東方不敗の幻想
インターネットのジャーナリズムについての覚書

touhou_huhai@gemini.livedoor.com
 



うまくいかないな。
でももう少し食い下がってみますか。
がんばります。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




化学物質過敏症(CS)が 電子カルテや電子化診療報酬請求書(レセプト)で使われる病名リストに登録される見込みだと毎日新聞が報じている。CSを問題提起している人々にとっては小さな勝利になりそう?記事中に登場するシックハウス連絡会が、がんばったようす。良くも悪くも市民団体の働きかけが少しづつ社会を動かし得るという証明だ。

仕事は取れるかもしれません。わはは。ちょっと気が大きくなってきた。

以前、

国政報告会に、色平哲郎医師が登場 - 保坂展人のどこどこ日記
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/7caf2e057856e521bba297cfe1a817ca

にからんで、

保坂議員!「化学物質過敏症」には慎重に…
http://blog.goo.ne.jp/touhou_huhai_blog/e/e80068c1e7c4d2899024e785eb840ae8

という記事を投稿したのだけれど。
その補足です。

俺もがんばらなくてはな。

【追記】2009/06/12

シックハウス連絡会の活動報告、79号(09年6月分)として情報が出ている。
http://members3.jcom.home.ne.jp/nobuko.ichikawa/home79.htm
これに先立つ78号(09年5月分)で、病名付与の申請をするよう、同会が有志に呼びかけている。
http://members3.jcom.home.ne.jp/nobuko.ichikawa/home78.htm

なんと、電子カルテなどで使われる病名リストに新名称の追加を要望するための窓口は、インターネット上に開かれている、と分かった。
https://www2.medis.or.jp/stdcd/cgi-bin/k_question.html
ネットの活動をバカにしてすいません。とはいえこれも、同会が厚労省の担当者と粘り強く交渉をしている中で教えてもらったことだよね。業界関係者にとっては周知の事実かもしれないけど。

ということは、その努力に便乗して、化学物質過敏症の懐疑派が、批判の意見をこの窓口から大量に浴びせかけることもできるわけだ。「俺は医師だ。担当者ちょっと出てきてもらう」って感じで。ははは。
くだんの窓口もしつこく激しい嫌がらせ批判にさらされれば、申請形式を厳格化せざるを得なくなるだろうね。うんうん。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )