波打ち際の考察

思ったこと感じたことのメモです。
コメント欄はほとんど見ていないので御用のある方はメールでご連絡を。
波屋山人

殺人予告者を叩く予告

2011-02-11 16:18:20 | Weblog
ぼくは違法行為を行わない。
免許はずっとゴールド。薬物はもちろん、ギャンブルにも風俗にも手を出さない。
暴力行為や窃盗行為もしない。
だから、叩く、という言葉を使っても、違法行為を行うわけではない。


先日、無差別殺人を行うという予告が2chに書き込まれていたらしい。
男3人で2月11日(金・祝)の午後21時?に車とナイフで通り魔をするとか。
おそらく、本気ではないだろう。

集団での通り魔殺人事件はあまり例がない。圧倒的に個人的な行為が多い。
境遇を共有する2人による事件はあるけど、3人以上になるとなかなか聞かない。
集団だと思いの共有に微妙なずれが生じやすい。

また、本気で人々に事件をアピールする気があるのなら、明るい日中に事件を起こす。
夜9時、高島屋閉店後の新宿南口で車やナイフを使った殺人を行っても、手ごたえは少ない。

大きな事件を起こしカタルシスを得ようとするのであれば、車とナイフという装備も貧弱だ。想像力が乏しい。
本気であれば、爆弾や銃器や毒ガスなど殺傷力の強い武器を使用する。

ナイフで暴れても、せいぜい数人を傷つけるうちに腕力のある人に拘束されてしまう可能性が高い。
下手をすれば反撃してきた一般人によって、リンチ、晒し行為などの辱めを受けるかもしれない。

だから、ぼくは今回の殺人予告者は本気ではなく、低いレベルのしゃれにならないジョーク、あるいは自暴自棄なストレス発散コメントだろうと感じるのだが、もし本気であれば、何か対処方法を考えたい。

そういえば、ぼくは願いを持てばなぜか叶うことが多い。
中高のときからヨーガや密教の真似事のようなことをしていたから、深層心理が何かにリンクするようなことがあるのかもしれない。

今回の殺人予告者が思考能力や運動能力を低下させれば、事件を起こすことは困難になる。
殺人予告者の特徴を思い浮かべ(もてなさそうな男だなぁ。脳機能にすこし問題があるのかな)、彼の行動力を抑制させてみよう。今、ひさびさに印を結んでマントラを唱えてみた。
(もし、殺人予告者君が急に体調不良になったらご連絡ください。人に迷惑をかけることをあきらめるならロックを解除しよう)

事件を起こすにしても、1人は車、2人はナイフを使うらしいけど、ナイフの使い方は知っているのだろうか。
新宿にはナイフの扱いに慣れた人も多い。
下手に暴れるとあっという間に逆襲される。
ナイフを奪われ、目や喉を切られ、みじめな思いをするかもしれない。

そういえば、ぼくはナイフや日本刀に何の関心もないけど、幼い頃からずっと刃物は手にしていた。
幼稚園児の頃からナタやカマに親しみ、裏山で竹や木を切りまくっていた。
高校のときには鉄パイプを真っ赤に焼いて叩き、反りのある刀のようなものを作ったこともある。
ナイフを投げて突き立てる練習もしていたなぁ。

今も、勤務先の袖机にはウイグルナイフを置いているし、
手元には大きなグルカナイフ(ククリ)がある。ネパール製の本物だ。
グルカナイフはナタにも似て、刃にかなり厚みがある。
あれで殴るように切れば太い骨も断ち切られる。

深夜に歌舞伎町周辺を歩いていると職務質問を受けることもあるから、普段刃物は持って歩かない。
しかし、新宿で通り魔をやるという予告があるのであれば、グルカナイフを下げて出動することを検討したほうがいいのかもしれない。
通り魔の持ったナイフを、腕ごと切り落とすこともできる。

ただ、素手で立ち向かうことも可能だろう。
手刀の先端を相手の喉か目に突き立てればいい。
ぼくの指は細いけどけっこう骨は固いのだ。
先日は飲みすぎた日にがんがん手刀の指先をコンクリートの壁に突き込んで軽い突き指状態になってしてしまったけどもう治っている。
あの突きを急所にくらったら呼吸ができなくなるだろう。

あるいは、つま先に鉄板の入った安全靴で脛(スネ)か股間を蹴り上げようか。
入社試験のときにも安全靴を履いていたぐらい、安全靴愛好家なのだ。

ぼくが毎日のように通過する新宿駅の周辺において、目障りな行為を宣言するというのは、ぼくに対する挑発だと見なす。
ぼくは挑発に乗りやすいから、通り魔殺人予告者は、それなりに覚悟をしておいてもらいたい。
ただ、一切法にふれることはしないつもりだ。


<参考>予告.in
http://yokoku.in/detail?num=21639

<参考>ロケットニュース24より
http://rocketnews24.com/?p=72377
■ネットで新宿無差別殺人予告「必ず実行する。アキバより多くの人が死ぬだろう」
2011年2月8日
インターネット掲示板に、新宿で無差別殺人をするという犯行予告が書き込みされ、物議をかもしている。犯行予告の書き込みは複数されており、2011年2月11日午後21時ぴったりに新宿駅で無差別殺人をすると予告している。犯行予告している人物の書き込みは以下の通り。
・犯行予告している人物の書き込み
「2011年2月11日午後21時ピッタリに新宿駅(前、新南口だったところの階段の降りてハイウェイバスの入り口あたり)で3人組で通り魔を起こす。死にたくない人はゲームに参加しないことだな!!」
「必ず実行する。アキバより多くの人が死ぬだろう」
「3人組で通行人を殺すんだよ!! 楽しみだ!!!!!!」
「当日は一人は車で通行人に突っ込み、残りの2人は通り魔てナイフで通行人を殺す」
「本番当日もここに書きこみするからな!! 実況中継はできないが、殺る1時間ぐらいまえまではここにくるかもな!!!」
(引用掲載ここまで)
この人物はほかにも「プロフィール 29歳、27歳、30歳ってとこだな。男3人組だぜ!! あとは捕まった時に分かるだろう」とも書き込みしている事から、無差別殺人をしたあとに逮捕されるのを覚悟していると思われる。
(後略)


追記
さっき新宿から帰ってきた。
9時前に新南口に着くと、すでに警察官が配置され、野次馬も集まっている。
ノートパソコンで実況を中継しているような若者もいる。
道沿いにロープが張られ、通行が制限されている。
集まっている若者たちも、警察官も、あまり緊張感はない。
100人以上の人が集まっている中で何かを起こすのはむずかしいだろう。
もしかしたら、殺人予告者も野次馬の中にまぎれて写真を撮ったりしているかもしれない。
おたくっぽい人が写真を撮っているのを見つけるとその様子を写真に撮ってみた。
9時がすぎても案の定何も起こらない。
時間を守らない人に興味はないから、ぼくはすぐにその場を去り、スーパーに立ち寄って帰宅した。
今夜はツブ貝の刺身でも食べようと思う。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奈良 | トップ | 日本酒をダメにした人たち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。