まったり無職の親父のブログ

脳出血を経験してスピリチャルに目覚めたオッさんのブログ

私が会社を訴えようとしたわけ(^。^)エピローグ

2017年08月21日 09時37分04秒 | 会社って??
退院する1ヵ月前に会社を訴えようと決意したのはやはり、会社が社員を、お客様を、家主を単に金を稼ぐ道具としか見てないということ。です(^。^)
入院中に思い出した事が幾つかありましたが、その内の一つ。
私と同僚の課長と家主との管理委託契約について話はしていたとき。課長が『いつやったかなぁ。何棟か物件を持ってるオーナーさんが居てるんやけど、ま、昔からの大地主。』そのオーナーさんは昔は田畑だった土地ですが丁度、高度経済成長成長の頃に駅前開発となり県内では有数の高級住宅街となったのです。そのオーナーさんはお父様の土地や財産を相続し相続税対策も兼ねて駅からはバス便ですがニュータウンと言われる場所に数棟のマンションを建てました。そこの管理契約が取れそうな時、社長は店長に『絶対に契約しいや。ちゃんと菓子折りも持って、家賃も保証するんやから。海老で鯛を🦐釣るんや!』と言ったそうです。無事、管理契約を行いました。管理委託契約を締結すると自分の会社でしか仲介を任され退去のリフォーム手数料、仲介広告手数料、入居されると管理委託料とお金が入ってきます。確か4棟。100戸くらいの部屋数です。家賃も県内では高く管理手数料は家賃の7%。単純に満室にすれば家賃10万円としたら毎月1000万円となりますから毎月70万円の手数料収入が入ります。
そりゃ、社長もチカラが入るのは分かりますが海老で鯛を釣る??完全にお金を生む鶏のようにしか思ってない表現としか私は捉えることしかできません。そして社長自ら『私は欲張り』を声を大にして言っているのです。欲張りは否定しません。どんな思考と思いで言っているのか。
自らの欲のためなら社員や家主、お客様を利用し時に奪うことも躊躇わない。そんな会社を入院中に思い出し私は訴えようと思ったのです。
そしてその年の12月、退院した私は自宅のパソコンに向かうと労災関係サイトから弁護士検索をしたのでした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私が会社を訴えたわけ(^。^)その4 動機と決意。

2017年08月21日 08時25分21秒 | 会社って??
平成25年 夏の甲子園も終わり秋の日差しを感じ始めたころからスマホで労災関連サイトばかりを検索していました。
最初は脳や心臓疾患での労災認定率とか(^。^)
そんな、或る日。午後7時ごろでした。
専務が病院にやってきたのです。
見舞いというより退院後のことについて話をしにこられたのでした。
復職の意向とか?(^。^)
私の身体の状態など何一つ、聞いてきません。
私は心の中で、建前でも身体の事を気遣う言葉も出せない人なのか?リハビリは?とか。

退院予定日を聞いてきたり、復職の意志はあるが、制限は大きいと思うと伝えると専務はうつむき下を見たので『恐らく単調な業務しか出来ないと思います。そうなると役職は免職ですか?』と聞くと『そうやなぁ。』と一言。
この時は労災の認定が未だ決まっておらず、もし?認定されなければ私は働かないと生活が立ち行きません。なので復職意志はあると伝えたのですがリハビリしてたら分かります。

労働基準監督署の担当官との面接は入院中に2度。電話連絡が数回ありました。
私は心の中で、もしかしたら認定される可能性が高いのかなぁ。
絶対に認定されたい!!

そんな思いも片方では強くありながら慰謝料請求のサイトを読むと労災認定された後に会社へ慰謝料請求した場合、会社に安全配慮義務違反や不法行為があれば裁判に勝てる可能性が高いと。

安全配慮義務違反に関する法律は平成19年。
なんと私が転職したのも平成19年。
これも何かの因果?

話は逸れましたが(^。^)
労災関連から慰謝料請求関連のサイトを読み漁っていました。その日から入院中に、『今の会社に
仕事は不可能。
そうなると会社は私を解雇するしかありません。

専務の『そうやなぁ。』は役職免職?それどころか場合によっては辞めてくれと。それを伝えに来たのか?なんとなく私は、そう受け取ったのです。

もし会社を辞めさせられたら?家族を路頭に迷わせることになります。
転職後、会社での事を振り返りました。
個人的にも。
会社の組織環境。
専務のこと。社長のこと。
これまでのこと。
たくさんの思いが走馬灯のように浮かび上がってきたのです。

『労災認定されたら会社を訴えよう。』
家族を守る。
最初は、その思いで決断したのです。

退院する1ヶ月程まえの事でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私が会社を訴えたわけ(^。^)その三

2017年08月20日 17時13分09秒 | 会社って??
オフィスで脳出血。
入院期間は半年でした。丁度、夏の甲子園が始まった夏、私はリハビリ病院に転院していたのです。何とか車椅子にも乗れてご飯も食べられるようになったころ。
それまでも会社の方々が見舞いには来てくれていたのですが、ある日、会社の同僚の課長がやってきました。『Yさん、入院中に仕事の事で来ました。』は?仕事の事?と心の中で思っていると『本当に申し訳ありません。専務がMさんの事で聞いてこいと煩くて。』Mさんとは会社が管理する物件の入居者ですが少しタチが悪い滞納者でもありました。私が管理していた時も当初は揉めましたがMさんの事情に理解を示し時間をかけて話し合いをしていたのです。そんな滞納者の方も誠意を示してくれていた矢先に私が入院。その課長が『どーしてもYさんでないと話はしない!とゴネてましてね。経過を専務が聞いてこいと。いやね。私も流石に入院中のYさんのとこには仕事の話で行けないとは断ったんですが。ご容赦して下さい。』課長は困惑しながら私に話をしたのです。そんな課長を見て帰れ!とは言えません。専務の性分を私も分かってますし。その課長の性分も分かってますから『Mさん。そんなに?ゴネてますか。かと言って私からMさんに電話は致しません。こんな身体ですし。』私の携帯にはMさんの番号登録はしていましたが。
『ですよね。』俯いてことばをだした課長。
滞納経緯は病院の来客室で伝え課長には帰って頂きました。『本当に申し訳ありません。お大事に。』そう言って課長が帰った後。私の心の中に何かモヤモヤしたものが残りました。
専務•••そのMさんの滞納は三カ月分が断続的にあったので任意で退去を依頼してるそうでした。退去してしまうと?滞納家賃は恐らく払って来ないでしょう。でも私なら払ってくれる。そう確信出来る人間関係がありました。
20万円から30万円の損金となるかも知れないから専務は課長に命令したのでしょう。
社員が業務中に脳出血で倒れ入院している病院へ課長に仕事のことでよこす専務。
私は益々、専務への不信感が募り、課長を道具のように使う。
私は専務が従業員をどう思っているのか?心に染み渡るほどわかるのでした。
その日を境に私はスマホを使い労災関連サイトを閲覧しまくったのでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私が会社を訴えたわけ(^。^)その二

2017年08月20日 13時27分07秒 | 会社って??
大手消費者金融を退職し再就職しなのが不動産賃貸仲介と管理の会社でした(^。^)
社員数千人の会社から200名にも満たない中小企業で代表者が全てを決めている会社。
お金にケチでシステムも進んでおらず昭和の終わり頃の雰囲気がそのまま(^。^)
不動産の仲介だけでなく家賃保証もしているため家賃債権の回収もしているため私は消費者金融の経験を買われ再就職できたのです。
家賃債権の督促も貸金の督促も基本的必要なスキルは同じですが意外にも家賃債権の方がストレスを感じます。何故か?その詳細は今はさておき私が会社に不満を感じていたのは、当時の私は傲慢でしたので消費者金融会社では上級管理職まで上り詰めた実績があったのに転職してやっている主な仕事は滞納督促( ̄^ ̄)
これが一番でした。昇進すれば解放されるか?と思い頑張ってましたが課長になっても滞納督促。
はぁ?と思いながらも我慢しながらやっていたのです。しかし?転職してわかったのは取締役営業部長も次長も何ら権限もなく店長と変わらない仕事や場合によっては何で?取締役が事務員でも出来る仕事をしてる?なんで取締役にタイムカードがある?と疑問ばかり。
そりゃ私が課長になっても社員と同じレベルの仕事しかさせんわな。もちろん私も提案したり専務には仕事のアプローチはしても全ての決定は専務にしかありませんでした。
営業店は夜遅くまで毎日頑張っているのに。
全社員は鵜飼の鵜のように働かされている。
そんな思いが強まったのです。そして平成25年6月私はオフィスで脳出血を発症したのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私が会社を訴えたわけ(^。^)その1

2017年08月20日 11時07分10秒 | 会社って??
私は現在、会社を相手取り安全配慮義務違反と不法行為として業務との起因があった上で脳出血を発症し後遺障害損害賠償請求訴訟の係争中です。

会社は専務〔現社長)の独裁で管理職は名ばかり管理職。長時間労働は恒常的にあり総合職社員は固定残業として毎月定額支給であり何時間残業をしても同じ。かといって定時での帰宅は許されることはなく最低でも1時間は残業を義務付けしています、もっとも?1時間で帰れませんがね。
繁忙期ともなると事務職でさえ深夜帰宅することもあります。事務職は女性。

家賃滞納者の自宅を勝手に鍵を変えたり、荷物を撤去したりも。
賃貸契約をお客様と締結するとき契約書とは別に重要事項説明書も顧客に説明しなければなりませんが数年前、宅建主任者が行わなければならないのに無資格社員が実行してました。

家主との管理契約で家賃全額保証する契約であるにも関わらず、ある日、それを反故するような指示を私に出した専務。もちろん断りました。

社員旅行は給与天引きの積み立てですが社員旅行を欠席してもお金は返ってきません。

社内運動会は休日に行われますが代休はありません。運動会の昼食は社員の自腹。
新卒内定者も参加するのですが内定者の昼食は本部社員から募金を募る始末。

社長や専務の誕生日には本部社員から500円募金を募り、そのお金で花やケーキを買わされます。

昇給は多い人で3000円ほど。
同僚の課長は数年毎年昇給なしと言ってました。

パワハラはありません。店舗間や部門間は仲良しなのは仲良しなので、ある意味、居心地が良いと感じ社員も少なくありませんが。

善人ぶる会社の表のかお。
でも、よーーく観察すると、ブラックそのものなのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加