異教の地「日本」 ~二つの愛する”J”のために!

言論宗教の自由が保障され、ひとりひとりの人権が尊ばれ、共に生きることを喜ぶ、愛すべき日本の地であることを願う。

7/30横浜市長選 【動画】「権力側」対「市民側」の闘いです:カジノより給食を!がんばれ、伊藤ひろたかさん!

2017-07-26 23:36:39 | 都知事選 県知事選 市長選

 2017年7月30日 横浜市長選
【「権力側」対「市民側」の闘いです:カジノより給食を!】1分45秒映像

もし、伊藤ひろたか候補が勝ったら…
1年近く前の新潟県知事選を思わせる今回の選挙構図と流れ…彼は米山隆新潟県知事同様、しっかりと市民側に立った市政を行うはずです。

現職の林文子市長は2014年年頭会見で早くもカジノ誘致を表明しています。自民党が進めるカジノ推進法に関して、完全な賛成者です。

カジノ誘致反対の伊藤ひろたかさん、そんな林市長に対抗する姿勢を明確に打ち出した街頭演説、積極的に行っています。...
「皆さま、気付いてください。林市長がやって来た事、これからやろうとしている情報を知ってください」
彼は繰り返し、道行く市民の方々にこの事を訴え続けて、今日も横浜市内を走り回っています。
そして、彼が思い描く横浜市構想。
「20年後、30年後を見据え、横浜の歴史と文化を活かした再開発を行うべき。カジノは全くそぐわない」
子供たちの未来を演説中でも強く訴える彼の周り、小学生の子供たちまで寄って来てハイタッチしたりする風景がよく見かけられます。
これ、他の候補では見られない風景と思います。

カジノより給食を!
頑張れ、伊藤ひろたかさん!

そして、横浜の方々はもちろん、GO VOTE!        (黒川敦彦氏FBより)
             

■Twitterをやってる方、リツイートをよろしくお願いします。
https://twitter.com/100_govote/status/890106700417683456

  

 ********************::

 
 
 
メイベリン(こんな人)7/30横浜市長選 @savepeoplepiece

さんのチラシ。「政策4つの柱」…とても良いのだから、この4つはもっと言いまくって欲しいな。もったいないって凄く思いました!残り時間…頑張ってください!!!応援し続けます!!!✨

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【カジノか学校給食か!】 7/30投開票!「市政に若い力を!横浜市長選」 =伊藤ひろたか勝手連

2017-07-26 13:41:30 | 都知事選 県知事選 市長選

市政に若い力を!横浜市長選

横浜は20ある政令都市のうち、唯一中学校給食がありません。

伊藤ひろたか勝手連伊藤ひろたか勝手連 @hirochansupport

7月21日

 

 

7月25日

 

 昨年7月の参院選で当選した民進党の真山 勇一さんと次点に泣いた共産党のあさか由香さんが、共に応援!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

江田憲司認証済みアカウント @edaoffice 7月21日

 
 
 
 
 
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【祝!】仙台市長選 郡和子氏が初当選 自公敗北、加計問題影響か ・敗れた与党陣営、恨み節 〔毎日新聞 2017.7.23〕

2017-07-24 00:25:32 | 都知事選 県知事選 市長選

https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170724/k00/00m/010/069000cより転載

 仙台市長選

郡和子氏が初当選 自公敗北、加計問題影響

 
当選を確実にし万歳三唱する郡和子氏(中央)=仙台市青葉区で2017年7月23日午後10時26分、喜屋武真之介撮影

 任期満了に伴う仙台市長選は23日投開票され、民進党元衆院議員の郡和子氏(60)=民進、社民両党宮城県連支持、共産党県委員会、自由党支援=が、冠婚葬祭会社社長の菅原裕典氏(57)=自民党県連、公明党県本部、日本のこころ支持=ら新人3人を破り、初当選を果たした。
 投票率は44.52%で、過去最低だった前回の30.11%を上回った。自民党は東京都議選に続く敗北となり、今後の政権運営に影響が出るのは必至だ。

 2期目の奥山恵美子市長が4月に退任を表明。郡氏と菅原氏のほかに、いずれも元衆院議員の林宙紀氏(39)と大久保三代氏(40)が名乗りを上げた。事実上の与野党対決の構図で、村井嘉浩県知事と奥山市長が菅原氏を支援した。

 元民放アナウンサーの郡氏は、衆院議員4期の実績を強調するとともに、学校法人「加計学園」問題と重ね合わせて、村井知事や奥山市長と近い菅原氏を批判。「反自民」の受け皿としてクリーンな政治を訴えた。

 菅原氏は、自民党批判が波及することを警戒し、政党色を抑えた選挙戦を展開。高齢者福祉の充実などを訴えたが、及ばなかった。自民県連幹部は「加計問題など安倍政権への批判が影響した」と話した。

 林氏と大久保氏は子育て支援の充実や行財政改革などを訴えたが伸び悩んだ。

 自民党は都議選で大敗したほか、5月のさいたま、千葉両市長選、6月の静岡県知事選で不戦敗が続いていた。【本橋敦子】

 

=================

 

 https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170724/k00/00m/040/085000c

 仙台市長選

国政が直撃 敗れた与党陣営、恨み節

 
落選が確実となり支持者らにあいさつをする菅原裕典氏=仙台市青葉区で2017年7月23日午後10時25分、小出洋平撮影

 国政の与野党対決の構図となった仙台市長選。自民、公明両党の県組織や日本のこころが支持する冠婚葬祭会社社長の菅原裕典氏(57)は、民進、共産、社民各党の県組織と自由党が共闘する元民進党衆院議員の郡和子氏(60)に敗れた。
 学校法人「加計学園」問題や自民党議員の相次ぐ暴言・失言問題などの影響がもろに出たと言え、菅原氏の陣営からは「タイミングが悪すぎた」との恨み節も漏れた。

 「『国政と市長選は関係ない』と説明しても分かってくれない人もいた」。菅原氏の落選が決まった後、自民県連幹部はぼやいた。

 政権与党とのパイプは大きな武器となるはずだった。菅原氏は「自公の国会議員の力を借りて、国に要望を伝えられるのは私だけ」と繰り返しアピールしたものの、肝心の自民が前面に出る場面はほとんどなかった。大物国会議員が駆けつけることはほとんどなく、陣営幹部は「街頭での演説は遠慮してもらった」と打ち明けた。

 20日夜にあった菅原氏の個人演説会。応援に駆けつけた自民党の山本一太参院議員は「与党国会議員としておわびしたい。自民1強でおごりがあった」と頭を下げた。

 一方、郡氏側は民進党の岡田克也元代表ら各党幹部クラスが相次いで仙台入りした。加計学園問題などで安倍政権批判を繰り返し、元自民党県連幹部の村井嘉浩知事と近い菅原氏に対して「お友達政治は許さない」と繰り返した。【川口裕之、本橋敦子】

自民支持層2割、郡氏に…出口調査

 毎日新聞社は23日、仙台市長選で、投票した有権者に出口調査を実施した。安倍内閣の支持率が低下し、地方選挙への影響が注目される中、民進、共産両党などが野党共闘で支援する元衆院議員、郡和子氏(60)に自民支持層の2割弱が投票した。学校法人森友学園や加計(かけ)学園、稲田朋美防衛相の資質などの問題が、誰に投票するかに「影響した」という声も複数聞かれた。

 郡氏は民進支持層の8割強を固め、支持政党なしと答えた無党派層を半数近く取り込んだ。自民、公明両党県組織が支持する冠婚葬祭会社社長、菅原裕典氏(57)は自民支持層の7割を固めたが、無党派層からの支持は2割強にとどまり浸透できなかった。

 自民支持層のある有権者は、安倍内閣の諸問題への対応に疑問は抱きながらも「消極的に自民候補を支持した」と複雑な心境を明かした。加計学園問題などで投票先を決めた有権者は、理由について「安倍内閣を支持できないから」と答えた。

 一方、無党派層の2割が元衆院議員の林宙紀氏(39)に投票した。

 主な政党支持率は、自民24%▽民進13%▽公明4%▽共産4%--など。無党派層は52%だった。

 

 【 関連記事】

産経新聞
【仙台市長選】“民共共闘”の郡和子氏が勝利、自公系敗退 安倍政権に痛撃 ...

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【7/30 横浜市長選】”カジノか学校給食か”〔田中隆作ジャーナル〕/ 菅官房長官肝いりのカジノ構想が“争点”に 〔週刊朝日  2017年7月28日号〕

2017-07-20 18:59:31 | 都知事選 県知事選 市長選

 AERAdot.   https://dot.asahi.com/wa/2017072000058.html

横浜市長選で菅官房長官肝いりのカジノ構想が“争点”に

by 横田一更新 2017/7/20 15:33
 横浜市長選前の心境は穏やかではない!? (c)朝日新聞社

 

 菅義偉官房長官(神奈川2区)の地元である横浜市長選(7月30日投開票)。都議選に続き、もう1枚のレッドカードが安倍政権に突きつけられるのか、注目される。

 3期目を目指す自公推薦の林文子市長(71)は“菅直系”として有名で、カジノを含むIR(統合型リゾート)推進で足並みをそろえてきた。カジノ法案審議が山場を迎えた昨年12月には、推進派国会議員主催の緊急集会に林市長の代理の副市長が出席。「IR整備は観光立国実現に重要」と絶賛し、誘致自治体として法案成立を後押しした。

 林氏の3選を阻止すべく立候補した新人候補は前民進党横浜市議の伊藤大貴氏(39)、無所属で元衆院議員の長島一由氏(50)。共にカジノ反対を明言していることから、カジノ誘致の是非が最大の争点になっているのだ。

 都議選と同様、加計問題への怒りが自民党推薦の林氏への逆風となる可能性も出てきた。伊藤氏擁立に動いた江田憲司・民進党代表代行(神奈川8区)は7月8日のタウンミーティングで、加計問題とカジノを次のように重ね合わせた。

「『岩盤(規制)にドリルで穴を開ける』と言って加計に落ちるように開けた。カジノ法案の強行採決でも、安倍官邸と維新が連携してドリルの穴を横浜と大阪にだけ開けようとしているのではないか」

 ただし林氏は現職の強みに加え、自公と連合神奈川の推薦を受け、盤石の体制のように見える。しかし「全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会」代表の新里宏二弁護士は、番狂わせの可能性を示唆する。

「2015年4月の小樽市長選では『カジノはいらない』と訴えた森井秀明・元市議が、自民・公明・民主(当時)・連合小樽・小樽商工会議所が支援したカジノ推進派の中松義治市長を破ったのです。それほどカジノ誘致反対の民意は、根強いものがある」

 原発再稼働に慎重な米山隆一知事が逆転勝利した昨年10月の新潟県知事選と同様、番狂わせは起きるのか……。

 カジノ反対の民意を感じ取ったためか、林氏は今年に入ると、「全くの白紙」と“変節”した。共産党は伊藤氏を自主的に支援。実質的な野党統一候補を市民団体が支援、自公と連合支援の候補を追いかけるパターンも新潟県知事選とうり二つだ。横浜市長選の結果が注目される。(ジャーナリスト・横田一)

週刊朝日  2017年7月28日号

 

 =========================-

 

「給食実現で横浜を現役世代に選ばれる自治体にしよう」と訴える伊藤候補に、市民は熱い期待を寄せる。=16日、桜木町駅前広場 撮影:筆者=

「給食実現で横浜を現役世代に選ばれる自治体にしよう」と訴える伊藤候補に、市民は熱い期待を寄せる。=16日、桜木町駅前広場 撮影:筆者=


 庶民の生活を守るのか、それとも外資に むしり取られるのか ― 任期満了に伴う横浜市長選挙がきょう、告示された。

 カジノ誘致に反対し中学校の給食実現を掲げる前市議会議員の伊藤ひろたか(市民連合・共産推薦=39歳)は、桜木町駅前で第一声をあげた。

 広場を埋めた聴衆の最前線で、祈るように伊藤を見つめる母親たちの表情は、山本太郎を参議院に送り出した2013年の参院選挙を思い起こさせた。

 「放射能から守りたい」「満足に食べさせたい」。子供の健やかな成長を願う母親の思いは、いつの世になっても変わらない。

 現職で3期目を目指す林文子(71歳)はカジノ推進で「家庭弁当」を基本とする。自民・公明・連合という大政翼賛会が推す。

 林は横浜駅西口で街頭演説をしたが、カジノには一言も触れなかった。応援弁士には三原じゅん子(自民)、佐々木さやか(公明)に加えて牧山ひろえ(民進)の姿があった。

 政治家になる前トップセールスマンだった林は、企業誘致の実績を誇らしげに語った。住民の生活に密着した話は一言もなかった。

 応援弁士たちは「林市長が待機児童ゼロを成し遂げた」と称賛したが、粉飾であることが広く指摘されている。

左から三原じゅん子、牧山ひろえ、林文子、佐々木さやか の各氏。=16日、横浜駅西口 撮影:筆者=

左から三原じゅん子、牧山ひろえ、林文子、佐々木さやか の各氏。=16日、横浜駅西口 撮影:筆者=

 
 中学校に学校給食がない大都市は、大阪市と横浜市とされてきた。だが、その大阪市もとうとう学校給食に着手した。

 文科省が平成27年度5月現在で明らかにした「都道府県別学校給食実施状況」で神奈川県は全国ワーストワンの25.7%だ。横浜市が数字を押し下げている。

 千葉県は100%、東京都も98%。給食を実施できない理由が見つからない。

 カジノで業者や自治体が潤っても、街は殺伐となり、庶民は財産をバクチで巻き上げられる。

 一方、給食は家庭の負担を軽減し、貧困家庭の子供が ひもじい 思いをせずに済む。貧困化が進むのは、横浜市とて例外ではない。

 政治は誰のためにあるのか。日本最大市の市長選挙は根源的な問いを突き付けているようだ。(敬称略)

ある母親は「自分が中学生だった頃、弁当を持って来れない同級生がいた」「弁当を作る時間を家族の団らんに充てたい」と語った。=16日、桜町駅前広場 撮影:筆者=

ある母親は「自分が中学生だった頃、弁当を持って来れない同級生がいた」「弁当を作る時間を家族の団らんに充てたい」と語った。=16日、桜町駅前広場 撮影:筆者=

   ~終わり~

   ◇
『田中龍作ジャーナル』は読者が支えるメディアです。国家を私物化した安倍首相の権力犯罪を追及させて下さい… http://tanakaryusaku.jp/donation

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<23日仙台市長選>郡氏ややリード 菅原氏追う / <仙台市長選>安倍内閣「不支持」57.1% 〔河北新報 2017.7.12〕

2017-07-13 14:35:32 | 都知事選 県知事選 市長選

画像に含まれている可能性があるもの:9人、、スマイル

画像に含まれている可能性があるもの:2人、大勢の人、屋外

==================================================郡和子事務所FBより

 

河北新報 http://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201707/20170712_11021.html

宮城 郡氏ややリード 菅原氏追う

2017年07月12日 水曜日

 任期満了に伴う仙台市長選(23日投開票)で、河北新報社は9~11日、電話による世論調査を実施し、取材による分析を加えて序盤情勢をまとめた。元衆院議員郡和子氏(60)が知名度を生かしてややリードし、会社社長菅原裕典氏(57)が追っている。元衆院議員林宙紀氏(39)が続き、元衆院議員大久保三代氏(40)は伸び悩む。6割が態度を決めておらず、情勢は変わる可能性がある。

 民進、社民両党が支持し、共産、自由両党が支援する郡氏は、民進支持層の7割、共産支持層の8割弱、社民支持層の9割を固め、公明党支持層と無党派層からも3割を取り込む。男女とも若年から高年までの全世代で先行する。地域別では泉区以外の4区で上回り、職業別では民間企業、主婦、無職の支持が厚い。
 自民、公明両党と日本のこころが支持する菅原氏は、自民支持層の4割、公明支持層の5割弱を固める。男女とも40~60代以上の中高年層で郡氏に次ぐ支持を得ている。地域別では地元の泉区でトップに立ち、他の4区でも郡氏に続く支持を集める。職業別では公務員・団体職員、自営・自由業に浸透している。
 林氏は、日本維新の会支持層の7割弱を固めるほか、自民、民進、公明、共産の支持層と無党派層の各1割超を取り込む。男女とも30代以下の若年層から郡氏に次ぐ支持を集めている。地域別では泉区で比較的強い。職業別では自営・自由業や農林漁業のほか、学生からも一定の支持がある。
 大久保氏は広がりを欠いている。
 投票先を「決めている」「だいたい決めている」との回答は4割。前回2013年の市長選の投票率は過去最低の30.11%で、投票率の行方が情勢に影響を及ぼす可能性もある。

 [調査の方法]仙台市内の有権者を対象に、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかけるRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で実施した。実際に有権者のいる世帯に電話がかかったのは916件で、うち616人から回答を得た。

 

===============================================-

河北新報 http://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201707/20170712_11012.html

宮城

<仙台市長選>安倍内閣「不支持」57.1%

2017年07月12日 水曜日

 23日投開票の仙台市長選を前に河北新報社が実施した世論調査では、重視する政策に「医療・福祉」を挙げた人が最も多く、「地域経済活性化」「子育て・少子化対策」も目立った。投票する基準では「公約・政策」「人柄・イメージ」の二つで大半を占めた。

◎支持政党「自民」最多30.7% 政権に厳しい目

 調査では、安倍内閣や政党への支持も尋ねた。安倍内閣を「支持しない」が57.1%で「支持する」の35.2%を大きく上回り、市民が政権に厳しい目を向けていることが明らかになった。支持政党は自民が30.7%で最多だった。
 安倍内閣を「支持しない」と答えた人は、世代別では高年層(60代以上)が最多で66.4%。中年層(40~50代)が55.0%、若年層(30代以下)は49.5%だった。「支持する」は逆に若年層が45.6%と最も多く、中年層32.9%、高年層27.5%の順となった。「分からない・無回答」は7.7%だった。
 職業別では、学生の支持率が79.3%と突出し、自営・自由業が47.0%で続いた。支持率が低かったのは、契約社員・派遣社員・アルバイトの16.7%、主婦の25.9%など。男女別の支持率は男性37.3%、女性33.3%だった。
 支持政党は自民以下、順に民進11.4%、共産4.3%、公明4.1%、社民2.9%、日本維新の会2.0%までが2%以上だった。「支持する政党はない」と答えた無党派層は、半数近くの42.5%に上った。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加