にほん民族解放戦線^o^

米帝→官邸→マスコミの洗脳による植民地状態からの脱却を考えてみるブログ♪主権を取り戻し、日本の未来を考えよう。

エネルギー対策によって米が買えなくなる日が来る…?

2007年03月16日 | 雅無乱日記
              (主食のトルティージャの高騰に抗議する人々inメキシコ)

トウモロコシの高騰が止まらない。
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20070303AT1G0203V03032007.html(日経 3月2日)

ブッシュが新たなエネルギー対策として打ち出した方針に、「バイオエタノールの増産」が含まれていたというのも大きいが、それを見込んだ投機筋が先物買いに走っているのが最大の原因らしい。

シカゴ商品取引所のトウモロコシ相場は、昨年同時期のなんと2倍

今年、エタノールにまわされるトウモロコシは32億ブッシェル程度になる見込みで、昨年比5割増。肉食が進む中国への飼料用トウモロコシの消費も増える傾向にあり、また、ラーニャ現象による作付け時期の長雨+夏季の高温・乾燥が予測される中、需給が逼迫する可能性が高い

トウモロコシの高騰で、大豆からトウモロコシへ作付けを変更する農家が増える傾向にあることが唯一の救いだが、連作障害が出やすく、保険コストも高いトウモロコシは、今後も高値が続くと予想する専門筋が多いようだ。

という具合に、投機筋は勝手に分析して好きなことを言っているが、去年から続くこのトウモロコシの高騰でとんだとばっちりを受けている人々がいる。

                 277709.jpg
                 (トウモロコシの高騰に抗議する人inメキシコ)

     続きを読む前にクリックで応援おねがいします!
         ↓         ↓         ↓
      ブログランキング・人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

「トルティージャ食わせろ」 高騰にメキシコで抗議デモ
(asahi.com 2007年02月05日10時11分)

メキシコで主食のトルティージャの値段が急騰していることに国民の怒りが高まっている。1月31日には数万人の市民がメキシコ市中心部でデモ行進した。値上がり幅はこの3カ月で40%以上。材料のトウモロコシが米国でバイオ燃料の原料として需要が高まり、値上がりしたのが一因とみられている。台所を直撃された庶民の間で、カルデロン新政権に対する反発が強まっている。

トルティージャはトウモロコシの生地を焼いた薄いパンのようなもの。貧しい庶民にとっては唯一の主食だ。その値段が1キロあたり6ペソ(約70円)から場所によっては30ペソ(約330円)前後と急騰。中央銀行もインフレの引き金になりかねないと警戒している。
(中略)

トウモロコシは地球温暖化対策の代替燃料エタノールの原料となることから注目され、収穫減もあって米国などで価格が上昇。メキシコは北米の貿易自由化の流れで、米国から安価なトウモロコシを輸入している。

「エネルギー対策」は結構なことなのだが、トウモロコシの価格の高騰がそれを主食とする人々の生活を破壊しているという現実はどうするのだろうか。

市場社会のルールでは、取引は自由。高くても買ってくれるところの方に売るのは当然である。自由市場に任せたまま何の対策も講じず、エネルギー産業の方がトウモロコシを高く買い取るとすれば、あるいは、さらなる高騰を見越して供給を渋る流通業者が出てきたりすれば、メキシコの貧民層は餓死するか、主食を別のものに代えるかを迫られることになる。

ところで日本に目を移すと、新潟では米からバイオエタノールを精製する実験が始まっている

http://www.jacom.or.jp/kensyo/kens101k06070401.html

メキシコの事例は決して他人事ではない。

食糧の資源化や投機筋の無法な取引によって、われわれ日本人の主食が脅かされる…なんて事態も近い将来ありうるかもしれない。

そんなことになる前に、対策を講じなくてはならない。

※画像はここからhttp://www.stuff.co.nz/3948318a12.html
ジャンル:
海外
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカの人権外交は欺瞞の... | トップ | 途上国へ押し付けられる環境... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
S君の死と新たな門出 (関係性)
 新聞に載らない教え子S君(52歳)の葬式の電話が入った。大学で自然哲学を学びたいと言っていた。  私の学生アルバイト時代の短期間の教え子の一人である。この仲間10数人に教えた時代(35年前)が急激に蘇ってきた。私自身、将来をどのように生きようかと迷っていた...