プラチナ世代のマラソン旅行

時悠人chosan流処世術

★焦燥感

2010-05-29 10:11:30 | 日記・エッセイ・コラム

017  6月6日に開催される「千歳マラソン」は、第30回の記念大会とあって、張り切っていたのだが、妻の病気がおもわしくない。帯状062疱疹発症以来、10日を経過しても運動禁止で苛立ち始めた。

 私がジョギングに出掛けようとすると、厭な顔をするので自粛。が、物は考えよう。普段、車で買い物に行くのを自転車や徒歩に切換え、疲労が残らない調整が出来ていると思うことにした。066

 妻は、かなり不安を募らせたらしく、今朝、「ゆっくりでいいから少し走りたい」と言いだした。患部を冷やすのは厳禁なので、重ね着をしてバラ園(2㎞程)まで往復した。包帯で腕を振れず、窮屈そうだったが、久し振りのランで妻の顔に笑みが戻った。064 006

 4日に出発し、支笏湖温泉で静養し前日、現地入りする。練習不足の救いは、ハーフの制限時間がフルより長い6時間。タイム度外視で、国立公園内の木道ランを思う存分、満喫して来たい。037_2

次回更新は、6月8日予定。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★金沢富樫バラ園

2010-05-28 15:16:39 | 日記・エッセイ・コラム

001 左の写真は、CMに登場する「この木なんの木」ではなく、ジョギングの途中に立ち寄る公園の一角にある木だが、形がなんとなく似ている。この公園の一角にあるバラ園は、約120種類のバラが見頃を迎え、訪れる人の目を楽しませている。002_3 027_2 010_2 033_2プリンセスと冠した 「ミチコ」「アイコ」「チチブ」の皇族にちなむものは気品を感じさせる。

055 046 一方、「宴」や「ラスベガス」、「リオサンバ」などは、華やかさを漂わせている。060 何度諳んじても、名前をすぐ忘れてしまうが、見るたびに新鮮な刺激になるからそれも歓迎だ。 かつて、テレビの名前にも使われた「高048 雄」だけは、忘れないのもTV-CMの効果に違いない。

「この木なんの木」ではなくても、周囲を見渡せば、小さな驚きや喜びを発見出来る。自らの感性を大切にして、分相応の生活を楽しむことが出来れば最大の幸せと思える。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★四海波高し!

2010-05-27 09:31:19 | 日記・エッセイ・コラム

 友人から届いたメールに、「君のことだから、最近の政界の体たらくに地団太踏んでいるだろうな」と書いてあった。私は残念だとは思っているが、連立政権の危うさは想定内のことなので、怒りを感じていない。

 数十年来かかって溜まった澱を政権が交代しただけで、一挙に解決すると期待する方が虫が良すぎると思う。国民が自己の利益を優先する政策を求めれば、おのずと結果は明らかだ。

 好例が、普天間基地の移転問題。沖縄の負担軽減に賛成しても、自分の所に来るのは反対する「総論賛成・各論反対」のマインドだ。「子供手当」にしても、貰えるのは有難いが、もっと待機児童施設を作ってほしいと要求がエスカレートする。

 弘前城公園に隣接する藤田記念館を訪ねた際、「四海高眼空為無人」の掲額を思い出した。大所高所から四海を見渡す器量を持った人材が居ないのが虚しいと嘆くよりも、我々一人ひとりが「民主主義とは何ぞや、国民主権とは何たるか」を、真剣かつ謙虚に学ぶべきときだ。社会主義国かと錯覚するような際限無い国民の欲望を満たすことは不可能と心得たい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★中高年者は帯状疱疹に注意!

2010-05-25 08:57:12 | 日記・エッセイ・コラム

 妻がマラソン大会を棄権した原因は、「帯状疱疹」。帯状疱疹は、子供が罹るものと思うのは大変な誤解で、水ぼうそうに罹ったことがある人なら、誰でも帯状疱疹に罹る可能性がある。

 というのも、水ぼうそうが治った後も、ウイルスは体内の神経節に潜んでいて、加齢やストレス、過労などにより免疫力が低下すると、ウイルスが再び活動し始め、神経から皮膚に伝わり、発症する。

 発症年齢は、60歳・70歳台が圧倒的に多く、女性の比率が6割を占めるが、若い人でも例外ではない。初期症状は、赤い斑点が現れ皮膚の違和感や痛みが出る。小さい頃、罹った病気のウイルスが数十年後に活動するというのは驚きだが、症状も上半身中心に左右どちらか半身だけというのも不思議だ。

 妻は、肩関節が痛むので整形外科へ行くと言ったが、斑点が出たのでもしやと思い、皮膚科へ行かせた。早期発見だったが、完治までにはまだ相当の日数を要するようだ。常日頃、体の微妙な変化に注意を払い、専門医を決める知識と判断力を養っておく必要性を改めて認識した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★第46回越前大野名水マラソン大会

2010-05-24 09:53:12 | スポーツ

005 5月23日に開催された第46回越前大野名水マラソン大会直前の20日、妻が帯状疱疹に罹った。寝返りが打てず、右半身の自由が利かない状態なので、私も参加を取りやめた。

 昨年は、新型インフルエンザで大会が中止になっており、2年連続病気に祟られ、いささか気落ちした。とりわけ、今年は、越前大野城築城430年祭りを楽しみにしていただけになおさらだ。007 大野市は、随所に清水が湧き、碁盤目状に整備された町並みは城下町の風情をとどめている。400年以上続く七間朝市で、大野弁丸出しで新鮮野菜を売るおばちゃん達の屈託のない笑顔も忘れられない。

 6月6日の「千歳マラソン」への助走と位置付けていただけに残念だが、妻の回復を願いつつ、「寄る年並み」と「老々介護」という現実をしみじみ噛みしめている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加