異教の地「日本」 ~二つの愛する”J”のために!

言論宗教の自由が保障され、ひとりひとりの人権が尊ばれ、共に生きることを喜ぶ、愛すべき日本の地であることを願う。

【拡散】NHK受信料支払い義務、裁判で完敗! ”テレビを持っていても、契約書がなければ払わなくていい” 

2015-04-18 16:50:23 | ご案内

 ※ 判決で注目すべきは、裁判所がテレビを持っていても、契約書がなければ払わなくていい、と判断したことです。NHKは、テレビを持っていれば支払い義務は生じる、との姿勢ですが、それが否定されたのです」

 

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/159102/1より転載

日刊ゲンダイ 2015年4月18日

NHKが裁判で「完敗」 全国で受信料“不払い一揆”の恐れも

 籾井勝人会長の私用ハイヤー問題や「ヤラセ報道」でテンヤワンヤのNHKに“新たな衝撃”が走っている。NHKが千葉・松戸市在住の男性(66)に対して受信料約18万円の支払いを求めた裁判で「完敗」したのである。

 判決が出たのは15日の松戸簡裁(江上宗晴裁判官)。裁判で、NHK側は2003年3月に男性が受信契約を結んだにもかかわらず、受信料を支払っていないと主張。これに対し、男性側は契約締結そのものを否定していた。

 江上裁判官は判決で、受信契約書に記載された署名と(裁判の)宣誓書に記載された男性の字体が一致せず、男性の妻とも筆跡が異なると認定。「受信契約を締結したものとは認められない」として、「放送受信料の支払い請求は理由がない」と結論付けたのだ。

 NHKは「判決内容をよく読んで対応を検討します」(広報部)と平静を装っているが、コトはそう簡単に済む話じゃない。受信契約書の筆跡が男性本人でなければ、一体、だれが男性の名を勝手に記入したのか。ヘタをすれば「私文書偽造」の刑事事件に発展しかねない大問題だ。
 
 勝訴した男性もこう憤る。
「私はNHKに契約書を見せてほしいとずっと言い続けてきたが、なぜか、NHKは契約書を見せませんでした。6年経って初めて契約書が提示されたのですが、おそらく私文書偽造の時効(5年)を迎えたからではないかと思っています。NHKも刑事事件を避けたかったのでしょう」

 男性の言う通りなら、NHKは契約書に勝手に個人名を書き込み、受信料を徴収しようとしたワケで、ヤクザ顔負けの悪徳手法だ。元NHK職員でジャーナリストの立花孝志氏がこう言う。

「判決で注目すべきは、裁判所がテレビを持っていても、契約書がなければ払わなくていい、と判断したことです。NHKは、テレビを持っていれば支払い義務は生じる、との姿勢ですが、それが否定されたのです」

 NHKの受信料不払いをめぐっては、全国各地で訴訟が起きているが、契約書がなければ支払う必要ナシということらしい。不払いが続出すれば、NHKの経営に打撃を与えるのは必至だ。
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (65)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「翁長沖縄知事は中国の手先... | トップ | 「まさに正念場」 宗教者九... »
最近の画像もっと見る

65 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やろう! (Kusu)
2015-04-20 23:10:45
おかしなことは皆でおかしいと言える世界にしたいですね。NHKの社員にも素晴らしい意志を持っている人もいるのでしょうが、本物であれば海外含めた他の局に行けるでしょう。国民を騙したり不当に料金を請求し、社員は高給でのほほんとしている会社はいらないですよね。支払いについてはそれぞれが考えましょう。1度潰れたとしても、それでも国民の為に素晴らしい番組を作りたい人が独立して新たな局を作ってくれればと思います。その時は皆で応援しましょう。
この問題の真の恐ろしい点 (日本人)
2015-04-21 10:01:30
私の意見を見て。考え過ぎ、陰謀論者と批判される方いるでしょう、ですがこの問題には、NHK料金うんぬんより恐ろしい意図が隠されているのです。

もし、『契約書が無くてもTVがあれば、料金を支払う義務が生じる』と判決が出た場合、日本の全世帯はNHKに料金を支払う義務が生じます。

すでにNHK料金をお支払の世帯の方は、問題そのものに興味が無い。もしくは、『TV持っているのにNHK料金を支払わ無いのはけしからん』と間違った正義感を持ち『契約してなくても支払義務が生じる』事が自分に関係が無いと思って人もいるでしょう。

怖いのは 【 無 関 心 】 なのです。NHK報道資料
『平成25年度末 受信料の推計世帯支持率 』http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/otherpress/pdf/20140527.pdf
によると全国値 74.8% 日本国民のほとんどがNHK料金強制支払に 【 無 関 心 】 なのではないでしょうか??
NHK料金お支払の方でもこの問題に興味がある人がいると思います。私が思うに『NHKは特定アジアに汚染されている』と疑っている知識人でないでしょうか?
さて、前置きが長いですが、私がこの問題が陰謀だと感じるのは、もし万が一上訴され上級裁判にて(ひょっとしたら、最高裁で)『TVを所有していれば、契約が無くても支払義務が生じる』と判決前例が出来るともっと、金額が大きい別のモノ(私の頭では想像つきませんが、今回の陰謀を企んだ連中は計画していると思う)で日本国民からお金を巻き上げる事が出来ると思いませんか??

契約者数から殆どの日本国民が【 無 関 心 】と思われる今回のHK支払問題。これを踏み台にもっと日本国民からお金を絞りとる陰謀があるのではないかと私は感じております。

誰が何を企んでいるか??それは私ではわかりませんが、最高裁で、今回の松戸簡裁(江上宗晴裁判官)の素晴らしい判決が覆されたら??その先に日本にはどんな未来が待っているのでしょか?

願わくば、私の考え過ぎ、陰謀論好き過ぎで笑い話で終わりますように祈ります。

もし、私の説に危機感を持った人は、どうか家族、知人に私の説を話して意見を聞いたりして、危機感を持つ日本国民を増やして今回の判決が覆えされないよう頑張りましょう。
Unknown (Unknown)
2015-04-21 11:26:01
そもそもやり方考え方が古いんだよね
Unknown (Unknown)
2015-04-21 18:27:46
そうやって騒ぐ人たちが本当に一切視聴を拒否するならまだ見る価値はあるが、テレビはきちっと見た上でお金払わないってだけの人たちだからなあ。
金の話の前に、何が起ころうとNHKは一切見ないという姿勢を見せてほしい。
Unknown (Unknown)
2015-04-22 15:50:40
何年も前の放送法の一文を自分らの都合の

良い様に解釈し、しっぽ(委託業者)

に成功報酬を掴ませて

チンピラの様に契約、集金させて来たんだ

(まともな人も稀に居るけど)

個人的には今までのその態度、体制に対する

ツケを払ってもっと酷い目に合って欲しい
NHK様、ご愁傷様です<(_ _)> (加藤義樹)
2015-04-22 20:58:34
NHKが委託している企業の受信料の徴収方法にもかなり問題があると感じております。

未成年の大学生に「放送法いう法律で受信料は絶対に支払わなくてはならない」と強く迫る徴収員に突っかかったことがありますが、

1人暮らしの未成年に対して、このように契約を迫ることが果たして社会倫理的に見て、適切な行為と言えるでしょうか?

民法で「契約自由の原則」というものを習った気が致します。

この判決を見た国民の中には、「今まで払ってきた受信料を返してくれ」という至極当然の声が聞こえてきそうでなりません。

それでは、失礼致します。
受信料 (丹羽千城)
2015-04-23 03:03:27
そもそもなんでNHKが映らないテレビを作らんのやろ。
それなら払わんでもええやろ?
Unknown (めぐ)
2015-04-23 23:45:54
この記事見てびっくり!
3年前に今のアパートに越してきたけど、越してきて暫くしたらNHKの人がやってきて、家にTVがあるなら受信料を払って下さい!と半ば強制的に契約させられた。NHKは見ないから払わないと旦那は随分ねばってたけど、NHKの人に根負けしてた。
今はチビが 居てて教育テレビ見てるから支払うけど、事実チビが生まれるまでは見てなかったから、なんか無駄に払ってたのが悔しいな。
Unknown (Unknown)
2015-04-24 07:29:02
今のTVならみたい人だけ画面で契約できるようにして、契約ボタンを押さないと見えなくすればいいだけなのに見たいとも思えない番組で年間数万円を強制的に徴収しようとするのがおかしい。
恐喝 (Unknown)
2015-04-24 10:36:03
これって勝手に義務化にしたNHKは詐欺と一緒じゃないですか?

契約して半年ですが、解約するしかないですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ご案内」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。