井沢満ブログ

後進に伝えたい技術論もないわけではなく、「井沢満の脚本講座」をたまに、後はのんびりよしなしごとを綴って行きます。

韓国相手のヘタレ外交、いい加減にせよ

2016-07-26 | 歴史・政治

ユネスコへの遺産登録で、外務省の佐藤地ユネスコ大使と、
岸田外相がやらかしてくださったヘマ、そしてご本人たちがヘマをヘマとして
自覚していらっしゃらないことが、余計腹立たしくいまだあの時の
猛然たる怒りは忘れてないのですが・・・・

また、ヘタレをやってくださいそうです。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160725-00050054-yom-pol【ビエンチャン=岡田遼介】岸田外相は25日午前、ラオスの首都ビエンチャンで、韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相と会談した。

両外相は、慰安婦問題を巡る昨年末の日韓合意について、誠実な実施を確認した。

会談の冒頭、岸田氏は「日韓合意以来、日韓関係は前向きに進展している。北朝鮮の核実験やミサイル発射直後も尹氏とは電話等を通じて大変円滑に意思疎通を図れた」と語った。

日韓外相会談は、慰安婦問題で合意した昨年末の会談以来、7か月ぶり。韓国政府は28日にも元慰安婦支援の財団設立を予定しており、日本政府は財団への10億円拠出で合意している。今回の会談では、資金拠出の時期などについても意見交換した。

            ーーーーーーー

>慰安婦問題を巡る昨年末の日韓合意について、誠実な実施を確認した。

日本大使館前の、慰安婦像ほか各地の、私たちの父や祖父を侮辱する
像は撤去されていません。

また、大阪の在日劇団の協力で制作された韓国の、慰安婦捏造映画「鬼郷」は海外で上映され、あろうことか日本で上映が開始されました。

http://www.recordchina.co.jp/a145440.html

そして、今度は韓国で強制徴用労働者の像を作り、あちこちに設置するそうです。

http://www.recordchina.co.jp/a145761.html

このどこが「日韓合意について、誠実な実施を確認」ですか!
「日韓関係が前向きに進展」だ?

慰安婦像の撤去なく、慰安婦映画の上映禁止措置すらなく、
むざむざ10億円渡すおつもりか。

岸田さん、あなた男か。情けない。

と、個人をあげつらうのも不当でしょうか。それが政権の基本方針なら。
しかし、ユネスコの時のお人好しぶりへの憤りがまだ、私にはくすぶっています。
本当にあり得ない・・・・。

嘘か本当か韓国側の報道なので解りませんが、年内に朴槿恵大統領が
来日とのこと。日韓通貨スワップのお願いやら、平昌五輪会場を
日本に貸してくれやら・・・・物乞いなら、断りましょう。
その前に韓国はやるべきことがある。慰安婦像の撤去。捏造に基づく
反日映画上映・製作中止。
捏造慰安婦映画の次は、軍艦島の強制労働者たちの脱走映画ですと。
見なさい、岸田さん。佐藤さんとあなたが、軍艦島ユネスコ登録の時要らざる文言を入れ込んだばかりに、すかさずこんな結果です。

第一回目の慰安婦映画には在日の方たち400人が押しかけたと
報じられています。事実なら仕方ない、鞭打たれます。
しかし、捏造です。こんなもの放置しておいて、反日感情を煽り立てさせておいて、なにが日韓友好祭りですか。安倍昭恵さん、高円宮妃と一緒に嬉しそうにビビンバの大鍋をかきまわすようなことなさるから、またバカにされる、その連鎖です。慰安婦映画で煽られた反日感情で私たち日本人が何か言われても
日本人に対するヘイト・スピーチ禁止法はないのです。何ですか、いったいこれは。

友好運動は結構でしょう。しかしその一方、ゆえない反日に対して決然と向き合わずどうしますか。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

舌のお祭り日 豪華な牛肉久々

2016-07-25 | 食べ物

お中元に頂いた、米沢牛です。

一個一個が、ラッピングされた肉など、以前三田佳子さんから差し入れを
頂いた時以来の贅沢です。
これ、ひときれを伸ばすと極薄にスライスされた肉が、30センチ程度は
あるんです。

しゃぶしゃぶと、焼き肉、二通りで頂きました。

最盛期だった頃の職業柄の役得で、国内外随分身の程を超えた
舌の贅沢はさせて頂きましたが、最近は至って地味な食生活なので、
久々に舌のお祭りなんでした。

ちなみに私はことすき焼きに関しては、一流店の上品な仕立てより、
「そこそこ肉」で、あれこれ入れ込んで、あとうどんが食べられるような
下世話なほうが好きです。

赤坂のすき焼き一流店でしたが、卵の溶き方が独特でしばらく
真似していたことがあります。

それは白身のみをまず、メレンゲ状に泡立てるのです。
黄身は入れたまま泡立てて、泡だったら黄身をその中に
溶かし込みます。すると、やわらかな仕立てになるのです。

真似する時は黄身を入れたまま、白身をまず箸でホイップなどという
芸当は出来ないので、別々にしてたのですがそのうち面倒になって
止めました。
すき焼きの溶き卵も、ほどほどに生活感のある方が、おいしく感じます。

好奇心のある人は、白身を泡だて、そこに黄身を置いて軽く砕いて
使ってみてください。どんな感じですか?

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

「生前退位」について、いくばくか思うこと

2016-07-24 | 日記

皇室について率直なことを書くと、とたんに鬱陶しい反応が
起きます。

真意が伝わらず物言えば唇寒しの状態になるので、このたびの
生前退位のことにも、口をつぐんでいたのですが・・・・・

他の媒体の記述を借りて、幾らかの感想を述べる程度なら構わないでしょう。

週刊朝日からごく一部のみ抜粋です。

元宮内庁の方のこんな、意見がありました。

 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160719-00000223-sasahi-soci

「平成の象徴天皇としてふさわしい働きができない、という理由で
生前退位を認めたとしましょう。そして、徳仁新天皇と雅子新皇后の仕事ぶりが国民の期待に応えないもので、『象徴天皇としてふさわしいものではない』と
評価された場合、次に『ふさわしい』秋篠宮殿下に譲位しろとの声が起きかねない」 山下晋司氏

              ーーーーーーー

 

内部にいらした山下氏の実感として「起きる」と思われているから、こう語られているのでしょう。でなければ、こんな「心配」はしませんね。

私が「生前ご退位」の報を聞いて、反射的に首をかしげたのは一息に
なぜ退位とまで行かれるのか、ご負担軽減が目的なら
シンプルに摂政という形があるのに、ということでした。

生前退位となれば、皇室典範改正から始めねばなりませんが、
摂政なら、典範通りに円滑に行えます。
退位となれば、年号も変わりその他労力と出費が膨大なのです。

それがなぜ、なされないのか。

これは、元宮内庁の方がおっしゃるように摂政といういわば
「お試し期間中」に、皇太子殿下雅子妃が「『象徴天皇としてふさわしいものではない』と評価された場合、次に『ふさわしい』秋篠宮殿下に譲位しろとの声が起きかねない」
からではないか、とそこは山下氏の抱かれた感想と同じでした。

海外の、それなりのお立場の方からあることを耳にすることもあり、また海外発の記事を目にすることもあり、実のところ懸念している点ではありました。

NHKの一記者による唐突なリーク、それから申し合わせたように民放が
その情報の出どころの確かさをチェックすることもなく、連鎖的に
「生前退位」という、日本語としても奇妙な言葉をいっせいに
流したことにも、ある感想は抱いていますが・・・・・・。

ただ言葉の違和感だけ述べておきます。天皇陛下というのはご存在であり、
職業ではないので、退職を思わせる退位という言葉にもひっかかるのです。

国民の大半が、実はどこの誰から流されたとも知れぬ「生前退位」説を
愚直に信じこんで「陛下はお疲れだからお休みを」という罠的設問に対して
賛成多数という、無邪気さ。なんと誘導されやすいのでしょう。
こう問われれば、どうぞお休みくださいというのが国民の情でしょうが、
お休みなさるのに、退位は必要ないのです。
摂政を置くという手立てがあるのに、なぜ一足飛びにまだご存命中に
年号を変えてまで退位なのかそこを考えませんと。

率直に申せば女帝擁立論が、この隙間からまた立ち上がりそうな気もしています。さまざまお考えもありましょうが、男系のDNAを辿って神武天皇に行き着くという現実、ないしは神話が皇室を成立させてきました。女系ではそれが根底から崩れ去ります。また女性は天皇に課せられた斎戒沐浴、祭祀を安定して行うのが肉体的に不可能です。

祭祀をどれほどの重要度で捉えるかでも、考えに相違が出るのですが、
しかし、祭祀こそは皇室のほとんど全てです。わたくしどもが日頃目にしている
被災地訪問などは末節のこと、他のあらゆる公務と同じく、必至だというわけではありません。

さまでお疲れなら、なさらなくてもよいことがたくさんあります。それ以前に
皇太子殿下妃殿下が本来は肩代わりなさるべきことでしょう。しかし
ご公務の数は秋篠宮殿下妃殿下が圧倒的に多いのです。

私ごときが憂えずとも、秋篠宮殿下、悠仁親王殿下と皇統が正しく
継承される限り、いずれは安定と、実はどこかで安心してもいるのですが。

何より、日本の神々の采配を信じたいのです。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

命がけの迫力 韓国ドラマ

2016-07-23 | 日記

韓国の連続ドラマ「星から来たあなた」全21回だったか、見終わって
ほぼ20時間も登場人物と付き合うと別れが寂しかったりして、同じ俳優の
出ているドラマを探して「再会」を試みたりなど、国が違うので
同業者の仕事ということではなく、一ファンで見られるのも
私が韓ドラを時々見たくなる理由の一つです。

日本の連ドラで、数年後にDVDを借りて一気見した作品はなく
韓国ドラマ特有の麻薬的何かが込められているようです。
昔の大映ドラマにたとえられますが、ベタな展開に惹かれている
わけでもなく・・・・・何かと思えば、皆が必死なんです。

芸能の市場が狭いので生き残るのに皆が体を張っている。その緊張感が
どうやら「麻薬」のようです。脚本家、監督、俳優、それぞれが
これで失敗したら後がない、と命を懸けている迫力。

日本の10回連続でもしんどいのに、韓国は20回、30回。
徹夜続きも珍しくないようで、これはスタッフはまだいいのですが
主演の男女優は、よれよれになれないから大変です。
皆、根性が違うのです。

チャン・テユ監督の感性の繊細さや撮り方の上手さにほとんど
恍惚となり、こういう才能と一緒に仕事したくて、せめて
会いに行けないかな、など思ったりしてるわけですが・・・・

優れた監督にありがちですが、役者に対してサディスティックです。
DVDには特典映像がついていて、撮影風景がレポートされいます。
その中で、悪役の
シン・ソンロクへの演技指導がほとほと、
偏執的なまでに細かいのです。視線から手の角度まで、こまごまと。
挙句「感じが出てない」と冷たい一言を浴びせます。
NGは一人のシーンではそうでもないのですが、相手役がいる時
自分の失敗で撮り直すのは、役者にとってはつらいことです。

とりわけ、シン・ソンロクのシーンにはベテランの大俳優がいるので、
シン・ソンロクはそのつど謝って、見ている私も心臓が縮かみました。

撮影現場は知っているので、雰囲気はビシビシと伝わりシン・ソンロクの心中が痛いように解るのです。

私の目から見たら、なんでここNGにするかなあと思うところまで
撮り直し、執拗に撮り直し。

まるで監督の役者いじめです。本当にいじめて喜ぶねじくれて暗い人も
いるのですが(いるんです、変態監督)、チャン・テユ監督のシン・ソンロクへの厳しさは、おそらく愛情です。亡き蜷川幸雄さんが、誰だっけかなあ、
最近名前が出て来ない・・・・えっと・・・・まだ若手の部類・・・・でもないのか。
誰それへの舞台演出中の、怒鳴り方は半端なかったですが、
これ、まぎれもなく愛でしたねえ。好きだから叩いて叩いて、一番
いいところを引き出す。叩かれて嬉しがるのも役者です。
信頼関係が前提ですが。

シン・ソンロクはクレーンで、高層ビルの屋上から吊るされたりしています。
高所恐怖症の私は、見ていてすくみあがりましたが。
監督自身が言ってましたが「韓国だからやれた」。
ハリウッドなら人権問題です。ハリウッドよりは人の命が
安いからやれた、と身も蓋もないことを言ってしまいますが。

普通、青いスクリーンを前に演技して合成するのですが、サディストチャン・テユ監督は、そういう仕掛けは使わず、本気で吊るすのです。
怖かったと思います。しかし、怖がるシーンなのでいいのです。怖がりながらも、
強気の芝居を要求されるシン・ソンロク。ミュージカル出身で運動神経が
発達しているそうで、だから耐えられたのかもしれません。

仕掛けでは出ない迫力って、画面を通じ伝わるものなのです。

いじめ抜かれたおかげで、脇役ながらこのドラマにおけるシン・ソンロクの
存在感は強く、次の仕事につながったと思います。

監督はいじめる一方かというとそうでもなく、主役のキム・ヒョンスは
若いながら、監督の指示に反論したりもしていて、またその反論が
適格で、さすがスターに上り詰める子は違うなあ、と感性のよさに
舌を巻きました。

日韓関係がこんなふうで、共に仕事をする機会はないでしょうが、
私にとって韓ドラで優れた人たちの仕事は、いつも教科書です。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

リオ五輪にテロ未遂

2016-07-22 | 歴史・政治

リオ五輪とテロはお約束でくっついて来るだろうと踏んでましたが、
早々と出ましたね。

http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160722-00000000-jij-int

リオ五輪でテロ計画、10人拘束=ISに共鳴、武器調達も―ブラジル

      ーーーーーーーーーーーーーーー

 

東京はもうちょっと先なので、世界の情勢も変われば五輪の様相も変わるので
断言は出来ないにしろ、東京も当然ターゲットなのは、この間の
ダッカを見れば解りますね。犯人の一人は日本に留学して教鞭を
取っていた男です。

熱射で死者は複数出ると予想されますが、テロも懸念されます。

もう利権ばかりで一部の懐のみが潤う利権ピックは
やめてしまおうよ、と再度訴えておきます。

雪の降らない平昌がなんで開催地なのか、解りませんが
(解ってますが)、予想通り破綻寸前ですね。

あれだけ日本を拒否していた朴槿恵大統領が来日すると
これは韓国報道なので、解りませんが日本と共同開催など
絶対に乗って欲しくないですね。(通貨スワップお願いにもね)

日韓ワールドカップの悪夢を繰り返すのは止めましょう。

合同開催の表に見える立役者は宮沢内閣でしたが、
陰で暗躍した人が2名いますね・・・・・・具体名を書くとコメント欄への反応が
鬱陶しいので記しませんが。

国を損なう人というのは、意図してか無意識か日本が傷つくことばかり
選択して行います。

増田さんの擁立って、平昌の五輪救済がらみではないかと
疑っている私です。その前の舛添さんも。
はっきり申せば、平昌五輪の尻拭いが、IOCが水面下で
日本に出した誘致の条件ではなかったかと、脚本家的
ストーリーを勝手に作り上げているのですが。
平昌側にもかなり大きな“役者”さんがいましたが、突然逝去され
シナリオからある役柄が失せてしまいました。
それやこれやあって、なんとやら。

増田さんの前は桜井さんが候補に上がっていて、この方が
親韓かどうか知りませんが、お役人なのでまあ政府の思うまま
指示通りに素直に動く方でしょうね。

今回はさすがに、安倍さんが増田さんの腕を取って高々と掲げて
応援演説などはなさっていません。舛添氏の時の恥ずかしさを
感じていてくださればよろしいのですが。いや、みっともない
光景でしたよ、あれ。政治は妥協と暗部の連続であるとは承知しつつも。

都議会の五輪利権の連中は、小池憎しでキリキリしてるでしょうが、
小池さん今のところ、ご無事ですね。いや、こういう書き方だと
あたかも都議会が小池さんを狙っているようで、よろしくないのですが、
かなり、心配はしていました。ここまで乗り切って来られたので
なんとか、後数日・・・・・と祈るような気持ちでいますが、都知事になってからが
本当の闘いですね。男の権力欲と嫉妬と策謀は、半端ないから。

副都知事はすでに脳裏にあるでしょうが、小池さんが都知事なら
副知事の人材が大切です。誰だろう? と考えてみるのですが、
浮かびません。

副知事は男性でも女性でも、どちらでもいいと思います。
中山成彬さん・・・・とか無責任なこと書いてみました。

・・・・・が「日本のこころ」は増田さん推しなんですよねえ。
いっそ、猪瀬さん。都議会の暗部をあばく姿勢ありあり。

何度も書きますが、都議会が舛添さんを擁立した時の
都議会自民のBBS、舛添さん批判が相当正しい情報源と共に
膨大にそして、ひっきりなしに書き込まれていたのですが、メンテナンスを口実に
一気に消し去ってしまった、あの汚いやり口への不信感は、いまだ消えていません。

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加