脳出血で無職になった親父のブログ

脳出血を経験してスピリチャルに目覚めたオッさんのブログ

次女の夢(^^)

2016年04月17日 10時30分51秒 | 親子って?
先日、次女のバイトの退職面談の前に韓国料理屋で昼食を取っていました(^^)私はビビンパ、娘はサムゲダン(^^)御飯を食べながら娘が『ウチな、結構、器用やねんで(^^)友達の頭のセット、時々、してあげてんねん(^^)』確かに次女の器用さは学校の先生も言ってました。料理も、ぶり大根、肉じゃが、筑前煮とか義母に作ってあげてて義母からも美味しいと評判(^^)そんな次女が私に夢と目標を語ってくれました。『結構、友達から髪の毛セットして!って頼まれるなん(^^)道具だけ持ってきてくれたら、やってあげんねんで!例えば、巻き髪とか、アップにしてこんな風に』と言いながらスマホの画面を私に見せるのです。そこには。(え?こんなん出来るんか!?)プロがやってるのか?と思えるセットの写真がありました。『こんなん出来るん?』と尋ねると笑顔で『そやで!友達でキャバ嬢やってる子がいて、その子の友達とか時々、ウチがセットしてあげてんねん(^^)もちろん、タダ!』結構、評判らしく、時には1000円あげ流から!と言われることもあるとか(^^;;次女は『別にプロと違うしお金は今は貰ってないねん。ウチも練習のつもりやし(^^;;もう少し上手になったら1000円くらいやったら貰ってもええかな?』と言ってきたので『気持ちでくれる時は貰ったらええやん(^^)』と言うと『新地とかミナミの、お水界隈にセット専門のお店あるらしいけど2000円とか2500円とかするねんて(^^)ウチなネイルの資格も取ってセットとネイルのお店とか出したいなぁ』と将来の夢と目標を言い始め20歳までに100万円とりあえず貯めるのが目標とのこと。私はそれを聞いて『そうか!そんな夢あったんか?手先が器用やから、それを活かした仕事が出来るんやったら、お父さんは全力で支援するから頑張れれよ!』と言うと次女は満遍の笑顔で『ありがとう!お父さん!』と言ってくれたのです(^^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

転ばぬ杖を与えるのも親なら転んでから傷薬を与えるのも親

2016年03月28日 09時46分26秒 | 親子って?
父親にとって娘は本当に愛しく可愛い存在です(^^)こらまで色々とありましたが今では2人の娘から頻繁に電話やLINEが入るので『もう、ほんま、二人ともお父さんっ子になってしまったわ(・・;)』と妻も少々、ヤキモチ?を焼く事も(^^;;妻が言うには『あの子らの話を、相槌だけでなく私は自分の意見を、つい言ってしまうからアカンのやろね』そう、私は自分の意見や経験を娘たちには言わなくなりました。理由は、私の価値観を押し付けたから長女は拒食症になり次女はリストカットの挙句、不良少女になったからです。娘の話しを本当に向き合って聞いていなかった結果と理解しました(^^;;今では娘達から『お父さんは、どう思うの?』と聞かれても『お父さんの思いの前に、お前は、どう思っている?』と。何故なら相談するという事は何かしら方向性や選択したことを娘なりにもっているはず。だから『ウチは、こう思うけど。どうかな?』と聞いてくるようになりました。私は基本。そう言ってきたら『そうか(^^)じゃ、やってみ。』と言うだけ。その方法論を聞いてきたら『こんな方法もあるけど、まず自分で調べるなりやってみ』と。背中をおしてやるだけです(^^)やってみて失敗しても『その方法ではアカンかったって分かったやん、一歩前進や(^^)』と励ますだけ(^^)すると娘達は『なんで?そんなポジティブなん?』と聞かれることも。失敗を失敗と思わず仮に10通りの方法があるとすれば1つは消去できただけ。あと9通りをやることに集中すれば必ず成就するよ。もし、それでもダメなときは勉強不足なだけ実は20通りあった試練で残りの10.通りするだけのスキルを持つ事が先とわかるやろ?そう言うと『正論やな!』と(^^)転ばぬ先の杖を与えることも大切ですが転んだ起きて傷を自分で治させる。親は、傷薬だけ処方したらいいこともあるのかな?と思う今日この頃です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子どもを心配するまえに信じましょう(^^)

2016年03月26日 09時19分43秒 | 親子って?
子供に『あなたのために言ってるの』とか『他人さんは言ってくれないの!親だから心配してあげたるの』とか(・・;)私達夫婦も数年前、娘達に何だこんだと口うるさく言ってたころがありました。子供の行動、服装、言葉遣い、友達関係、進学、もう数え上げたらキリがありません。親は子供のためと思って?要らぬ苦労をさせたくない?人生で横道にそれないように?少しでも良い学校、よい会社へ入って欲しい?これ、親のエゴではないかな(・・;)貴方のためにと?本当は親自身のためなのでは?子供が、マトモであれば親のメンツが保てるのでは?良い学校、良い会社に入れば親自身の鼻が高くなれるのでは?子供が美容師になりたいって言っても反対し大学に行かせ大きな会社や公務員にのることを例えば望み押し付けみたいな。でも子供は高校卒業して美容学校を希望したら?親の想いと違う道を選んだとき。子供の夢や希望を聞こうともせず親である意見、自分の経験や知識で抑えつけると。親子関係は亀裂が入ります。子供は子供の人生があり自分で道を選ぶ自由を神様から与えられているのに(・・;)子供を心配するのではなく子供を信じることが大切だと最近、思うのです。そして、言葉ではっきり子供から相談されたり自分の夢や進路を言ってきたら応援するからねと言ってあげるだけで子供の魂のスイッチがカチっと入ります(^^)心配することは子どもは親から信頼されてないと無意識にスイッチが入ります。ほんと無意識に(・・;)このスイッチが多く入れば入るほど親に対する不信感が増幅し、いつか何らかの爆発がおきます。此の世は鏡の法則という神様が、絶対的な原理原則を創造しているのだから(^^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

義母からのプレゼント(^^)

2016年03月21日 11時42分08秒 | 親子って?
昨日、妻と義母の80歳 傘寿のお祝いを行き妻の実家である大阪府豊中市に着いたのが午前11時ころでした。迎えてくれた義母はニコニコしながら『今日、来てくれるって言ったたやろ?待っててんよ(^^)』満帆の笑顔で迎えてくれた義母は私達が部屋に入ると、いきなり仏壇から何やら取り出し妻に手渡しました。それは封筒。『なに?これ?』妻は封筒を手にしながら中身が何かは直ぐにわかったようで『あんた、クルマ、これで買って(^^)』先月、義母宅にお邪魔した際、たまたま妻が新しく軽自動車を買う事を言ったのを義母は覚えていたのです。認知症の義母が?私は心の中で呟きました。『こんなん、受け取られへん(・・;)車くらい買うお金はあるから!お母さん、ええよ!』妻は拒否したのですが『母親が、あげるって言うてんねんから気持ちは受け取って!楽しみにしてたんやから!』2度3度、義母と妻が押し問答してましたが義母の眼から涙が見えたのです。もちろん、妻も気づいたのでしょう。『お母さん、ありがとう(^^)』妻は素直に受け取りました。義母の誕生日を祝い帰宅して封筒の中から取り出されたものは帯の着いたお金。お札も綺麗なお札でした。郵便局の刻印が帯に押され、そこには義母の娘に対する想いが、ギッシリと詰まっていらかのようでした(^^)私達夫婦は丁寧に両手を合わせ義母の愛を受け取ったのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子育ても鏡の法則が?(^^)

2016年03月16日 09時03分41秒 | 親子って?
子供は親の鏡であると(^^)鏡はご存知の通り姿を映す事と反射させる道具です。この世は鏡の法則が働いているので神さまが創造された原理原則だそうです。では?子供を見ると自分自身と似た性格や容姿、しぐさ、口癖、色々と発見できますが『誰に似たんだろう?』と思う事もありますよね(^^;;鏡は容姿を映すと左右反対に映ります(^^)自分と正反対、お父さん、お母さんの持つ正反対の性格や行動を子供は表現しますが親から見れば全く別の性格や趣味、思考が子供から出てくるので理解に苦しむのかも知れません。『この子は、何で?こうなの?』となるわけです。親子関係は互いの魂の成長のために、この鏡の法則が凄く働いているわけでして、思春期になる、いわゆる反抗期とは鏡が親の性格を反対に映し出し更に反射させたりしてますが親か眩しがらずに向き合う時期なのかも知れません(^^)思春期は、幼虫から成虫になる?蛹から成虫なる?人間は昆虫ではありませんが大人になるための子供の魂が蛹から成虫になる過程ではないかな?その時、親の性格の光の部分と親の性格の正反対の性格である影の部分を子供は表現し、親は、それを受け入れ向き合うことが魂の成長になるのではないかな?と思うのです(^^)思春期に入るまで親の言う通りに生きてきた子供、親の価値観や子供への期待が大きければ大きいほど、子供は知らず知らず親の圧を受けているわけで(^^)期待や価値観を子供に託したい気持ちは親なら普通です。でも?この時、子供なりの想いや夢など聞いてあげてたら良いのですが、とにかく親の言うことを聞かせようと、それが子供の為と思いだけを伝えていくと思春期に入ると爆発!しちゃうわけです。それはお父さん、お母さんの正反対の思考や行動で出たり、もしお父さんやお母さんが思春期に親へ反抗したことと同じような事を自らの子供にされるわけです。三つ子の魂、100までと申します。幼少期から思春期に入るまでの子育ての節目が思春期であると思うのです(^^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加