波打ち際の考察

思ったこと感じたことのメモです。
コメント欄はほとんど見ていないので御用のある方はメールでご連絡を。
波屋山人

Rich Slaves or Poor Independent(豊かな奴隷か、貧しい独立者か)

2011-04-24 17:07:04 | Weblog
ぼくは車を持たない。家も買わない。生命保険にも入らない(都民共済には入ってるけど)。
腕時計もペンケースも鼻かみティッシュも持たない。
出かける時はてぶら。あるいは、小さなバッグをたすきがけにして両手を自由にしている。

朝、風呂に入ってからカモミールティーを飲んで心を落ち着かせる。
風呂ではたわしやタオルを使わない。ストレッチを兼ねて両手で体を洗う。
足はかかとや足裏をこすりあわせて角質をとる。
整髪料はつけない。
襟付きシャツの下にTシャツを着るのはいやだったけど、最近は着てしまうこともある。
下着のストックがなければセミオーダーのチノパンを直接はく。
靴はドクターマーチンのブーツかパトリックのスニーカーが基本だけど、中古で購入したものが多い。

あまり贅沢はしないけど、リーズナブルでおいしいものには興味がある。
昨日注文した長野の馬刺しは、送料も入れて1キロ4千円しない。
脂を注入した人工的な霜降りではなく、天然の霜降りだ。
先日は刺身用のツブガイを買ってきて、刺身にしたりつぼ焼きにして食べた。
危険部位を食べると幻覚が見えるという話をきいたので、おそるおそるためしてみた。
眠くなるだけで何も幻覚は見えなかったけど、甘みがある危険部位はなかなかおいしく日本酒が進んだ。

震災の被害にあった東北地方を応援するために、東北のお酒をどんどん飲んでいる。
ただ、被害の一番大きかったところのお酒はあまり出回っていない。
福島の内陸部、山形、岩手、青森などのお酒を飲んだが、まだ福島や宮城の沿岸部のお酒はまだ飲んでいない。

それはともかく、あいかわらずマイペースな日々をすごしている。
街路樹のけやきの芽吹きや、住宅街の梅の若葉のしなやかさや、道路わきのタンポポやホトケノザやハコベラの活力ある様子を眺めながら、秩序や無秩序、組織と逸脱、何かを排除する指向性を持たなければ複雑な構造物を作り上げることは不可能なのか、などといった混沌としたイメージをかかえている。
言葉で論理的に考えているわけではない。
ただ、言葉にならないイメージを意識下に何年もかかえていると、そのうちに心にフィットする理解を得ることができる。
即答性が求められる現代において、のんきにいろいろ夢想していられるのは、子ども時代にあまりにも暇な田舎の日々を過ごしてきたからだろう。

子どもの頃はずっと死について考えていた。
言葉にはしにくいけど、結局死というものは、竜巻や渦巻きが消えていくようなものだと考えるに至った。

所有欲にあまりとらわれなくなり、金銭欲、色欲にもとらわれなくなってきたけど、それは何かを我慢しているということではない。
ソフトドリンクよりもワインや日本酒の繊細な味のほうが楽しく感じられるようになってきたことと似ている。

ときどき、これからどうしようかと、ふと思う。
家を買うことや保険に入ることや結婚することや会社員になることを当然のように考えて、それを受け入れている人が多い。
だけど、あたりまえのように受け入れることによって、誰かの餌食、言い換えれば誰かに利益を提供する便利な人になっていないだろうか。
金銭的、物質的には豊かな満足のいく生活ができるかもしれないけど、それによって自分の世界観は発達するだろうか。
誰かにとって都合のいい便利な客になって、それで自分の人生がコントロールできるだろうか。

10年20年働いてせっかく1千万2千万ためこんでも、5千万も6千万もするマンションの頭金にして、借金を背負い込む人が多い。
はたして、マンションは買わなくてはいけないものなのだろうか。

マンションも車も保険も服も入浴剤も、売れなければ困る人がいる。
利益を生み出す仕組みをつくりあげた組織は、その仕組みを維持していこうとする。

しかし、ほんとうに必要なもの、ほんとうに価値のあるものだろうか。
自分でコストパフォーマンスを計算して購入しているだろうか。

世の中には高収入を得ている人も多いけど、住宅、車、食事、服などに使うお金が増えるだけという人は多い。
金持ちが、金持ちでない人よりも、知的なことや芸術的なことを楽しんでいるというわけでもない。

「価値」ということについて自力で考えず、自分の所属する共同体の価値観に自分を合わせていると、いつまでたっても集団行動から抜け出せないのではないだろうか。しかも集団の後方。

子どもの頃、母の日に裏山からとってきた観葉植物を鉢に入れて渡したことを思い出す。
家には、ぼくが裏山からとってきたユキノシタや春蘭やピンクのスミレや小さな苗木などがあった。
山にあるときはまったく価値のないものなのに、鉢に入れたとたん、鑑賞の対象にもなれば商品価値を持つものになる。
子ども心に、その変化はとてもわくわくする驚きに満ちたものだった。

大人になってからも、裏山のただの雑木だったカクレミノという常緑樹が住宅やレストランの植木として配置されているのを見ると、平凡な日本人が海外で外国人として注目される、といったような立場の変化を感じた。

ぼくが好奇心を刺激されるのは、やはり価値の創造だろう。価値ある視点の提案。
それができるのは、雑誌だろう。さてさて、これからどうしようか。

とりあえず今から代官山に行って東京地裁の競売に出ている物件を見てみようかと思う。
代官山はいつか住んでみたい土地だ。借金しないで買えるものなら、買いたい。
震災によって多くの人が不動産購入を敬遠する今こそ、ねらい目かもしれない。

コメント (1)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

戦争と震災

2011-04-16 10:08:26 | Weblog
ぼくにとって戦争は遠い世界のものだった。現実感はなく、どのようなものか実感がわかなかった。
第二次世界大戦の後から現代日本の歴史が始まっているという印象を持っていた。

ただ、戦後の復興の速さや、戦前の工業の発達や民主主義思想の普及レベルを考えると、戦前と戦後がまったく断絶したものではないとうっすらと感じてはいた。

戦争で痛い目にあった人がもう二度と戦争を体験したくないという気持ちはわかるし、
戦争に負けて自分の考えを全否定された人が反発を感じるのもわかる。

でも、戦後民主主義者も反戦運動家も国粋主義者も、思考や行動のパターンには似たものがあるのかもしれない。表現形式が異なるだけかもしれない。

そんなことをふと思ったのは、今回の震災に、第二次世界大戦との共通点を感じたからだ。

3月11日(金)午後の震災。
人々は突然の災害に振り乱すことなく、状況を受け入れ、粛々と対応した。
抗(あらが)ってもどうしようもないことに対して、感情をあらわにしない。
見たことのない津波の風景をテレビで見ても、どう反応すればいいのか戸惑う。
戦争の時も、淡々とした日常が続いていたのだろうか。

原発施設の復旧に挑む作業員。瓦礫の山に立ち向かう自衛隊員。行方不明者を探す被災者。放射能があることも覚悟して被災地に物資を届けるボランティア。出せるだけの所持金を募金する人。
多くの人が献身的に動いている。
戦争の時も、災害に対応する時のように、人々は出兵していったのだろうか。
身近な人を守るために兵士となった人もいるだろう。
戦争においても、共同体の存続の一大事にあたり献身的に働くという姿勢の人は多かっただろう。
勤労奉仕はボランティア、金物や油の供出は募金のようなものだろうか。

津波が迫ってきても、消防団員は水門を閉めるために堤防に向った。
車で逃げる人は津波が迫ってきてもなかなか渋滞の列から走って逃げようとしなかった。
原発で働く人は放射能が不安でも仕事場に戻った。
戦地に赴(おもむ)いた人も、疎開しないで都心に残っていた人も、死ぬ確率がかなり高いと意識していた人は少なかったかもしれない。

東京電力や政府は、放射能が漏れていても健康に問題がないレベルだと言う。
ごまかす気はないのだろうけど、事を荒げたくないという深層心理を感じる。
無意識に、「推測の情報で人々を不安にさせてはいけないから」「暫定値だし、機器も正常じゃないかもしれないし」「一般の人には不要な情報だろう」などと勝手に理由をつけて情報を選択しているのかもしれない。
大きな損害があっても国民に発表しなかった大本営も、嘘をつく気はなかったのかもしれない。

情報の不足により、デマや風評被害も見られる。
すでに原子炉の底が抜けてコンクリートに落ちていると断言する人。
被災地で泥棒が多発していると言う人。
そういった報道に対し、根拠のないデマが出回っていると言う人がいる。
だけど、原子炉の状況がきちんと把握できるわけではないし、実際に被災地の金庫からお金が取られたり遺体のポケットから財布が抜かれているのを見た人の証言は否定しにくい。

福島や千葉や茨城の農産物が風評被害で売れないというけど、ほんとうに安全なのかどうか、きちんとした計測はされているのだろうか。

何をもって、ある情報がデマや風評なのか、判断することはむずかしい。きちんと根拠を示さなければ、デマや風評で被害を受けている、という発言自体が偽情報になってしまう。

そういえば、関東大震災のときに在日朝鮮人の人が多数殺されてしまった発端は、社会に不満をもっていた朝鮮人がどさくさにまぎれて井戸に毒薬を投げ込んだというデマだった。
だが、完全に根拠のない偽情報だったと証明することは難しい。
戦争中も、デマだデマだといい続けて、それがデマだと認識されることがあったのかもしれない。

政府民主党は、自民党や公明党との大連立を模索した。
その構想を聞いて、第二次世界大戦中の大政翼賛会を想像した人も多いだろう。
共同体の存続をおびやかす一大事においては一致団結して立ち向かう必要があるということなのかもしれないけど、第二次世界大戦中の日本政府もそのように認識していたのかもしれない。

そして、震災の地に天皇が向かった。
その姿に、戦後各地を行幸した昭和天皇の姿と重ね合わせる人もいるだろう。
各地をまわり、人々に姿を見せ、人々のことを認識し、思いを共有する。

打開策を指示したり、弱った人を励ましたりするのは、天皇の仕事ではない。
社会的善悪の判断基準を超え、人々のことを認識し、人々の安寧を願うだけなのかもしれない。

基本的に、天皇は自分の意見を主張しない。
日本の天皇はエンペラーと訳されるけど、実際は祈祷者とか神主とか巫女のトップに近いのかもしれない。
山と平地の境で成立した大和王権の権威は、山地と平地、倭人と渡来人、一般人と被差別民、政治と神事、組織の強化と逸脱、暴力と平穏など、さまざまな境を行き来して存続してきた。
天皇が自分の価値判断基準によって何かを否定したり攻撃することを避け、言葉を選んですべて受け止めようという姿勢には、興味深いものを感じる。

戦時中も現在も主張しない天皇は、組織の強化に努める政府に利用されるだけなのだろうか。
天皇のように、すべての国民、人々、生物、植物などを認識しようとする姿勢に共感する人が増えれば、日本社会における思考や行動のパターンが変化し、政府や経営陣や一般人や、戦後民主主義者や反戦運動家や国粋主義者の姿勢も変わるかもしれない。


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加