山羊のいる風景

モカ、ミカ、麦の雌山羊3頭飼っています、親子なので山羊一家のほほんと暮らしています♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

びっくりした山羊1年後の写真

2016年10月25日 21時11分28秒 | 山羊の話

今日、1週間ぶりの山羊さんに会って来ました。

塀の中から柵越しに餌の催促がありました。
芋ずると葛の葉を持参。

美味そうに食べます。
めぇ~と小さいですが鳴き声がありました。

3頭残っている山羊さんですが、反芻を以前は全くしませんでした。
それが今では反芻や頭突きをしたり餌の奪い合い、追いかけっこをしています。

相変わらず一番小さい雌の山羊さんだけは人馴れしていませんが、残りの2頭
去勢雄は近くに来ます、体も触らせてくれます。

過酷な環境で育っている山羊たちですが、少しずつ気力・体力がついてきました

去勢雄2頭
お尻を向けている山羊さんは、一時は下痢が続き、危ない状態でした。

体力があったのでしょう、今では元気になりました。

 

チビ山羊 雌。

人一倍よそよそしいですが、最近は芋ずるなど手からたべてくれるようになりました。

少しずつですが、元気になってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (1)

びっくりした山羊の現在

2016年10月18日 22時23分37秒 | 山羊の話

あれから1年以上たってしまいました。
あのヤギさんたち、今現在どうしていると思われますか?

写真があるのですが、デジカメに取り込んでいなくてUPしていません。
今現在、3頭残っています。
あとはすべてお星様になってしまいました。

ガリガリでやせこけていた瀕死の状態から脱出してきつつありますが、これまでも下痢が止まらず何度か命の危機がありました。

山羊を救いたいというただその気持ちだけで、数人の山羊好き有志でお世話しています。
最近では元気よく頭突きをしたりして飛び上がる仕草も見られるようになりました。
自分は飼い主ではありませんが、そんな姿を見せてくれるようになった山羊達に愛おしさを覚えます。
生き物は飼い主を選べません。なおさら、塀で囲まれて外に出たくても鍵がかかっていて出られない可愛そうな山羊たちです。

不定期ですが様子をちくちく報告していきます。

コメント (2)

びっくりした山羊

2015年09月14日 22時30分53秒 | 山羊の話

またまた時間が空いてしまいました。

1週間前、大雨が降る前のネタです。

山羊友さんがFBで書き込みされていた山羊さんに会って来ました。
親子全部で7頭います。
頑丈な柵で被われていて、扉には鍵までかけてあり脱走の心配はなさそうですが、地面の草は生えていません。

プレハブの小屋が2棟、餌箱らしきものが見えます。

雨風はしのげますが、餌は足りていないようです。

写真を見てください。 明らかに痩せていますよね。
我が家の山羊は腰骨が見えないくらい太り気味ですが、山羊ってこんなものかしら?

多分、ムギ(1歳半)と同じ頃産まれたやぎさんもこの中に いるでしょうけど

 

どうですか?痩せていますよね。

 

車にいつも常備している草刈鎌で、隣の空き地から葛の葉や山羊の好きな草を刈り取って与えました案外仲良く争うことなく静かに食べているので、不思議です。

きちんとしつけられているのか大人しいヤギさんたちでした。

近ければ立ち寄って餌の差し入れも出来るのですが、20キロ以上離れているので正直、無理です。

飼い主さんはどんな人でしょうか?不思議な山羊スポットでした。 

 

コメント (6)

山羊の草に秋を感じた

2015年09月07日 21時56分11秒 | 山羊の話

季節の移り変わりを早く感じてしまうのは、年をとってきた証拠ですね

山羊の餌用の草刈をほぼ毎日やっている私ですが、秋になって感じること。

果樹の実が色づき、かずらの草の紫色の花からいい匂いがしています。
ああ、寒い冬が近づいています

山羊たちまだ冬毛ではありませんが、写真の体型がもう一回り大きくなります。

 左ムギ、右モカ  親子です

モカさん 左前足、歩きにくそうです

 

ミカ  です

ムギ です

 

草刈部隊に配慮して、牧草一部だけ刈り残していますが、いまいち食いつきが悪いです。

 

 

コメント (6)

ごぶさたしています

2015年09月06日 22時25分31秒 | 山羊の話

お久しぶりです。前回から9ヶ月以上たっての更新です。

相変わらず何をしているんだか、落ち着かない毎日を過ごしています。

秋雨前線の影響か毎日雨降り続き

小屋の中で退屈そうな3頭です。

今月初めくらいから、モカはの左前脚を痛めている感じです。
歩きにくそうにしていますが、脚の腫れはありません。
ゆきの病気が頭をよぎりますが、食欲はあり反芻、便の状態も良好です。

晴れている時は、ミカと角突きをやって遊んでいますので、しばらく様子をみます。


今日の夕方のモカとムギの写真、近況報告も兼ねて載せますね。ミカは黒いので小屋の中では写真になりませんでした。

モカねむねむZzzz

ムギ  モカにそっくり、だって親子だもん♪

 

コメント (4)

2015年おめぇーでとうございます

2015年01月03日 22時44分46秒 | 山羊の話

新しい年になりました

山羊たち、今日の朝は外遊びに夢中でした
写真撮りましたのでupしますね

門松に使った残りの松を食べています
山羊たち何故か松が好きなんです不思議ですね^^

麦から
ピンボケ、ぶれぶれです

ドヤ顔、麦です

次は松喰い山羊たち

気持ちのいいくらいの青空でした
空気がピンとはりつめていて、寒さは感じません

  ミカは只今発情中、私に近づいてきて離れません
正月早々モテモテでうれしいわ

明日ぐらいには大人しくなるでしょう

久々の雪で麦は生まれて初めての雪遊びでした
雪が溶け出すと遊び場がぐちゃぐちゃ
長靴が泥だらけになることでしょう

コメント (8)

皆元気です♪

2014年12月01日 14時34分53秒 | 山羊の話

皆様、お久しぶりです

春先の山羊の出産・ドナドナから音沙汰なくブログも長期休暇になっていました

昨年末からいろいろあってもう1年足のほうはもうすっかり完治していまして、月日の経つのを早いと実感しています。

もっぱら覗き専門で皆様のブログを見ていますが、そろそろ気まぐれ更新復活します。

モカとミカは以前からブログで紹介していますが、今春、我が家に産まれた雌山羊、麦(むぎ)がいます
只今8ヶ月、モカとそっくりです。
体も大きくなってきました。
昨日抱えてみましたが重くて持てません

3ヶ月前の3頭

親子3頭仲良しです

ZZZ

 

今年、我が家の周辺にもイノシシ君が出てきました
そのせいか、夜小屋で眠れず昼間、運動場でウトウト
柵を越えて侵入はしてきませんが、肝が細い山羊たち
眠れないのだろうなぁ~

最近は3頭がかわりばんこに発情来ちゃっています
昨日からはミカ(黒山羊)さんが尻尾フリフリ
声がかすれるくらい大なきです

今年は種付けしません
なので来春は子ヤギ誕生はないですね

コメント (14)

ミカの雌子ヤギ、ドナドナ

2014年05月30日 23時53分02秒 | 山羊の話

3月22日産まれのミカの雌子ヤギ

今朝の写真を何枚か撮りました

今朝の食事、台の上は兄妹のサク君ジュニアです

お気に入りの場所も今日で寝収めかな

 

 

今日、我が家から巣立ってゆきました
朝から何となく落ち込み気味の私でしたが、9時過ぎに抱っこして車に乗り込みました

すんなりと乗ってくれたと思ったのもつかの間、親子の叫びが地区内に響いています

 

 

片道2時間かかりました

サク父さんのお家に行きます
仲間がたくさん9頭になります

大自然の中でのびのび暮らせるでしょう

サク父さん大きくなっていましたよ
角も太くなって…でも相変わらず雄ヤギ軍団の中では控えめでした

 

ぽかぽか倶楽部さんに戻っていく真珠ちゃん
以前に比べて大きくふくよかな体つきになっていました
栄養状態が良くなっているようです

小さい子ヤギ2頭は今年春生まれのオス君です

手前にいるのがミカの雌です、雄子ヤギといっしょにしていますが

もう少ししたら広い野山に連れて行ってもらえるかな?

 

後4頭います 
ミカのもう一頭のオス君は来月上旬お別れです

だんだん寂しくなります

ミカはとても静かです
もう一頭のオス君がいなくなると、どんな感じになるのか今から怖いですね

 

コメント (12)

小反芻獣疫の発生について

2014年04月17日 16時08分57秒 | 山羊の話

皆様、毎日気持ちのいい天気が続いていますね

そろそろ、害虫が飛び回る時期になりました
今日は熊蜂が飛んでいます
昨日は足長蜂もいました

今週の火曜日15日に松江家畜保健所の獣医師さんが山羊の伝染病の話しに来てくださいました

以下は家畜保健衛生所からの資料をそのまま掲載しています
マスコミではあまり取りざたされていないニュースかもしれませんが、ヤギ飼いとして注意しなければならない事を載せました 

資料の原本を添付します

 

今、中国で小反芻獣(山羊、めん羊)がウイルス性の致死性伝染病で死んでいます

日本では過去には発生した事はないのですが、隣国韓国は山羊を食べる習慣があり少し怖い感じがします。

人に感染する事はありませんが、家畜が感染したら感染性が強いため多くは死にいたる病気と考えられています。

①40~41℃の高熱、食欲減退、沈鬱

②流涙や鼻汁は最初水様、後に膿様

③口周囲・眼瞼の粘膜充血

④眼瞼、口唇、口蓋、鼻粘膜、舌などの粘膜表面はチーズ様の物質で覆われ壊死した細胞下層では糜爛が見られます

⑤発症後2~3日で下痢、軟便、水溶性、血液や粘膜組織を含んだ激しい下痢と変化
脱水症状で死亡(発症した場合は7~8日で死亡する)

感染性は強く、伝播経路は感染動物の唾液等の分泌物や糞便等の排泄物の飛沫等に直接接触する事による感染だと考えられる

 

国内への侵入の可能性

感染動物の分泌物や排泄物には、大量の本病ウイルスが含まれていることから、中国への渡航者等や中国等からの輸入物品が感染動物の分泌物等に接触していた場合、国内に持ち込まれる可能性があります。

農場への侵入防止策

・発生国からの帰国者の衛生管理区域への立入り制限

・ウイルス汚染の可能性のある物品の消毒

・衛生管理区域専用の衣類・長靴の着用

・踏み込み消毒槽設置

 

などが重要です。

ウイルスは目に見えません
中国の感染がこれ以上広がらないように願うのみです

コメント (8)

跳んだり跳ねたり

2014年03月24日 23時26分38秒 | 山羊の話

やぎこの成長の早さにビックリしています

ミカの子やぎ
サク父さんにそっくりな柄の雄君
模様はこの写真ではわかりにくいかな?

ミカは眠たいのかな…おひさまにあてられて立ったままうとうとzzz

 

 

ミカの雄子やぎ

ミカの子たち、お乳を飲んでいるか心配しておりましたが、胎便も確認でき、一山超えた感じです
体格も一段と大きく、どっしりかまえてすくすく成長しています

 

モカ親子はミカ親子と別のエリアで昨日まで寝ていましたが、今晩からはいつもの山羊小屋で7頭まとめて寝ています、大丈夫かな?

仕切りもない小屋なのですが、広さは充分あります

モカの薄茶色の子、雌です

初めてのご対面
モカとミカの顔付けもありましたが、その後は別に何もなく、きた道をまた引き返しました

モカの雄子やぎ、真っ黒ちゃんです

 

天気がいいと大騒ぎで遊び、運動場を兄妹でかけっこでした
全力疾走でかけていますが、うまい具合に避けて走っています
足腰が強くなっているのが目に見えてわかります

時のたつのを忘れるくらい一日がとっても早いですね
明日は早起きして草刈に行こうかな?

 

コメント (8)