東方不敗の幻想
インターネットのジャーナリズムについての覚書

touhou_huhai@gemini.livedoor.com
 



ニセ科学批判者が、被害者をどう見ているか。

【追記】2009/03/24、うーん。”被害者”というのは卑怯な表現だったな。そう。ニセ科学もカルトと同じで、被害者は加害者になりうる。だから被害者がかわいそうだろ、というのは、一面的な言い方にすぎない。ある意味でいえば、代替医療に入り込んでいく医師だって”被害者”なんだ。


http://b.hatena.ne.jp/entry/http://b.hatena.ne.jp/entry/http://blog.goo.ne.jp/touhou_huhai_blog/e/e80068c1e7c4d2899024e785eb840ae8
A_lie_sunメタブクマ あ、こっちか。うん、まあ私は私の判断で私に出来る範囲のオフの事はやってるのでね。私の知己には今の所既存のニセ科学に嵌ってる人はいません。まあ運良く(?)ビリーバー気質の人がいないのも寄与してるでしょうが。


ビリーバー気質。ビリーバー気質。俺は、近しいところに、疑似科学のビリーバーに落ちかけてる人がいる。むかし友達にもいた。そのときは見捨てて逃げた。俺はな。そういう意味でいえば、周りじゅうビリーバー気質だらけだったよ。

こいつ、A_lie_sunを注意しようなんて奴はどこにもいない。なぜなら、ニセ科学批判者の多くは、こう思ってるからだ。「世の中には、疑似科学にひっかかりやすいビリーバー気質の人間がいて、そのために疑似科学の被害はなくならない」とね。
悔しくて涙が出る。本当に涙が出るよ。バカみたいだけどね。

ビリーバー気質の血液型は?A型?星座は、乙女座?

くそったれ。身震いするほど腹が立つ。こいつらは!こいつらは被害者に同情してるんじゃない。そうじゃなくて被害者を軽蔑してるんだ!

ふざけやがって。どうせ我が子を心配して振り込め詐欺にひっかかるのは、「詐欺被害者気質」のせい、病気を治そうと代替医療に手を出すのは「代替医療被害者気質」のせい、カルトに洗脳されるのは「カルト被害者気質」のせいってんだろ。

これが「ニセ科学批判者気質」だ。悔しい。こいつらがのさばって、被害者が白眼視され、軽蔑される。確かに被害者は同時に加害者になり、さらに被害を拡げる。それは分かってる。だけどそれでも被害者だ。

こいつらに玩具にされるために、ニセ科学の被害者はいるのか。ただ、被害に遭うだけじゃなくて、ビリーバー気質とまで言われるのか。畜生。


http://d.hatena.ne.jp/steam_heart/20090322
ここんとこ、疑似科学ネタに言及していないんだが、正直、アホ過ぎてもう騙される方もバカじゃねえかと見捨てたくなるんだよなあ。


見捨てる?誰か救おうとしてたのか?知り合いを、友達を、家族を?誰かが、おかしな療法にはまってく過程を手をつかねて眺めながら、自己嫌悪でぐったりしてたりした訳か。
だとしたら、その「見捨てる」って行為、自分の交友関係や恋愛関係をブッツリ断ち切る行為は、痛いよな。死ぬほど痛いよな。だからこそ「バカ」って罵りたくなるよな。そいつのことが好きなら余計に。

「見捨てる」なんて、もともと誰も救おうとしてない奴が気軽に使えないもんな。

【追記】2009/03/23
…だがな。考えは変わる。俺は本当は、ニセ科学批判者「気質」なんて信じてない。あいつらの鈍感さは、しょせん、ネットで身に付けたお作法、お行儀にすぎない。どんな状況だってありえる。家族がおかしなカルトにひっかかる。会社で変な道具を勧められる。

日常に侵入してくるからな、ニセ科学は。そうでなければ俺だって、無視し続けたんだ。「気質」なんか無関係に、人はニセ科学の被害にあうと分かるさ。

誰しもが、そういうリスクにぶちあたる世の中だと感じたからこそ、俺だってわめくことに決めたんだ。

【追記】2009/03/26

うーん。個人的な動機にもとづく真摯なニセ科学批判者のほかに、楽しくトンデモを叩こうって人がいるよな。自己申告されても困るんだけど、まぁいいや。
そうやって楽しめる方が「続く」ってのはあるからな。ははは(乾いた笑い)

疲れて、いやになっちゃうってのよりはいいか。

コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )


« チベットで大... イケてるニセ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (あらいさん)
2009-03-23 21:06:45
こんばんは。
A_lie_sunことあらいさんです。

ビリーバー気質という言葉が気に入らないようなので説明しますが、これは頭を略しています。
略さず言うと「ニセ科学ビリーバー気質」ですね。

現実に必ず存在する『科学者の話に耳を傾けない傾向の人』を指して、私はこう言っています。
これは事実に対する言及であり、それを見下す心算も軽蔑する気も私には有りません。
『科学は万能ではないが、最も信頼性が高い物である』という説明を見聞きしても、『科学万能主義が気に入らない』と言ってニセ科学的な物に自ら歩み寄る人は必ず存在します。
とはいえ、東方不敗さんの私に対する理解を強制はいたしません。

ブコメに書いた通り、今の私の周辺には「ニセ科学ビリーバー気質」の人はいませんが、以前は居ました。
生活環境が大きく変わった時に疎遠になってそれきりですけどね。
私はニセ科学ビリーバー気質の人が居ない環境はとても珍しいと思いますよ、だから運良くと書いた訳です。
その内また、私の周辺にもニセ科学ビリーバー気質の人が現れる事でしょう。
私はその時に備えて、なるべく私の知己がニセ科学的な物に誘引されないように努めるしかありません。

仮に東方不敗さんが中心となって、政治活動・社会活動により今あるニセ科学が規制される世の中を成立せしめたとしても、私は私の地味な活動をやめないでしょう。
新規のニセ科学は、手を変え品を変えて必ず出てくる物だからです。
それを規制しようと思ったら、未科学全てを規制する事になりかねませんが、それは現実的ではありませんね。
従って、新規のニセ科学に抵抗する為には、各自がより多くの科学の知識を獲得し、それを正しく現実の判断に適用させる力を養う以外に有りません。
これは個別の詐欺の手法を知る事で今ある詐欺には引っかかりにくくなりますが、新たな詐欺に対抗するにはそれでは不十分である事と同じです。

とはいえ私は東方不敗さんがニセ科学に抵抗する為の政治活動を止める気は有りません。
政治やマスコミの広報、警察の警戒活動等が、振り込め詐欺の被害者数を減らすように、それは必ずニセ科学被害者を減じるのに役立つことでしょう。
ですが、東方不敗さんが本当にニセ科学に対抗する為の政治活動をやりたいのであれば、東方不敗さんは私のような政治・社会活動をしない(できない)人間も味方にしなければなりません。
その為に東方不敗さんが行うべきは、ニセ科学の情報を教えてくれる(くれた)人に対して『政治・社会活動が不足している』などと文句を言うことでは決して無いでしょう。
ボランティアや自己犠牲精神は他者に強制するものではないと私は思います。

東方不敗さんが考えている、政治家のブログを監視する活動については、私も応援します。
私もニセ科学に融和的な政治家の情報を入手したら、なるべく私のブログで報告するようにしましょう。
と言っても影響が大きそうな物は、私以外の精力的に活動されているニセ科学批判者の方達の手により先に報告されるのが常ですが。
まあ、私の投票権が及ぶ範囲ぐらいは、何とか報告したいものです。

最後になりますが、『ビリーバー気質』という言葉は、私以外のニセ科学批判にコミットしている人はあまり使っていないと思います。
ですので私の発言に有る『ビリーバー気質』という言葉を捕らえて批判する対象は、私だけにして下さるようお願いします。
 
 
 
私は、 (東方不敗)
2009-03-23 21:33:08
私は違うと思う。ニセ科学を信じるのは、その人が追い詰めれているからだ。さまざまな形で、ほかにすがるものを持てないほど。
気功や、信仰治療にすがる人は、ほかに望みがないから。

私は、それが本人の気質だとは思わない。すべては状況の産物だ。私自身が、ビリーバーになる恐れだってある。追い詰められて、苦しくて、ほかにすがるものがなければ。
どんなに普通そうに見えても、快活そうに見えても、その人の心に重しがかかっているから、ビリーバーになるんだ。その重しさえ取り除いてやれば、必ずそこから抜け出す。

>とはいえ私は東方不敗さんがニセ科学に抵抗する為の政治活動を止める気は有りません。

申し訳ないが、政治活動というのは、そのように「あなたはあなたでやって下さい」ではできない。だが、今はそれでいいや。

>私もニセ科学に融和的な政治家の情報を入手したら、なるべく私のブログで報告するようにしましょう。

これについては考えていることがある。
http://d.hatena.ne.jp/touhou_huhai/20090323/watchmen
人手でやるより、機械的にブログの情報を集めて、フィルタリングする方が楽だ。
だが、しょせんネットの情報なんて欠片にしか過ぎない。確かに、あなたの身の回りで起きることを教えてもらえたら、とても参考になる。
 
 
 
望むものは何ですか? (うさぎ林檎)
2009-03-24 15:09:11
はじめまして。
あちらは、はてなユーザでないとコメントできないようなのでこちらで失礼します。

私はあなたがあなた自身の強烈に個人的動機でニセ科学にコミットされていると想像しています。ニセ科学問題(といっても内容は多岐に渡りますが)にコミットしている人の理由は千差万別な事はあなたもよくご承知だと思います。その上で煽っておられるのでしょう。自分の思い通りにならないことを、床の上でひっくり返って泣きわめく子供の如く。

でも私にはあなたが本当に政治活動・社会活動を求めているとは信じられません。一人では出来ないと仰有りながら、あなたはあなたの感情への共有と共感を他者に強要している。そして他者の感情は無視する、徹底的に、時には踏みにじる。あなたに共感する人がいると本当に信じているのですか?それとも共感は必要ない?あなたの問題解決のための手駒が必要なだけ?

自分の正義を盾にとって、他人を罵倒すると得るモノがあるのですか。何か痛々しいです。嫌なら見るな、ということでしたらもう見ません。
 
 
 
そうですね (東方不敗)
2009-03-24 17:48:54
>自分の正義を盾にとって、他人を罵倒すると得るモノがあるのですか。

…これは、私も含めてニセ科学批判が直面している問題ですね。ニセ科学を罵倒している人は、相手から直接返事が返ってこないし、周りは同調者ばかりなので、自分たちがどれだけトゲトゲしい存在かということに気づかない。

例えば上記に引用した「正直、アホ過ぎてもう騙される方もバカじゃねえかと見捨てたくなるんだよなあ」と、あなたが言われたらどう思いますか?
これがニセ科学批判の現状、その一面です。

ま、「床の上でひっくり返って泣きわめく子供の群れ」というところでしょう。

一方で、ニセ科学が素晴らしいのは、決してニセ科学批判と同レベルでは戦わないということです。
ニセ科学批判者の敵意に報いるには無視。一方で、新規会員にむかってはスマイルで近づきます。

「自分の正義を盾にとって、他人を罵倒すると得るモノがあるのですか?」

私もじっくり考えてみようと思います。

個人的には、うさぎ林檎さんのドラマの登場人物みたいなかっこいい台詞まわしは嫌いではないし、ほかのニセ科学批判者たちのカッカしたコメントも実は悪くはないと思っています。自分と似ているからでしょうね。
ただ、やはり、あまりその配役にのめりこむのはいけないな、と反省する気持ちはあります。
 
 
 
それと… (東方不敗)
2009-03-24 18:40:37
子供同士のケンカということであれば、私が「地下生活者の手遊び」というブログにトラックバックを送ったときに、頼みもしないのに「トンデモ」とかコメントを付けてきたのはNATROM君とその愉快な仲間たちですよ。

「あっちが悪いんだもん」って話ですが

多分、こういう遊びに慣れっこになってるから、コメントで袋叩きにでもしてやろうと思ったんですね。深い考えもなく。そういう子供のイジメみたいなやり方がしみついてるんでしょう。

まぁ、それが腹立たしいと同時に楽しくなかった、とはいえません。私も子供っぽいですからね。受けてたったのは虚しい遊びですが。

Pz-4君なんかかれこれ4回か5回は遊びに来てるんですよ?本人は楽しくてやってるんだと思うな。私は彼を「痛々しい」とは思わない。むしろなんか根性あるな、好きだ、いい奴だな、と思います。
あ、これをもし彼が目にして、気色悪さに顔をしかめれば、ザマァミロですが。ケケ。
 
 
 
Unknown (あらいさん)
2009-03-24 19:44:35
東方不敗さんの出した例を、ビリーバーや私の言う所のビリーバー気質の人と判断するニセ科学批判者は少ないんじゃないかなと思います。
現代の科学では救われない状況に陥ったが故にニセ科学に捕らわれる人は、少なくとも私の認識ではニセ科学ビリーバーではなく「ニセ科学の被害者」です。

ニセ科学批判者がビリーバーという場合は、対象者が

・自らニセ科学にコミットしている
・他者にもニセ科学を広めようとする(肯定的に取り上げる)
・それがニセ科学(=嘘の喧伝により被害者を生むモノ)であるという指摘を断固として受け付けない

等々の特徴を見せている場合だけだと思いますが。

政治活動には確かに支持が大切ですね。
支持の得られない政治活動は効果が薄いと、私もお思いますよ。
 
 
 
Unknown (東方不敗)
2009-03-24 21:08:15
うーん。そうかな。私の体験で恐縮だが、被害者は加害者に変わる。

つまり「現代の科学では救われない状況に陥ったが故にニセ科学に捕らわれる人」は、ニセ科学にとらわれると、周囲に布教を始める。そういう負の連鎖で広がっていく。
だから、被害者を純粋に被害者として、同情する訳にもいかず、かといって加害者を純粋に加害者として憎む訳にもいかない。

例えば、乾癬の脱ステロイド治療なんかね。特に症状が改善した人は、医師を神様みたいにあがめる。本当に症状がよくなったっていう「体験」が動かし難い”カナメ”になって、その人の布教活動(ほかの人を救いたい)を支える。


ただ、そこで「誠意を持って説得すれば、”被害者”は救える」というのは、苦い失敗談があるという人(DocSeri)の話を聞いたので、本当は私なんかが軽々しく口にすべきじゃなかったかな。以前のときはさっさと逃げてしまったんだから…。

さて、政治活動といっても、私が立候補して議員になろうウヘヘとか、そういうことではい。

例えば、あなたの支持する議員が(要するに前回投票した議員でいいよ)、脱ステロイド治療にはまって「脱ステロイド治療補助予算」とか訴えはじめたら、止めるでしょ?
この東方不敗がどんなにいけ好かんやつでも、「あなた」と「議員」の関係には介在してこない。
でも、どういう手段で、それを知ればいい?具体的にどうしよう?できるだけ会報を読む?講演会に足を運ぶ?オェオェ。やりつけていないことなんかできないよな。
ていうか、日常生活を犠牲にするような努力は続かない。…情けないけどね。ブログを持ってればそれでいいけど、なければ…とか色々考える。

ただ考えるだけじゃなくて、もっと「楽してやる方法」をアイデアにし、実行してくれる人が欲しい。ま、つまり、それが政治運動ってこと。そんなに難しくないじゃん?
俺をぜんぜん「支持」してなくてもできる。だろ?
 
 
 
ま… (東方不敗)
2009-03-26 10:25:43
うさぎ林檎さんはもう、書くだけ書いたので、このコメント欄はご覧にならないかと思いますが

この記事のはてなブックマークのコメント欄に
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://blog.goo.ne.jp/touhou_huhai_blog/e/76ef86dea2ff970c9695e3e21eda2cb4
「みんなで馬鹿を見て笑おう」というのが俺のトンデモに対するスタンス。

というご意見がありました。

これについて、うさぎ林檎さんはどのように感じますか?笑われることで傷付く、ニセ科学の信者の感情は、考慮するにあたらないとお思いになられるでしょうか?そうかもしれませんね。

今さら、私には止めようのない流れですしね。でも、ほかの流れも作っておかなくては…と思うのですが…みんなが、うさぎ林檎さんや、「馬鹿を見て笑う」方のようだとすると、難しいかな、とヘコんできます。
そうしてみると、ニセ科学批判をしている人々がどういう考えの持ち主かを知れたので「得るものがあった」というべきかもしれません。苦いばかりの成果ですが。
 
 
 
呼びました? (うさぎ林檎)
2009-03-26 15:06:09
東方不敗さん、こんにちは。

今回は私の不躾な問いにお返事有り難うございました。

見てますよ(苦笑)。「見るな」と仰有いませんでしたから。
ちょっと風邪→喘息コースに陥ってました。社員一人の自営業という不自由業故、寝込むわけにはいかずドーピングで年度末作業に追われていた・・・るだけです。

私はニセ科学に縋る人には、縋る理由があると思っています。縋らざるを得ないから縋るのでしょう。解決しない問題なんて生きていればゴロゴロしていますもの。溺れる者は藁をもつかむんです、本当に。それを見て笑う人がいたら、それはただの人でなしです。他人の弱さを許さないのは、天に向かって唾を吐くようなものですよ。

私が我慢ならないのは、溺れている人に藁を差し出す人たちです。溺れている人は感謝するでしょう、ひょっとしたら拝んじゃうかもしれません。さぞや自尊心が満たされるでしょうね、もの凄い感謝されるんですから。もう溺れちゃってるんだから、どうせ助からないんだから、せめて良い気持ちにしてあげよう。それで感謝されて、差し出したのは藁なのにたくさんお金を貰う、なんてうまい商売・・・・馬鹿にするなって話です。

ただニセ科学(詐欺行為全般)で悩ましいのは、被害者が善意の加害者となって新たな被害者を作る事です。その負の連鎖が一番怖いと思っています。
kikulogで、ある方とやりとりしたときに結構必死でしたよ、私。ネット越しの見ず知らずの人なのに、一生懸命考えてね。ビリーバーを説得する事なんて難しい事は私には出来っこない、専門家ではないし、ちゃんと最後まで責任がとれるわけでもないですしね。誠実に話せばわかるってもんではないけど、でも結局は愚直にやるしかない。私に出来るのは、精々がドリフなんかで子供がやってたあれです”志村ーーー!!後ろ!うしろーーー!”ってね。
私の望みは正しさというよりは(それは他の賢い方々にお願いして)、「(見ている私が哀しいから)こっちへ戻っておいでー」っていう甚だ身勝手で個人的なモノです。
 
 
 
ご苦労様です (東方不敗)
2009-03-26 19:06:41
社員1人の自営業で年度末作業といわれると…もう、私としては、あなたに反感を持ち続けるのが難しい…お大事にとしか言えませんが…。いや、俺は「仲良し」はやりません。

「溺れている人に藁を差し出す人たち」もですね…例えば、先ほどあげた乾癬の話ですが、怪しげな脱ステ療法を指導している医師が必ずしも悪人とはいえないです。まじめに懸命に、やってる人もいるんです。何人も知っている訳ではないですが。そこが難しいところで、だからこそ人の心をつかむというか。

個人的には「馬鹿を笑う」ニセ科学批判者がいても悪くはないのですが、身内に問題が起きたときに、笑ってられても困るので、どうすればいいか、相談できる相手が欲しいんですよ。個人の努力じゃなくて、こうすればあまり大事にならずに問題が片付くみたいな。
多重債務とか、振り込め詐欺だったら、被害マニュアルがあるし。相談できる相手もいる。

カルトだったら、脱カルト協会
http://www.jscpr.org/advise.htm
なんてのもありますよね。

駆け込み寺みたいなもの、誰に相談したらいいのか、みたいな話です。警察にはいい印象がないので、普通に考えると消費生活センターですけどね…。まだ踏ん切りがつかないんで。実はそこまで大事じゃない気もするし。でも放っておいて、いいのかなと思うし。

本当は、私が「政治活動する」んじゃなくて、そういうおおげさな話なんてなしにして、どこかの団体に電話やメールで相談するだけで済ませたいんですけどね…。
いや。ちゃんとやりますが。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。