異教の地「日本」 ~二つの愛する”J”のために!

言論宗教の自由が保障され、ひとりひとりの人権が尊ばれ、共に生きることを喜ぶ、愛すべき日本の地であることを願う。

水原希子さんプレモルCMにヘイト殺到 / ツイッタージャパン本社前で反ヘイトSNS抗議行動 2017.9.8、14

2017-09-14 23:34:52 | 差別 レイシスト カウンター

 http://www.excite.co.jp/News/smadan/E1505367801345/

水原希子さんプレモルCMにヘイト殺到、あなたも他人事ではない【勝部元気のウェブ時評】

2017年9月14日 21時52分

ライター情報:勝部元気

<iframe class="hatena-bookmark-button-frame" style="height: 20px; width: 115px;" title="このエントリーをはてなブックマークに追加" src="javascript:false" frameborder="0" scrolling="no" width="115" height="20"></iframe>
 
 
 

 

差別・ヘイトは決して他人事ではない
今回のケースは明らかな差別・ヘイトであるため、ごく一部のTwitterユーザーだけの問題のように感じるかもしれません。ですが、社会学の分野で「Pyramid of Hate」が指摘されているように、犯罪とヘイトと偏見は基本的に地続きです。偏見を放置すればヘイトが生まれ、やがて犯罪やテロも生じることが今や通説となっています。今回のようなケースも決して他人事と捉えるのではなく、もっと身近な問題として捉える必要があります。

引き続き、水原さんの事例で考えてみましょう。国内芸能人第2位のフォロワー数を誇る水原希子さんのInstagramは、度々ネットニュースに「過激な投稿」として取り上げられるような写真も多く、世間一般からは「破天荒(常識破り)」というイメージで受け止められているようです。

ですが、彼女のInstagramを拝見してみると、むしろ「自然体」という印象を強く受けました。実際、2017年09月12日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)でも、「(Instagramを)日記みたいにやっている」「投稿して言われて後から気づくパターンが多い」と述べていました。おそらくそのような自然体の姿勢が、多くのファンの共感を得ているのだと思われます。

逆に、水原さんの投稿が「破天荒」に映る人は、水原さん側の問題のように感じているのかもしれませんが、むしろそうと感じる自分側の問題だと思うのです。確かに芸能人はファンタジー的要素のある存在ですが、あまりに作り込んだ「人工物的要素」に慣れ過ぎてしまっているために、彼女のある意味“加工しない”投稿をに違和感を覚えるのではないでしょうか?

さらに、SNSの投稿なんて共感できなければスルーすれば良いものに過ぎません。それなのに、自分の感覚に合わないからと言っていちいち負の感情を吐露するのは、多様性を受け入れられていないことの証左です。そして、そのような多様性を受け入れられない土壌こそが、「Pyramid of Hate」において、差別・ヘイトを生み出す土壌であると言えます。

ヘイトは言わずとも、「他人の勝手」に過ぎないことをスルーできず、自ら干渉して、「〇〇はアリ!」「〇〇はナシ!」と他人をジャッジする人は少なくありません。集団を重視して「個」を軽んずる日本文化の良くない部分です。でも、そういう「排除の姿勢」こそが、ヘイトや差別と地続きであることをもっと明確に意識するべきですし、やめるよう心掛けるべきだと思います。差別・ヘイトは決して他人事ではないと思うのです。


経営者はヘイト労働力不買運動をせよ
ヘイト問題に話題を戻しますが、ではどうすれば特定の人種・性別等に対するインターネット上のヘイトを抑止できるのでしょうか? 海外ではヘイトを放置した場合、SNSの事業者に対して罰金を課す国もありますから、ぜひ日本でもそのような政策を取り入れるべきでしょう。

また、個人的には、良識ある経営者たちが集まって、「ヘイト労働力不買運動」を展開することも効果的ではないかと考えています。つまり、ヘイトをする労働者は一切採用しないという強い姿勢を打ち出し、労働者のヘイトが発覚したら場合によっては解雇も辞さない強い態度を示すのです。

もちろんTwitterでヘイト発言をする大半は匿名アカウントですが、アカウントが特定されれば勤務先を解雇になる可能性もあると分かれば、かなりの抑止力になることは間違いないと思うのです。政府の動きが遅い中で、そのような良識ある企業が率先して出てくることを強く望んでいます。   (勝部元気)

 
【関連記事】

抗議行動:反ヘイトSNS ツイッタージャパン本社前で - 毎日新聞

 
 
 
 
 
差別的投稿に対する監視や即時削除を求めてプラカードを掲げる抗議行動の参加者たち=東京都中央区京橋のツイッタージャパン本社前で
2017年9月8日午後7時30分、松崎進撮影
 

 

 <追記>============================-

水原希子が想いつづる「人種や差別などの偏見がなくなってほしい」

 - CMに出演したサントリーのツイートをきっかけに、差別表現を含むコメントが多数寄せられ物議を醸していた、モデルで女優の水原希子が9月15日、Twitterを更新

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<再>9月1日関東大震災の日に。「虐殺」に走った人と、とめた人を分けたのは、何だったのか? ・・・今だからこそ読み返したい一冊。

2017-09-02 23:37:22 | 差別 レイシスト カウンター

http://syuklm.exblog.jp/26158073/より転載

※一部加筆しました(2017.9.1)byしゅくらむ

93回目の関東大震災の日に。
「虐殺」に走った人と、とめた人を分けたのは、何だったのか

 

今だからこそ読み返したい一冊。

 

 

「九月、東京の路上で  

1923年関東大震災ジェノサイドの残響」

加藤 直樹さん

 

 

b0343370_21575927.jpeg

 

 

b0343370_21573761.jpeg

 

 

■自警団だけではなかった■

 



1923年9月1日の関東大震災直後。


「朝鮮人が井戸に毒を投げ込んでいる」

「鮮人が暴動を起こす」という

不確かな情報に

恐怖を感じた人たちの手で、

数千とも言われる人の命が、

わずか数日の間に奪われました。

 

 

 

 

在日韓国朝鮮人の人たちだけでなく、

中国人労働者や、

標準語を発音できなかった聴覚障害や

沖縄の人たちも犠牲になっています。

 

 

 

 

犠牲を大きくしたのは、

自警団だけでなく、

未確認情報を拡散したメディア、

「暴動鎮圧」のお墨付きを与えた警視庁、

そして朝鮮「本国」での弾圧さながらに

出動した軍隊でした。

 

 

 

 

その現場を目撃した生々しい証言、

例えばノンフィクション作家・保坂正康さんの父が

目の前で殺される中国人を助けられなかった悔悟、

「朝鮮人の頭だけが転がっていました」と書かれた

尋常小学校生徒の作文、

さらに75年後に習志野収容所で

掘り起こされた遺骨といった事実が、

丹念に検証され拾い集められています。

 

 

b0343370_21572618.jpeg

 

 

 

後から事実無根であることに気づいた警察が

事態を収拾するまで、1週間。

 

 

 

 

 

 

虐殺の嵐が吹き荒れる一方で、

それに抗して、

在日の人たちを命懸けでかくまい、

守った人たちも存在していました

 

 

b0343370_22041014.jpeg
 

 

その人たちと、

「虐殺する側」とを分けたものは、

一体なんだったのか。

 

 

 

この問いこそ、私が知りたかったことでした。

 

まさにそれがこの本の白眉となっています。

 

 

 

 

 

***シェアココから**

 

 

 

 

”朝鮮人を殺した日本人と、朝鮮人を守った日本人。

 その間にはどのような違いがあったのだろうか。

 

 

 

朝鮮人虐殺を研究する山岸秀はこれについて、守った事例では、

「たとえ差別的な関係においてであっても、日本人と朝鮮人の間に一定の日常的な人間関係が成立していた」

と指摘している。 

 

 

つまり、朝鮮人と実際に話したこともないような連中とは違い、ふだん、朝鮮人のだれかと人としての

付き合いを持っている人の中から、「守る人」が現れたということだ。

  

 

言ってしまえば当たり前すぎる話ではある。

 

 

だがこの当たり前の話を逆さにしてみれば、「ヘイトクライム(差別扇動犯罪)」とは何かが見えてくる。”

 

 

 

 

 ”ヘイトクライムは、

日常の場を支えている最低限の小さな結びつきを破壊する犯罪でもあるのだ。

 

 

ごく日常的な、小さな信頼関係を守るために、

危険を冒さなくてはならなかった人々の存在は、日常の場に乱入し

「こいつは朝鮮人、こいつは敵」と叫んで暴力を扇動するヘイトクライムの悪質さ、深刻さをこそ伝えている。”

 

 

”「非人間化」を進める者たちが恐れているのは、人々が相手を普通の人間と認めて、その声に耳を傾けることだ。

 

そのとき、相手の「非人間」化によらなければ通用しない歴史観やイデオロギーや妄執やナルシズムは崩壊してしまう。

 

だからこそ彼らは、「共感」というパイプを必死にふさごうとする。”

 

 

 

 

”私は、90年前の東京の路上に確かに存在した人々のことを少しでも近くに感じる作業を

読者と共有したかったからこそ、この本を書いた。

 

 

記号としての朝鮮人や日本人ではなく、
名前を持つ誰かとしての朝鮮人や中国人や日本人がそこにいたことを伝えたかったのだ。

 

 

「共感」こそ、やつらが恐れるものだから。

 

 

 

そして、文章をまとめていくなかで気づいたのは、実は90年前の路上もまた、

「非人間」化と共感がせめぎあう現場だったということだ。

 

ときには同じ人間の中でそのせめぎあいがおきている。

 

殺してしまった相手を、殺した人間が供養するのは、そういうことだろう。”

 

 

 

 

”右翼政治家たちがけしかけ、メディアが展開する、集団ヒステリーのような「非人間」化=

レイシズム・キャンペーンを、誰も疑問に思わない状況。

 

それはどこにたどり着くのだろうか。

 

 

 

私たちはそのなかで、いつまで当たり前の共感を手放さずにいられるのだろうか。”

 

 

 

b0343370_21571426.jpeg

 

■「当たり前の共感」が、ヘイトスピーチ禁止へ■

 

この本の発行(2014年)の後、今年5月、ヘイトスピーチ(差別扇動表現)を

根絶するための法律が、ついに国会で可決。

 

さらに同月、川崎市は、

在日コリアンや様々な人たちが共生する街・

桜本を標的にしたヘイトデモに対して、「市民の安全と尊厳を守るため」、

公園使用許可を出さないことを決定。

 

共生へ希望貫く川崎・「ヘイト」デモ中止

神奈川新聞カナロコ 2015年6月6日付↓

http://www.kanaloco.jp/article/177372

 

 

”わが街で、わが子の目の前で

「ゴキブリ朝鮮人、死ね、殺せ」と言われた絶望が、

「きょう、みなさんと一緒に希望によって上書きされた」。”

(崔 江以子さん)

 

法案成立前に野放しだったヘイトデモが

桜本の小さな商店街に入ろうとした時、

 

路上に身体を投げ出して阻止したのは、

何十年も同じ街に住み、

同じ商店街で買い物をし、

同じ地域の祭りを担ってきた住民同士、

全国から駆け付けた同じ思いの人達でした。

 

この日常的な共感こそが、

小さな結びつきひとつひとつが、

紡いだ結晶だと思います。

 

 

■結晶を壊させないために■

一方で、津久井やまゆり園の

障害者襲撃事件で露わになった、

「障害者は抹殺していい」という思考。

 

日本人人質事件後に巻き起こった、

イスラム教徒への排除…。

 

まさにいま現在進行形で、

この日常空間で、

せめぎあいが続いています。

 

2016年を、

ヘイトスピーチ・

ヘイトクライム廃絶の元年にできるように。


どこの街でも、

誰に対しても、

ヘイトスピーチ・

ヘイトクライムをさせない。

 

制止・禁止するだけでなく、

生み出させないために。

 

小さな結びつきを手放さないで、

繋ぎ続けていきましょう。

 

「九月、東京の路上で」Amazon

 

https://www.amazon.co.jp/%E4%B9%9D%E6%9C%88%E3%80%81%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%81%AE%E8%B7%AF%E4%B8%8A%E3%81%A7-1923%E5%B9%B4%E9%96%A2%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8E%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%89%E3%81%AE%E6%AE%8B%E9%9F%BF-%E5%8A%A0%E8%97%A4-%E7%9B%B4%E6%A8%B9/dp/490723905X



 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オバマ元大統領のツイートが430万以上の”イイネ”を! 〔huffingtonpost.jp 2017.8.18〕

2017-08-18 12:33:28 | 差別 レイシスト カウンター

オバマ元大統領のツイートが430万以上の”イイネ”を!(2017.8.18昼どき現時点)

 

Huffpost Japanhttp://www.huffingtonpost.jp/2017/08/16/obama-charlottesville-protests_n_17763706.htmlより転載

オバマ元大統領のツイート、300万以上の"いいね"で史上最多に 「肌の色や信仰の違う人を...」

 投稿日: 2017年08月16日 19時00分 JST 更新: 2017年08月16日 19時00分 JST
OBAMA
 アメリカのバージニア州シャーロッツビルで起きた衝突を受けて、バラク・オバマ元大統領が投稿したツイートが反響を呼んでいる。Twitter社は8月16日、オバマ氏のツイートが史上最多の「いいね」を集めたと発表した
 

 

該当のツイートは、オバマ氏が12日に投稿した。この日、シャーロッツビルでは白人至上主義者やネオナチの支持者らと反対派の間で激しい衝突が起き、1人が死亡、19人が負傷した。

オバマ氏はこの事件に対し、人種差別の排除運動に尽力した南アフリカの故ネルソン・マンデラ元大統領の発言を引用してTwitterでコメントした。

肌の色や生い立ちや信仰の違う他人を、憎むように生まれついた人間などいない。

"People must learn to hate, and if they can learn to hate, they can be taught to love..."

 

人は憎むことを学ぶのだ。そして、憎むことを学べるのならば、愛することも学べるだろう。

"...For love comes more naturally to the human heart than its opposite." - Nelson Mandela

愛は憎しみよりももっと自然に、人の心に根付くはずだ。―ネルソン・マンデラ


これらの言葉は、マンデラ氏の自叙伝『自由への長い道』からの引用だ。

オバマ氏は最初に投稿したツイートに、自身がメリーランド州ベセスダの養護施設に子どもたちを訪ねた時の写真を添えた。このツイートには16日現時点で300万件の「いいね」が付いており、史上最多を記録した。

 

*******************:****

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017081600198&g=int

「生まれながらに憎まず」=オバマ氏投稿に史上最多「いいね」

 【ワシントン時事】
・・・・・故マンデラ元南アフリカ大統領の自伝からの引用で、「人は憎むことを学ばなければならない。憎しみを学べるなら、愛することを教えられる」と続く。これまで最も共感を呼んだのは、米歌手アリアナ・グランデさんが英国公演で起きた自爆テロ後に「言葉もない」などと記したツイートで、約270万の「いいね」が付いた。
 トランプ大統領は事件を受けた声明で当初、白人至上主義者を明確に非難しなかったために反発を受け、14日に「人種差別は悪だ」と明言した。こうした経緯からUSAトゥデー紙は「オバマ前大統領は今も、国民的悲劇の後に正しい言葉を見つけるすべを知っている」と評した。(2017/08/16-12:41)

 

 =================

 

 

白人至上主義を掲げるグループと、これに抗議するグループが衝突し、死傷者を出した事件についてのトランプ大統領の記者会見での発言が波紋を呼んでいる。今…
news.yahoo.co.jp
 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7/16「川崎ヘイトデモを許すな 監視と抗議のよびかけ」中原平和公園9時半 ~かわさきは差別を決して許しません。共にご参加を!!

2017-07-15 18:29:27 | 差別 レイシスト カウンター
 

日時:7月16日(日) 9:30 場所:川崎市中原区「中原平和公園」付近
※公園対面の路上がレイシストが集まる場所です
https://t.co/nl0Tcexjzm #0716川崎ヘイトデモを許すな https://t.co/q4hz57WsVJ

 

弁護士神原元 @kambara72017-07-15 16:02:43

【注意】明日のカウンターでは、警察官がカウンターに暴力を振るう場面があるかも知れません。何人か、映像による証拠保全係を用意しておくと良いと思います。その場合、カメラの時計を合わせておいてください。時間がずれた映像は、証拠価値が下がります。


<関連記事>

神奈川新聞 72017.7.15
〈時代の正体〉「川崎ヘイトデモ」抗議に参加呼び掛け 中原平和公園9時半から kanaloco.jp/article/264535

津崎氏主催の「日本浄化デモ第3弾」を阻止しようと座り込む市民
=2016年6月5日、川崎市中原区
 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国人俳優に客がヘイト発言 物議のラーメン店オーナー「直接会って謝罪したい」(BuzzFeed News 2017.5.3)

2017-05-04 09:12:25 | 差別 レイシスト カウンター

韓国人俳優に「ファッキン・コリア」…京都のラーメン店でヘイトスピーチ 韓国メディアも報道girlschannel.net

京都市内で撮影された“ある動画”が物議を醸している。動画撮影者は、韓国でネット番組の出演者として有名な俳優ユ・ミンソンさん。ユさんは京都市内で旅の模様を生配信している最中、あるラーメン店の前で立ち止まった。店のドアを開け「居酒屋ですか?」「食堂?」と日本語で訊ねた。店内からは「ファッキン・コリア」という声が返ってきた。ユさんはドアを閉じ、ガラス越しに店内の様子を伺う。すると、入り口付近に座っていた客と思われる男性がユさんに近づき「なに?」と問いかける。ユさんが「なにが?」と返すと、その男性は「ファッキン・コリアやねん。ゴーアウト」と言い放った。

 

***************************
 

https://www.buzzfeed.com/takumiharimaya/kyoto-hate-02?utm_term=.clQq9QbRJ#.owKnwMGNYより転載

韓国人俳優に客がヘイト発言 物議のラーメン店「直接会って謝罪したい」

オーナーがBuzzFeed Newsの取材に答えた。

2017/05/3 17:27

韓国人俳優が京都市内のラーメン店を訪れた際、「ファッキン・コリア」とヘイト発言を受けた問題で、店主が5月3日、「謝罪したい」とBuzzFeed Newsの取材に答えた。

※編集部で加工済み
 
afreeca TV

※編集部で加工済み

韓国人俳優でネット番組などに出演しているユ・ミンソンさんが4月29日に投稿した、京都市内で生配信をしている最中の出来事。

ユさんは某ラーメン店の前で立ち止まり、店のドアを開け「居酒屋ですか?」「食堂?」と日本語で訊ねた。

すると、店内からは「ファッキン・コリア」という声が返ってきた。

その後、入り口付近にいた客と思われる男性がユさんに近づき、「ファッキン・コリアやねん。ゴーアウト」と言い放った。動画は拡散され、国内だけでなく韓国でも報道されるなど批判が広がっていた。

「当店は差別を認めません」

BuzzFeed Newsは、このラーメン店のオーナーに取材した。オーナーはまず、謝罪の言葉を述べた。

「当店にいたお客様とユさんのトラブルとはいえ、店で起こったトラブルであるのは事実です。その場ですぐに店の者が直接謝罪するべきでした。誠に申し訳なく思っています。できることなら、ユさんに直接お会いして謝罪したいです」

オーナー自身はその場にはいなかったが、騒動を知って店員から事情を聞いたという。それによると、「ファッキン・コリア」と発言したのは、たまに来店する男性客だったという。

ネット上では「店と客がグルになっているのでは?」など、店を批判する意見が見られたが、オーナーはこれを否定した。

「当店は人種や国籍などによる差別を認めません。海外のお客様の入店を認めないなどは一切ない」

オーナーは、連休明けの8日、京都市でヘイトスピーチに関する窓口となっている、総合企画局国際化推進室に出向き、事情を説明するという。

 

 =追記2017.5.4=

画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト

                                                                      画像提供by郭 翔宇さん

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加