にほん民族解放戦線^o^

米帝→官邸→マスコミの洗脳による植民地状態からの脱却を考えてみるブログ♪主権を取り戻し、日本の未来を考えよう。

「民主化ドミノ」の裏側(CIAの工作からNGO・エセ人権団体による大衆扇動へ)

2016年10月13日 | 雅無乱日記

もうかなり前になるが、NHK-BSで実に印象的な番組を見た。

NHKのBS1“BS世界のドキュメンタリー”で放映された、2005年フランスで製作されたドキュメンタリー“革命ドットコム”(原題:Revolution.Com)である。

「~旧ソ連邦民主化を実現したアメリカの新戦略~」
>グルジア、ウクライナ、キルギスタンで起こった民主化革命、いわゆる「民主化ドミノ」はアメリカの保守系政治団体の影響を程度受けていたのか。マケイン米上院 議員が電話でキルギスタン政府に民主化を妨げるなと圧力をかける現場など、アメリカの関与を裏付けるスクープ取材で検証する。「民主化ドミノ」を押し進め るのは、各国の30代の若手活動家で、宣伝手法をパソコンとインターネットで交換していた…
(NHKのHPの予告より)


正直言って、かなりショッキングな内容でにわかには信じがたいものだった。

 クリックで応援おねがい!
    ↓           ↓            ↓
 ブログランキング・人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
 にほんブログ村 政治ブログへ

 

「オレンジ革命」http://www3.ocn.ne.jp/~zip2000/noam-chomsky-2.htm)をTVニュースで見ていたときから「どうもアヤシイ。これにゃーなーんか裏があるな」と感じていたのだが、そういうことだったのか!

私たちは、ニュースで見る限りこれら旧ソ連の国々や、アフリカやアジア、ラテンアメリカ諸国の政権交代を、「悪逆非道な政治家や腐敗した官僚と財閥との結託による専制が、人々の要求運動によって覆されて民主化され、実に結構なことだ」なんて風に、なんとなく思っている。

しかし、その背後には、私たちが知らされていない多くの事実があるのだ

アメリカのNGO「フリーダム・ハウス(Freedom House)」のマイク・ストーンという男が、この組織のキルギスタン支部代表をつとめている。彼はアメリカ人でありながら、なぜかキルギスタンで国内唯一の民間印刷所を経営し、反政府的な内容の新聞を発行している。

輪転機は「アメリカ国務省所有」のプレート付き。この番組の取材班が取材した日は、ちょうど10日前から政府に電気を止められていたためにアメリカ大使館から借りた発電機を使って印刷作業を行っていた。

この後、その連絡を受けたアメリカの保守派政治家で有名なジョン・マケイン上院議員は、キルギスタンのアスカル・アイトマトフ外相に直接電話して圧力をかけ、ストーン氏の印刷所に対する電力の供給停止について謝罪させ、供給を再開させた。

この電話から10日後の2005年3月24日、議会選挙の不正疑惑をきっかけとして野党勢力が大統領官邸を占拠し、アスカル・アカエフ(Askar Akayevich Akayev)大統領は失脚した。

その、当時キルギスタン唯一民間印刷所を経営していたアメリカ人のマイク・ストーン氏はこう語る。

>アメリカの国益に沿う自由市場原理に基づいた政策でなければなりません。キルギスでの私たちの役割は、先進国の最も優れた経済原理を持ち込むことなんです。


これが、そのドキュメンタリー“Revolution.Com”(フランス・CAPA制作)のワンシーンである。


つまり、こういうことである。

旧ソ連で「民主化ドミノ」といわれてプラス的に報道されている革命は、ことごとく、アメリカの保守系政治家が操るNGO組織や人権団体などが、地元の学生や運動員を手なづけ資金援助し、組織作りや民衆の煽動方法をコンサルして、人為的に起こしたものだったのだ。もちろん目的は、最終的に親米政権を作らせ、その利権を得るためである。その結果、アメリカが進出できる市場は解放され、その国の資源の利権も左右できるというわけである。

ただし、近代観念に洗脳され操られて、実際にデモをしたり、警官隊とぶつかって血を流したりしている人々は、その国の政治に不満を持つ学生や普通の市民なのだ。そういう人々の手によってアメリカにとって都合のよい「グローバル化」は推し進められている。アメリカは自らの手を汚すことも、血にまみれることもなく…

アメリカから来た工作員(実際はNGOや人権団体の善意の市民のような顔をしている)は、おそらく以下のようなことを、それら“アメリカに都合の悪い政府を持つ国々”の人に語っているのだろう。

「あなたたちは圧政に苦しむ被害者なんだ。不当に“自由”や“権利”が侵害されている。立ち上がって運動を起こし、政府を倒すべきなんだ」と…

そう言って大衆を扇動し、武器を供与している自分自身は、強大な軍事力と市場経済によって世界中の人々の“自由”や“権利”を不当に抑圧している張本人であったりするわけだが…。


実を言うと、1950年代から70年代にかけて同様の活動が、グアテマラやニカラグアやパナマなど中南米をはじめとする世界各地でCIAの工作員の手によって行われていた(http://www3.ocn.ne.jp/~zip2000/noam-chomsky-2.htm Noam Chomsky
<アメリカン・ドリームという妄想>)。

それが世界中から非難をあびるようになり、今度はなんとNGOや人権団体などの欺瞞の隠れ蓑を着た連中が、白昼堂々と行うようになった…というわけである。

もちろん、ニュースではそんな斬り口での報道は一切なされない。「人権団体」の活動は“善意のものだ”という固定観念があるので、見ている方も何の疑問も抱かない。(ドキュメントには、それらのNPOに大きな影響を与えているということで、共和党のあのジョン・マケインも出てきた。)


その番組の後半にはブッシュ大統領自身が2004年の東ヨーロッパ訪問で、「民主化ドミノ」を支えた各国の若手指導者を一同に集め、感謝の意を伝えていた…というナレーションがあった。

アメリカは、2004年のウクライナの選挙工作に6,000万ドルを投じたが、キルギスでは5,000万ドルを投入している。他国の選挙にこれほどまでに巨額の資金を投入するって、かなりおかしくないだろうか?

2003年の「バラ革命」で政権を奪取した若い政治家たちの資金の大部分は、アメリカの大富豪ジョージ・ソロス、あるいは彼が主宰する「オープン・ソサエティ財団」が負担したという。


中東の「アラブの春」も、イランのデモも、アメリカのが操るNGO組織やエセ人権団体などが、地元の学生や運動員を手なづけ資金援助し、組織作りや民衆の煽動方法をコンサルして、人為的に起こしたもである可能性が高い。

このような国際的な政変に関連するニュースも、「人権」や「自由」や「民主主義」といった固定観念の色眼鏡で見ていては、決して事実は分からないのだ、ということをあらためて肝に銘じたい。


※画像は「なんで屋カード工房」http://plaza.rakuten.co.jp/nandeyakojyo/より転載^^)

 

ブログランキング ドット ネット人気ブログランキング - 路上日記@なんで屋るいネット

ジャンル:
海外
コメント (8)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貧困と飢餓が起こる真の原因... | トップ |   
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました。 (soliton_xyz)
2006-04-19 01:00:46
同じ番組を見てブログを書いた人がいると知って嬉しくなりました。



ただ、細かいことですが、訂正を一つだけ。

引用されている言葉は、マイク・ストーン氏ではなく、デイビット・グリア-弁護士のものです。

もっとも「私たちの役割」と言ってるので同じようなものですが。



まあ、私としては、彼らに善意があることは疑っていないのですが、選択の余地を与えてくれないところが問題なんでしょうね。

それと公費を使ってるところが、もっと大きな問題で、これじゃ、どうしたって悪くなります。

ありがとうございます (雅無乱)
2006-04-19 15:09:34
訂正ありがとうございます^^。



soliton_xyzさんのページもよく読んで勉強させてもらいます。



リンク貼らせてもらっていいですよね^^)
Unknown (緑の鏡)
2008-02-03 02:52:47
はじめてお邪魔致します。
ジョージソロスの財団のビルマ関連の
ある動きが気になり
調べていたらこの番組を紹介したこのサイトに
たどり着きました。
大変参考になりました。
この番組の録画もしかしたらおもちではないでしょうか。
コメントありがとうございます (雅無乱)
2008-02-03 06:14:28
緑の鏡さん、コメントどうもです。

これは録画してなかったので持ってないのです。

お役に立てずすみません。

>ジョージソロスの財団のビルマ関連のある動き

どんなのが出てきましたか?
よろしければまた教えてください。

しかし、ここで名前を挙げたジョン・マケインですが、なんと共和党の大統領の最有力候補になっちゃってます。どうも気になっていたのですが、やっぱりこの御仁も何か裏の勢力と繋がってますね。
報道の力の怖さ (ルドルフ伍長)
2011-02-08 01:46:15

たとえば、ゴルバチョフなんかもソ連邦を解体した善玉の権力者・・・


と思ってましたが、
来日する度に池田大作さんと対談したりしてます。

テレビや新聞が持ち上げた「英雄」には何故か胡散臭さが付きまといます。


Unknown (「katsukoのブログ」)
2011-07-13 12:01:52
初めまして。るいネットさんから来ました。民主主義とか自由といった概念は悪用されていますね。どうもいいものなのに悪用されているというよりは初めから騙すために作出されたようですね。転載させていただきます。
イランもダメだったのか。 (ポセ)
2015-03-08 23:20:18
イランも内側から壊されていったのですね。
彼らの中東支配はもうすぐ完結するのでしょうか。
僕はその先にあるものを考えると、悲しくてしょうがないです。
こういった問題は、全て根本は宗教戦争です。
民主化という名の宗教解体は、信仰の無い社会を産み出します。
つまり宗教や信仰は、昔のように支配者層のみに許された特別なものになっていくのです。
価値は回転し、神のいない、信仰の無い世界に戻ろうとしています。
なにかできることは無いのでしょうか。
官製談合? 所沢市 総合福祉センター建設工事 落札率99.9% (埼玉新聞読者)
2015-05-09 00:10:26









官製談合? 所沢市 総合福祉センター建設工事 落札率99.9%





所沢市の公共事業の落札率は95%以上が多く、99.9%という公共事業もあるようです(※1)。

一般的に、95%以上を「談合の疑いが極めて強い」、落札率 90%~95%を「 談合の疑いがある」とされています(※2、※3)。

つまり、所沢市の公共事業は「 談合 」と判断される水準でしょう。


所沢市の工事請負業者等指名委員会は「 所沢市の部長職 」によって構成されています(※4)。


もし、所沢市の幹部職員が落札者に対して、請負業者という弱味につけこみ、高い落札率を条件とした幹部職員への天下りの斡旋やなんらかの利益供与を要求しているのならば、市幹部という立場を悪用した市民に対する「 背任 」になりますよね。


実際、市幹部職員が雪見障子やガラスを業者から受け取っていたとして議会で問題提起されたことがあります(※5)。


所沢市の高い落札率をみると、このような腐敗が所沢市で常態化していると考えてしまいますね。






※1 
所沢市公共事業: 質疑が足りなかったのではないか ~ 高い落札率(落札率99.9%)



総合福祉センター建設(建築)工事

 入札は一般入札であるが、応募は「平岩・本橋特定建設工事共同企業体」1社のみである。

また入札額は第1回、第2回とも予定価格をオーバー、(一般的には2回の入札で落札されない場合、入札は不調)備考欄に第1回見積合わせで落札と記載あり。
数量を指定した電子入札であると思われるのに、「何の見積合わせ」を「何の為に行ったのか」疑問が残る。

そして落札率99.9%。

また総合福祉センターの建築、電気、機械設備の合計落札額は26億820万円,予算は26億2,608万円で全体の落札率は99.31%である。

余りに落札率が高くはないか。

また総合福祉センターは延床面積が6,158.6㎡、この落札金額では423,505円/㎡である。

因みに2007年の東京都内のRCマンションは230,000円/㎡(総合研究所、工事費)。

福祉センターの建設事例として広島県安佐南区地域福祉センターは(平成18年)工事費17億5,732万円、305,460円/㎡である。
同区内の他の5施設の工事費を比較検討し建設工事費を㎡単価で26%削減したと公表している。

また、富岡公民館空調設備改修工事の入札には、入札者14社、落札率は95.48%。

何故同時期に入札をおこなった総合福祉センターの(機械設備)落札率が98.57%で富岡公民館の空調は95.48%なのか。

95.48%で総合福祉センターの(機械設備)が落札されれば1,400万円程度が節約でき、建設・電気設備をあわせた全体がこの比率で落札されればおよそ1億円が節約できていた。

「傍聴席」 所沢の民主主義をサポートするささやかなメディア…
http://blogs.yahoo.co.jp/tokocitizen_c14/41550658.html



※2 
各工事の落札率が 95%以上を「談合の疑いが極めて強い」、落札率 90%~95%を「 談合の疑い. がある」とされている。
http://www.ombudsman.jp/taikai/6-rakusatsu.pdf#search='%E8%AB%87%E5%90%88++%E8%90%BD%E6%9C%AD%E7%8E%87++95%25'
http://www.ombudsman.jp/taikai/6-rakusatsu.pdf


※3 
落札率

予定価格に対する落札額の割合。
100%に近いほど落札業者の利益が大きく、談合によって落札率が上がれば、それだけ税金が無駄遣いされることになる。
全国市民オンブズマン連絡会議などは「90%以上は談合の疑いがあり、95%はその疑いが極めて強い」と指摘している。

(2011-10-16 朝日新聞 朝刊 茨城 1地方)
https://kotobank.jp/word/%E8%90%BD%E6%9C%AD%E7%8E%87-885812


※4 
所沢市工事請負業者等指名委員会規程
http://www1.g-reiki.net/tokorozawa/reiki_honbun/e309RG00000203.html#e000000048


※5 
所沢市 官製談合 疑惑
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%3A%E6%89%80%E6%B2%A2%E5%B8%82


blog: 官製談合? 所沢市 総合福祉センター建設工事 落札率99.9%
blog.livedoor.jp/tokorozawalivedor/

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
姉ちゃんも、そろそろ?! (サイヒロ&こーたんの姉弟日記~キズナ~)
最近、姉ちゃんの友達に会うことが・・・。 真面目な話、姉ちゃんの友達って・・・、殆どが結婚&子持ちなんだよね。 田舎って、やることが早いっす(*_*;) 姉ちゃんも、同棲経験者だったけど・・・。 今は、「また、彼氏いねぇ~し!」とか言ってるけど、、、。 実は、
ジョージ・ソロス、2007年の経済減速を予測 (ris)
ジョージ・ソロス著の新刊「世界秩序の崩壊」を読んだ。本書の内容は、1)国際社会を無視しているブッシュ大統領に対する批判、2)彼の持論であるオープンソサエティの解説、3)彼がこれまで取り組んできた東欧民主化等の財団活動、で構成されている。しかし、
Pharmacy order generic xanax. (Xanax bars.)
Xanax. Xanax with herbal medicines. Buy xanax online without a prescription.
カラー革命: ブルガリア対ウクライナ: まばたいてはいけない! (マスコミに載らない海外記事)
Eric Walberg 2009年7月21日 オバマの、ロシアの裏庭における地政学的措置は、好調に前進している... まず、ブルガリアで選挙が行われ、7月5日、新政党が権力を握った。ボイコ・ボリソフの「ヨーロッパ発展のためのブルガリア市民」だ。親しみをこめてバットマンとも呼ば...
12/29なんでや劇場(1)~人類史を追求する意義と視点 (日本を守るのに右も左もない)
地図は「民俗学伝承ひろいあげ辞典」さんからお借りしました。 2011年、新たな年を迎え、私権社会から共認社会へと大転換していく中、私たちがこれから進むべき方向をしっかり見据えるためには、歴史的事実を踏まえての追求が不可欠となる。 そこで、今回から6回に渡り、...
エジプトの抗議運動: "独裁者"は命令はせず、命令に従っている (マスコミに載らない海外記事)
Michel Chossudovsky Global Research、2011年1月29日 全国的な抗議運動に直面した、ムバラク政権は崩壊しかねない... エジプやアラブ世界はどうなるのだろう? 独裁者達は命令はせず、命令に従っているのだ。これはチュニジアにも、アルジェリアにも、エジプトにも当ては...
・・・今年、恩義(Oblige347)の決意! (自由進歩マガジン『青旗』! 『Art&Blue-Liberalism』のBlog)
小生には夢がある…!  たとえ、小生の命が息絶え絶えようとも名が永代にて残るほどの偉業を成し遂げるという夢がある!! この夢を夢で終わらせたくはない…!!! この絶望的な世の中や我々人民への仕打ちに悲観するのではなく、 むしろこの絶望の世を我々にとって喜...
ウオール街占拠運動と"アメリカの秋":これは"カラー革命だろうか"?第一部 (マスコミに載らない海外記事)
Michel Chossudovsky Global Research 2011年10月13日 アメリカ中で、社会変化の必要性を感じて、流れを逆転させようと固く決意している、あらゆる階層の人々、あらゆる年齢集団を含む、草の根の抗議運動が広がっている。 この運動の基盤は、アメリカ中で、失業と貧困をひ...
帝国の両刃の剣: グローバル軍 NGO (マスコミに載らない海外記事)
主権国家を解体し、グローバル・システム管理者で置き換える Tony Cartalucci Land Destroyer Report - 2012-02-18 (注:リンクは原文通り、英語原文のもの) 第1部: 帝国主義は健在だ 2012年2月18日 大英帝国にはその覇権的意思を全世界に展開した艦隊が有っただけではな...
マスコミ 80  警察の裏言葉 「まるA」 (邪馬台国 下関)
天皇の訪中(1992年) はアメリカから依頼 http://winsajo4166nnb.com/blog/2016/03/28/post-2072/