異教の地「日本」 ~二つの愛する”J”のために!

言論宗教の自由が保障され、ひとりひとりの人権が尊ばれ、共に生きることを喜ぶ、愛すべき日本の地であることを願う。

国家戦略特区のという名の構造疑獄(天木直人)~週刊現代(4月15日号)が、加計(かけ)学園疑惑の事をついに書いた。

2017-04-04 10:05:20 | 安倍首相疑獄事件

 民進党の福島伸享(のぶゆき)衆議院議員は元通産官僚。


今月の『マスコミ市民』で、森友学園・加計学園の問題について語っている。官僚組織に詳しいだけあって説得力がある。

財務官僚は、役所の中でもっともプライドが高く、政治家何するものぞという意識が強い。そんな彼らがなぜ例外行為を繰り返し、針の穴を通すような危ないことをやったのか。

・・・・

加計学園の場合はもっと異常だ。
特区で認められた一校に限って獣医学部の新設を認めた。ルールがあって事業者が従うのではなく、事業者に合わせてルールをあらたに作った。だから「違法」にはならないというからくりなのだ。しかも文部科学省のかなりの人間がそれに絡んでいる。

これらは、安倍政権の権力構造がもたらしたもの、究極の権力行使が行われた。忖度などではない。

お縄にならないようにみんなでつるんだ、あからさまなお仲間物語を放置しておくことなどできない。(追記 4月5日 永田 浩三FB )

 

画像に含まれている可能性があるもの:2人、テキスト

**********************************************************************

新党憲法9条http://kenpo9.com/archives/120 より転載

国家戦略特区のという名の構造疑獄

}2017年4月3日  天木 直人

 今日発売の週刊現代(4月15日号)がついに大々的に書いた。

 森友学園疑惑よりもはるかに深刻な加計(かけ)学園疑惑の事を。

 なにしろこちらは昭恵夫人とのかかわりではなく、安倍首相自身のかかわりだ。

 しかも30年来の腹心でありゴルフ仲間だ。

 血税の不正で不公平な使い方はけた違いに大きい。

 加計学園疑惑の事を、森友学園際疑惑のようにメディアがくわしく報じ、国民が広く知るところとなれば、安倍政権はひとたまりもないだろう。

 安倍首相が一番おそれているのはまさに加計学園疑惑だ。

 しかし、この加計学園疑惑のもっと深刻なところは、安倍政権が推進している国家戦略特区がらみの疑惑であるというところだ。

 特区の事業とは、経済成長、経済活性化という掛け声の下で、既存の法律の例外として特別扱いされる事業だ。

 いわば政治による法の網を潜り抜けた事業だ。

 その特権を、政治家・官僚と結託した一握りの事業者が手にしてるとすれば、これ以上の不正、不公平はない。

 そしてそのような事業は、急増している。

 私が住んでいる那須塩原市にある国際福祉医療大学もその一つだ。

 本来は看護・福祉事業から始まったがこの大学は、ついに千葉の特区に医学大学を持つようになった。

 天下りの受け皿となっているところも特区事業の特徴だ。

 絵にかいたような構造的な権力疑獄だ。

 もしメディアが国家戦略特区の事業の実態を徹底的に検証して国民に知らせれば、戦後最大の疑獄事件に発展するに違いない。

 森友疑惑問題もそうだが、本来ならば野党がそれをしなければいけない。

 ところが、野党はメディアの後を追いながら政府を批判するという体たらくだ。

 野党はこんどこそ、政治の力で国家戦略特区の構造疑惑を追及しなければいけない。

 野党共闘の真価がいまほど試されている時はない(了)

 

 <関連>

【安倍首相疑獄事件】スキャンダルが列を作って順番を待っている。森友、第2森友(加計学園)、第3(国際医療福祉大学)、第4(もったいない学会)、第5(AO義塾)、第6弾(吉備国際大学)も??

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <衝撃情報>自民N国会議員と... | トップ | <教育勅語を教材に、閣議決... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

安倍首相疑獄事件」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。