奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヒシアゲ古墳「磐之媛命陵」

2007年01月26日 | 
 外堀にスイレンやハスが植えられ、カキツバタもきれいな御陵です 撮影日;2006.6.14 

陵名;磐之媛命陵(いわのひめのみことのみささぎ)、平城坂上陵(ならのさかのうえのみささぎ)
規模;主全長219m、後円部径124m、後円部高さ16.2m、前方部幅145m、前方部高さ13.6mの前方後円墳

築造時期;5世紀中頃~後半
 管理は宮内庁

★所在地;奈良市佐紀町字ヒシゲ
★交通;近鉄新大宮駅より 徒歩25分
    バスで自衛隊前下車 徒歩6分
★駐車場;有りません
★問合せ;0742-34-1111 奈良市観光課

 磐之媛は、5世紀に活躍した葛城襲津彦の娘、仁徳天皇の皇后です

 記紀には
 磐之媛は嫉妬深く、夫の浮気を許さず、夫の元に戻らなかったやきもち焼の女性として描かれています
 第16代仁徳天皇の御陵は、大阪府堺市大仙町にある大山古墳で、世界最大級の墳墓として知られています

 皇后の墓も夫の墓の近くか、出生地の葛城地方に造られてもよさそうですが
 何故かかなり離れた奈良山に築かれています


 佐紀盾列古墳群の東群を構成する3つの大型前方後円墳の一つです
 (ウワナベ古墳コナベ古墳


『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 王寺町のD51 | トップ | 吉野朝宮跡 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む