目指せ!ゼロウエイストな暮らし

モノを減らして、ゼロウエイスト。田舎でイラスト描いて暮らしています。

新パッケージデザインしました。再登場「恋愛最中」!

2017年02月13日 | イラストのお仕事
ついにでました! しまやの新デザインパッケージの「恋愛最中」。 「れんあいさいちゅう」と読みます。 バレンタインデーとホワイトデー向けの、最中でして、 この期間だけに販売されています。 パッケージをあけると、 こんな感じの、ハートの形の最中皮になっております。 洋菓子は嫌い、という男性の方、おじさまとか? (ハート型もかわいいし、女性でもいいかもしれませんね) にいかがでしょうか? 和菓子 . . . 本文を読む

今年も金鶴の酒かす、販売中です

2017年01月21日 | イラストのお仕事
以前パッケージデザインと、酒かすレシピを作らせていただいた 金鶴さんの酒粕。 今年も販売されています。 少し前のスーパーでの店内風景ですが、 レシピをカラーコピーして貼ってくださって、ありがたいです。 酒かすがこんな風にずらっと並んで販売されるというのも、 佐渡ならではの風景なのでしょうね。 甘酒、粕汁など、冬ならではのメニューには欠かせない食材ですね。 毎食は無理だけど、ワンシーズン . . . 本文を読む

2017年のしまやカレンダーの紹介

2017年01月08日 | イラストのお仕事
今年もしまやさんのカレンダーを作成させてもらいました。 (新年が始まってからアピールするところが、相変わらずのんびりな私っぽいです。) 今回は、佐渡の観光名所をテーマにイラストを作成しました。 全イラストオリジナルです。 お日柄も入っているし、年中行事も入っているところがちょっとお得なカレンダーです。 今年は年中行事のところに、ぷちイラストも入っています。 さて、イラストの解説。 佐渡に在 . . . 本文を読む

じおこ、空をとぶ

2016年10月07日 | イラストのお仕事
ジオパークのキャラクター「じおこ」が朱鷺に乗って空を飛んでいます。 佐渡らしいイラストですね。 朱鷺の色を何度か塗り直しました。 朱鷺の「ピンク色」にも、見る人によって色々異なるということがわかった 貴重な経験でした。 併せて、南蛮エビ。 佐渡の特産品のひとつです。 何回かやり直しましたが、ボツ原稿はすべて 子供たちの楽しい「ぬりえ」になっています。 . . . 本文を読む

フードバンクのキャラクター、つくりました

2016年02月20日 | イラストのお仕事
フードバンク、ご存知でしょうか? 梱包の不備、B級品、期限切れならぬイベント切れ… 様々な理由で(本当に色々な理由があるものですね) 正規に食することができる商品であるにも関わらず、 廃棄される食品たちを、救い、拾い、必要とされる人たちに渡していく団体さんです。 日本全国に活動拠点を持ち、その活動の必要性を感じます。 「必要とされる人たち」とは、貧困に苦しむ人。 母子家庭の方や、様々な事情 . . . 本文を読む

AM4時(3時)起き

2016年02月17日 | イラストのお仕事
世の中には、朝の4時起きで仕事をしている方など、 ざらにいらっしゃるのでしょうが、 お寝坊さんの私には、かなりキツい苦行でありました。 だけど、やらねばならぬ、の時にはできるもんなんですね。 かなりしんどいですが、その時間帯に起きて、ひたすら絵を描きまくりました。 結果としては、悪くないものができたかもと自負しています。 いつか、できあがった作品をアップできたらいいな、と思っています。 . . . 本文を読む

夫の協力

2016年02月12日 | イラストのお仕事
まだ続いていますが、今回の仕事の中で、夫の協力は、 なくてはならないものでした。 だから、改めて、しみじみ、感謝です。 報酬の半分以上は、彼に渡さなくては、と思うくらいです。 (実際は、ええ、全部、家計にまわっちゃうんですけど) できあがったラフへの的確な批判と、なおすべきポイント、 そして、そのポイントを裏付ける資料(あれば)の提示も忘れません。 彼は、間違いなく、名編集者ですね。 さら . . . 本文を読む

背景幕制作

2016年02月10日 | イラストのお仕事
多忙の中身その1 お芝居で使われる背景幕を描きました。 いちばんの主役的存在である巨大な「松」は、 実際の松を、夫が雪の中を、松を切って、置いてくれました。 「これを参考にするといい」と。 これは、とてもありがたかったです。 松の枝の出方が、改めてわかりました。 そうか、こういうふうに、はえているのか、と。 発見 は、いくつになっても嬉しいものです。 それが、どんなに小さなも . . . 本文を読む

2016年 カレンダー制作小話

2015年12月09日 | イラストのお仕事
今回のお話はこちらのカレンダーの記事の続きです。 今回の小話は、11、12月のカレンダーのイラストについて。 文弥人形の画を描かせてもらいました。 文弥人形は、現在は11、12月に上演されることはほとんどないのですが、 本来の文弥人形という観点からみると、 もともと、娯楽らしい娯楽がなかった時代の農閑期、冬の時期に、 佐渡中にあった人形座が、佐渡中をまわって公演して回ったのだそうです。 . . . 本文を読む

2016年カレンダー制作、いらすと小話 続き

2015年12月05日 | イラストのお仕事
このイラストは、佐渡相川金山で行われていた伝統芸能やわらぎです。 (ご覧になったことのある方は、佐渡の人でも少ないかもしれません。) 背景は、相川のとある場所を背景にかきました。 想像していたよりも上手にはかけたのですが、 非常に色々なことがあり、このイラストに関しては、 感無量な想いが多くて、 言葉が多くつなげられません。 不思議なものですね。 あれやこれや考えていたのですが(笑) . . . 本文を読む