時遊人~La liberte de l'esprit~

自由翼 心はいつも自由でありたい by 椋柊

Grand Slam THE CHANPIONSHIPS WIMBLEDON 2017 Gentlem's Singles Quarterfinal

2017-07-13 | Tennis
<準々決勝組合せ&結果>
アンディ・マレー(1)vs サム・クエリー(24)
  6-3,4-6,7-6(7-4),1-6,1-6

マリン・チリッチ(7) vs ジレ・ミュラー(16)
  3-6,7-6(8-6)7-5,5-7,6-1

ロジャー・フェデラー(3) vs ミロス・ラオニッチ(6)
  6-4,-2,7-6(7-4)

ノバク・ジョコビッチ(2) vs トマシュ・ベルディヒ(11)
  6-7(2-7),0-2 Retired:ノバク・ジョコビッチ 



準々決勝で
Defending Champion
第1シードのマレーが
フルセットの末
敗退
第2シード
ジョコビッチに至っては
第2セット途中で
棄権

久しぶりに
4強勢揃ったハズの
4回戦(Best16)で
ナダルが消え
準々決勝(Best8)で
マレーと
ジョコビッチも脱落
まさかまさかの
棚ぼた
他力本願
援護射撃

残ったのは
フェデラー只一人!
これは
喜ぶべき事なんだろうけど…

ジョコビッチは
右肘を痛めたため棄権
一年半前あたりから
ずっと
痛みと格闘していたようです
一方
マレーの方も
第4・第5セット
1-6,1-6
どこか具合が悪いんじゃない?
と思えるスコアでした
→臀部の故障みたいです

怪我の状態によっては
昨年の
フェデラーと
ナダルのように
早々に
今期シーズン終了
トーナメント離脱も
有り得る?
マレーとしては
ポイント減は
半端じゃないから
そうとう
ダメージ大きいだろうけど…



さてさて
好調
ロジャー・フェデラーですが
昨年の準優勝者にして
準決勝で負けた
ラオニッチを
ストレートで破り
準決勝に進みました
リベンジ成功!

第3セット
6-6とtie breakになり
0-3と
ラオニッチに
先行された時には
第3セット落とすのか!?
ラオニッチに
勢いづかせちゃうのか…
と思いましたが
0-3から
一気に7-4まで
もっていきました!



準決勝組合せは
ロジャー・フェデラー(3) vs トマシュ・ベルディヒ(11)
マリン・チリッチ(7) vs サム・クエリー(24)

優勝できる
可能性は確かに高い!
ですが
ベルディヒ チリッチ
共に
相性のよくない選手です

がぁ~
ここまで来たら
勝ちましょう
8度目の
ウィンブルドン優勝
グランドスラム19度目の優勝
勝ち取ってください!
フェデラー
チャンスです!

         画像はThe Championships Wimbledon 2017 Official Siteより引用しています
『テニス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 旅立ちぬ 吉原裏同心抄 10 | トップ | Grand Slam THE CHANPIONSHIP... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む