迦羅求羅虫

小さな寺の日々の出来事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2020大晦日

2020-12-31 21:03:11 | つれづれ
2020年も残すところあと3時間。

思えば、昨年の水害の記憶を引きずったまま年が明け

そこから立ち直る希望の年となるはずだった2020年。

ですが、思いもかけない新型コロナの出現で、私たちの生活は一変しました。

本当に耐える年でしたね。

自坊でも各行事が取りやめになったり、変更を余儀なくされたり。

そんな中でも、11才と9才の孫二人が

ご本山で得度させて頂くことが出来、晴れて僧侶となれたことは

何より嬉しい出来事でした。

お盆には、住職、副住職とともに新盆の門徒さまのご自宅で

お参りさせて頂きました。

また報恩講では、参詣の皆さまの前で、それぞれが自分の言葉で

僧侶となったご報告もさせて頂きました。


今年の年越しは、コロナの渦中。

まだまだ穏やかな日々は遠いように思いますが、

希望を捨てず、できることをしっかりとやっていきたいと思います。

皆さま、お世話になりました。

外は冷え込んでいます。

どうぞお気をつけ下さいますように。

おひとりおひとりの尊いいのちに思いを馳せつつ

ともに生きるこの時を心に刻みながら

除夜の鐘を撞きます。

 2020年12月31日








コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

近況

2019-11-20 10:43:54 | つれづれ
ほんとにほんとにご無沙汰です。

今年も終わってしまうやないかい!

と、自分に突っ込みをいれたところで

次の投稿が来年になってしまうとさすがにアレなので

記事あげます。


振り返れば、夏休みの子ども会のことも

書けばよかった。

秋彼岸の、副住職渾身のタピオカミルクティを提供した

caféのことも書けばよかった。

台風や水害に見舞われた当地のこと、

被害の大きかった門徒さんの様子も報告できればよかった。

水害直後の報恩講はお参りの人が、寺史上 最少人数だったことも、

11月に同朋の会の皆さんと

山形の次男のお預かりしている寺の報恩講へお参りさせていただいたことも、

いろいろ書くことはあるにはあったけれど

何だかやる気が起きなかったのは

面倒くさかったからです

ただただ忙しかったからです(^^;

そんなこんなの寺の日々でした。


*********************


つい二,三日前、教区内の寺の坊守さんで

いつも先を歩き導いて下さった大切な先輩が

亡くなられたとの報せを頂きショックでした。

色々な場面で、お話をして下さったお顔が浮かびます。

どこかまだ、内に少女のような純なものを秘めた

素敵な方でした。

明日お別れに行って参ります。







境内、冬を前にやっと色づいてきました。

カエデはもうちょっと。

今はイチョウの絨毯です。

散歩がてら訪ねて下さい。

寒くなってきました。皆さまお大事に。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

春・café

2019-03-23 09:32:13 | 行事
お彼岸のお中日

かねてより計画していた寺カフェを実行しました。

本堂の一角でコーヒーやお茶を飲みながら休んでいただく、

できればちょっとしたおしゃべりも楽しんでいただく。

とまあ、そんな思いで出来る範囲でやってみようということに。

名付けて 春・café

私のイメージとしては、本山の総会所で法要の際に開いていた

女性室の「あいあうカフェ」(なつかしいです~)


時間を早めて朝の8時頃から開店。

いくらなんでも早すぎでしょう(笑)。




でもお中日は前日までとうってかわって

朝から雨。お参りの出足もにぶい。


と心配していましたが、昼からは雨も上がり暖かくなってきて

ウェイトレスつくりんの呼び込み作戦もあり

お子さん連れの方など

たくさんの方が立ち寄って下さいました。




あみにー手作りのチョコケーキも用意しました。

つくりんはお手伝いを楽しみにこの日を待ち焦がれていましたよ。



夕方5時で閉店。

副住職夫妻もいろいろな方とお話が出来て

よかったなあと思いました。

そして門徒さんがたで、喜んでくださった方が一人でもいらしたら

"大成功”ですね。

また次回、試行錯誤しながらですが

秋・café で。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

8年目の3月11日

2019-03-11 17:36:54 | 3.11
東日本大震災から8年が過ぎました。

相変わらず垂れ流される復興という言葉。

隣り合わせるように

割り切れない思いがいつも心のどこかに

引っかかっています。

この澱のようなものは、この先もずっと

残り続けるのでしょう。


お彼岸前のお磨きを同朋会のみなさんと。

仏具がぴかぴかに磨かれていっそう内陣が明るくなりました。

そして、2時46分に鐘を衝き、手を合わせました。






あ、そうでした。

お知らせがあります。

お彼岸のお中日に時間限定(午前10時~12時)ですが

本堂の片隅でカフェを開く予定です。

お茶、コーヒーなど用意しています。

お墓参りのあとにでも一休みしていって下さいね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お寺の子ども会 

2019-03-05 22:43:37 | 行事
3月3日 お寺の子ども会第2回目を開きました。

遊びに来てくれたこどもたち、お母さんたち

有り難うございます。

数日前から副住職、准坊守がいろいろと準備をしていました。

まずは副住職のおはなしから。




場所を変えて、グループに分かれての白玉団子作り。



いろんな形、いろんな味で

「美味しかった~」残さず頂きました。


次は本堂で楽しいゲームやクイズ大会。




思い切り遊んだあとは、おみやげを頂いて、

みんなで合掌「なむあみだぶつ」



楽しい一日になりました。


今までは準備段階として、お友達など親しい方たちに声がけをしていましたが

次回辺りから、いよいよチラシなども作成して

門徒さんへのお知らせを始めるようです。


こどもさんやお孫さんの参加を希望される方は

おどうぞ寺までご連絡下さい。

次回(日程はまだ決まっていません)開催のご案内を

させていただきます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする