波打ち際の考察

思ったこと感じたことのメモです。
コメント欄はほとんど見ていないので御用のある方はメールでご連絡を。
波屋山人

今年はクルーズか?

2012-01-15 00:24:03 | Weblog
イタリアでクルーズ船が座礁したらしい。めずらしい。
通常の航路を離れていたのだろうか。

時事通信の「大型豪華客船」という言い方はちょっと大げさだ。
イタリアの客船会社、コスタ・クルーズの船はカジュアルなものが多い。
東欧出身の船員を安く雇ったりしてコストダウンに努め、オーシャンビューの船室でも1週間で10万円しない。
「大型カジュアル客船」というレベルではないだろうか。

冬はクルーズのシーズンではなく、地中海も寒い。
この時期のクルーズは安く、それほどお金持ちが参加しているわけでもないだろう。

今年はクルーズに参加するのもいいかなと思い、
ときどきcruise.comとかcruisedirect.comなどのサイトをチェックしている。

秋に、ホノルルかヴェネチア出発の安いツアーにでも参加できないかなと思う。
残念ながら、日本発着のクルーズはどれも高い。
たかだか1週間の旅でも何十万かするものが多い。
欧米なら7~8円のクルーズも多いのに。

1週間ハワイ諸島をクルーズして、1週間ホノルルのあるマウイ島をレンタカーで一周してゆっくり、とか
1週間地中海をクルーズして、1週間ベネチアとかトスカーナの風景を眺める、とか
切り詰めれば1人20万以下で可能ではないだろうか。
安上がりで楽しいツアーだと思うのだがどうだろう。
行きたいなぁー。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120114-00000077-jij-int
■大型客船が転覆、3人死亡=日本人に被害なし―イタリア
時事通信 1月14日(土)19時1分配信
 【ジュネーブ時事】イタリアからの報道によると、同国中部の地中海に浮かぶジリオ島沖で13日午後8時(日本時間14日午前4時)ごろ、乗客・乗員約4200人を乗せた大型豪華客船「コスタ・コンコルディア」(全長290メートル)が座礁、転覆し、海に飛び込んだ男性ら少なくとも3人が死亡した。在イタリア日本大使館によると、乗客に日本人が含まれているが、死者やけが人の情報は入っていない。
 事故は、ローマから北西に離れたチビタベッキア港を出港して約3時間後に発生。大きな衝撃音とともに船内の電気が消え、物が床に散らばった。夕食の最中だった乗客はパニックに陥ったという。
 乗客らは救命ボートを使ってジリオ島に避難したが、浸水で船は右側に大きく傾き始めたことから、沿岸警備当局が船に残された約50人をヘリコプターで救出した。AFP通信によると、少なくとも14人が負傷した。 

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120114-OYT1T00404.htm?from=navlp
■イタリア沖で客船座礁、3人死亡…日本人は無事
 【ウィーン=末続哲也】イタリア中部ジリオ島の沖合で13日夜(日本時間14日朝)、大型クルーズ船「コスタ・コンコルディア号」(乗客乗員約4200人)が座礁、浸水した。
 船体が大きく傾いて動けなくなり、乗客は救命ボートなどで脱出した。ANSA通信によると、脱出の際、3人が海に飛び込むなどして死亡、14人が負傷した。
 在イタリア日本大使館によると、乗客の中には日本人が43人いたが、死傷者の情報は入っていない。
 座礁した船は全長約290メートル、客室数は約2000。何らかの障害物に衝突した後、乗客らを脱出させるためジリオ島に接近を試みたが、島の近くで動けなくなった。船は進行方向の右側に傾き、時間とともにほぼ横倒し状態となった。
 船内に取り残された乗客の一部は、ヘリコプターで救助された。
(2012年1月14日23時11分 読売新聞)


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弱者による差別、被害者による加害 | トップ | 正体 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
gate exam (gate result)
2016-02-16 16:10:21
download yyour gate 2016 rank card according to your hall ticket number here for free now

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。