波打ち際の考察

思ったこと感じたことのメモです。
コメント欄はほとんど見ていないので御用のある方はメールでご連絡を。
波屋山人

GWベトナム中部滞在と、消費学

2010-04-17 01:06:50 | Weblog
去年のGWはホーチミンからファンティエット(ムイネー)、ファンラン、ニャチャン、ホイアンなどを訪れた。
ひなびたファンランのニンチュービーチやホイアンの古い町並みが彼女に好評だったので、今回は古都フエとタムハイ島の隠れ家ビーチに滞在しながら、ホイアンも再訪するというプランを練ってみた。

5~6年くらい前にフエを訪れたときは、特に見るべきものはないところかなと思ったけど、精進料理やビールはなかなかセンス良く、落ち着いた味わいを楽しむことができた。
最近は新しいリゾートホテルも続々と建築され、特に「ラ・レジデンス リゾート&スパ(La Residence Resort & Spa)」は瀟洒なたたずまいが人気らしい。

このホテルのデラックスルームに2泊して、名物のコムヘン(しじみごはん)や精進料理を食べに行く。王宮はミニチュア紫禁城みたいな感じだけど、さらっと見ておこう。
夕食は宮廷料理を食べてもいいし、日本のNGOが運営している日本家庭料理レストラン「子どもの家」で生のフエ地ビールFUDAとフエの地酒越の一(えつのはじめ)を飲むのも楽しそうだ。

■La Residence Hotel & Spa: Traveler Reviews
(166人中116人がエクセレント評価)
http://www.tripadvisor.com/Hotel_Review-g293926-d585172-Reviews-La_Residence_Hotel_Spa-Hue.html

■Kodomonoie
http://www.tripadvisor.com/Restaurant_Review-g293926-d1630640-Reviews-Kodomonoie-Hue.html

■小山道夫さん(ベトナムの「子どもの家」を支える会代表)
http://www.vietnam-sketch.com/column/japanese/2006/05.html

フエの後はダナンを通過してホイアンに移動。
(ダナン郊外のソンチャー半島のリゾートを再訪したかったけど、あきらめた)
タイトなスケジュールは立てたくないので、ホイアンでの宿は未定。
昨年と同じく伝統建築ホテル「ヴィンフン1」のスペシャルルームに泊まってテラスから通りを眺めてもいいし、安宿に泊まって町歩きや川下りを楽しんでもいい。
翌日はすぐタクシーで1時間半&ボート15分のラ・ドメーヌ・ドゥ・タムハイ(La Domaine de Tam Hai)に向かう。

■Le Domaine de Tam Hai: Traveler Reviews
(37人中29人がエクセレント評価)
http://virtualtourist.tripadvisor.com/ShowUserReviews-g298082-d656454-r18661930-Le_Domaine_de_Tam_Hai-Hoi_An.html#REVIEWS

ここも評価の高いリゾートだ。
静かで、何もなく、ただぼんやりとたたずむことができるらしい。
ニャチャンのようなにぎやかなところをあまり好まない彼女は、きっとダナンやホイアン郊外にある高級ビーチリゾートよりも、こちらのほうを好むだろう。

ル・ドメーヌ・ドゥ・タムハイで3泊した後は、またホイアンに戻って1泊。
ダナン空港からホーチミンに戻り、ちょっと市内を散策してから東京に戻る。

現地滞在は去年と同じく、丸8日。
いつもは、大まかな訪問地を決めてから現地で安宿を見つけるスタイルだけど、今回は珍しくほとんどの宿泊地が決まっている。しかも、高級リゾートホテル泊。

バックパッカー上がりのぼくには珍しいことだけど、べつに無駄遣いをしているわけではない。
2人でGWにANA直行便でホーチミン往復して、ホーチミン→フエ、ダナン→ホーチミンのベトナム航空国内線を利用して、高級ホテルに5泊、その他2~3泊して、タクシーやバスを使って、食事をして、1人10万円前後かな、といった感覚だ。
普通に予約するともっと高いし、ツアー会社に頼んだら倍くらいかかるかもしれない。内容の割には、非常に安上がりなプランになっている。
弟夫妻の3分の1くらいの世帯収入しかない質素なぼくたちにも無理なく楽しめる、お金のない人向けのレジャーなのだ。

バックパッカーの一部の人はとにかくお金にうるさい。ケチる。
できるだけ安い値段で、それなりのものを得ようと努力する。
提示されたぼったくり料金を安易に払ってしまえば、今後も観光客や日本人はずっとなめられ続ける。
他の観光客がぼったくられないためにも、ここでしっかりと観光客をなめるなということをはっきり示しておこう、という意識はわかる。

だけど、何でもかんでも節約することが目的のようになってしまった人は、あまり幸せそうには見せない。
貯金することや知識をためることや時間をセーブすることが目的になってしまった人は、
どのようにお金を使うか、どのように知識を使うか、どのように時間を使うか、といったことを考える「消費学」を学んだほうがいいのではないだろうか。

お金も外国語も時間も、端末機も土地も服も、ためこんだり集めたりすることが価値を得ることだと考えるのは幻想だ。
長い間我慢して何かを得ても、得たものを活用しないと我慢した意味がない。
我慢しないで楽な日々を過ごしても、結果的に辛い日々に陥ってしまえば、楽しい過去も霞む。

お金をどのように使えば効率的に活用することができるか、
外国語をどのように使用すれば効果的に意思の疎通をはかることができるか、
時間はどのように使えば人生を豊かにすることができるか、
どんな端末機をどのように活用すれば、何を生み出すことができるだろうか、
どんな服をどのような状況で使えば、効果的に自分を表現することができるだろうか、
そんなことを学ぶのが、かしこい消費者になれる「消費学」だ。

消費学を知らないで消費生活を送ると、大人になっても子どもの頃の感覚で物事を判断してしまうおそれがある。
子どもの欲望を肥大化させたような無駄遣いをしてしまい、何も後に残らないということになりかねない。
あるいは、不動産会社や食品会社、自動車会社や服飾ブランドの広告戦略に踊らされ、彼らのためにお金を貢ぐことにもなりかねない。

カンのいい人はストリートファイトの中で、武道に通じる技を見出して強くなれるだろうし、消費生活の中で無駄のない技を使える達人にもなれるだろう。
だけど、多くの場合、武道の心得がない一般人は暴漢に立ち向かえないし、消費学の心得がない人は商社や広告会社に立ち向かえない。

指先を最大限に効率的に活用できる武道家は、きっと全身を使っても効率的に動くことができる。
千円を最大限に効果的に活用できる人は、きっと1億円でも効果的に活用できる。

消費学では、まず価値ということについて考える。
価値とは何か、なぜ人は価値を見出すのか、ほんとうにその商品は価値があるのか、高価だけど価値を考えると安いものとは、安価だけど価値を考えると高いものとは、等々。

次に、消費技術を学ぶ。
いつどこで何を消費するのがお得なのか、安く買ったものの価値を高める方法とは何か、一般人の裏をかく消費とは何か、等々。
現在の市場の特徴についても学ぶ。誰がどのような影響を与えているのか、どういう前提で話は進んでいるのか、どんな消費者が損をしていないのか、等々。

学校で習う場合は、消費者実習や悪徳商法演習も重要な講座だ。
消費とは何か、価値とは何か、市場とは何か、そういったことを幅広く認識した上で消費を行えば、ふしぎなことに収入が少ない人でも豊かな生活を送ることができる。
それどころか、視点が変わるとお金がたまり始めるようになる。

ほんとうはユダヤの人は大昔からこの消費学のことを知っていて、彼らは豊かに賢くなっていった。だけど、「他の人たちに真似されたくない」「賢い消費者を増やして物を売りつつけにくくなるのはこまる」と考えて内緒にしてきた。というのは嘘。
そもそも、「消費学」もぼくのでっちあげでしたー。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

デトメンスープ

2010-04-16 00:55:08 | Weblog
飲みすぎて体調不良に陥った翌日、ぼくは特製デトメンスープ(デトックス&免疫力アップに効くスープ)を作ってどんぶりに2杯飲んで体調の回復を試みる。

基本はタマネギとショウガが大量に入った味噌汁。
昨日の材料は、新タマネギ3個、ショウガ半パック、白マイタケ1パック、エリンギ5~6本、コリアンダー(パクチー)2株、豚肉細切れ1パック、味噌、鶏がらスープ、胡椒。
上記でどんぶり約4杯分。

タマネギは適当に切り、エリンギは手で細く裂いてゆでる。白マイタケは手で軽くつぶし、コリアンダーは根も刻んで入れる。最後に味噌を目分量で入れてしばらく煮る。
ショウガの効いた豚汁みたいな味わいが、二日酔いの体にしみわたる。

コリアンダーにはデトックス効果が期待できるという説がある。
キノコには免疫力向上効果が期待できるという説がある。
ほんとうかどうかはよくわからないけど、どんぶり2杯を体が欲する。

先日は久しぶりに飲みすぎた。確実に脳に悪影響がある。
水曜日は出社の電車の中で吐き気を感じた。
出社して大量の爽健美茶を飲んだけど、なかなか吸収できなくてトイレで威勢よく噴射してしまった。
もうしばらくは飲まないつもり。
ほんと、飲み放題は法律で禁止されてしまってもいい。ついつい安酒に手が伸びて飲みすぎてしまう。
反省。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カナルカフェでお花見ランチ

2010-04-09 23:04:38 | Weblog
今年もカナルカフェでお花見ランチ。
4月8日は久々に青空が美しい。
明るい日射しが桜の花びらを引き立てている。

水上デッキで彼女とピザやサンドイッチを食べながらのんびりするのが、
この季節の楽しみだ。

飯田橋駅近くのカナルカフェは、この時期になると入り口に長い行列ができる。
行列はなかなか進まないけど、その分デッキは混雑していない。
入る人と出る人の量が調整されているのだろうか。

ボートを漕いでいる人や桜の花を見ながら、コーヒーを飲む。
心落ち着くひと時だ。
(校了前のたいへん忙しい時期なんだけど)

来年は会社の同僚も誘ってみようと思う。
あんまり人に教えたくない場所だけど。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

偽仏教(fake buddhism)

2010-04-03 01:43:52 | Weblog
いま興味があるのは、フェイクブッディズムを標榜する偽仏教(ギブツキョウ)という宗教団体だ。
彼らは、「自分たちは偽の仏教を信じている」と言う。
なんともよくわからない団体だけど、彼らに言わせると、本来仏教は信じるものでもなければ拝むべきものでもないのだという。
それどころか、組織化さえ求めないのが本来の姿なのだそうだ。
小規模でも組織を持ち、ブッダをありがたがり、言葉にならないものに鈍感になりがちな自分たちは、とても真の仏教を名乗る資格はないと謙遜する。

外部に対立するものを見出して組織化を強めたり、論理を理解していないのにありがたい教えだとして全面的に受け入れさせるのは、本来の仏教からグレードの下がった行為なのだという。
複雑な世界観が認識できない人にも理解しやすい、庶民の意識を重視した宗教になっているのが現状なのだそうだ。
ねたんだり責めたり自慢したりしない人たちにしか理解できない認識は、なかなか一般の人に広がらない。

だけど、偽仏教の人たちは、その状態を憂いたりしない。
現状をありのままに受け入れて世の中の構造を認識すると、自分の視点で何かを否定しようという反応が薄れてくるのだという。
そんな態度のままでいると、かつてインドが仏教が衰退して行ったように、偽仏教の人もいなくなってしまうのではないかと思うので、今のうちに彼らへの取材を行っておきたいと思う。

今日は、偽仏教(ギブツキョウ)の偽坊主(ギボウズ)であるジュンジ君に少し話を聞いてみた。

(波)偽仏教をみずから名乗るなんて、珍しいですね。「真」とか「本」ではなくて「偽」というのが斬新です。
(ジ)いやあ、ほんとうに、全然だめですから。真とか本とか言えません。
(波)現在の仏教界で、すごいなと思う人はいますか。
(ジ)日本テーラワーダ仏教協会のスマナサーラ長老は率直でおもしろいですね。
(波)どなたですか、その人は。
(ジ)スリランカ出身の方です。大乗仏教とは違う系統の、いわゆる上座部系の人です。
(波)ダライラマ14世はどうですか。
(ジ)あの人はすごいですね。敵対してくる人に対して、敵対しない。全てを受け入れる懐の深さがある。チベット仏教は大乗仏教系なのですが、ブッダ的意識に近い人だと思いますよ。
(波)日本人では誰かいますか。
(ジ)心理学者の岸田秀さんや芸術人類学者の中沢新一さんは菩薩じゃないかと感じることもあります。かなりきてるんじゃないですかねー。まあ、菩薩っていうのは例えですけど。
(波)大川隆法さんはいかがでしょう。
(ジ)えー、それは答えにくいです。あの人は、なぜブッダが強固な組織を作ったり、書物を残したりしなかったのか、説明できないのではないでしょうか。強固な組織を作ろうとした時点で、ブッダの到達した意識からは遠いところに行ってしまうと思うのです。
(波)それは大川隆法さんに対する否定的な見解ですね。否定しましたね!
(ジ)す、すみません。だからだめなんです。ついつい何かを否定してしまう。まだまだ偽仏教なんです。
(波)そんなことだから、違うものは違う、ってはっきり言わないから彼らは隆盛し、君たちには広がる力がないのではないですか。
(ジ)ごもっともです。でも、そういうものなのです。
(波)正義が勝つとか真理が残るとかそういう意識はないんですか。
(ジ)ないです。そういう概念は、幻想です。
(波)ところで、偽坊主(ギボウズ)という地位は何なんですか。
(ジ)一般的には、坊主というか、僧侶、和尚のようなものです。ただ、私たちは戒律はありません。「何かを禁止されているからしない」、という状態と「その行為をしないのが自然」という状態は全然ちがうのです。だから、髪を剃れとか肉を食べるなとか性的行為はしてはだめだなどとは言われません。
(波)だからモヒカンだったんですね。わかりました!

続きはまたいずれ書いてみよう。
いくつもの「本流」や「真正」を標榜する団体が乱立する中、たった一つの「偽物」が、なんだか本物に見えてくるのはぼくだけではないだろう。


以上、ちょっと思いついた空想インタビューでした。
(偽仏教という宗教団体は存在しません)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日も新大久保でランチ

2010-04-01 23:51:30 | Weblog
「新大久保 ランチ」で検索すると、去年書いたエントリが上位に表示されるようだ。内容薄いのに。
<参考>新大久保ランチ ベスト3
http://blog.goo.ne.jp/ambiguousworld/e/4b1d5cb4182c0803da757e5dfe2b70a7

この冬もいろんな韓国料理屋さんでランチを食べた。
高麗(コリョ)とか本家(ボンガ)とか海辛(ヘシン)とかガムザコルとか李太郎とかスンデ家とかワールドカップとかその他いろいろ。
でもやっぱりオザッキョが一番かな。

・烏鵲橋(オザッキョ)
http://www.yakinikutengoku.com/shinjyuku/ozakyo_honten/index.html

ここは今日もほぼ満席。
女性が8割以上。男性の一人客はほとんどいない。

東方神起の映像が流れる大画面テレビを背に、ひとりカムジャタン(豚の背骨とジャガイモの鍋?)を注文。
端っこのほうの背骨なのか、なかなか骨と骨を外すことができず苦労したけど、肉はたっぷりついている。
スープの甘辛さと肉や軟骨のうまみがすばらしい。
背骨をスープから出した後は、ご飯をその中に入れてクッパ状態。
あいかわらず突き出しのナムルやキムチやお総菜もおいしい。

汗を拭きながら支払うときに、店員の人に「肉がたくさん付いていたでしょう。カムジャタン用に、特別に豚肉の背骨に肉を残してもらってる」というようなことを言われた。
たしかに、900円であんなにボリュームのあるカムジャタン定食はなかなかない。

もう春だから、そろそろ鍋の季節は終わりだけど、またちょっと肌寒い日にはカムジャタンを食べに来たい。


4/2追記
2日連続でカムジャタンを食べた。おいしい!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加