乙女的日記*B

永遠の乙女を目指す日記。(B面)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

暮れの元気なご挨拶。

2009-12-31 | Weblog




いやはや、2009年も残り数時間となりました。
今年のうちにご挨拶を!

二月には、代官山での企画展
四月には、銀座での展示会に参加
六月には、札幌での展示会、もみじ市への参加
と、上半期に集中的になりまして
後期は、落ち着いた制作活動に励む事が出来ました。

クリスマスBOXや作品本、お人形教室と実現する事もでき、
自分なりにかなり頑張った一年だったんだなと、
こうして振り返ると思う事が出来ます。

今年もお人形を好きでいて下さる方との
出逢いが沢山ありました。
本当にありがたく、心の励みになっています。

その事をいつも忘れずにこれからも更なる精進に
努めたいと思います。

来年は、2月末から大きな展示会へ参加が決まっており、
年が明けましたら直ぐに制作に取り掛かる予定で
夢の様な世界を作れたらと思いをめぐらせております。


お人形のお客様、ブログをご覧頂いている皆さま
今年も一年良い年に終わる事ができました。
本当にありがとうございます。

風邪などひかず元気なお正月をお迎え下さいませ。





ユルネンマツ。

2009-12-30 | Weblog


いやはや、あと一日じゃないですか!

大掃除もまぁちょいちょいやりながら
お友達やバイト先の忘年会などに参加したり
していたここ数日ですが
仕事納め・・と、自分で設定した途端
タコの様に骨抜きになってしまった感じでございます。

家の中でぬくぬく着ようとダイエーでフリースの
ワンピースとスパッツみたいな上下を買ったのですが
これがまた寝てるのか起きてるのか分からない
ダラダラする一因となる気がして
このままでは林真須美みたいになってしまう!と、慄きました。
そして、それほど温かくない。

今日は、先日『良いお年を』と別れた幼馴染と
ランチ忘年会をしてきました。
類は友を呼び、自由人な幼馴染達の年の瀬スタイルに
一緒にいて妙に楽ちんだったりします。

夕方からは、一応主婦の自分に戻り年末の買出しに。
やんややんやのおしくら饅頭の様な店内。
狭い店内、後ろの旦那さん達が圧倒的にお邪魔です。
車ん中で待ってて下サイ!

土の付いたもじやもじゃの里芋を遠目に見ながら
剥いた状態の物を購入してしまいました。
あとの具材は、ちゃんと生もので。
価格が倍以上も違う国産と中国産の干しシイタケを前に
死にはしないだろう・・と、中国産を買ってしまいました。
と、言う事はking親分には内緒です。

そんなこんなの年の瀬ですが、まだ実感がありません。
自分の中の年の瀬は、自分が子供の状態での年の瀬の感覚・・
(ソリに乗って買出しに付いて行った頃)が、大人になっても
延々と抜けないのであります。
年越しは実家なので、子供に戻れるのですが。


* いつもよりいい値段のゴム手袋を買いました。
  素晴らしい使い心地!


オーダー受付中です。

2009-12-28 | Weblog


お人形のコラージュ作品集
【夢みるおにんぎょう】の受注販売を致します。
詳しくは、A面日記の方へどうぞ。

全力で走れ 全力で走れ 36度5分の体温

2009-12-27 | Weblog




うーん。
某氏の急死のベールに包まれた情報のお陰で
私のブログまで検索かかりまくりでなんだか。。

クリスマスイブに。
まだ29歳だよ。

ずっと青春でいたいから、
音楽をやっていたらずっとそう居られる気がして。
と、デビュー当時に何かのインタビューで語っていた彼。
きっと、こっからその答えがみえていく
貴重なバンドの一つだっただろうと思ってた。

出逢いは、2005年春。
多分、ちょっと不安定な時期だったと思う私は
なんだか彼らの音楽に救われていた頃だと思う。
ライブでは、まだ彼らが物販に立っていて、
でも、彼の列には緊張して並べなかったんだった。

前髪で隠れた目は、黒曜石みたいに暗く光って
でも、すごく綺麗だった。

最近、ipodで繰り返し聴いてた【CHRONICLE】。

哀しい2009年のしめくくり。
ほんとうに残念。

ご冥福をお祈りします。





ユルリマス。

2009-12-25 | Weblog




クリスマス会の準備をしていたら
ももたんが早くも着席。


一体、どのように経営が成り立っているのかも謎な
隠れた名店でお寿司を頼んだのですが、
今年もやはり一流なネタ揃い。
て言うか私の好きなお寿司は【たまご】【ツナコーン】など
既にお寿司と言えないネタなので、偉そうなこと言えませんが
見た目にも違う感じは分かります。
king師匠は、『醤油もカツオが効いている。これで飯も食える』
と、ぺロリと舐めておりました。ふーん。

そんな子供好みな私なので、
正直【梅】もしくは巻物シリーズのみで
充分なのですが、師匠の分が【特上】なので
『どんだけ家庭内格差?』『このご時世に男尊女卑?』
と、ご心配を受けるのもなんなので【竹】程度に留めました。

ご馳走を食べすぎて、胃が疲れ果てている様子。
年末年始は、気遣ってあげなくては駄目ですね。





狸小路の骨董屋の前のツリー。
衝撃のだるだるな飾り付けにゆるい気持ちに。
この気張らなさ、適当さ・・結構好きです。


狸小路外れにある可愛らしいお店で羊の帽子を買いました。
お店のお兄さんが、【聖☆おにいさん】の
イエスに似てる気がして話していて、
ここでもゆるい気持ちになりました。
アーメン。