上野みえこの庭

日本共産党熊本市議の上野みえこのブログです。

未曾有の被害となった豪雨災害の被災地・人吉市での支援活動

2020-07-12 22:57:34 | 災害
7月8〜12日、5日間にわたり、梅雨前線による豪雨災害の被災地となった人吉市での災害支援ボランティアに参加しました。
現地に立ち上げられた共産党の支援センターで、被災状況の調査や被災者訪問、ボランティアの受け入れなどを行いました。
球磨川の氾濫によって、甚大な浸水被害に見舞われた人吉市。その状況は、想像を絶するものでした。
2階まで浸水したたくさんの家屋。浸水が想定される地域では、住居を2階部分にしてあったにもかかわらず、その2階が泥に埋め尽くされていました。積み上げられた災害ゴミの山は、被害の大きさをものがたっていました。
家の中が泥水で洗濯機を回したような惨状。
畑や田んぼも泥に埋め尽くされていました。
事業主の方々からは、「新型コロナで大きく減収になり、今度の水害は追い討ちをかけるような大打撃」との声が寄せられました。
国や自治体の総力を上げた支援が求められます。
そして、全国からの支援がいただければと思います。



  

 




コメント

2020年豪雨災害への支援・・・・日本共産党の「災害救援募金」も始まる

2020-07-07 16:34:23 | 災害
7月4日から、九州南部を襲った記録的豪雨による被害は甚大なものとなりました。
人吉市、八代市、水俣市をはじめとする熊本県の南部地域を中心に、天草まで、被害は広範に及んでいます。
さらに降り続く雨は、福岡県・大分県などにも被害が広がっています。
犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害を受けられたすべてのみなさまに、心からのお見舞いを申し上げます。
日本共産党は、いち早く対策本部を立ち上げ、現地の状況を把握しながら、速やかに支援に乗り出しています。
私も、明日には現地入りして支援活動に参加します。

日本共産党中央委員会として、今回の梅雨前線がもたらした豪雨によって被害を受けられた方々への救援募金を始めています。
被災支援・義援金として活用致しますので、是非ご協力をお願いいたします。
受付は、下記のとおりです。
【郵便振替】
(口座番号)00170-9-140321
(加入者氏名)日本共産党災害募金係


コメント

雨の「6・9行動」

2020-07-06 17:28:50 | 住民とともに
7月6日、毎月恒例の「ヒバクシャ国際署名」を集める「6・9行動」が、熊本市中央区下通商店街入口で行われました。
今年は、被爆75年を核兵器廃絶のためにと取り組んでいます。
今日は、大雨警報も出る中での署名行動となりました。急ぎ足に通り過ぎる人の中、足を止めて署名してくださる方もいらっしゃいました。
「頑張ってくださいね」という励ましをいただくと、地道に取り組んでいくことの大切さを感じます。
署名がもっともっと広がっていくようにと願い、頑張っていきたいと思います。




コメント

久しぶりの公園清掃

2020-07-05 11:47:25 | 日記
梅雨の晴れ間となった日曜日の朝、久しぶりの町内公園清掃に参加しました。
新型コロナの影響でしばらくお休みだった公園清掃が、先月から再開しました。先月は、忙しくて参加できず、久しぶりの参加に、「元気だった~」の声。
孫たちも一緒に、朝のボランティアのひとときを過ごしました。
きれいになった公園、地域のみなさんに気持ちよく使っていただきたいです。

   


コメント

国民健康保険料引き下げ・コロナ減免の運用改善を求めて、「国保をよくする会」のみなさんと熊本市へ申し入れ

2020-07-03 13:42:39 | 熊本市政
7月2日、「熊本市国保をよくする会」のみなさんと、熊本市への申し入れを行いました。
国民健康保険料の負担軽減や資格証明書の発行中止・新型コロナ減免の運用改善を求めて、熊本市への申し入れ
申入れには、減免の対象となる方々も参加されました。
参加者からは、
・資格証明書の発行中止を継続して、このまま廃止してほしい。
・新型コロナ減免の申請がわかりにくいので、簡素化してほしい。できれば、持続化給付金申請者は減免にするとか、横浜市のように1カ月でも3割の減収があれば対象にするなど。
・コールセンターに電話したが、「詳しいことは、国保課に聞いてほしい」と言われた。コールセンターの機能が果たされていないので、改善してほしい。
・新型コロナ減免の掲載されている市のHPもわかりにくい。
・新型コロナ減免は、申請の仕方がわかりにくいので、出前で説明に来てほしい。
・市は、市民の声を聞く姿勢を持ってほしい。
・熊本市の従来の減免制度は、収入激減や失業・倒産の場合、所得割しか減免されないので、新型コロナ減免のように、保険料全体を減免対象としてほしい。
・倒産・廃業など、支払が難しい世帯の執行停止を適宜やってほしい。
などの声が出されました。

市役所の国保年金課からは、
・8月の短期保険証の切り替え時には、新たに6カ月の短期保険証の発送を準備している。
・新型コロナ減免は、6月末時点で、電話相談が1100件、減免申請されたものが650件
・新型コロナ減免の対象期間は2020年2月~2021年3月まで。申請期限は、2021年3月31日まで。(期間・期限は、今後の新型コロナの状況次第で、延長もありうる)
・収入見通しはあくまでも「見込み」でよい、わからない場合は、「0」でもよい。見込みが違っても追徴はしない。
・説明には、出前で職員を参加させる。
・HPは改善する。
・執行停止は、以前に比べ増えている。今後も、適宜実施していく。
などの説明・回答がありました。

引き続き、改善を求めていきたいと思います。



「国保をよくする会」からの申し入れ事項は、以下の通りです。
(要望事項)
1 被保険者資格証明書及び短期被保険証の発行をやめて、国民皆保険制度を守る立場から改善を図り、全ての被保険者に正規の保険証を速やかに交付してください。
2 新型コロナウイルス対策として、減免の申請がされた全ての世帯に対しては、速やかに減免・免除に実施をするように対策を取って下さい。
3 申請の手続きについて、ホームページを見ても分かりづらく、申請する誰もが申請しやすい制度に改善して下さい。
 ・「見込額申請書」について、コロナ禍における売上・収入の見込み予測が難しく、申請しやすい書類の改善をしてください。
 ・職員による説明会を行ってください。
4 国民健康保険法第77条に基づき、国保料の免除・減免が出来る事を周知してください。
5 傷病手当の対象を事業主も受けられるように条例を制定してください。
6 所得の有無に関係無く加算される均等割が保険料を引き上げ、所得の2割もが保険料となり 
  払いたくても払えない保険料となっています。所得のない子どもの均等割りを廃止し、高い保険料の軽減をしてください。
7 「滞納処分の執行停止取扱要綱」に生活困窮や処分する財産が無いなどの、執行停止要件を定め、必要な世帯への執行停止措置を適宜実施してください。
コメント