プラチナ世代のマラソン旅行

時悠人chosan流処世術

★高齢ランナーのレースの楽しみ方

2017-12-07 09:35:24 | スポーツ
 2年前に取り組み始めた「フォアフット走法」は、未だに完成しない。しかし、意識するだけでも、良いことにして中途半端なまま、自己流を続けている。

 今では、速く走ったり、他のランナーと競うよりも、自分が描いた通りのレース展開を出来るかどうかの方が、関心事になって来た。

 ちなみに、10㎞ロードレースのタイムを時系列で追ったら、見事に「加齢とタイム」が」リンクしていた。69歳を最後に、1時間台に突入し、70~73歳の4年間で約8分程、タイムを下げ、74歳になった今年、4回のレースでは、全て1時間10分~12分だった。

 この方程式で行くと、来年は、1時間13分台になる可能性もある。尤も、従前からリタイアの目安は、「80分」なので、もうしばらく楽しめそうだが、時間制限が最大の壁になりそうだ。。
★災い転じて
 天気予報が良い方に外れたので、今年最後とばかり、早朝ジョグに出た。故障続きだったので、妻と連れだって走るのは、実に2カ月ぶり。 追走する脚力が無いので、大幅に遅れたが、大乗寺......
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★プラチナ・トリオ集合

2017-12-06 10:32:55 | スポーツ
 昨日、ジムで「プラチナ・トリオ」が、3か月ぶりに顔をそろえた。それぞれのライフ・サイクルが違うので、3人が揃う機会はめったにない。

 しかも、「プラチナ・トリオ」と言っても、決まりもなければ、定期的に集まるわけでもなく、同じ会社のOBで、年齢と名前のイニシアルも同じ、そして、共通の趣味がランニングという不思議なえにし。

 さて、ご多分に漏れず、話題は健康とランニング中心で、今年一年を振り返った。すると、出場回数が減って落ち込んでいた私の6回が最高と分かった。同年代同士の情報交換は、励みになり、安堵感も与える。

 話が、来年の「第4回金沢マラソン」におよび、3回連続で抽選漏れになった人数は390人だと聞き、4回目を優先して貰えるのかと淡い期待を持った。それは虫が良すぎるが、来年を逃したら、もう走れないかもと思うと、籤運に賭けるしかない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★2017年マラソン大会の総括

2017-12-04 08:54:35 | スポーツ
 11月26日の小豆島を最後に、今年の全レースを終えた。レース数は、昨年と同じ6回で、種目別の内訳は、ハーフ1、10㎞4、6.4km1だった。

 年一年、出場回数と距離が減るのは、自然の流れと心得ている。しかし、一年を通じて、足腰の故障が多く、満足に走ることが出来なかったことが悔やまれる。

 来年は、後期高齢者の仲間入りをする。今年以上に、健康維持が難しくなるが、「ながら運動」と「ついで運動」のメニューを思案中で、予防医療に努め、故障せずにランニングを楽しみたいと思いを新たにしている。
★2016年度マラソン大会の総括
 これからが本格的なマラソン・シーズンだと言うのに、私には、11月27日の「第37回小豆島マラソン」が今年の最終レース。 さんざんな成績に終わった一年を総括してみると、出場した......
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★第38回瀬戸内海タートル・フルマラソンを終えて

2017-11-29 09:54:50 | スポーツ
 11月26日、紅葉見物客で賑わう小豆島土庄を舞台に開催された第38回瀬戸内海タートル・フルマラソン大会は、気温15度、薄曇り・微風の好条件に恵まれた。

 午前9時30分のフル、40分のハーフのスタートを見送り、9時50分に10kmの部がスタートした。故障の回復状態をみるため、前半5㎞のペースを7分30秒/kmと設定し、折り返し地点での状態で、後半のペースを考えることにした。

 スタートして間もなく、商店のウインドー・ガラスでフォームをチェックしたら、前かがみで腰が落ちているので、背筋を伸ばそうとしたが、足元がもつれて思うに任せず、そのままの姿勢で走り続けた。

 2km過ぎからの登りで、一人二人と先行ランナーをとらえ、徐々にエンジンがかかり始めた。中間点の通過タイムは、36分19秒で、設定ペースより1分以上早かったので気が楽になった。

 完走タイムは、1時間11分15秒だが、収穫は、前半より後半の方が速かったこと。それ以上に、足腰の故障個所が再発しなかったことを素直に喜んでいる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★小豆島マラソンへゴー!

2017-11-24 10:19:45 | スポーツ
 今朝、窓ガラス越しにどんよりした暗い空を見上げていたら、50年ほど前、岡山県出身の友人が、「金沢に居ると色を失う」とつぶやいた言葉を思い出した。

 生まれてから、ずっと当たり前のように見続けてきた私には、唐突で意外な言葉だったが、その時は「美大生の感覚」で片づけた。しかし、社会人になって5年後、東京に転勤した時、ようやく、その意味を実感した記憶がある。

 日頃、気付かないことを指摘されると、新鮮な感覚に浸ることが出来る点で、人的交流や旅行が果たす機能は大きい。

 冬の北陸特有の暗い空とおさらばして、明日から3泊4日のマラソン旅行に出発する。また新たな出会いと発見があると思うと、レースへの不安が吹っ飛んだ。

 次回更新は、29日の予定。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加