代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives

批判するだけでは未来は見えてこない。代替案を提示し、討論と実践を通して未来社会のあるべき姿を探りたい。

真田丸 第38回「昌幸」 感想

2016年09月25日 | 真田戦記 その深層
 九度山に流されて一挙に10年が経過。一話で10年の歳月が流れる驚きの展開でした。   そして・・・・。信玄公が迎えに来て、昌幸を冥土へ連れて行ってしまいました。(涙)  昌幸が九度山で著した『兵法奥義』・・・・原書は大坂城といっしょに燃えて灰塵に帰したようですが、もし現代に伝わっていたら、『孫子』や『五輪書』に匹敵する名著として読まれ続けたことでしょう!    (信じる信じないは読者に任せます . . . 本文を読む
コメント

真田丸 第37回「信之」感想

2016年09月19日 | 真田戦記 その深層
   今回は観るのがつらい回でした。  大谷吉継は涙を浮かべながらも「治部楽しかったぞ」。石田三成は無言のまま笑みを浮かべる。二人ともやり切った、悔いはないという表情であの世に旅立っていきました。合掌。  あなた方が治めた近江も越前敦賀も、あなた方の志を受け継いで、今日も立派に発展しております。  ★真田軍最後の抵抗について  冒頭、関ケ原の敗報が伝わっているにもかかわらず、徳川に降伏するのを . . . 本文を読む
コメント

真田丸第36回「勝負」感想

2016年09月12日 | 真田戦記 その深層
関ケ原本戦をスルーしたことは全く問題ないと思います。あくまで真田目線のドラマですから。  しかし、時代が煮詰まった分岐点というものは、平時とは違った時間の流れ方をするものです。一つ一つの決断が運命を分けるわけですから、その一つ一つの判断に重みがあるはずです。  何が言いたいかというと、犬伏の別れから関ケ原の本戦の敗報を昌幸と信繁が受け取るまでの約2か月間の時間の流れ方は、当人たちにとって、非常に濃密な、平時とは違った時間の流れ方をしていたはずだということです。なので、もっとゆっくり時間をかけてドラマで描いてよいでしょう。私は小山の軍議から関ケ原敗戦までで少なくとも三話は費やすべきではなかったかと思います。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

真田丸 第35回「犬伏」感想

2016年09月04日 | 真田戦記 その深層
 冒頭の昌幸と稲のシーンですでにジワリときて、大谷刑部と石田治部のシーンで完全に涙腺崩壊状態でした(T_T)。    三成と信繁の涙は本人のものだったと思います。あのとき時空を超えて山本耕史は石田三成に、堺雅人は完全に真田信繁になっていたとしか思えませんでした。  今回の大河では、先を見通せる神の目をもった登場人物はおらず、皆が先が見えないという中で決断をしていく臨場感が出ているとことがとって . . . 本文を読む
コメント

2018年大河は西郷隆盛 ―これまでの歴史観の見なおしを

2016年09月04日 | 歴史
 明治維新150周年である2018年大河ドラマは「西郷隆盛」に決まったと報道された。  事前には、外国人主役でアーネスト・サトウは?、五代友厚なら「あさが来た」の視聴者をそのまま獲得できて視聴率アップ間違いなし・・・・など、さまざまな噂も飛び交っていたが、NHKは変化球を投げてくることなく、日本史上もっともメジャーな人物を主人公にすることによって王道ともいえる路線を採用したわけだ。  しかし明 . . . 本文を読む
コメント

真田丸 第34回「挙兵」感想

2016年08月31日 | 真田戦記 その深層
 この間多忙で真田丸の感想もまったくアップできませんでした。すいません。じつはこの間いろいろあって、リアルタイムでも観れないことが多かったのです。  ひさしぶりに第34回「挙兵」の感想をアップさせていただきます。  ここへきて薫母上が大変なことになってしまいました。母上におかれましては、今後、ドラマの中で夫と次男が徳川公儀に対する謀反人・罪人になってしまいます。それきり夫とも会うことかなわず、上 . . . 本文を読む
コメント

東郷平八郎の赤松小三郎談

2016年08月20日 | 赤松小三郎
赤松小三郎の葬儀には、薩摩の門人40人が参列し、彼ら薩摩の門人たちが、小三郎の棺を運んで金戒光明寺に葬ったと記録されている。小三郎の葬儀のためにカンパをし、いわば葬儀の実行委員として参加した40人の中に、上村も東郷も含まれていた様子である。かねて一つの議論があった。それは、この薩摩の門人40人は、暗殺が薩摩の手によるものであることをカムフラージュし、偽装するために参加していたのか、それともこの40人は、暗殺が中村半次郎らの手によるものであることも知らず、心からの供養の気持ちで参列していたのか、というものである。東郷平八郎と上村彦之丞の談話からうかがわれることは、彼らは、噂として中村半次郎の犯行を知っていたかも知れないが、もとより暗殺計画の存在など知らされておらず、葬儀の実行委員を買って出たのも、心からの気持ちだったということである。 . . . 本文を読む
コメント

講演会のご案内 「薩摩から見た赤松小三郎」10月15日

2016年08月19日 | 赤松小三郎
「赤松小三郎研究会」から企画のご案内をさせていただきます。歴史作家の桐野作人氏の講演です。桐野氏は、最近、赤松小三郎が、議会政治を求める建白書を徳川政権にも出していたことを裏付ける史料を発見されました。(下の新聞記事参照)。今回の新発見の意義も含め、薩摩と赤松小三郎の数奇な運命について縦横に語っていただきます。演題は「薩摩から見た赤松小三郎」です。 薩摩から見ると、「赤松小三郎についてはなるべく触れたくない。語りたくない」という気分になるのが人情だと思われます。しかし桐野氏は、精力的に赤松小三郎にかんする史料を発掘してこられました。心から敬意を表します。今回も桐野氏は、盛岡藩の記録の中から、小三郎が、島津久光と松平春嶽のみならず、徳川政権にも同趣旨の建白書を出していたことを裏付ける史料を発見されました。本来、明治維新史の解釈に重大な変更を加えかねない大発見と思いますが、赤松小三郎の存在そのものが知られていないため、地元紙のニュースにしかなりませんでしたが・・・・・。多くの方々のご参集をお待ちしております。 . . . 本文を読む
コメント

真田丸 第26回~29回まとめて感想

2016年07月26日 | 真田戦記 その深層
 この間あまりにも多忙だったためにブログを放置させていただきました。まったく記事を書けず、コメントへの返信もできずに申し訳ございませんでした。とりあえずブログを放置していた間の真田丸(第26~29回)の感想を、まとめて書いておきます。ついこのあいだ始まったばかりと思っていたら、もう29回。月日が経つのは早いものです。 ★秀次の娘隆清院は本当に信繁の側室だったのか問題  真田信繁の側室と伝わる関 . . . 本文を読む
コメント (1)

グローバル化の終わりの始まり ―イギリスのEU離脱に思う

2016年06月27日 | 自由貿易批判
グローバル化というのは、つまるところ1%の強欲大企業の経営者層が、さらに儲けるためには、関税も法人税もなるべく払いたくない、なるべく労働者への賃金も抑制したいというワガママを突き詰めていった結果、進んできたものだった。少しでも富の再分配の方向に舵を切れば、グローバル化ももう少し延命したかもしれないが、全くそれを実行する気配がないから、瓦解するのはやむを得ないだろう。今後、行き過ぎたグルーバル化の流れに歯止めがかかり、世界は国家主権を取り戻す方向に反転していくであろう。グローバル化の終わりが始まったのだ。 . . . 本文を読む
コメント (4)

真田丸 第25回「別離」感想(第24回「滅亡」もあわせて)

2016年06月26日 | 真田戦記 その深層
 先週多忙で第24回の北条滅亡回の感想を書けておりませんでした。前回と今回の感想をあわせて書きます。    千利休が小田原合戦で一儲けしようと北条側と豊臣側の双方に武器を売り付けていたという設定。これは三谷さんのオリジナル脚本と思われますが、戦争を利用して双方に武器を売り付けて儲けようという死の商人の設定は、戦国よりも現代に当てはめた方がより生々しくリアリティがありますね。ヒ〇リーもオ〇マもその一 . . . 本文を読む
コメント

真田丸 第23回「攻略」感想 

2016年06月13日 | 真田戦記 その深層
 今回は小田原城攻め。いくつか定説を覆すような描き方がされました。まず真田源次郎が、前田利家・上杉景勝・真田昌幸らの北国軍には加わっておらず、秀吉の馬廻り衆として秀吉本陣に詰めていたという設定でした。定説では、真田信繁は北国軍に加わり、それが信繁の初陣だったといわれることが多いです。これは新しい描き方だったと思います。  平山優氏の『真田信繁』(角川選書)によれば、信繁は昌幸や信幸とともに北国軍 . . . 本文を読む
コメント (8)

女性経済学者が増えれば世界は変わる?

2016年06月12日 | 新古典派経済学批判
女性経済学者がもっと多くなれば、世界は変わると思います。 男性的マッチョ経済学に一貫して挑戦し続けたジョーン・ロビンソンの経済学を継承する女性経済学者が増えてくれれば・・・・。 余談ですが、宇沢弘文先生の社会的共通資本の考え方も、ジョーン・ロビンソンの経済学を継承しています。宇沢先生、アメリカでケネス・アローと一緒に研究していたころは、それこそモデルづくりを探求する「マッチョな業績」を追及していたように見えます。日本に帰って『自動車の社会的費用』などを書いて、社会的共通資本の研究を始めてから、研究スタイルは大きく変わったと言われています。  アローは、それを「ビッグ・チェンジ」と呼び、ヒロ(宇沢先生のこと)はなぜ変化したのかどうしてもわからないと述べています。これは佐々木さんと私で意見の一致するところですが、宇沢先生にビッグ・チェンジをもたらしたのは、ジョーン・ロビンソンとの交流でした。 . . . 本文を読む
コメント

「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」は面白かった

2016年06月10日 | 政治経済(国際)
アイスランドは世界でももっとも女性が活躍している度合いの高い国であるが、唯一、金融機関だけは男性社会だった。そして、2007年のアイスランドの金融危機は「男性ホルモン」が引き起こしたものだ・・・・。  アイスランドの銀行が軒並み倒産する中、唯一、顧客の預金を守り切った銀行の経営者は女性たちだった。彼女たちは自分たちが理解できない怪しげな金融商品には手を出さなかった。自分たちが理解できるもののみに投資した。サブプライムローンのような怪しい金融商品で焦げ付くことはなかったのだ。世界中で金融危機を引き起こしているのも男性ホルモンの作用。 . . . 本文を読む
コメント (10)

「クリントン・キャッシュ」 ―ヒラリー・クリントンは大統領選を辞退すべき

2016年06月07日 | 政治経済(国際)
 日本のマスコミはヒラリー・クリントンが民主党の予備選で指名確実になったと報じている。しかし本人が逮捕されたら大統領選どころではないだろう。このような犯罪に手を染めていることが濃厚な人物が大統領選に出ても、トランプ候補には勝てないだろう。仮に勝ったとしても当選早々に政権がレームダック化することは間違いない。 . . . 本文を読む
コメント (3)