まったり無職の親父のブログ

脳出血を経験してスピリチャルに目覚めたオッさんのブログ

四畳半のアパート暮らし1(幼少期)

2015年03月31日 09時56分24秒 | わが半生
私が物心ついた時には大阪市城東区にあるアパートで暮らしていました。トイレも洗面も共同です。お風呂??当然、ありません。当時の日本はまだまだ貧しいのですが私達家族は特に貧乏だったと思います。幼い私は、そんな暮らしでも別段、普通だと思っていました。アパートの多くは子供もいる家族が多く同じアパート子たちとも遊んでいたものです。道路も舗装されているのは幹線道路くらいで殆どが舗装されていず雨の日なんかはズボンの泥水がはねて汚していました。地方へ板前修業の父は滅多に帰って来ず母は寂しいのを紛らわすかのように私を連れてパチンコに映画館ばかり・・私は退屈でぶつぶつ言うと『A男!落ちてるパチンコ玉、拾っといで!』ヒマな私はパチンコの店内を歩いては落ちている玉を拾い時々、自分でも打ってみた、それが入ると受け皿に流れ出たパチンコ玉を母が『よく、やった!!』と言いもっていってしまうのです。私が成人してもパチンコをしないのは、この時の店内の雰囲気がトラウマになっているのでしょうね。当時はパチンコ台に向かって立って打っていたのです。電動??ありません。右手にレバーがあり小さな棒に小指をかけながら親指でレバーを下げバネの反動で打つのです。レバーの少し上に玉を入れる穴があり左手に50個~のパチンコ玉を握り左の親指を穴に添え押し入れるように、そして上手な人は流れるように入れて行きます。店内は【軍艦マーチ】がパチンコ屋の定番音楽。その音楽に乗せて店員の大きな声がマイクに乗って響き渡ります。タバコの煙も蔓延・・とっても健康的?な娯楽・・・パチンコ。当時はフィーバーもスロットもありません。沢山、玉が出ると母は笑顔で店内のカウンターに行き玉と・・歯ブラシや蝶々の標本みたいなものに墨(書道用)を貰い店の側にある小さな小屋みたいなところへ行くと顔も見えない小さな受け窓口へ歯ブラシ等を渡すと暫くしてカルトンに乗ったお金が出てきたのです。母は、そのお金で買い物や映画に連れていってくれました。現在はJR学研都市線、当時は国鉄:片町線【鴫野駅】界隈に住んでいたので母はよく梅田にある阪急百貨店に連れていってくれました。片町線【京橋駅】で環状線に乗り換え大阪駅で降りると南出口から正面に阪急百貨店、そして右手正面に阪神百貨店。母は阪急百貨店の屋上に私を連れて行ってくれました。当時、百貨店の屋上は、ちょっとした遊園地になってまして子供が乗れる乗り物やゲーム。たこ焼きにポップコーン、夏にはソフトクリーム。あ、そうそうペットショップもありましたね。日曜なんかに行くと結構、多くの家族連れが来ていて活況でした。屋上で遊んで、お決まりは百貨店のレストランでお子様ランチが私にとって御馳走でもあり大きな楽しみでもありました。今のような本当に美味しいものや質の高いモノではありません。なんせ戦後20年・・とにかく池田内閣の所得倍増論と戦後の復興を急いだ日本。景気は順調に右肩上がりの始まりでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次女の変化・・キッカケ2

2015年03月30日 10時27分30秒 | 入院日記
ある朝・・妻が、ゆっくりと『昨夜・・深夜の2時にJRN駅前の交番から連絡があって娘さんを保護してるので迎えに来て欲しいって連絡あってん。お父さん、寝てたし起して心配かけたらアカンから黙って行ったけど・・』妻の話だと娘は複数人の同じ年代の男の子と一緒に行動していたのですが・・やっぱり”男”です。ある一人の男子が『ホテルに行こうや!!』と言い始め残る男の子達も”行こう!”とばかりに無理やり娘を車に乗せようとしたそうです。娘は必死で抵抗して何とかN駅まで行って駅員に助けを求めたところ駅員が交番まで一緒に行ってくれたそうです。さすがに交番に逃げ込まれれば男の子達も諦め、おまわりさんの無事保護とあいなり妻が迎えに行ったようです。日頃から男子をなめてかかり年頃の女の子が深夜、遊びまわると、どうなるか・・娘を迎えに行った帰り・・『私・・何も言わなかった・・あの子・・ボソッと”ごめん”と言ってから二人とも黙って帰ってきてん。今までの私なら”何やってんの!!”って感じで叱りつけたと思うけど・・せぇへんかった。』確かに・・普通の親なら叱って当然でしょう。場合によっては、頬っぺたを叩くくらいも。話を聞いた私も『そんでええんちゃうか。』一言返すのでした。少しは恐い思いも今の娘には必要かも知れません。でも喉元すぎれば熱さ・・という諺もあります。何度か自分で転んで自分で対処していくことが娘にとって一番の薬と思っています。『転ばぬ先の杖・・と思って私も注意してきたけど全く耳に貸さないんやったら自分で捲いた種は自分で積んでもらうしかないね。』苦笑する妻でした。この日から少し・・ほんの少しですが次女に変化が出始めたのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次女の変化のキッカケ

2015年03月27日 14時12分01秒 | 日記
とにかく次女はオトコの恐さをなめていたのです。男の子から電話がかかってくると『誰ェ~?あぁ?』ふてぶてしい出方をしていたのです。また、ある日の夜、またもや夜遊びで男の子が迎えにくるらしく『いい加減、男の子をなめたら痛い目あうぞ!』と忠告しても『こいつ、ツレやし大丈夫や!』完全に理解しておらず、その迎えに来る男の子は次女より年上。『あんな!オトコのあたまの中はエッチなことで溢れてるねんぞ!』と言っても全く耳を貸さない次女、とにかくカラオケに行き未成年ながらも居酒屋にまで出入りする始末。妻は心配して何度か次女に叱るも私達夫婦が寝たあとに出掛け、全然、言うことを聞かなかったのです。そして、ある日の朝。妻が静かに、目を床にやりながら私に言うのです。『昨日、いや正確には今日の夜中、警察にE香を迎えに行ってきてん。』私は一瞬、何のことやら理解が出来ませんでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次女に変化が(^^)

2015年03月26日 13時03分57秒 | 日記
昨日、見舞いに来た妻が『E香、大阪のおばあちゃんン家に行くって。』実は義母の誕生日らしく次女なりに79歳の誕生日に、お祝いに行ったらしいのです。『今朝、仕事に行く前にテーブルの上に交通費と、おばあちゃんのケーキ代としてお金、置いててんけど、仕事から一旦、家に戻ったら、お金がそのまま。ほんでな手紙があってん。おばあちゃんの誕生日は自分自身のバイトのお金てケーキ買うからいいよ、ありがとう(^^)って書いてあってん』嬉しそうに妻が話すのです。高校に進学しても2年に進級せず退学して通信制高校に編入してからの次女の心も行動も荒れ放題でした。夜遊びも平然とし、部屋の中も荒れ放題。リストカットにタバコ(O_O)小学校までは本当に素直で優しい子。気が弱く恐がりで泣き虫だった次女が、不良娘へと変貌してしまったのですが、ある日の事件を境に少しずつ変わってきた、そのやさきのことで『あの子、手紙に、ありがとうって』妻は再び言いました。先月も一度、次女はおばあちゃんン家に行っているのですが義母から電話があって『E香、元に戻ってきてるよ』と妻は言われたそうです。ある日の事件から。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

止まらない血尿

2015年03月25日 09時21分40秒 | 日記
手術を、終え一般病棟に戻りました。眠れなかった夜か明け朝6時に採血。そして久しぶりの御飯(^^)白い御飯に梅干しが美味いのなんの。病院の御飯が、これ程、美味しく感じたのも絶食のあと?だから?9時半頃、担当医と看護師がやってきて膀胱内の洗浄をしたのですが洗浄液を注射器で尿の管を通して入れるのですが普段は出すとこである、おチンチンな洗浄液を入れたときの何とも言えない気持ち悪い感触でしたが 洗浄を終え管を取ってくれた時の開放感は嬉しかったです。そして初回の尿を看護師に見せるのですが【真っ赤】(O_O)そして尿の後半にシソの塊みたいなものが出ました。約2時間おきに尿意が出て都度、色の記録をしなければならりませんでしたが、 途中は石の残りカスが出るときなど痛みが走りトイレに行くのが憂鬱になります。そして本日の明け方のオシッコから前半は血尿もなく痛みもありません。後半にロゼ色の尿と少し尿道に痛みが走る程度まで回復しました。病室には何度か様子見に担当医も来てくれ不安もなく安静を保つことが出来ました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加