処に行ったか分からなくなってしまいました


話は変わりますが去年の5月、外の換気口に取り付けたマスク  



最近、鼻がクシュクシュするので、そう言えば長期間放ったらかしにしてた事を思い出し
昨日、休みだった息子に取り替えてもらったのですが 物凄く汚れていました
3枚重ねていて、右が一番外側
真ん中が2枚目で左端が3枚目ですが、どれもとっても汚れていました



部屋の中の空気取り込み口にもフィルターを2枚重ねて貼っています
表面上は汚れていない感じでしたが・・・


剥がしてみると結構汚れていました


恐るべしpm2.5 

これから花粉と黄砂も飛んで来るので対策しておかないと 私は喘息が出て大変な事になるのです~ 












 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

退院しました。

2017年01月03日 17時26分34秒 | 体調

あけましておめでとうございます
年末年始、主人の急な入院で、ばたばたしましたが

本日1月3日無事退院しました 

12月24日に入院し26日に手術して
まさかこんなに早く退院できるなんて(笑)

実は大晦日に外泊許可が出たので一時帰宅して元日に病院へ戻ったのですが
2日に「明日退院って言われたよ」と電話を貰いビックリでした

溶ける糸なので抜糸の必要もなく、もう普通に生活できる様です

もういつでも仕事に行って良いみたいな事を言われたようですが
8日まで休んで9日の月曜日から出勤するようです

ご心配をおかけしました

年賀状を全く書いていなくて(笑)
これから書こうと思っています~






 

コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

ペースメーカーが命綱

2016年12月30日 22時00分53秒 | 体調

12月24日から入院していた主人ですが
26日にペースメーカーの植込み手術が無事終わりました

手術当日は腕を動かしてはいけないとの事で腕の所を動かないように拘束されて、しばらくベットから動けない状態でしたが
半日後にはベットを稼働して上体を起こしても良くなり次の日には歩く事も許可されましたよ 

昨日29日には90度までなら腕を動かしても良いとの事でだいぶ楽になったようです

今日30日は技師の方から退院後の説明が有るとの事で家族も呼ばれたので説明を聞きに行ってきました

説明の前にペースメーカーに不具合が無いかテストされました
ペースメーカーを植込んだ胸の所に小さな検査機を乗せて  
「少しドキドキしますよ」とか「脈がゆっくりになりますよ」とか色々テストされていましたが
結果、「もう自発での動きは無いですね~ペースメーカーが命綱です。早めに入れて良かったですね」と言われました  

病名は完全房室ブロックと言うそうです
心臓には房室と心室が有って、房室から電気信号が心室へ伝わって心臓が動くのですが、その電気信号が伝わらなくなってしまったのだとか

電気信号が来ないと拍動できない=「死」ですが
防御本能的に心室は最低限の自発拍動を行うようです が、それは非常にゆっくりとしたリズムなので意識消失などが起きるそうです

主人は意識を失う寸前に病院を受診する事が出来て本当にラッキーでした 
異状に気が付いて大急ぎで対応してくれた個人病院の先生には、ほんまにほんまに感謝です

運転中に意識を失ったりとかホームから転落したりとか
きっと突然死ってこんな感じで起きるんでしょうね ほんまに命拾いしました


退院後の話ですが
マーリンアットホーム トランスミッタの説明でした


寝室にこの機械を置いておくと ↓ 就寝中のペースメーカーの情報が送信機から医療機関へ送られるそうです
サーバーを介して一旦、アメリカに送られるんですって~ビックリ!

何も異状が無ければ1ヶ月分をまとめて日本の受診した医療機関へ送られるそうですが  何か有れば直ぐに連絡が来るらしいです

 

この機械を設置すると病院へ検診に行く回数が減らせるそうです

 

 後は、使用できない物とかの説明が有りました 例えば空港の金属探知機、体脂肪計がNGだったり
 携帯電話は胸に押し当てなければ使用しても大丈夫とかの説明と注意事項の書かれた冊子を頂きました

電池寿命は7年位なので、その時は交換の為に1週間位また入院しなきゃいけないみたいです

外泊許可が出たので31日に家に帰って元日に病院へ戻ります

退院は後、1週間位でしょうか

役所が正月休みに入ってしまう前にと高額医療費の限度額認定の手続きにバタバタしました
本当は郵送でも良かったのですが退院までに間に合うかな~?と思って直接出かけたりしましたよ

窓口で直ぐに発行してもらえて良かったです
何でも200万円位かかるらしくて 3割負担でも60万円ですからね 立て替えるにしてもちょっとしんどい
認定してもらったので8~10万円位で済むようです


あと医師からの説明で身体障害者手帳が貰えるのだとか・・・
ペースメーカーを植込んだ人は以前は(2年前までは)障害1級だったそうですが現在は改定されて4級と言っておられました


 

すみません コメント欄 閉じています



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心拍数が30て!夫が緊急入院

2016年12月25日 23時17分02秒 | 体調

12月24日クリスマスイブの出来事です

休みだった土曜日、「血圧の薬が無いから病院へ行ってくる」と言って出かけた主人

数時間後、携帯が鳴り「今、大きい病院で検査してもらってるんやけど 医師が(奥さんにも説明したい)って言ってるから〇〇病院の救急外来まで来て」と言うのでビックリ!

えっ何事? 大慌てで大きい病院へ 

主人の話だと、奈良駅で降りて歩いて、ならまちの個人医院へ行き 血圧の薬を貰うついでと思い 
先生に「最近階段を上がると息切れがするんです」と言った所、じゃあ心電図を撮りましょうと言われ

それで先生が異状に気付いて 「直ぐに大きい病院へ行って下さい!」って、大慌てで大きい病院へ電話連絡取って下さってカルテをFAXで送って
歩いて行けそうな距離だったので歩いて行こうとしたら 
歩かないで!と止められ、あっと言う間にタクシーを呼んでたらしく タクシーで大きい病院へ   

大きい病院へ到着したら 連絡が行ってたので速攻で救急診察室へ直行
医師に「よくこんな状態で普通に歩いて普通に仕事してましたね」って呆れられたらしい

正常な心拍数って60~90なので30しかないと意識を失うレベルらしい

医師からの説明では心房から心室へ伝わる電気信号が上手く伝わらなくなっているとかで、こんな状態になったらもう治らないので
心臓ペースメーカーを入れましょうと言われました

急を要するとの事で、外付けのペースメーカーを首の血管から20分ほどの手術で装着
明日、月曜日に体内埋め込み型ペースメーカーの手術をするそうです

急転直下の出来事でほんまに慌てましたが
本人は至って元気そうで、今日もパジャマなどの着替えを持って行ったら「退屈だ~」と言ってました(笑)


そう言えば、少し前から主人の顔色が悪かったんです
「めっちゃ顔色悪いけど大丈夫?」って聞いた事が有りました
その時は「全然!何ともないよ毎月病院へも行ってるし大丈夫」って言ってたんですけどね

しかしここ1週間、階段を登るのが凄くしんどかったそうです
土曜日の朝、自宅の血圧計で心拍数30て出てたそうですが、その時は、あ~血圧計壊れたんやなぁ~と思ったらしいです

ならまちの先生が気が付いてくれて本当に良かった!
いつ死んでても おかしくなかったですよね

ほんまに命拾いしました
 
手術後は、2週間で退院できる様です
大晦日に退院させて下さい~と言ったけどダメと言われたらしい(笑)



下の記事(父と清水寺)には暖かいコメントありがとうございました

読んでたら少し しんどくなってしまい お返事も書かず申し訳ないです

父も85歳と高齢でいつ亡くなってもおかしくない年齢 なので
一緒に過ごせる時間は短いと思い 少しだけでも親孝行しとこうと思って出かけました

過去に色々な出来事が有りましたが忘れたと言うか心の奥底に封印してました

コメント読んでて、そう言われたら色々有ったなぁと色々な事を思い出して少し、しんどくなってしまったんです

11年前、今の主人と結婚した時に、父との事を「もう水に流しましょう」と諭された事がきっかけで、また父と再会する事が出来ました

世の中にこんなに心優しい人が居るのかと言うくらい優しい夫です

今回の出来事も亡くなられたお母さんが守って下さったのかな~と思います。

 


すみません  コメント欄 閉じています









 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

父と京都観光 清水寺

2016年12月21日 15時51分17秒 | おでかけ京都

12月18日撮影
85歳になった大阪在住の父が何故か二年坂へ行ってみたいと言うので、京阪清水五条で待ち合わせて清水寺まで行ってきました
清水五条駅の近くに車を停めて300m位歩いた所が茶碗坂の入口です

そこから緩い坂道を三年坂まで上がって最初に入ったのが清水三年坂美術館
素晴らしい作品の数々に ため息が出ました~


また登らなきゃいけないけど、先に二年坂が見たいと言うので三年坂を降りて二年坂も降りて端まで行きましたよ


父は昔に比べて結構ガリガリに痩せてて大丈夫なのかな~と思いましたが、何とか休憩を取りつつも頑張りました


二年坂も三年坂もお土産屋さん等の店舗ばかりなのですが父が何を見たかったのかは謎(笑)
どうもTVで見て行きたくなったそうです
なんと!お経を唱えている外人さんが!しかも女性です


丁度、お昼過ぎでしたので三年坂に有る「おかべ家」と言うお店に入りました 
↓ 階段の所に有る建物です


湯豆腐のコースを頂きました  胡麻豆腐も厚揚げもダシが効いていて美味しかったです


主人と父と私、3人分の湯豆腐が土鍋に入っています


熱々のてんぷらと豆腐田楽


湯豆腐は少し食べてから写真を撮ってない事に気が付いて(笑)慌てて撮影 
お腹いっぱいでご飯は、ほとんど入りませんでした~ でもどれも美味しかったです~
  

おかべ家に隣接する国の登録文化財 明治時代に建てられた五龍閣



五龍閣 現在は豆腐レストラン


おかべ家のテラス  鯱は清水焼最大級の作品


おかべ家の前、野菜の絵が有る遊歩道


食事の後は、散策再開 三年坂を上った所が清水寺


関西に住んで居るのに父は清水寺に来た事が無かったらしくて二年坂や三年坂が清水寺の参道って知らなかった様です(笑)
↓ は首が回るお地蔵さん   


着物姿(レンタル)の観光客多かったですよ ほとんどアジアからのお客さんの様でした



階段がキツイ


やっとこさで轟門に到着 ここでチケットを見せて入ります






この景色を見て「あ~ここからの景色やったんか~!」と父が感動しておりました  一番有名なアングルですよね


音羽の滝は長蛇の列で、さすがに並ぶ気になれず・・・


下りは緩やかですが、それでも結構しんどい 高齢の父、よく頑張りました


駐車場まで戻る途中で見かけた お蕎麦屋さん 店員さんが舞妓姿でしたよ



歩き疲れた父は、交差点近くで車を待つと言うので主人に車を取りに行ってもらいました
携帯電話の万歩計機能を見たら6400歩でしたよ

この日は、我が家に泊まってもらったのですが
マンションのセントラルヒーティング24時間暖房には慣れない様子で「暑くて寝られん暖房切って」と言われました(笑)

月曜日の午前中に、電車で父は家に帰りました 午後から約束が有ったようです

父が何故かSuicaを持っていて (関東に居る弟(私の叔父)の所へ遊びに行った時に貰ったらしい)
関西ではICOCAだけど、どちらも全国で使えるよと教えてあげて 我が家から徒歩2分 JRの駅で残高を見たら122円だったので(笑)
とりあえず2000円程チャージして (片道950円)
これで切符を買わなくても帰れるからねと渡しました

見るたびに父は痩せてきた気がしてならないのですが家で1人だと何を食べても美味しく感じないらしくて
あまり食べてないのかな~と心配です
大阪までは電車でも車でも1時間以上かかるので様子を見に行くのは、ちょっとしんどい
もう少し近かったらなぁ~と思うこのごろです




 




コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加