井沢満ブログ

後進に伝えたい技術論もないわけではなく、「井沢満の脚本講座」をたまに、後はのんびりよしなしごとを綴って行きます。

化粧品広告のふしぎ

2017-02-24 | 健康美容

ある女優さんが、ある目的の化粧品を探していて、

探している最中にふしぎなサイトを見つけた、というのです。

その女優さんが、目的に叶った化粧品に関する情報を得ようと

ネットサーフィンしているうち、同目的の化粧品の比較が

載ったサイトを見つけ、あら便利と読んだらしいのですが・・・・・

見ているうち、妙な気がして来た、というのです。

1位から5位までそれぞれの商品をランキングして、その女優さんが

取り寄せたばかりの商品が1位に輝いていて、喜んだのはいいけれど、

一体、このランキング表誰が作っているの? と。

1位の商品は出てまだ日が浅く、本当にこの人全部使い切ったのかしら?

とか。5種類なので、全部を一通り使い切っても5ヶ月、丹念に

調べればもっとかかる体験記を、普通の女性がなんで

ここまでやってるのかしら? と。

容器の蓋を開けたら、中に●色の粒が入っていて肌に載せると、その粒が潰れ

弾けてお肌にいい栄養成分が浸透・・・・・・と使用感想文なのだけど、

●色の粒なんて、謳い文句だけで目には見えないんだけどなぁ? と。

というわけで、私もサイトを見てみましたがコストパーフォーマンス、

潤い度など何種類かに分けた円グラフなど色彩を用いて、素人の仕事とも思えません。

私の感想は女優さんと同じで、これ頼まれたプロがやってんじゃないかな?

1位は、満点ではなくしかし満点に近い数字なのも巧み。2位以下が

何点かずつ微妙に引き算されつつ、5位まで円グラフ付きで

並んでいるわけですが、思えば2位以下の商品を誰が買おうと

思いますか?

要するに、ユーザーがそれぞれ使った結果の点数表に

見せかけた、他商品を貶めながらの第1位商品の広告ではないか、

という結論は私も女優さんと同じなんでした。

微妙に引き算されながら、最低点をつけられた商品の企業こそ

いい迷惑です。1位さえ目立てば、2位以下はどうでもいいのでしょうから。

5商品全部を普通全部試してみますか? いちいち成分他、

分析しつつ? 親切心でネットに情報を上げるありがたい人は

いるけれど、ここまでスキル高いサイトは見たことがありません。

・・・・・・それで、思い出した一件があります。

某社が化粧品を出した時、えらい勢いで不評がネットに書き込まれたことが

あります。

商品の中身より、イメージモデルに使った韓国女優がdisりの原因でした。

その女優は、韓国で「竹島(独島)は韓国領土だ」キャンペーンの筆頭格で

海外でまで、キャンペーンを張っている反日女優なんでした。

そんな女優を、この企業は日本製品のCMに起用して彼女の

反日キャンペーンの活動費を渡しているようなものではないか、と。

化粧品のCMなら、相当高額ギャラのはずです。

私もまた、本国で反日しておいて、よくのこのこ日本にやって来て

連ドラに主演、CMでも円の荒稼ぎかい・・・・・と、うんざりしていたので、

ネットにおけるその商品のdisリは道理からすればよろしくないとは

思いつつも、「使ったら発疹ができました」の「生ゴミの腐った臭いがしました」の

と、愛国女性たちの行動力が頼もしく、実は拍手したりしていたのでした。

そりゃあ、このご時勢に反日女優を起用して莫大なギャラを渡す企業の

ほうも、どうかと思います。

商品を純粋に評価してくれという、一部の女性たちからの反論もあり、これはこ

れで筋は通っています。

しかし、中に一人異常なまでにdisリ隊に反感と敵意を剥き出しにしている女性がいて、なんだろうなぁと、違和感を覚えているうち、その女性は某衣料店の店員二人を怒鳴り散らし土下座を強要した、とのことで逮捕され顔写真が出回りました。

この顔と体型で、コスメ評価サイトの常連だったのかいな、とおかしかったのですが、「うちの旦那には組織がついてる。韓国女優をイメージガールにしたからって、悪評を立てまくってるお前らなど、潰してしまうぞ」ふう恫喝をしていたその女性は、総連に所属する旦那を持つ在日さんだったのでした。

納得、というオチなんでした。

 

*誤変換他、のちほど推敲致します。

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

竹島の日に

2017-02-22 | 歴史・政治

ご父兄から、ちらっと耳にした話で、肝心の骨子以外は
漠然とした情報で恐縮なのですが・・・・・

本日、竹島の日で思い出しました。

ある国立系の、ある年の小学校高学年での研究授業

テーマが「大韓民国とよりよい関係を築くために」

このテーマをめぐって、クラスが三分の一ずつに分かれ、三分のニがそ日韓それぞれの立場に立った討論をし、残り三分の一が国際司法裁判所チーム。

ディベート能力の養成と、日韓問題への啓発が眼目なのでしょうか。

狙いは解るとして、懸念を漏らされたその父兄の方の言い分は・・・・


1 竹島をめぐって(韓国と同等に)係争がある、と言うニュアンスで子供たちに教え込んだこと。

国家は竹島は日本国有の領土だとしており、従って係争は存在しないという立場は

尖閣と同じなのに小学校の教師が恣意的に、こういう設問での教育をするのは

いかがなものか。後述 → 竹島に領有問題は存在しないは、誤りで日本政府は「不法占拠」と主張しています。父兄の言葉を思い出そうと反芻しているうち、錯覚混乱してしまったようです。お詫びして訂正します。

 

 

2 韓国と日本の言い分がまるで等価のごとき印象を、子供たちに刷り込んでしまわないか。

韓国側のいっさいの言い分は採用せず、竹島はわが国固有の領土である、という教え方が、小学生ならまずあるべきではないか。

3 そして、こうした授業内容の結果、竹島が韓国領土であると答えていた

生徒が最初僅かだったのが、授業の後は激増したこと。

            ーーーーーーーーーー

文言を私が直接見たわけではないのですが、「解決策」として提示されたものの中には、

「日本が韓国に譲歩して、韓国側の主張にひざまずけ」というニュアンスのものも
あった、と。

 

というわけで、そのご父兄の方は著しい憤りと、懸念を示されたのでした。

伝聞のみなので、断定は出来ませんがこのご父兄の懸念どおりの実態で

あるとしたら、私も由々しきことであると思います。

その学校には、全国から2千名程度の教育関係者他の見学者が集うというのですから、

「洗脳」は児童たちにとどまらないのかもしれません・・・・・。

こういう危うげな授業形態を見習う先生たちも、いらっしゃるだろうし。

竹島が日本の領土であると断言する国民ばかりではありません。

とりわけ地方自治体には、学びもせず「双方、どちらにも、それぞれの言い分が」

などと言って恥じない輩がいるのは事実です。

それに、この学校は悠仁親王殿下のお通いになられている学校なのです。

5,6年生になられた時、親王殿下が同じ授業をお受けにならないとも限らない、

ゾッとするとその父兄はおっしゃったのですが、私も以上が事実なら

同感です。

かといって、学習院も東宮夫妻がモンスターペアレントぶりで伝統を

破壊されていらっしゃるし、学長は国旗に礼をなさらないお方だと

聞いています。

大学では、第二外国語が中国語か韓国語を選ぶ選択肢しかない、という

情報も耳にします(事実でしょうか、ご存じの方) → コメ欄に頂き、私も思い出しましたが、そう佳子さまが通われていた教育学部がそうでした。

講師に韓国の方がいらっしゃるとも、仄聞しています。

竹島を巡るディベートの授業で、国際司法裁判所をもし悠仁親王が

演じられるような事があれば、これはブラックジョークでしょう。

私は多くを語る気はこれに関してはありませんが、然るべき筋から

小和田恒氏の国外における不祥事については、この耳ではっきり聞いています。

しかし、その話を事実として客観提示する調査能力はありません。

ただ、その情報主に120%信の頼を置いています。

その方が、私に虚偽を伝えるメリットも理由も皆無です。

 

述べたことに過不足があるといけないので、もし関係者の方がご覧になり

事実と相違する点があったら、ご指導くださいませ。

 

 

韓国では国家、国民一丸となって「独島は我が領土」教育と一貫した主張。

日本では「どっちに言い分があるのか」という教育に、自治体職員ですら
「韓国には韓国の言い分がある」

これでは、日本の領土が戻って来るわけがありません。

 

後述 竹島(韓国名 独島)が日本の領土である証拠は複数ありますが、
端的なのが、韓国の教科書に韓国自身で領土ではないと記述していたことでしょう。

1889年発行の大韓帝国の教科書『大韓地誌』 (大韓帝国の最初の地理の教科書)に「竹島(独島)は韓国領でない」と明記され、
1889年というのは、韓国が日本の保護国となる前のことです。

 

大韓帝国の領域は、北緯33度15分~42度25分。東経124度30分~130度35分。

竹島(独島)は東経131度52分です。

以下は私の記憶のみで書くので、後ほど調べて違ってたら訂正するべきですが、
韓国にはプロパガンダソングとして小学生から歌われている、トクトヌンウリタン
(독도는 우리땅)という歌(独島は我が領土)があり、そこでも北緯、東経が歌い込まれているのですが大韓地誌か、他の資料から取った東経を歌詞にしていて、これも東経が違っていた記憶・・・・

 

これかな・・・・在日歌手の翻訳付き。

東(経)130度  北緯37度 と言ってますね?

竹島は東経131度52分です。

最近の歌詞が、こそっと東経を変えていたら笑っちゃいますが、韓国語ができないので、わかりません。どなたか?

もっとも歌詞の数字を変えたところで、韓国最初の、まだ日本の統治を受けてない時代の地理の教科書で書いちゃってますので、言い訳は出来ませんね。

 

韓国の反日教育 小学生の独島は我が領土

東経が違っていた韓国が「我が領土」として確信的に教えこんでいるのに対して、日本では「さて、どちらの領土でしょう?」的な授業。

どちらに分があるか、ということですね。

「日韓友好」とやらを推進する人たちの言い分は「スポーツと文化は別」と。
しかし、サッカーの場で領土問題を持ち出し、独島は我が領土と歌うのは
人気絶頂時の「少女時代」でした。

文化とスポーツの中に政治を持ち込むのは韓国です。そういう国相手に
日本がフェアにやるというのは、最初から負けゲームでしょう。
国立小学校の領土教育を含めて。

  

*誤変換他、後に推敲致します。

*皇室に対するコメントは自由ですが、言葉遣いに最小限の敬意をお払いくださいますよう。

 

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

鈴木清順監督を悼む

2017-02-22 | 日本語

どうしていらっしゃるかな・・・・と思いつつも、病に臥せっていらっしゃるということで、

清順先生は私にそんな姿は見せたくないであろうと思い、また私も見たくなく

連絡も差し上げないまま日がいつしか経ち、このたびの突然の訃報でした。

先生とのご縁は拙作「みちしるべ」という作品に俳優として、加藤治子さんと

ご夫婦役で出て頂いて以来で、その作品はプラハの国際テレビ祭で

グランプリを得て、国内外で繰り返しオンエアされました。

ロケ先の宿の一室で、治子さんと3人で酒盛りをしたことを思い出します。

随分目をかけて頂き、かわいがって頂きました。

そのキッカケがたぶん、越後上布の着物と水たまりです。

NHKで顔合わせした時、外に食べに出ようということになり局外に出たら

雨は上がっていたものの、水たまり。

私がその時着ていたのが越後上布の着物であり、清順監督は

「裾をからげたら?」と言ってくださったのですが、なんだろう、

たぶん意気がったのだと思いますが、「構わないんです」と

わざと、スタスタ水たまりを避けもせず、裾もからげず

平然と歩いたのでした。

そこで、よっしゃと、なったらしいのです。

先程見たWikiで、呉服屋さんの息子さんだそうで、着物の価値は

今にして思えばお解りだったのでしょう。

その越後上布は、今の価格200万円ほどには当時高くはなかったのですが

高価な着物であったことには違いありません。

それを無造作に水たまりをバシャバシャ歩いてみせた私の

ある種の見栄が痛くお気に召したようで、引っ越せば転居先にご自身で

籐の衝立を担いでお祝いに駆けつけてくださり、車椅子になられるまで

お付き合いが続きました。

「肉体の門」という清順監督作品があるのですが、その新バージョンを撮りたいので

シナリオを書いてくれと依頼を受け、考える所あり映画のお話は軒並みご辞退していた

ときでしたが、清順先生はむろん快諾。事情で流れた話となりましたが、

清順先生からのお声掛けは嬉しく誇らしいことでした。

もう両者、世外の方なのでお話しても差し支えないだろうと思うのですが・・・・

加藤治子さんが、清順監督の映画に出たがっていらしゃることを察知した

私が治子さんを推薦、即座に出演決定となったのでした。

そして、清順先生は治子さんをまるで少年のように恋した時期が

おありだったように思います。

奥様には申し訳ないけれど、古い古い話です。

そして私はあの鈴木清順の美意識に叶った男であり、脚本家なんだぞ、

とおそらく密かに一生自慢して、世を去るのだろうと思います。

清順先生、会いたいよ。もっとお元気なうち会っておくんだった。

またあちらで、よろしくお願いします。治子さんと酒盛りしましょ。

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

屈するなアパホテル 国民が支えよう

2017-02-21 | 日記

「マリアンヌ」という映画を見に行って来ました。

ナチスドイツの時代を背景に描かれる重厚な大人の恋愛映画、と言えば

今どき、受けなさそうでしょ? ええ。客席は空いてました。

そこそこ、いい出来の映画だったんですが、毎度言うようにヒット作と

質の高い映画とは違います。興行的に狙った映画を楽しむのはいいのですが、

混同して欲しくないなあ、といつも思っています。

10年に一度の名作「沈黙」は、はや一回のみの上映となっていて、こういう現実を

見るたび侘しい気がしますが、「作品」と「興行」とは違うのだと、割り切るしか

ありませんね。

興行に人が群がり、それなりに感激するのも、それはそれで、よしと。

映画館に行く道すがら、アパホテルがあったので、応援のつもりで

入り、付属のレストランで昼食を摂りました。

シャリアピンソースのステーキ、安いがそれなりに美味しいです。

レストランはひょっとして別経営かもしれないのですが「気は心」って

やつです。

アパホテル、どうか踏みとどまって頑張り抜いてくれ。

先稿で書いたのですが、来る3月15日は「世界消費者権利デー」とやらで、中国の中央

電視台が外国企業叩きのドキュメンタリーを放送するようなのです。

そこを見据えての、中国人たちのこの間のデモだった可能性もあるので、もしそうなら、

この番組中でアパホテル叩きをやるつもりではないか、と。

この番組でやられて、謝罪に追い込まれた外国企業は今までに複数あります。

アパホテルは中国では展開してないようなので、直接の襲撃などは

ないと思うのですが、サイバー攻撃などの嫌がらせはありそうです。

どうぞ屈しないでくれと、祈るような気持ちでいます。

彼らは執拗です。韓国人も。

その一致団結の執拗さだけは、見習いたい。

 

 

嘘ばっかりの美辞麗句。ただアパホテルの元谷氏が憎いだけ。

本当に「JAPANが好き」なら、南京大虐殺などの大嘘を信じるものか。

少なくとも「大好きなJAPAN」はそんなことするわけないだろ、と本当に大好きなら

調べますよ、国家から押し付けられたフィクションを鵜呑みにしたりせず。

この横断幕の文言を観たら、「腹に一物あるな」と即解るでしょう?

何を「罠」だの、「罠にハマった」だのと、麗々しく。

大体デモ自体が事前に解っていたこと。罠だとして、カウンターデモに

出た人たちを貶めるなら、事前に言えよと思います。

黙って中国人のやるに任せてたら、日本人は南京大虐殺を認めた、という

発信に彼らは利用します。

カウンターしたならしたで、「友好的な中国の人々に襲いかかる極右」として

ばらまかれます。

抵抗しようとしまいと、彼らの意志は一つ。世界に大々的に発信する

日本disり。それを口実の、金銭要求。

彼らのデモが国家に仕込まれたものであり、有りもしない大虐殺を

世界に広めるプロパガンダだった、とそれを世界に発信すべきであり、

当日のカウンターデモを貶めるなど、それは愛国心からにせよ

浅慮です。叩くツイッターを上げる暇に、なんで中国人たちのデモの

動機と、南京大虐殺はなかった、という情報を世界に向けて発信

しないのでしょうか。

体を張ってデモを阻止した同胞を打ちつつ、しかし自らは小賢しく批評しているだけ。

喧嘩はぶざまなんです。

品のいい批評は要りません。たとえ小さなことでもいい、戦わないと呑み込まれるばかりです。

 

 

*誤変換他、後ほど推敲します。

 

 

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

中国がアンチアパホテル官製デモで盛り上げた、年間最大の反日デー

2017-02-19 | 日本語

12月13日は、中国における「南京大虐殺犠牲者国家追悼の日」であり、
この間のアパホテルへの中国人デモは、今年の12月13日を盛り上げるための
中国側が仕掛けた「官製デモ」であろうというのが、私の見方です。
長野に中国人たちが集結した、あれと同じたぐいです。

と言うのは今年の12月13日が、南京事件の80年目に当たるのです。

通常の年でも、中国の小中学校では、日本兵たちに無残に殺されたとされる(大嘘ですが)30万人を悼み、30本のロウソクを灯し、日本を呪います。

そして中国全土の学校ではいかに、日本が憎まれねばならないかのスピーチコンテストが催され、この日中国では日本憎しの気分が最大に盛り上がるのです。

その日のための、アパホテルへのデモ行進であり、またそこにカウンターデモが来ることを予期、それを利用してやろうとしての、デモだった、と私は見ています。

「中日友好」だの、日本を愛するだの心にもないことを掲げたのは、そんな「中立」のデモに、襲いかかった日本の右翼たちという構図を作りたかったからです。写真に写した時解りやすい絵柄になるように。

これを称して、中国の仕掛けた罠だと称してカウンターデモを批判している一派がいましたが、そんなものわざわざ後追いで教えていただかなくても、罠はすでに、デモ隊の掲げたプラカードの空疎に美しい文言で自明だったではありませんか。

アパホテルが、南京虐殺の捏造を暴く本を置いている、そのことへの抗議デモが「友好」を願ってのことではないことくらい、当初から読めていたでしょうに。

問題点はそれが罠だから、黙って見過ごしてよかったのか、悪かったのかという論点に絞るべきであり、罠にかかったカウンターデモの人たちが悪い、愚かだという論調はフェアではありません。

国が「民間のこと」として、中国が国家事案にしているにもかかわらず等閑視するなら、民間が立ち上がるしかないのではないですか? 国がもし同じ反駁をしたとしても、国が「罠にかかった」とでも言って批判するおつもりか。

一方は練られた官製デモ、一方は長いこと愛国を旗印に活動してきた日本人の少数組織です。
その方法論への賛否はあれど、やられるまま言われるまま黙り通してきて、現在の中韓に舐められ放題の状態を作るのに加担してきた(私を含めて)情けない日本人に彼らを批判する資格があるでしょうか。

黙っていたらいたで、中国側はときの声を挙げ、南京事件80周年記念日に向けて、勝利の雰囲気作りに利用したまでのこと。

この一件に関して私はカウンターデモに当初から賛成の立場を表明していたのですが、それに対して非公開指定で、彼らは罠にかかった、とその意見のブログやツイッターのURLを添えて、これを読んで学習しろと言わんばかりの無礼、自らの意見はなく人の意見引用頼み、非公開指定とて反論もならず、ひどく嫌な思いを致しました。

今、改めてはっきりさせておきます。

反対意見なり批判を書くのに非公開指定は止めなさい。悪意からとは思いませんが、こちらの反論を封じることになり(結果的に)卑怯です。言いっぱなしのアンフェア。

まして、そのときにはカンターデモに参加した方からのコメントが公開であったので、あたかも耳元にヒソヒソと告げ口するごとき非公開コメントが本当に気持ち悪かったのです。

私は、アパの会長さんも、カウンターデモの主催者の方も全面肯定するほどには、存じ上げません。
だから、今私が書いているのは、南京大虐殺の否定本と、そこを襲ってきた中国官製デモへのカウンターに限定しての共感・賛同です。

12月13日が「南京大虐殺追悼 80周年」アニバーサリーイヤーの、大反日デーなら来る3月15日は「世界消費者権利デー」とぶち上げて、中央電視台が外国企業叩きのドキュメンタリーを放映するそうです。

アパホテルへの官製デモは、この3月15日の放送をめがけての国家イベントの一環であるかとも、思えます。

平和的中国人の行進に対し、襲いかかる日本右翼の暴徒という、絵柄が欲しかったのです。
それにひっかかったから悪い、という論調に私は与しません。
黙っていれば、立ち上がったことよりワースの結果を招くことは、これまでの歴史を
見れば明らかではありませんか。

アパホテルの書籍を告発したのが、白人である点も考慮にいれるべきでしょう。
この後に、習近平の南京事件記念日における演説文にもあるように、彼らの捏造を真実めかすための証言者が常に、白人でした。ここに注目しましょう。アパホテルへのデモに、火をつけたのが白人の告発であった、というセオリーどおりの成り行きに注目。

3月15日放送の各国企業批判番組でやり玉に挙げられた企業は、謝罪と反省を強要され、応じなければ不買、エスカレートすれば店舗襲撃です。

これまで、取り上げられ謝罪を強いられた企業は、アップル、フォルクスワーゲン、ニコン、マクドナルドだそうです。

h

ttp://www.china-news.co.jp/node/183359

アパホテルも、その流れに持って行きたいがゆえの、この間のデモだったのではないですか?

これに対して罠にのせられちゃったふうの裁断を私は、認めません。では、黙っていたら、どんな結果になりました? 結果は日本とアパホテルの完敗となりあちらは凱歌を上げてそれが世界へ発信したのではないのですか?

カウンターをかけたからこそ、ウィグルの人の静かな訴えも声として全国に届けられました。
中国がそれを報道することは決してありませんが、多くの日本人が中国が官製デモで日本を罠にかけ貶める、その毎度毎度のやり口は再反芻したと思います。

黙っていたら、その構造に気づかぬままの日本人も多くいたでしょう。

私はカウンターデモをいまだ支持します。

経済に疎いので、以下は感情論だとお断りした上のことですがそもそも、中国相手にビジネスなどすべきではありません。

この間の事情は、このところ休載していますが「中韓を知りすぎた男」として、中国を相手に商売をなさっていた方が、つぶさに解説してくださっています。

h

ttp://kkmyo.blog70.fc2.com/

 

▼南京大虐殺犠牲者国家追悼式での習近平主席の演説 

12月 13, 2014

http://www.china-news.co.jp/node/183359

抜粋 

 1937年7月7日、日本侵略者は無謀にも全面的な中国侵略戦争を起こし、中国人民に前代未聞の一大災難をもたらした。中国の都市・農村は戦火がやまず、硝煙が立ち込め、中国人民は塗炭の苦しみをなめ、中国の大地は血に染まり、屍が野に満ちた。
 

1937年12月13日、中国を侵略した日本軍は野蛮にも南京に侵攻し、むごたらしい南京大虐殺事件を起こした。30万の同胞が惨殺され、無数の女性が暴行、殺害され、無数の子供があたら命を落とし、3分の1の建物が破壊され、大量の金品が略奪された。日本軍が一手に作り出したこの非人間的な大虐殺事件は、第二次世界大戦の「3大事件」の一つで、おどろくべき反人類の犯罪行為で、人類の歴史における非常に暗い一ページである。
 

感動させられるのは、あの血なまぐさい南京大虐殺の日々、われわれの同胞が互いに助け合い、支援しあい、多くの世界の友人も危険を冒して、さまざまな方法で南京の民衆を保護するとともに日本侵略者の残虐行為を記録したことだ。その中にはドイツのジョン・ラーベ、デンマークのベルンハルト・シンドバーグ、米国のジョン・マギー等がいる。彼らの人道精神と恐れを知らぬ義挙を、中国人民は永遠に忘れることはない。


 日本侵略者が起こした南京大虐殺事件は世界を驚かせ、すべての良識ある人々を驚かせた。第二次世界大戦の勝利後、極東国際軍事法廷と中国の戦犯軍事法廷はともに、南京大虐殺事件について調査を行って、法律的に事件の性格を決め、結論を出した。両手を中国人民の血で染めた多くの日本人戦犯が法律と正義による審判と厳罰を受けて、永遠に歴史のさらし台にさらされた。
 歴史は時代の変遷によって変わることはなく、事実も狡猾な言い逃れによって消えることはない。南京大虐殺事件には動かぬ証拠が山ほどあり、改ざんすることは許されない。いかなる者が南京大虐殺という事実を否定しようとしても、歴史はそれを許さず、罪のない30万の犠牲者はそれを許さず、13億中国人民はそれを許さず、世界の平和と正義を愛するすべての人民はそれを許さない。
 

以下略

    ーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、私達日本人は中国の嘘をいつまでも許していてはなりません。

韓国に対してもですが、もう「黙っちゃいないぞ」と拳を振り上げるべき時です。

罠、上等じゃありませんか。こういう汚い罠を仕掛けてくる国なのだと、日本が世界へ
広報すればよろしいのです。それを罠にひっかかったと、おどおどと、
非公開なんかで訴えて来るんじゃない。その性根のヘタレぶりに
泥水浴びせかけられた気分。日本人か、芯を持てよ、情けない。

外務相の岸田さんや、ユネスコ大使の佐藤地さんのようなおとなしく、ヘロヘロと
腕をねじ上げられているようなのばかりなのだから、国民が顔をきりりと上げてカウンターでもなんでもやればよろしいのです。

「小国日本」があちらの日本貶めの定番フレーズです。
だったら「なんだ、その小国に負けた弱小国が」と言い返せ。

喧嘩に下品も上品もあるものか。

いじめの構造と同じで、いじめられるほうが黙っていると、相手はかさにかかります。
中国人に限らず、人間の低劣卑小な一面です。

 

*誤変換他、後ほど推敲致します。

 

コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加