異教の地「日本」 ~二つの愛する”J”のために!

言論宗教の自由が保障され、ひとりひとりの人権が尊ばれ、共に生きることを喜ぶ、愛すべき日本の地であることを願う。

教育勅語を正しく理解するために!【動画&書きお越し】 横路孝弘議員の稲田防衛大臣を諭すような国会質疑が素晴らしい 〔shanti-phula 2017.3.18〕

2017-03-20 22:34:23 | 戦前回帰 明治 国家思想

 正しく「教育勅語」を理解するために、ぜひ動画をご覧ください。

 この国会質疑は必見だと思います。今話題の教育勅語の本質が理解でき、歴史を振り返ると共に浮かび上がってくるのは、安倍政権が取り戻そうとしている方向性が、15回もの出兵と4回の戦争を起こした戦前の70年であると、自ずと理解できます。安倍政権が排除されなければならない大きな理由がそこにあると思います。その手段として、森友学園を巡る嘘が暴かれ、政権ごと崩壊すれば良いと思います。
 横路孝弘議員の質疑は、問題教師を諭すような校長先生のようで、稲田大臣を救うために改心を促しているようにさえ見えます。これで何かしら変化が起こらなければ、自滅していくしかないと思います。ー竹下氏からの情報提供です。(編集長)
 

 稲田「教育勅語・南京虐殺」3/16横路孝弘(民進)の質疑:衆院・安全保障委員会
 

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=124633より転載

「教育勅語」理解の決定版!横路孝弘議員の稲田防衛大臣を諭すような国会質疑が素晴らしい 【前編】

(続きはここから)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ファシズムの特徴(初期症候)」14項目 =そのすべてが安倍政権に符合する!!

2017-03-20 12:42:18 | 戦前回帰 明治 国家思想

 

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

自動代替テキストはありません。

目良 誠二郎さんFBより 2017.3.18

ネット上で出回っているファシズムについての14項目は本来、単にファシズムの「初期症候」としてではなくまさに「ファシズムの特徴」として指摘されたものでした!
そして、それがすべて現在の安倍政権に符合しているのです!!


★イルコモンズ‏ @illcommonz 3月8日

【現代世界論概論】(資料集)
「ファシズムの初期症候 / Early Warning Signs of Fascism(日本語訳版)」(ローレンス・W・ブリット起草/米国・ホロコースト博物館展示パネルより)
30件の返信 2,373件のリツイート 1,706 いいね

イルコモンズ(小田マサノリ)さんがこのツイートで紹介した、「ファシズムの初期症候 / Early Warning Signs of Fascism(日本語訳版)」(写真)の14項目が、ことごとく安倍政権にぴったり当てはまるので、大拡散中ですね。

一見、かなり古そうな写真ですが、(ローレンス・W・ブリット起草/米国・ホロコースト博物館展示パネルより)とあるので、調べてみました。

★"Holocaust Museum poster on ‘warning signs of fascism’ goes viral"

「Sarah Rose posted a photo of an “Early Warning Signs of Fascism” poster to her Twitter timeline early Monday afternoon. As of press time, it had been retweeted 19,000 times and liked by 20,000. The card is a simple list of identifying features of a potentially fascist regime, controversially created by Laurence W. Britt in 2003. It’s now available for sale several places on the web, so it’s not exactly a Holocaust Museum exclusive.」(2015年)

http://healthanddiytips.com/holocaust-museum-poster-warnin…/

ホロコースト博物館の“Early Warning Signs of Fascism”と題された 展示パネル(ポスター)の写真を、2015年にSarah Roseという女性がツイートしたところ、あっという間に大拡散したというのですが、このポスターはネット上でも広く売られているものだとか。

イルコモンズさんのツイートには、「ローレンス・W・ブリット起草」とあるので、さらに調べてみました。

★"The 14 Characteristics of Fascism by Lawrence Britt
  Spring 2003 Free Inquiry magazine"

「Political scientist Dr. Lawrence Britt recently wrote an article about fascism ("Fascism Anyone?," Free Inquiry, Spring 2003, page 20). Studying the fascist regimes of Hitler (Germany), Mussolini (Italy), Franco (Spain), Suharto (Indonesia), and Pinochet (Chile), Dr. Britt found they all had 14 elements in common. He calls these the identifying characteristics of fascism. The excerpt is in accordance with the magazine's policy.」

https://ratical.org/ratville/CAH/fasci14chars.html

つまり、“Early Warning Signs of Fascism”と題されていたホロコースト博物館のポスターなどの出典は、政治学者ローレンス・W・ブリットが2003年に発表した"Fascism Anyone?,"という文章から"The 14 Characteristics of Fascism"と題して引用(抜粋)されたものだというのです。

★"Facism Anyone?"
By Laurence W. Britt, Free Inquiry Magazine, Vol 22 no 2, [15 July 2003], followed by a critique by Chip Berlet of an earlier publication of the article
http://www.hartford-hwp.com/archives/27/076.html

ということは、「ファシズムの初期症候 / Early Warning Signs of Fascism」として出回っている14項目は、ファシズムの単に「初期症候」としてではなく、まさに「ファシズムの特徴」として指摘されたものだったのです。

それがすべて現在の安倍政権に符合しているのです!!

"The 14 Characteristics of Fascism"は、"Facism Anyone?"から前書きや後書き、注などを省略していますが、以下のように14項目すべてに説明が付されています。
ですから、ポスターはこの説明をすべて省略し、表題を“Early Warning Signs of Fascism”に変更(改竄?)したものということになります。
各項目の日本語訳も、必ずしも正確でないところがあるように思います。

1.Powerful and Continuing Nationalism
Fascist regimes tend to make constant use of patriotic mottos, slogans, symbols, songs, and other paraphernalia. Flags are seen everywhere, as are flag symbols on clothing and in public displays.

2.Disdain for the Recognition of Human Rights
Because of fear of enemies and the need for security, the people in fascist regimes are persuaded that human rights can be ignored in certain cases because of "need." The people tend to look the other way or even approve of torture, summary executions, assassinations, long incarcerations of prisoners, etc.

3.Identification of Enemies/Scapegoats as a Unifying Cause
The people are rallied into a unifying patriotic frenzy over the need to eliminate a perceived common threat or foe: racial , ethnic or religious minorities; liberals; communists; socialists, terrorists, etc.

4.Supremacy of the Military
Even when there are widespread domestic problems, the military is given a disproportionate amount of government funding, and the domestic agenda is neglected. Soldiers and military service are glamorized.

5.Rampant Sexism
The governments of fascist nations tend to be almost exclusively male-dominated. Under fascist regimes, traditional gender roles are made more rigid. Opposition to abortion is high, as is homophobia and anti-gay legislation and national policy.

6.Controlled Mass Media
Sometimes to media is directly controlled by the government, but in other cases, the media is indirectly controlled by government regulation, or sympathetic media spokespeople and executives. Censorship, especially in war time, is very common.

7.Obsession with National Security
Fear is used as a motivational tool by the government over the masses.

8.Religion and Government are Intertwined
Governments in fascist nations tend to use the most common religion in the nation as a tool to manipulate public opinion. Religious rhetoric and terminology is common from government leaders, even when the major tenets of the religion are diametrically opposed to the government's policies or actions.

9.Corporate Power is Protected
The industrial and business aristocracy of a fascist nation often are the ones who put the government leaders into power, creating a mutually beneficial business/government relationship and power elite.

10. Labor Power is Suppressed
Because the organizing power of labor is the only real threat to a fascist government, labor unions are either eliminated entirely, or are severely suppressed .

11. Disdain for Intellectuals and the Arts
Fascist nations tend to promote and tolerate open hostility to higher education, and academia. It is not uncommon for professors and other academics to be censored or even arrested. Free expression in the arts is openly attacked, and governments often refuse to fund the arts.

12. Obsession with Crime and Punishment
Under fascist regimes, the police are given almost limitless power to enforce laws. The people are often willing to overlook police abuses and even forego civil liberties in the name of patriotism. There is often a national police force with virtually unlimited power in fascist nations.

13. Rampant Cronyism and Corruption
Fascist regimes almost always are governed by groups of friends and associates who appoint each other to government positions and use governmental power and authority to protect their friends from accountability. It is not uncommon in fascist regimes for national resources and even treasures to be appropriated or even outright stolen by government leaders.

14. Fraudulent Elections
Sometimes elections in fascist nations are a complete sham. Other times elections are manipulated by smear campaigns against or even assassination of opposition candidates, use of legislation to control voting numbers or political district boundaries, and manipulation of the media. Fascist nations also typically use their judiciaries to manipulate or control elections.

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教育勅語暗唱のきっかけは?⇒国のかたちを揺り動かす”森友学園教育と安倍首相夫妻”~教育勅語暗唱の「洗脳」に批判と怒りを  

2017-03-05 02:41:39 | 戦前回帰 明治 国家思想

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト


 
教育勅語こそは、現人神である天皇への忠誠と国家へ命を捨てる奉仕させる、国家権力による国体意識すり込み教育の象徴であった。そこに個人の尊厳、人権はなく国家に尽くすただの人間であるにすぎなかった。

主権在民の民主政国家として、「個人の尊厳」に基ずく国づくりを自国の国民と他国に対して約束したのですから、それと背反する思想原理により教育や政治を行うことは、絶対に許されない。

塚本幼稚園園児による教育勅語暗唱

 


澤藤統一郎の憲法日記 http://article9.jp/wordpress/?p=8231

教育勅語暗唱の「洗脳」に批判と怒りを


一昨日(3月1日)の朝日新聞が、「森友学園 公教育を逸脱している」と、異様な塚本幼稚園の教育内容を批判する社説を掲載した。
http://www.asahi.com/articles/DA3S12819044.html

森友学園とアベ政権の関係をめぐるこの一連の疑惑。その根底にある最も本質的な問題は森友学園の教育内容にある。反憲法的な復古主義教育に、政権が無批判であるだけでなく、異例の優遇を重ねてきたことが大問題なのだ。

 この偏頗な教育内容をこそ、批判の対象としなければならない。「私立学校だから教育方針は自由」との「屁理屈」を許してはならない。キーワードは「公教育」である。私立学校といえども、公教育である以上は教育基本法を頂点とする教育法体系を尊重しなければならない。


朝日社説は、このことを明確に意識したものとなっている。
 

子どもの教育法として望ましい姿とはとても思えない。
 学校法人森友学園(大阪市)が運営する幼稚園が、運動会の選手宣誓で園児にこんな発言をさせていた。
 『日本を悪者として扱っている中国、韓国が心改め、歴史でうそを教えないようお願いいたします』『安倍首相がんばれ』『安保法制国会通過、よかったです』

 運動会とはおよそ関係のない話で、異様さに耳を疑う。

 教育基本法は、特定の政党を支持するなどの政治教育や政治的活動を禁じている。安倍首相自身、自らへの『応援』について国会で『適切でないと思う』と述べた。当然だ。
 深く理解できる年代でもない子に、他国名をあげて批判させたり、法の成立をただ『よかった』と言わせたりすることが、教育に値するだろうか。

他者を排し、一つの考えを植えつけるような姿勢は、公的制度にのっとった公教育としてふさわしくない。『自他の敬愛と協力』の重視を求める教育基本法の趣旨にも反する。

 この幼稚園は、園児に教育勅語を素読させてもいる。学園が4月に開校予定の小学校でも同様に素読させるとしている。
 教育勅語は、天皇を頂点とする秩序を説き、戦前の教育の基本理念を示したものだ。『基本的人権を損ない、国際信義に対して疑問を残す』などとして、48年に衆参両院で排除・失効の確認が決議されている。この経緯からも、素読は時代錯誤だ。

首相の妻の安倍昭恵氏は、幼稚園での講演で『この幼稚園でやっていることが本当にすばらしい』と語ったという。教育内容をどこまで知っていたのか。小学校の名誉校長を辞したが、経緯はなお不明なことが多い。
 首相は当初、学園や理事長について『妻から先生の教育に対する熱意は素晴らしいと聞いている』と肯定的に語っていたが、その後、『学校で行われている教育の詳細はまったく承知していない』などと距離を置き始めた。いかにも不自然だ(以下略)」

 


そして、本日(3月3日)の毎日新聞社説が続いた。森友学園の教育内容を厳しく批判したもの。題して、「森友学園 教育機関と言えるのか」。
http://mainichi.jp/articles/20170303/ddm/005/070/098000c
 

果たして教育機関を名乗る資格があるのか。学校法人「森友学園」の実態が明らかになるにつれて疑念が深まる。
 学園が運営する幼稚園の運動会で「安倍(晋三)首相がんばれ。安保法制、国会通過よかったです」などと園児に選手宣誓をさせていた。この映像を見て異様さを感じた人は少なくないはずだ。

 教育基本法は思想が偏らないよう教育の政治的中立を求めている。園児にこうした宣誓をさせることが法を逸脱しているのは明らかだ。

 政治について理解する力が身についていない幼児に、大人の思想を押しつけるのは教育ではなく、まさに洗脳である。
 子供の健全な成長に影響を及ぼしかねない深刻な事態だと受け止めなければならない。

 この幼稚園は教育勅語を園児に暗唱させており、新設予定の小学校でも素読させるとしている。

 明治憲法下の教育理念である教育勅語は忠君と国家への奉仕を求めていた。1948年、『基本的人権を損ない、国際信義に対して疑いを残す』などと衆参両院で排除と失効確認が決議された。公式決議の意味は重く、教育現場での暗唱はふさわしくないはずだ


 強引に戦前回帰を進めようとする籠池泰典理事長らの姿勢は時代錯誤と言わざるを得ない。

 学園を監督する大阪府は、教育基本法の趣旨を踏まえた教育内容に改めるよう指導を徹底すべきだ。(以下略)」


 

 両紙の社説に賛同し、敬意を表したい。毎日の「政治について理解する力が身についていない幼児に、大人の思想を押しつけるのは教育ではなく、まさに洗脳である。」という一文が、本質を衝いている。

教育とは、特定の価値観を押しつけることではない。多様な見解に柔軟に接して咀嚼する姿勢を基本に、自らの価値観を形成する能力を育成することではないか。

 教育勅語こそは、天皇制権力による臣民への偏頗な國體意識刷り込み教育の象徴であった。

 現代の公教育の場にあってはならないものと言うべきである。これを口を揃えて幼児に暗唱させるなど、醜悪でおぞましい洗脳以外のなにものでもない。新設小学校でこのようなことがあれば、入学児童に対する人格破壊行為と言って過言でない。

森友学園に突出して見えている問題は、実は政権も抱えている。幼稚園児や保育児童に対して、「日の丸・君が代」に親しませるというのだ。まさしく、三つ子の魂に、ナショナリズムを吹き込もうということではないか。

森友学園への批判と怒りは、アベ政権への批判と怒りにしなければならない。

(3月3日)

 

<関連> 教育勅語暗唱のきっかけは…

5分ごろより

・・・・どうして、そういう風になったのか

きっかけは、自民党の大阪府連から「」教育勅語をやってみないか」という働きけが、きっかけだった

今の理事長さんに変わってから、自民党さんだとかいろんな議員との交流が増えてきた

それがきっかけで・・・・10年ぐらい(前)ですかね

 

<参考> 森友学園:「鴻池さん、あんたと同じ思想の幼稚園だ」と勧められ・・・・

10分ごろより

依頼で講演に行った。僕の知り合いの誰かやね。「行ってくれるか」と事務所を通して

鴻池さん、あんたと同じ思想の幼稚園だというわけよ

で、面白いなと思って

そしたら教育勅語やら、子どもの行儀がいいね、ピシッとして

今考えたら、相当な教育をしてるみたいだけど

感動したね、やっぱり  ・・・・・

 

 ≪関連記事≫

(ぜひ拡散を!)
『森友学園』騒動は、8億円云々というレベルではなく、国のカタチを揺るがす大問題なのです。(思索の日記 武田康弘)

 

百田尚樹、青山繁晴、竹田恒泰…森友学園を賞賛し協力してきた極右文化人たちが見苦しい開き直りと話のスリカエ 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍 昭恵名誉校長  「安倍晋三記念小学校」(小林よしのり)/ ごあいさつ「名誉校長 安倍 昭恵 先生安倍 晋三 内閣総理大臣夫人」 …”一期生生徒募集”

2017-02-19 16:58:31 | 戦前回帰 明治 国家思想

http://yoshinori-kobayashi.com/12500/より転載

2017.02.18(土)

安倍昭恵名誉校長「安倍晋三記念小学校」

 「kobayasiよしのり 写真」の画像検索結果小林よしのり

大阪・豊中市の国有地が不自然な超格安で学校法人に
払い下げられ、首相夫人・安倍昭恵が名誉校長を務める
小学校が建設されている! 

この問題は国会でも取り上げられたが、95600万円相当の
土地を13400万円と8億円以上も値引きしていて、
その理由は「地下のごみ撤去のため」だという。
全く納得がいかない。 

しかもこの小学校は当初「安倍晋三記念小学校」の名で
寄付を募っていた。 

同校の校長である籠池泰典なる人物は、日本会議大阪の
運営委員だという。 

籠池が園長を務める幼稚園では、教育勅語を暗誦させ、
軍歌まで教えているという。
そして極めつけは、籠池は元在日韓国人の母親に、
「私は差別はしていません。しかしながら心中韓国人と
中国人は嫌いです」という手紙を送り、さらに、
幼稚園の保護者向けには、「邪な考えを持った在日韓国人や
支那人」らを「気をつけて、近づけぬことです」などと書いた
ヘイトまがいの文書を配布していたという! 

こんなネトウヨ男が安倍昭恵を担いでネトウヨ小学校を
開校しようとしていて、そのために国有地が9割引きで
払い下げられている! 

安倍晋三は一切無関係を強調しているが、夫人が名誉校長を
務めていて、無関係で済むわけがないだろう。

例によって、東京新聞以外のメディアはほとんどこれに触れない。
メディアは政権に飼いならされているからだ。 

あまりにも胡散臭すぎる!
この疑惑を徹底解明せよ!!

 

********************************

 

 未来に羽ばたく、世界に羽ばたく瑞穂の國記念小學院http://www.mizuhonokuni.ed.jp/about/より転載

ごあいさつ

名誉校長 安倍 昭恵 先生安倍 晋三 内閣総理大臣夫人

名誉校長 安倍 昭恵 先生

籠池先生の教育に対する熱き想いに感銘を受け、このたび名誉校長に就任させていただきました。
瑞穂の國記念小學院は、優れた道徳教育を基として、日本人としての誇りを持つ、芯の通った子どもを育てます。
そこで備わった「やる気」や「達成感」、「プライド」や「勇気」が、子ども達の未来で大きく花開き、其々が日本のリーダーとして国際社会で活躍してくれることを期待しております。

総裁・校長 籠池 泰典

総裁・校長 籠池 泰典

私たちは日本の歴史、それを裏打ちする自然・風土・慣習の素晴らしさを世界の人々に発信してゆく必要があります。小学校一年生よりの国際英語教育に親しみながら世界の国々の人たちと友人となり、国同士が友好関係を結ぶことは世界平和に寄与するとともに、人類の文化・文明を発達進化させることとなります。
それぞれの国の文化が、それぞれの国で進化し、さらに融合します。自らの国である日本の文化・歴史・伝統を知り、どっぷりと親しむことは日本人としてアイデンティティを形づくります。日本人としての立ち位置が明確になります。これは、小学生1、2、3年生でしておきたいことです。
基礎の部分さえ、きちんと要所、要所をおさせておけば、難解な高度な数学や理工学を学ぶ年代になっても、常に日本人としての誇りを忘れず、日本の為に活躍する人材となります。世界で歴史・伝統・文化の一番長い國である日本。その中で積み上げてきた日本人のDNAの中に「人のために役立つ」という精神が刻み込まれていますし、世界で一番混じりっけのない純粋な民族であります。真心・誠心・正直・おもてなしの気持ちが他の国の人たちより強く深いので、人の役に立つ人材が輩出されています。世界が羨むほどノーベル賞受賞者が多い理由でもあります。日本に生まれてきてよかったと思えば、学業にも力が入るものです。
どうぞ、皆様のお子様も入学して頂き、同じ志、思いを持った学友と学んでまいろうではありませんか


………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://blog.mizuhonokuni.ed.jp/?eid=8より転載

瑞穂の國記念小學院

安倍昭恵先生は瑞穂の國記念小學院の名誉校長に就任され、本校教育にご支援頂きます。


<募集ポスター>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画像に含まれている可能性があるもの:2人

 

 *******************************:::

http://www.tukamotoyouchien.ed.jp/information/%e3%82%a4%e3%82%ae%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0%e3%82%ba%e3%82%88%e3%82%8a%e5%8f%96%e6%9d%90%e3%82%92%e5%8f%97%e3%81%91%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%e3%80%82/

2017/02/08ニュース イギリスのタイムズより取材を受けました。

学校法人 塚本幼稚園幼児教育学園

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丸山眞男による「戦後民主主義」の終焉ーマンガ『まさかの福沢諭吉』 雁屋 哲 原作。〔思索の日記 武田康弘〕

2017-01-27 04:15:38 | 戦前回帰 明治 国家思想

思索の日記 http://blog.goo.ne.jp/shirakabatakesen/e/121e1cf3eca3302184c9de3a88ffa170より転載

丸山眞男による「戦後民主主義」の終焉ーマンガ『まさかの福沢諭吉』 雁屋 哲 原作。

shirakabatakesen
 
 
 
 
 
 
武田康弘 。『白樺文学館』初代館長
 

2017-01-26 

確かにマンガですが、これは論文、否、ただの論文ではない絵巻物のような大作です。

戦後民主主義の不毛性の元がよく分かります。東大教授・丸山眞男は、今もなお東京大学関係者には「絶対」の存在で、政治学者の山口二郎さんも「戦後の民主主義は丸山眞男がいなければ無かった」とまで言います(偉い学者がいないと民主主義が始まらない?)。その丸山による福沢諭吉礼賛があって、諭吉は民主主義の旗頭のように思われてきましたが、それがどれほどの嘘かは、長年にわたり安川寿之輔さん(名古屋大学教授)が詳細に論じ、各地の講演会で明らかにしてきたことです。

それが分かりやすくマンガになったのを見て、わたしは、「ああ、これで戦後民主主義はおわったな」と思いました。

東京大学の有名な政治学者の丸山眞男の権威に依拠した民主主義では、あまりに脆弱です。demos(人々)+cracy(支配する)=デモクラシーになるはずがありません。明治政府(天皇制国家主義)の思想的牽引者であった諭吉を民主主義の先駆者=市民的自由の旗頭に仕立てての「戦後民主主義」は、虚構の上につくられたものでしかなく、終焉するのは当然です。

もちろん、安倍首相のように敬愛する祖父の岸信介が領導した戦前の靖国思想に戻れ=明治維新の偉業を再びというものではありません。権威に頼る思想や行動ではなく、ほんものの民主政治=自治政治へのチェンジというわけです。そのためには、明治の天皇制国家主義を「複眼的」というより「実利的」に支えた福沢諭吉の思想を検証し直す作業が不可欠です。このマンガの原作者である雁屋 哲さんは、福沢諭吉全集を読破し、核心的な部分を現代語訳して示していますので、とても分明です。

今後、政治学者も歴史学者もこのマンガを無視することはできないと思います。丸山眞男や福沢諭吉の思想(丸山諭吉)を是とする学者たちは、ここに書かれている内容に応えなければ存在理由がなくなります。ぜひ反論を書いてください。それでこそ学問です。『学問のすすめ』


武田康弘

 



 

<関連記事>

自民党の憲法草案(国体思想による)を広める解説書(笑)と八木秀次の『反人権宣言』=欧米思想の否定 〔思索の日記 武田康弘〕

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加