東方不敗の幻想
インターネットのジャーナリズムについての覚書

touhou_huhai@gemini.livedoor.com
 




海賊対策の安保理決議、「ソマリア領内へ空爆可能」と米国務省
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2551167/3622325
中国がソマリアに艦艇派遣へ 海賊対策、初の遠洋警備
http://www.47news.jp/CN/200812/CN2008121801000540.html

俺たち中国と米国が組めば、どんな国も侵略しほうだい!
分け前をめぐっては影で色々やるけど、侵略する以上は「その村にいたのは女子供、老人すべて海賊でした。皆殺しにしちゃったけどオールOK」だぜ!

これが国連安保理クォリティ!!!

地獄へ落ちろクソ野郎ども!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




印ロ首脳会談、原子力・軍事で協力拡大
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081205AT2M0503W05122008.html

盛り上がって参りました(うつむきながら)
中パ原子力協力に続いて楽しいお話が続きますね。

左派の人はこれを」なんだっけ。「インドもNPTに加盟させちゃえばいいじゃん!俺って頭いい!」的なナニかだったんだよなぁ。
あれ…「不拡散」ってそういう意味だったっけ…(遠い目)

なんだっけ。正論は必ずしも正論じゃなくて現実主義に立脚したなにか的なゴニョゴニョがあったような気がするけど。ウフフフフ。

あははははは。俺が生きてるあいだに核戦争の地獄を見るのはイヤだ。死んだあとだってだめだ!

【追記】2008/12/05
どうすりゃいいんだ。まぁ元々NPTなんてそもそもが歪んだものだし、そもそもの正論から言ったらあんなもので、大国の行動を縛れるはずがない。ただ、ある状況において都合がいいから、「順守」していただけの話さ。だからNPTの概念だって名前だって、いくらでも都合よく変えられる。正論じゃなくて現実主義に立脚したゴニョゴニョ風にモニョるならそうだ。
しかし、そういうつまらないゴタクを脇に置くと、我々が寄りかかっていた核戦争への抑止力なんて、実際にはなにもないんだと気づかされる。うそざむい。

ところでムンバイで犯行に及んだと言うテロリストたちはパキスタン情報部に訓練を受けたと内外メディアは報じ、どこぞのロッキングチェア軍事専門家もうれしげに吹いて回ってるがが、私が知る限りほぼ100%インド当局の発表であり、ほかの情報源がないので、どうしてもどうしても釈然としない。インドメディアをしっかり読み込めば、当局の発表を裏付ける情報がとれるのかもしれないが…うむ…。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




要するに擲弾筒(グレネードランチャー)だろ…各紙とも変にかみ砕こうとして、かぎりなく間違いに近い言い換えになってないか…。しかももう1カ月ぐらい。

タクシンびいきの私は、PADが嫌いだが…やはり市民が多数参加しているのであり、そこに向かって兵器を使用する奴等はひどい。でも軍じゃないだろうな?それは陰謀論か。いや、ああいう兵器は軍がほかの団体に横流しすることもできる。
とにかくタイ政府が、ああした攻撃を容認、あるいは支援するというなら、非常に間違ったことだ。
それとPADの主張や行為の是非はまた別だ。


【追記】2008/12/02
と思ったら、現政権は裁判所の判断で解党、その座を追われるのか…。
擲弾筒による殺人の事実は明かされるのだろうか。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )