脳出血で無職になった親父のブログ

脳出血を経験してスピリチャルに目覚めたオッさんのブログ

H2Oリテイリング(^^;; 先週は下げました。(^^;;

2018年01月14日 12時52分31秒 | ちょこっと株のお話
先週は下げました。(^^;;
1680円で購入してから1年2ヶ月ほど株価と出来高の動きを見ております。
私は株の素人ですが先週の動きは
『またかなぁ。』と。
この株は短期では大幅に利益を上げるには、それなりの資金が必要だと思ってましたが。

2400円を超えてから下がってまして何とか2300円をキープしている状態。

数ヶ月前も1900円を超えたら下がり、その後、2000円迄でウロウロ。
2000円を超えてからコツコツと上がり2400円を超えて先週は下がってます(^^;;
月足チャートから見たら、もう一段下げるかも。
2200円前後かなぁ。
その後から2500円を超えて前回高値2900円台を目指していくか?
あとは市場の動向によりますが私は3000円を超えて来て、その時が少株主の売り時こかなぁ(^^;;
この銘柄は下がり始めるも早そう(^^;;
それは、それで売った後の楽しみなのです。
今は十分に利益が乗ってますので
高みの見物という感じ(^^;;でございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阪急王国(^ν^)楽しみなH2Oリテイリング

2018年01月09日 16時57分04秒 | ちょこっと株のお話
日経平均は先週の大幅アップから連休明けの今日もあげました(^ν^)
H2Oリテイリングも少しだけアップ⤴️

昨日、H2Oリテイリングの理論株価を見ると4000円を超えてました。
えー?凄いやん。今はまだ2300円台(^ν^)
まだまだいけそう!

同じくJフロントリテイリングは理論株価以上の現在値段がついており高島屋も。
では?何故、阪急阪神百貨店を傘下にしているH2Oリテイリングと大丸松坂屋を傘下にしているJフロントの違いは何?
また高島屋との違いは?
先ずは阪急阪神グループの資本力の違いが大きいと思うのです。
そして百貨店だけで考えると阪急は昨年、婦人服売り場の大幅な改装が成果に繋がり大阪近郊以外からの買い物客の増加や訪日外国人の買い物が絶好調だからです。
更に、現在は阪神百貨店の建て替え中となっており建て替え完了後の期待も。
そして三宮SOGOを三宮駅前開発に向けて、どうリニューアルするか?
そこが楽しみなところです。
三宮の阪急ビルも🏢様変わりするようです。
更にH2Oリテイリングには阪急オアシスという少し高級なスーパーも庶民のスーパー『イズミヤ』も傘下にありイズミヤは随時、店舗改装されていて、AEONのようなビジネスモデルではなく、あくまでも地域密着食品主体のスーパーとなっています。
このようなビジネスモデルが高島屋やJフロントリテイリングにはございません。
また阪急阪神トータルの資本力の違いが。
電鉄、百貨店、スーパー、クレジットカード、東宝映画、宝塚歌劇、飲食店など、幅広いのです。
博多阪急も好調らしいですし。
大阪、そして尼崎から三宮までの阪神間は阪急王国ですから。大丸や松坂屋、三越や伊勢丹には、このようなバックボーンはありますでしょうか。
もちろん、阪急電鉄、阪急阪神百貨店、東宝とそれぞれ東証1部上場しています(^.^)

理論株価が高いのは当然ではないでしょうか。
その割に現在の株価は割安(^ν^)

今、日本の株式市場に吹いてる風の変化からみて中長期的に理論株価を目指す動きになるような気がします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

訪日外国人(^。^)旅行が増加してます。

2018年01月07日 09時00分03秒 | ちょこっと株のお話
今朝のテレビ📺
外国人の年末年始は日本で過ごす方々を特集してました。
東京、大阪、京都はもちろん、日本人が行かないような場所まで(^。^)
SNSの影響(^。^)いわゆるインスタ映えです。
数年前、爆買いは中国🇨🇳ですが最近では、ベトナム🇻🇳だそうです。
決して所得は高くないベトナムの方々。
何年もお金を貯めて東京や大阪でお買い物。

東京や大阪の街。渋谷やミナミには外国人が溢れていました。
その中で
大阪の、なんと西成(O_O)
かつては労働者で溢れていて今でも治安は決して良いとは言えません。でもアメリカ人やイタリア人、フィリピンやオーストラリアなどなど。
大阪のソウルフードを求めてやってくるんです。
治安が悪いと言っても外国のスラム街に比べれば平和な西成(O_O)
焼きそば、お好み焼き、そしてソウルフード代表のホルモン焼き(^。^)
新今宮通天閣の串カツ。

古都京都では金閣寺や嵐山はもちろんですが
市内の武家屋敷にも。

1980年代は貿易で儲けていた日本。その貿易も、ここ5年赤字に転落。
知的財産、いわゆる特許も多く持っている日本。
昨日の某テレビ番組でも言ったましたが、これからの日本経済を支えるのは観光国家への転換。
いかに日本に来てもらってお金を落としてもらうか?
大阪では『黒門市場』に年末年始は外国人ばかり。食べ歩きなんです。(^。^)
お好み焼きや、ホタテ、刺身、蟹🦀
嬉しそうに口にほうばる外国人の方々(^。^)

前置きが長くなりましたが。これからの株式市場でインバウンド銘柄は注目に値すると思います。
ベトナム人のもユニクロやAEONで買い物。日本製の品質に大きな信頼だけでなく日本への憧れが強いのです。

東京オリンピックも控え、今後、更に外国人観光客が増えていくことでしょう。

百貨店など免税コーナーを拡大してます。
先週、百貨店関連は大きく下がりました。
Jフロント、高島屋。H2Oリテイリング。
でもね。12月の売上は前年比オーバーなのに。
期待以下ってことで嫌気売りで下がったのかなぁ。でもね。
阪急阪神や近鉄は少しですけどプラスで終えたのです。
JフロントやH2Oはここ数日間、上げて来たので熱冷ましの下げ?(^。^)
安く買いたい人がまだいるから。かな?
今週火曜日は、まだ投げ売りがあるかもしれませんが、トレンドは右肩上がり(^。^)なので。
この春にかけて上値を目指すと確信しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大発会ロケットスタート(^。^)

2018年01月04日 09時23分53秒 | ちょこっと株のお話
今日の大発会は9時を過ぎて20分もしないうちに400円を超える上げ高となってます(^。^)

東証銘柄の大半が上げ上げ👆
チャートも窓を大きく開けてのスタート(^。^)
23000円の壁をアッサリとクリアしました。

12月の四半期決算を折り込んで行きながら今月は日経平均24000円を目指す勢いとなるかなぁ。

インバウンド銘柄も順調に上げてます。
近鉄、高島屋、Jフロント、阪急阪神、H2Oリテイリング、全日空、JALなどなど。

東京オリンピックに向けてのインバウンド効果も期待しつつ東京、大阪の街が様変わりしようとしていて東京高島屋も一大ショッピングセンターを作るようです。

やはり日本は東京、大阪そして名古屋。
そこに落ちるお金はいくら札幌、仙台、福岡と言えども勝てるわけがありません。

今年の株式市場は期待しています。
また穏やかなインフレになりつつありますので
金も魅力的(^。^)
インフレとなると貨幣価値が下がるということですから金相場が動くことに。デフレのどん底だった頃の日本は金1グラムと1000円少しでしたが
今では5000円を超えてます。
一昨年はまだ4500円前後でしたが。
金も、これから。これから。
株で儲けた人達が金投資に向くことは、ほぼ間違いないでしょう。
話は逸れましたが(^。^)
今年から2、3年は株式市場は活況!かな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

徒然なるままに(^。^)日本の株式市場を勝手に言いたい放題。

2018年01月03日 17時38分45秒 | ちょこっと株のお話
明日は株式市場の大発会(^。^)
今の動きから今年も日本の株は上がる⤴️(^。^)
と私は確信しております。

不動産投資に魅力がなくなり。
世界から見れば日本の株価は割安。
企業の好決算は本年も続くかと思いますし物価は静かに上がってきているように感じます。
穏やかなインフレは経済の良い刺激。
雇用についても企業は人手不足が目立ってきており雇用が活性化してくると思います。
企業も働いてもらうために賃金は上げてくるでしょうからインフレが進みデフレ完全脱却すれば。
今年から来年そして東京オリンピックの頃に大きな波が(^。^)
前回のバブル始まりは内需拡大の時代でした。
中曽根内閣は特にチカラを入れ企業も国内需要に目を向けてましたが。
今回からは世界に目を向けての経済復興。
少子高齢化を乗り越えるために。
企業は世界を視野に本気でチカラを入れてくるでしょう。
日本の技術が本当に世界へと羽ばたく。
そして一方では(^。^)
訪日観光客をいかに呼び込むか。
そのためには円安(^。^)誘導。
インバウンド経済を伸ばし日本の国力をアップ⤴️
人はチカラ。人口の減少は国力ダウンとなりますが人のチカラとは何も国内人口に頼らない施策が必要な時代です。
今やメイドインジャパンの品質は高く世界から評価されています。
それは精密機器とか車とか?そのようなものだけでなく、化粧品、お菓子まで(^。^)
前回のバブル崩壊の時とは環境は変化していますから。
企業は利益を上げお金が余る。
そのお金を、どう運用していくか。
銀行から借り入れもする必要がなくなってきたり。反対に銀行が企業からの現金を預かるのを断ったり。
個人も銀行に預けるくらいなら?
金や株式などに投資してくるのは明らか。

おそらく、ここ2、3年?遅くとも五年以内には前回のバブル期株価ピークを超えると
私はみています(^。^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加