にほん民族解放戦線^o^

米帝→官邸→マスコミの洗脳による植民地状態からの脱却を考えてみるブログ♪主権を取り戻し、日本の未来を考えよう。

4/9東京新聞の特報“水蒸気爆発が一番怖い”“カネと地位 群がった産官学”(小出裕章氏)

2011年04月09日 | 雅無乱日記

ついに、大手紙が小出裕章助教を全面で扱ってくれた。

正直、この人を大手が取り上げるとは思っていなかった。


こういう斬り込んだ記事を載せてくれるのはやはり東京新聞の特報

デスクはこの人:田原牧氏。

http://opinion.infoseek.co.jp/list/writer/57

『イスラーム最前線』など著作を3冊ほど読んだが、既存の大手マスコミに揺さぶりをかける報道を正面からやってのける稀有な人物である。

いまやほとんど“絶滅種”になってしまった、ホンモノのジャーナリストの一人と思う。

こんな人物が他紙にも存在すれば、大手マスコミもこれほど腐敗せずに済んだのに…

続きを読む前にクリックで応援おねがい!
    ↓         ↓         ↓
にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


さて、小出裕章氏である。

政府や原子力安全・保安院、厚生労働省、東電が発する言葉は、ことごとく空疎で、我々にほとんど響いてこない中、この人物の言葉はビシビシと我々のみぞおちに落ちてくる。

40年にもわたり、完全に干され、カネからも名誉からも無縁にただ人々の安全を考えて研究を続け、研究者の立場から原発反対運動を支援してきた。そんなこと普通の人間にできることではない。この人物の言葉が信用できる所以である。

熊取六人衆

この東京新聞の特報の記事には、小出氏の極めて興味深い発言がいくつか載っているので紹介しておきたい。

====================================

「福島では原子炉が壊れずに、メルトダウンが進む可能性がある。そうなると、高温の溶融物と下部の水が反応して水蒸気爆発が起き、桁違いの放射性物質が飛び出す。これが一番怖い」

「水蒸気爆発が起こって炉心にある放射性物質の大部分が、ガスや微粒子になって空中に飛び散れば、汚染はチェルノブイリと同じレベルだ」(東京も汚染区域に入る

「もし、再臨界すれば、さらなる発熱と核分裂生成物が生まれ、事後処理は格段に難しくなる」

「海に汚染水を捨て、拡散するから安心、安全だという国や専門家の見方は許せない。薄めることで危険性は減るが、逆に広まる。安心というなら規制をせず、風評被害を防ぐために確かなデータを出すべきだ」

「これまで電力会社からみて、原発は造れば造るほどもうかる装置だった。経費を電気料金に上乗せでき、かつ市場がほぼ独占できたからだ。さらに大手電機メーカー、土建業者なども原発建設に群がった」大学の研究者らがこれにお墨付きを与えた。「研究ポストと研究資金ほしさからだ。原子力分野の研究にはお金がかかる。自分の専門と社会との関わりについて考えられない学者が多い」

なぜ推進されるのか。
核兵器を持つというより、その製造能力を維持するため、としか考えられない原発を推進すれば、その技術と材料であるプルトニウムが手に入るのだから」

「今回の事故は進行中で、どれだけ被害が広がるかは分からない。原発が生み出した電気の利益を全部投げ出しても足りないだろう。原発はそういうばかげた物

====================================

共感する言葉ばかりである。

※併せて参照! 

 「原発は、頭のてっぺんからつま先まで“ウソ・騙し”」

 

中西康夫の日記帳

http://www.unique-runner.com/blog/diary.cgi?no=140

ブログランキング ドット ネット人気ブログランキング - 路上日記@なんで屋るいネット

 http://twitter.com/cotecan

        

        ↑ ついったー

ジャンル:
災害
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電源特会に群がって原発推進... | トップ | もっとも効率的な生産様式は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
権力は、要求されない限り、何一つ譲歩しない (マスコミに載らない海外記事)
Chris Hedges' Columns 2011年3月14日 当時未決だった多数の州政府労働者から団体交渉権を剥奪する法案に反対する一連の抗議に際し、ウィスコンシン州マディソン州議会議事堂での抗議デモ参加者に演説するデイモン・テレル。先週金曜、スコット・ウォーカー知事が法案に署...
「印象操作」東京電力発表の14m巨大津波 (逝きし世の面影)
解析によって示された津波の最大波高分布。システム上、最大10mの波高までしか示していないが、地点によっては10mを超える計算値が出た(資料:建築研究所国際地震工学センター) 東日本大震災の本震で、宮城県沖の海底が最大で約55メートル動いたと見られ、最も大き...
噴火・地震年表(1800年以降) (日本を守るのに右も左もない)
1800年以降の噴火・地震年表を作成しました。 まだ、必要なデータが網羅されているとは言い難く(特に火山活動データが不足)、未だ分析に耐えるかどうかわかりませんが、議論の叩き台として投稿します。 参考になれば幸いです。  ↓ここをクリックしてください。 「...
グラフと数式で見せるバンブー・キャピタリズムにおける金融市場の大まかなメカニズム(英文) (自由進歩マガジン『青旗』! 『Art&Blue-Liberalism』のBlog)
グラフと数式で見せるバンブー・キャピタリズムにおける金融市場の大まかなメカニズム(英文) http://art-blue-liberalism.blogspot.com/2011/04/brief-mechanism-of-bamboo-capitalist.html 閲読の際に、↑リンクをクリックしてください。
21世紀およびそれ以降の世界経済展望(英文) (自由進歩マガジン『青旗』! 『Art&Blue-Liberalism』のBlog)
21世紀およびそれ以降の世界経済展望(英文) http://art-blue-liberalism.blogspot.com/2011/04/world-economic-forecast-in-21st-century.html 閲読の際に、↑リンクをクリックしてください。
短編小説: 紅の荒野 (自由進歩マガジン『青旗』! 『Art&Blue-Liberalism』のBlog)
管理人が高校生の時に書いた短編小説です。       ↓をクリックして拡大してください:      ↑をクリックして拡大してください: