井沢満ブログ

後進に伝えたい技術論もないわけではなく、「井沢満の脚本講座」をたまに、後はのんびりよしなしごとを綴って行きます。

土用の丑の日、律儀にうなぎを食べに出かけた

2015-08-05 | 食べ物

静岡から毎日、活きうなぎを取り寄せているという店に出かけた。
カウンターだけの店なので、相場よりうんと安い。

ところが、昼食時間帯を外したにもかかわらず
炎天下に延々、人の列。

折りでお持ち帰りようも商っている店で、出来たてが
店頭に並んでいるのだが、その場で食べたかったので
そこから更に歩いて、別のお店に行った。

うなぎの産地は聞いてないが、うな重の竹で3600円は国内産だろう。
というより、食べれば解る。

成人式以来やっと年中年目にして、少しは味がわかるようになった
ビールで喉をまず潤す。相変わらず、うまいとは思わないのだが
喉越しの爽快感だけは、まあ何とか。

持参の本を数ページ、ぺらぺらめくっていたら、うな重が来た。
飴色にふっくらと、つややかなうなぎに、たぷりめに山椒を振りかけると、
辺りに植物の香気が弾け散る。

ひと噛みして、やはり国産だと知れる。どこぞの国からの渡来うなぎだと、
噛んだ感触が、あたかもゴム。味もベッタリと平板で深みがない。
それより、その国の食品に関する言語を絶する非衛生を知っているので、
味以前に気色が悪い。

うちでは検査を厳重にしています、と店の人はおしゃるのだが、さてその検査に
必ずしもひっかかるたぐいの汚染ではないから、困るのだ。

某国と某国、この二カ国は避けねば、体内に蓄積するものが怖い。
とりわけお子さんのいるご家庭では、用心するに越したことはない。
無精子症や不妊症。アトピー他、怪しげな出自の食べ物に原因が
あることもあろう。

某国産の、凄まじいまでのうなぎの汚れ方は、こちらの方の
ブログに詳しい。「餌」の種類までは検査ではわからないだろう。

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1926.html 

コメント

韓国人にもいた、戦犯

2015-08-05 | 歴史・政治

日本人ですら勘違いしているのが、「A級戦犯」という言葉です。他にB,CとあるのですがAが一番罪が重いと思い込んでいるので、会社において損失を出した一番の責任者を称して「A級戦犯は彼だよね」などという使い方をします。

日本人ですら多くの人びとが、そう思い込んでいるので韓国や中国の人が勘違いするのも、無理がないといえばないのでしょう。しかしながら、A級戦犯が最大に罪が重いというわけではないので、A級戦犯が祀られているから参拝してはいけない、などという言い分がいかに論拠のないことか解りますね。
中国や韓国人がそれを言うのも間違いですが、日本人の中にも平然と「天皇陛下が靖国を参拝されないのは、A級戦犯が合祀されているからだ」などと、いう人がいて驚かされます。

A級戦犯で死刑を免れた人もいる一方で、B級戦犯で処刑された人もいるという事実を知れば、罪の重さではないことが端的ですね。

A級戦犯にカテゴライズされた人々が、首相や大将という大物クラスだったので、そこから来る勘違いかもしれません。かといって、B,Cに幹部クラスがいなかったかといえば、そんなこともないので、要するにいい加減だと思います。処刑できりゃいい、というニュアンスではないかとさえ、思います。


A級戦犯は「平和に対する罪」
B級戦犯は「通例の戦争犯罪」
C級戦犯は「人道に対する罪」

という区分けですが、BとCにどれほどの差異があるのか、判然としません。どのみち「結論ありき」の裁判ですから、いい加減といえばいい加減なのでしょう。
BとCは、戦争の現場で行われたもろもろである、と区分けは出来るでしょう。
Bが命令したほう、Cは実行したほうという説もあります。日本では「A級戦犯」を筆頭に、残りは「BC級戦犯」と一括りに呼ばれます。

天皇陛下非参拝のお胸の内は存じ上げませんが、A級戦犯などという犯罪者扱いは東京裁判という、事後法でそれ自体が国際法にもとる一方的復讐裁判で、名付けられたにすぎません。

そして、国内法では戦犯という人々はとっくにいないことになっています。

そして、これも中国人韓国人のみならず、日本人も勘違いしている人が多いのですが「合祀」「分詞」という時、ご遺骨とかご位牌とか何か形のあるものをイメージしているようです。しかし靖国神社に、形としてお祭りされているものは何もありません。

あるのは神道の招魂法で招霊され、供養されたおみたまのみです。強いて言えばお名前のリストはあります。分祀というのは具体的にどうするのか、分かっていないまま分祀せよと言っている人が、ほとんどではないでしょうか。

何をどう分けるのでしょう?
目に見えて分けられるものは何もありません。
ある意味、茶番です。仮に分祀が現実になったとして、せいぜい靖国神社で出来るのは、名簿の名前に線を引っ張って消すことぐらいです。
これで分祀なったと、なるのだからいっそ「分祀しました」と言って、名簿の一部を他に移せばもう、靖国参拝に対しては何も言われなくなります。

簡単なことです。

でもその簡単なことをしないのは、日本の誇りのためであり、英霊の名誉のだめであるという、これも目に見えない世界のことです。

ということで、前振りが長くなりましたが、戦犯と騒いでいる韓国の人たちも道理に合わない、というのは戦争中は半島の人々も日本人で、戦争は日本人として戦った人々です。それも、いやいやだったというわけではありません。
現地で兵隊の募集があると、現地の青年たちは殺到して大変な倍率になっていました。朴槿恵大統領の父上も、そんな朝鮮人青年の一人で、日本政府に対して熱烈な志願書を書いて、感心な青年がいると新聞記事にまでなっています。

帝国陸軍には、朝鮮名のまま高官に上り詰め、日本兵を指揮していた朝鮮の人も複数います。

だからこそ、戦犯になった人もいるのは当然です。そこを、韓国の人々は見ようとはしません。

以下、「中央日報」の報道からです。

 http://japanese.joins.com/article/990/203990.html?servcode=A00§code=A00

「インドネシア・シンガポールで朝鮮人慰安婦目撃」

1940年代初めインドネシアで旧日本軍の軍務員として働いて「朝鮮人慰安婦」を目撃した韓国人の生前の証言映像が公開された。

太平洋戦争犠牲者遺族会はシンガポールでBC級戦犯として裁判を受けた故ソン・ボクソプ(1916年生)さんの90年代初めのインタビュー映像の一部を3日公開した。慰安婦強制動員を認めた「河野談話」から22周年にあたる4日を前にしてのことだ。インタビュー映像でソンさんは、自身が勤務していたインドネシアのスマトラ島パレンバンにも朝鮮人慰安婦がいたと証言した。

彼は「パレンバンにいた慰安婦は『第1明月館』と『第2明月館』の2カ所に分かれていて、スマトラでもシンガポールでも近隣に朝鮮人慰安婦がいない所はなかった」として「旧日本軍は1回慰安婦を探すのに50銭(現在の価値4万ウォン)を出したし、門の前にも『一発50銭』という案内文があった」と話した。明月館は、旧日本軍に協力して慰安婦を管理する韓国人兄弟が運営していたという。ソンさんは40年代初めに強制徴用を避けようと旧日本軍の軍務員として入隊してインドネシアで捕虜監視員や補給兵などとして働いた。彼は日本の敗戦直後に連合軍戦犯裁判に回された末に劇的に無罪判決を受けた。92年にはある地域の日刊紙に、自身がいた部隊で運営されていた朝鮮人慰安婦の名簿61人を公開もした。

            ーーー転載ここまでーーー

はからずも、慰安婦が有料であった、つまりビジネスとして行われていたので、性奴隷などではなかった、という証言にもなっていますね。
朝鮮の人の証言ですから、これはあちらも文句のつけようがないでしょう。

コメント

日本人だけが耐えるヘイトスピーチ?

2015-08-04 | 歴史・政治

在日外国人への人種差別を禁止する法律案が、参議院で審議入りするそうです。ヘイトスピーチ自体を肯定する人はいないでしょうが、しかし戦後70年間、韓国からのヘイトスピーチを浴びせかけられ続けていた肝心の日本人は、例外なのかな、と多くの日本人の脳裏をよぎるのは、その思いではないでしょうか。

KILL JAP(日本人を殺せ)やら、猿は国ごと沈め、祝 大震災やら放射能で死ね、やら・・・・。これほど酷いヘイトスピーチが、韓国の人へ向けられた例があったでしょうか。日本人は終戦以来、さんざん浴びせかけられていて、韓国人に対して明確な批判と言い返しが始まったのは、つい近年です。
中には、批判の域を超えて聞き苦しい内容は少数ありましたが、それすら
ケースによっては日本人に悪印象を抱かせるための「日本人ではない」「なりすまし」だということが、ネットにおける画像で検証されたりもしています。

韓国の日本へのヘイトスピーチは、アクションも伴っていて、日の丸を焼かれ引裂から踏まれ、天皇陛下のお顔が踏まれ、安倍総理の顔写真の目が繰り抜かれたり、国鳥とされている雉が生きたまま割かれたり、柴犬が叩き殺されたりしています。

日本人はそこまでやっていませんね。だからヘイトスピーチが良い、という意味ではありません。今回の法律案が不公平で、片務的ではないかと思うだけです。

在日の人々の日本人への書き込みもJAPであったり、デモをやれば日の丸の部分を大便に置き換えた旗を掲げたりしています。
彼らの日本人へのヘイトスピーチとヘイトアクションはどうするつもりなのでしょうか。罰則のない「理念法」なので、さほどの抵抗感もなく制定されてしまうのでしょうか。

しかし、理念法であっても教育現場には影響を及ぼすでしょう。
更に言わせて頂けば、いもしなかった強制の慰安婦=性奴隷で日本人を責めて侮辱するのも、これは大きなヘイトスピーチですがそれらは放置なのでしょうか?

李明博元韓国大統領から天皇陛下への侮辱もまだ記憶に新しいところです。
でもそれに対して、何のアクションも起きてはいません。言われっぱなし。

国連は、しょせん戦勝国連合であり日本は敗戦国としての位置づけで、発言権は少ないままお金だけ巻き上げられている現状ですが、その国連の人権委員会が、「差別、敵意、暴力をそそのかすような人種的優位の主張や憎悪をあおる言動」を禁じるよう日本政府に求めて来たのは昨年の7月です。

終戦以来、70年間にも及ぶ韓国人による日本人へのヘイトスピーチを放置して来た国連が、堪忍袋の緒を切らしてやっと言い返し始めた日本ばかりを叩くのは、これはいささか不公平でしょう。

ちなみに国連もそうですが、国連大学も日本に対して好意的ではありません。
でもお金だけは、大枚を巻き上げるのです。こういう理不尽な構図も日本は長く耐えて来たのですが、もういいのではないでしょうか。
このところ、日米同盟の質が変わってきてアメリカが日本を必要とする度合いが急速に増して来ています。この時期に、取られるだけ取られ、後は好き勝手される国連、国連大学へのお金の供出も見直したほうがいいでしょう。
日本は国連のATM呼ばわりされています。

ユネスコもそうです。日本が世界最大の分担金を出さされているのに、この間の端島の例では韓国にやられ放題で、「無理やり労働させられた」などという、事実でもない文言を、登録と共に押し付けられてしまいました。
国を貶められることに、なぜ日本が最大のお金を出さねばならないのか。
なけなしの国民年金さえまるごとは手に入らず、国民が苦しい思いをしている時に、国連や国連大学、ユネスコ、そして叩かれている中国韓国へODAなど、このバカバカしいぼったくられ構造からは、もう脱却してもいいのではないでしょうか。

「人種差別撤廃施策推進法案」の1箇条に、

 

・人種や民族が共通する不特定の人に対し、著しく不安や迷惑を与える目的で、公然と差別的言動をしてはならない

というのがあります。

なぜこれを、日本人だけが言われなければならないのか、理解出来る人はいるでしょうか。 

ありていにも申せば、この法律案、日本人だけを打ち据え「外国人」を過剰に保護する「人権擁護法案」の別バージョンではないでしょうか。ここで言われる”人権”が日本人のものでないことは、確かです。

 

コメント (4)

台湾の学生運動を支持します

2015-08-03 | 歴史・政治

台湾の学生たちが、死による抗議や座り込み抗議をしています。

学校の指導要綱が、台湾独自の歴史から中国主体の歴史へと

視点が移行したことによる抗議です。

安倍総理は、次世代の党の和田政宗議員の質疑に答えて台湾との

関係を次のように述べました。

「非政府間の実務関係として維持するというのが我が国の立場です」

「台湾は基本的価値観を共有する我が国の重要なパートナーであり、大切な友人です」

中国に遠慮、これまで発言しなかった領域に踏み込んだようです。

私は亡き親友が台湾の人であり、生前の思いを知っていることもあり、

台湾を大切に思っています。

死を賭しては欲しくありませんが、学生たちの気骨にエールを送ります。

その反面、日本における学生たちの安保法制案反対のパーフォーマンスの

色合いが濃い派手な
デモを横目に、台湾の若者たちの

愛国を基盤にした反対運動を見ると、複雑な心境です。

以下が台湾の学生たちに関する記事です。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150802-00000002-asahi-int

 抜粋

台湾高校生、座り込み抗議 「中国史観」指導要領が施行

台湾で中国とのつながりを強調する「中国史観」への揺り戻しとして批判が出ている新たな高校の学習指導要領が1日、施行日を迎えた。反発する高校生ら約100人が台北市の教育部敷地内に座り込み、新要領撤回と教育部長(教育相)の辞任を求めている。

生徒らが特に批判しているのは、台湾史の要領改訂だ。17世紀に清朝と戦った鄭成功一族による台湾統治を、「鄭氏統治時期」との表現から、明朝とのつながりを示す「明鄭統治時期」に変更するなどした。台湾では若い世代を中心に「台湾は台湾独自の歴史を歩んできた」との思いが強まっており、反発を招いた。

   ーーーーーーー抜粋ここまでーーーーーーーーーー

 

一方日本。教科書によっては、誤記というくらい酷い偏向記述のある日本の教科書に抗議をする高校生たちがいないことを、寂しく思います。

でも、心の中で否定し反発している高校生たちはいるかもしれませんね。
SNSの発達で真相を知る若者が増えてきました。

入試でも、学力に自信のある子は誘導的反日質問に対して、
バツをもらうのを承知で、自分の信念に基づく答えにマークを
つけたり、そういう抵抗をしていると聞きました。

よほど、成績のいい子で何点か捨てても、合格するだけの自信が
あるのでしょうね。

コメント (5)

原発にミサイルが打ち込まれたら?

2015-08-02 | 歴史・政治

原発にミサイルが打ち込まれたら? ということを提示して

話題になっている議員がいるそうで、苦笑しています。

というのは、私は拙速な脱原発は国を損なうし現実的ではない、

という意見ですが、原発自体に対しては30年前からの

廃止論者です。その頃、原発の危険性を言っても、皆さん

「薪の時代に戻すのですか」というふうで、真剣に

耳を傾けてはくれませんでした。

そんな頃、私が口にしていたのが「原発にミサイルを打ち込まれたらどうするの」

でした。昔の自分の稚拙さを思い出して苦笑するわけです。

今なら言いません。なぜなら、核と同じで核を持っている国には核が

使われないように、原子炉を備えている国は相手国の

原子炉を攻撃などしません。やったら、自分もやられるからです。

ただ、特殊な過激派のテロにそういう手段が用いられる可能性は

ゼロではありません。

そういう意味でなら、攻撃を受けた時のシミュレーションは

してもいいかもしれません。どの程度の放射能漏れが予想されるのか、

その場合の避難態勢は・・・・と。

それは必要ですが、確率論として、だから原発は廃絶せねばならぬ、

という論拠としては弱いでしょう。

過激派テロが狙うのは原発のみではなく、ありとあらゆる方法を

考えます。オウムは空からサリンをまこうとしていましたね。

くだんの議員は「国際紛争は、軍事力でなく外交力で対処すべき」

とも述べたそうですが、矛盾しています。

原発がミサイルで攻撃される事態をどう「外交力」で対処できるのでしょう。

そのリスクを軽減させるための安保法制案であろうかと思います。

原発攻撃による被害を食い止めるに必要なのは、ミサイル防衛網の拡充、

攻撃能力の向上、テロ要員の摘発可能な法案なので、その議員の主張とは

真逆の対策が必要となってくるので、やぶ蛇でしたね。

中国、北朝鮮、ロシアの弾道ミサイルによる原発攻撃を想定しての

意見だったようですが、

「軍事力ではなく外交で対処しろ」

と中国やロシア、北朝鮮に出かけて、演説して欲しいものです。

痛いほど激しいハグで歓迎されるでしょう。

ちなみに、原発を遠距離からピンポイントで狙ってミサイル着弾させる技術を

持てるかもしれない技術を有するのは、日本ではないでしょうか。

はやぶさ、あの技術はピンポイント攻撃武器の開発に

転用出来るような気がしています。

 

コメント (3)