何気ない生活

食べて遊んで…時々まじめ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

豆好きな私たち

2015-10-26 | 料理
月に一度、秋葉原にある病院に通院しているのですが、
秋葉原駅の構内で、オーガニック野菜が売られていました。
そこに、千葉産の生落花生を発見。
即購入しました。
だって生落花生なんてそう売ってないでしょ。

私もダーリンも大の豆好き

お店のおじさんに「強めの塩で40分茹でるといいよ。」と言われ、
茹でております→

おつまみにもいいよね

コメント

幸四郎さんの迫力

2015-10-21 | 日記

今日は、Tenkoさんと帝国劇場に「ラ・マンチャの男」を観に行きました。
というのも、観劇チケットが当選したからなんですけど。

ダーリンが子供のころに集めていたという切手シートがたくさーんあるのですが、特に持っていてもそれほど価値がなく・・・
買い取ってもらったとしても6~5割の値段になってしまうので・・・
その切手を使っていろんな懸賞に応募するのが密かな楽しみになっています。

今回も、どうせ当たらないだろうな・・・なんて思っていたら見事当選

とても素晴らしいミュージカルでした。
セルバンデスの「ドン・キホーテ」をもとにした作品なのですが、詳しくは知らなかったので、ダーリンにだいたいのあらすじを教えてもらって予習してからの観劇。
松本幸四郎さんをはじめ、その他のキャストの皆さん・・・やはり一流の方々は違いますね。
Tenkoさんも私も感動
心で何回も「ブラボー!」と叫んでしまいました。
コメント

4周年

2015-10-11 | 日記
何の4周年かというと・・・

4回目の結婚記念日でした

ダーリンと出会ってからは12年目。

夫婦になる前もなってからも特に大きく変わったわけではありませんが、
結婚前から一緒に生活をしていたので、『周囲への説明が楽になった』ということでしょうか。

子どもがいないので、二人家族。
何気ない生活(ブログのタイトル通り)ですが、何気ないひとときに幸せがたさんあるような気がします。
意識しないと気づかないかもしれませんね。

例えば・・・
テレビでコントを観ていて笑うところが同じだったりとか・・・
同時に同じものを買い物してきたりとか・・・
駅からの帰り道で猫と何匹遭遇したか競ったりだとか・・・
一つしかないお菓子は必ず半分こしたりとか・・・

一人じゃなくて二人だから経験できる幸せなのかな?

とりあえずこれからもよろしく。










コメント

全粒粉のプチパン

2015-10-06 | お菓子・パン
このところ・・・
スケジュールが合わなくて、料理教室もパン教室も行けていません。
なので、これまでに習ったものを復習してみようと思い立ちました。

今日は仕事がお休みなので、久しぶりにパンを焼いてみましたよ。
先日、冷蔵庫を掃除したときに、粉がたくさんあることに気づき、古くなるので使ってみようかなと。

捏ねて、発酵して、丸めて、発酵して、切込み入れて、オーブンに入れる。
文字で書くと簡単ですが、この一連の作業に4時間近く費やしました。





いろんな切込みを入れてみたが、
久しぶりのせいか、ちょっと不格好かな・・・

パンを焼いているのに小麦の香りじゃなくて、カレーのにおいがしてきたぞ。
そういえば・・・ダーリンが夜食にインスタントのカレーをチンして食べていたっけ。
オーブンレンジの中で、ダーリンがカレーをこぼしたと思われる。

それをそのままにしていたことがここでバレる。


コメント

同窓生の活躍

2015-10-01 | 日記
友達が人形町で二人展をするとのことで、Tenkoさんと一緒にお邪魔してきました。



今年の8月に同窓会(三重県)があったでのですが、そこで約30年ぶり(中学卒業ぶり)に彼と再会したのでした。
私も彼も、高校卒業後は東京に進学し、その後はずっと東京で生活していました。
東京の大学に進学したことは知っていたのですが、もちろん東京で会うこともなく・・・
彼は立派なイラストレーター 伊野孝行くん になっていました。

私は散歩が大好きで、「散歩の達人」という雑誌をよく見るのですが、神楽坂特集の表紙を担当したりして・・・
偶然にも手に取ったことがあったので、驚きました。

小・中学と一緒の学校でおまけに通っていた塾まで同じだったのに、彼との思い出が私の記憶にはあんまりありません。
ホントにごめんなさいね。
同窓会で、「卓球部だったよね・・・」って話しかけたら、陸上部だった
重ねてごめんなさい。

でもでも、お互い大人になった今、いろんな話をして、一緒にお酒を飲んだり、彼の絵を彼自身に解説してもらいながら鑑賞できたり・・・
同窓会で会った仲間の中では、東京にいるのは私と伊野くんだけだったので、そういう意味でも貴重な存在です。

これからもよろしくね。



伊野くんが描いた伊野くん。

お互いに年を重ねましたよね・・・



コメント