異教の地「日本」 ~二つの愛する”J”のために!

言論宗教の自由が保障され、ひとりひとりの人権が尊ばれ、共に生きることを喜ぶ、愛すべき日本の地であることを願う。

【薬害の恐ろしさ】 子宮頸がんワクチン 女子高生ら集団提訴へ

2016-03-31 18:19:38 | シェアー

 

 

子宮頸がんワクチン 女子高生ら集団提訴へ

2016年3月31日 04:06

 

全文

 子宮頸(けい)がんワクチンを接種後、体の痛みなどを訴えている女子高校生ら12人が、このワクチンを勧めた国や製薬会社に責任があるとして、損害賠償を求める裁判を起こすことを明らかにした。

 提訴するのは、奈良県に住む女子高校生ら12人で、ワクチンを接種した後、記憶障害や目が見えなくなるなどしたほか、今も体の強い痛みや、歩行困難が続いている。

 12人は、ワクチンの接種後こうした症状が出ているのには、国と製薬会社に責任があるとして、損害賠償を求める裁判を起こすことを明らかにした。

 提訴する予定の患者「この先、私たちと同じ被害者が出てこないように、薬害の恐ろしさを知ってほしい。もっと伝えないといけないと思ったからです」

 代理人によると、6月以降に原告団を結成し、提訴する予定。

 一方、厚生労働省は「コメントを差し控えたい」としている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝日新聞


【関連記事】

≪拡散希望≫子宮頸がんワクチン副作用に苦しむ被害者の動画 ..

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍首相赤っ恥 クルーグマン教授が極秘会合の中身を暴露 (日刊ゲンダイ)

2016-03-31 18:19:04 | 経済 金融

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/178338より転載

安倍首相赤っ恥 クルーグマン教授が極秘会合の中身を暴露

2016年3月31日

クルーグマン教授(右・AP)のツイッターと議事録文書/(提供写真) 
クルーグマン教授(右・AP)のツイッターと議事録文書/(提供写真)

 極秘会合の中身をすべて暴露されてしまった。それも当事者に――。

 安倍首相が増税延期の“お墨付き”を得ようとして開いた「国際金融経済分析会合」。マスコミ取材は冒頭のみの非公開会合だったのに、今月22日の第3回会合に招かれたノーベル賞学者のクルーグマン・ニューヨーク市立大教授が詳細な英文の議事録をネットにアップしてしまったのだ。

 安倍首相が「これはオフレコで」と念押しした発言までバラされ、官邸は大慌てだ。

〈ポール・クルーグマン‥日本政府との会合 16年3月22日〉

 こう題された英文の議事録はA4判で12ページ。これをクルーグマン教授は今月26日、ツイッターで公開した。

 会合は前半、クルーグマン教授の提言で、「世界経済は弱さが蔓延している」「金融政策だけでは足りず、財政出動が必要」などと発言。「マイナス金利をこれ以上進めるのは難しい」と、黒田日銀にとって耳の痛い話もしている。

 後半は政府側との討議になったが、「わざわざ米国から呼んでおいて、日本政府の質問はこの程度?」と思わざるを得ない次元の低い質問がやたら目立つ。

■安倍首相や菅官房長官の質問を否定

 例えば安倍首相は「難民のための住宅投資や教育投資は景気刺激になるのではないか」と質問。

 これに対し教授は「難民受け入れは、とてつもない社会的緊張をもたらすが、実のところ金額的には大したことはない」とやんわり否定。人道問題である難民を、経済的価値でしか見ていない安倍首相の底の浅さが透けて見える。

 また、菅官房長官は「商品価格の下落が発展途上国に大きな打撃となっている」と発言したが、教授は「商品価格ではなく、需要不足こそが問題だ」とこれまた否定した。


 極めつきは、安倍首相が「これはオフレコで」とあえて断った発言までオープンにされていることだ。安倍首相が「ドイツは財政出動の余地が最も大きい」として、「訪独の際に財政出動を説得したいが、いい知恵はないか?」と尋ねると、教授は気候政策などを挙げた上で、「もっといい提案ができればよいのですが、私は外交の専門家ではないので……」と答えている。

 会合の最後に、司会者が「首相の発言は極秘でお願いします」と言っているが、それもすべて暴露されてしまった。

 極秘会合なのにクルーグマン教授はなぜ議事録をアップしたのか。そのヒントが、会合終了後に記者のぶら下がり取材を受ける写真とともに載せた教授のこのツイートだ。

〈Aftermath(no,I dont enjoy this sort of thing)=余波(ノー、私はこういうのは好きじゃない)〉

 シグマ・キャピタルのチーフエコノミスト、田代秀敏氏はこうみる。

「大勢の記者に囲まれた写真を載せたツイッターは、『こんなの嫌だなあ、私は芸能人じゃなく経済学者なのに』という気持ちの表れなのではないでしょうか。世界的に権威のある学者なのですから、政府は本来なら記者会見を開き提言を表明してもらうべきで、配慮が足りません。

 議事録を読むと、クルーグマン教授と安倍首相らとの議論は噛み合っていない。教授は『生産年齢人口が毎年1%ずつ減っていく中で、需要も減る。この大問題に日本はどう向き合うのか』などの重要な提言をしています。しかし安倍首相らは、教授の提言を聞きたいというよりも、消費増税の判断材料にするなど、政権にとって都合のいい話をつまみ食いしようとしている。クルーグマン教授は、話をつまみ食いされたくないので、自ら議事録を全文公開したのかもしれませんね」

 クルーグマン教授のツイートを官邸も把握していて、「外国人だから守秘義務に法的拘束力はないし……」(官邸関係者)と困惑ムード。ま、日本政府首脳の“低レベル”を全世界が知ることになったのは間違いない。

 

////////////////////////////////

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3/27 新大久保ヘイトスピーチデモへのカウンター行動/ヘイトスピーチ 3年半で1152件確認 法務省 

2016-03-31 18:18:34 | 差別 レイシスト カウンター

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160330/k10010462291000.htmlより転載

ヘイトスピーチ 3年半で1152件確認 法務省

ヘイトスピーチ 3年半で1152件確認 法務省

法務省は、ヘイトスピーチと呼ばれる民族差別的な言動に関わっているとみられる団体が行ったデモや街宣活動について、初めての調査を行い、去年9月までの3年半の間に、全国で1152件を確認したとする調査結果を公表しました。

 

法務省は、ヘイトスピーチと呼ばれる民族差別的な言動の実態を明らかにするため、インターネットでの検索や地方自治体からの聞き取りなどの方法で、初めてとなる調査を行い、その結果を公表しました。
それによりますと、平成24年4月から去年9月までの3年半の間に、ヘイトスピーチに関わっているとみられる団体が全国で行ったデモや街宣活動を合わせて1152件確認したとしています。
年別では、平成24年の9か月間が237件、平成25年は347件、平成26年は378件で、平成27年は9月までで190件となっています。
また、こうしたデモと街宣活動のうち、特定の民族の集団を一律に排斥したり生命に危害を加えたりするなど、一般的にヘイトスピーチとされる内容をテーマにして行われたものは、平成24年に14件、平成25年に20件、平成26年に10件、平成27年に2件の合わせて46件が確認されたとしています。
今回の調査結果について法務省人権擁護局は「北朝鮮の拉致問題や外交問題など、ヘイトスピーチには当たらないテーマで行われたデモや街宣活動の中にも、現地でヘイトスピーチを行っているケースも多く見られた」としています。

動画投稿サイトに今も投稿

ヘイトスピーチと呼ばれる民族差別的な言動を含む街宣活動を写した映像は現在もインターネットの動画投稿サイトなどに投稿されています。法務省は、去年12月、差別的な言動を受けた被害者側の申告に基づいて動画を削除するよう複数のサイトに初めて要請し、一部が削除に応じました。動画配信サイト「ニコニコ動画」を運営するドワンゴは、「法務省の要請にかかわらず、自社のガイドラインに基づいて当事者の権利が侵害されているか明確に判断できる場合に限り、削除を実施している」と話しています。

ヘイトスピーチと呼ばれる民族差別的な言動を巡っては、全国各地でこうした言動を含むデモが今も毎週のように行われています。
警察庁が国内外の治安情勢を分析した報告書、「治安の回顧と展望」では、極端な民族主義・排外主義的主張に基づいて活動する団体を「右派系市民グループ」と位置づけています。報告書によりますと、こうした団体のデモは、おととしはおよそ120件、去年はおよそ70件行われ、一部の参加者による過激な言動があったとしています。
今月末に都内で行われたデモでは、「安易な移民・難民の受け入れに反対する」と主張しながら、「朝鮮人は出て行け」と叫んだり、特定の民族を差別する表現が書き込まれたプラカードが掲げられたりしていました。こうしたデモに反対しているグループは沿道に出て、「ヘイトスピーチに当たる」と批判していて、両者がつかみ合いや口論になり、これまでに逮捕者も出ています。
日本国内のヘイトスピーチに対しては、国連の人種差別撤廃委員会がおととし日本政府に、法律の整備を進めて規制するよう勧告しています。また、国内では、全国の地方議会でヘイトスピーチの根絶に向けた法整備などを求める意見書の可決が相次ぎ、ことし1月には大阪市でヘイトスピーチ対策を盛り込んだ条例が初めて制定されました。

 

 =========================

http://shintayabe.tumblr.com/post/141943939560/160327-新大久保ヘイトスピーチデモへのカウンター行動

160327 新大久保ヘイトスピーチデモへのカウンター行動Shinta Yabe
場所: 新大久保・コリアンタウン

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安保法の影響深刻 自衛隊の現場リーダー「曹候補生」応募者が激減

2016-03-31 16:08:58 | 平和 戦争 自衛隊

 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/178252より転載

安保法の影響深刻 自衛隊の中核「曹候補生」応募者が激減

訓練の厳しさも格段に増す(C)日刊ゲンダイ

  • 2016年3月29日
 

 

 

29日、安全保障関連法が施行され、自衛隊が地球のどこでも「交戦」が可能になったことで、速、現場に影響が出始めた。自衛隊の中核を担う曹(下士官)を養成する「一般曹候補生」の応募者が激減しているのだ。

 防衛省によると、15年度は前年度比19.4%減の約2万5000人。応募者は初めて3万人の大台を割り込み、この5年間で半分に減少した。現場で実務を担う「曹」の激減がもたらす影響はかなり深刻だ。

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏が言う。

「昔の軍隊で『軍曹』にあたる曹は7~8人の小部隊のリーダーとして教育を行い、幹部の補佐もする。自衛隊を円滑に運用していく上で欠かせない人材ですが、その担い手が減ると、自衛隊の士気に大きく関わってくると思います。曹の応募者が激減したのは、もちろん安保法の影響でしょう。施行により任務の危険性と責任が一気に増しました。これまでは戦闘状態になれば“退避”を命令すればよかったのですが、今後はとっさの状況判断で“反撃”を命じなければならない場面が出てきます。自分のミスジャッジによって部下が落命するかもしれないし、場合によっては小隊が全滅しかねない。若者の出世願望が減っているという調査がありますが、曹の応募者激減にも同じようなことが言えます」

 米大統領選の共和党指名候補争いで首位を走るドナルド・トランプは在日米軍の撤退に言及しているから、自衛隊の活動範囲はますます広がるかもしれない。防衛大の卒業生の任官拒否者も今年は昨年の倍近くにハネ上がった。徴兵制の復活がどんどん現実味を帯びてくる。

■関連記事

 

 

///////////////////////////////////////

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【写真】3/29安保法施行 「天下の悪法」…全国37都市で抗議集会 (毎日新聞)

2016-03-31 14:01:59 | 案内 情報 デモ 集会 逮捕

「戦争法発動反対!戦争する国許さない 3・29閣議決定抗議!国

会正門前大集会」~菱山南帆子さんのコール、高田健さんの感動スピーチ!!



<!-- 2016.03.29 高田健さん(解釈で憲法9条壊すな!実行委員会) 国会正門前 大集会 総がかり行動  -->

 

安保法施行

「天下の悪法」…全国37都市で抗議集会

毎日新聞http://mainichi.jp/graphs/20160329/hpj/00m/040/003000g/21より転載

東京・国会前 後藤由耶撮影

 

 

 

 

 

札幌】 武市公孝撮影

 

 【大阪】久保玲撮影

広島】 山田尚弘撮影

長崎】 大平明日香撮影

 

熊本】 野呂賢治撮影

 

沖縄】 佐藤敬一撮影

 

 

 

 

 

 
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加