毎日がちょっとぼうけん

大阪→中国江西省南昌→大阪→中国山東省菏澤と国をまたいで移動する身にしてみれば国際平和は何より大事。

「ゲストハウスのwifiが弱弱しい」No.2010

2017-07-18 02:13:22 | 中国事情

昨日はタールージというチベット仏教のお寺を見学し、

あわや高山病?みたいな立ちくらみがして、

初めての体験に我ながら驚きました。


それでも昼食をしっかり食べ、車でグングン標高高く登り、

途中、草が生えているだけの山に

羊やチベット牛が放牧されているのを見ました。

平地と山岳地帯の違いはあるけれど、

以前訪ねた内モンゴルの草原とこの地域は、

遊牧生活をしている点でとても似ていると思いました。


そうこうして行くうち遂に、

こんな高い所によくここまで広大な塩水湖があるもんだという、

存在自体が不思議に思える青海湖にたどり着きました

青海湖は今が最も美しい季節だそうで、

周辺は油菜の畑が一面に広がり、

記念撮影している人々がたくさんいました。


夜は道に迷いながら夜中の12時頃、

なんとかチベット家(テントハウス)に泊まれて本当によかった(涙)。


写真もたくさん撮ったので、

さあ、今晩の宿泊所(チベット人の民間ゲストハウス)で

ブログに写真をUPしようとしたところが、

wifiが制限付きということで

どうしても画像フォルダにコピーできません。


何やかやありますが、

余立君さん母子のリーダーシップに身を委ね、

懐かしい周文毓さん、施芳芳さんたちとの邂逅を歓びつつ

人生で初めての中国西北の旅を満喫しています。

青海省の美味しいヨーグルトを

連日食べられるのもありがたいことです。


今日はチャカ塩湖と可魯克湖・托素湖に行って、

なんと不思議な湖だらけであることよと、

自分の無知をまたまた思い知りました。

西北地方には多くの少数民族が

それぞれの歴史を持ちつつ、同じ地域で暮らしています。

この旅をきっかけに日本に戻ったらこの地域について

勉強しようと思いました。


今夜止まっているのは大柴旦という町のチベット人の

民間ゲストハウスです。

ここに泊まることに決まったのは実は今日です💦

それも追ってお話しできると思いますが夜も更けました

写真無しでお粗末様ですが、

今日はこれにておやすみなさい(北京時間1:39a.m.)

 

ジャンル:
その他
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「青海省に来ましたよ~♡」No... | トップ | 「写真で綴る青海省から甘粛... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新しい体験 (こきおばさん)
2017-07-18 05:35:57
中国の大きな自然に触れる毎日のようですね。
新しい出会いに大きな刺激を受けて、一回り大きくなれることでしょう。
食べ物がからだに会いますように。
写真を楽しみにしています。

コメントを投稿

中国事情」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL