東方不敗の幻想
インターネットのジャーナリズムについての覚書

touhou_huhai@gemini.livedoor.com
 



「決着の夏、杉並集会」に満杯の参加者
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/20c5fa171175613886a2cd9eaf734523
すさまじい呉越同舟のありさまだが、それも勝利のための戦術だというのなら。
戦術として明かにオカシイFTA話にはきちんと手当てをしておかないと。

日米FTA、断固阻止/JAグループが声明/民主党マニフェストに抗議
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/modules/bulletin/article.php?storyid=2910

農業新聞が業界紙として声を上げるのは当然だし、個人的に賛成する。民主党なんて大半はしょーもない連中の集まりでもなにもできやしないと思っていたが、これは悪い意味で影響が大きい。私は信念として農業保護だし、この政権公約は非常に危ういと思っている。そういう考えを持った都市部の無党派層は中高年層と主婦層を中心にけっこういるし、彼等に与える影響も、民主党側や自由主義かぶれの若者たちが考えるほど小さくはない。特に選挙の主役は年寄りだし。

そういう意味では都市の政党である社民党も旗幟を鮮明にしておいた方がいい。党として
FTA賛成はありえないと思うが、変にがまんしているのではないか。声を抑える必要はない。国民新党なども同じだろう。

「私たちに票をくれれば、民主の暴走を抑えます」という姿勢を打ち出せば、民主を嫌がる層をとりこむチャンスだってある(自民と公明のごっご遊びみたいだけど)。まだ選挙まで時間はあると思うので、なにかアクションを。はっきりいって、この問題で少しもの申したって、民主がヘソ曲げて選挙協力せず、なんてことにはならないと思うし。

連中だってヘマをやった意識はある。合議のうえの出来レースでもいいから、民主とは異なる野党としてのポーズがあったほうがいい。

もっとも、赤旗がここぞとばかりに嫌味を書いているが。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-07-31/2009073102_03_1.html
民主党はこれまで、「あらゆる分野で自由化を推進する」(「政権政策の基本方針」2006年12月)という立場で、“自由化”を前提に、「米がたとえ一俵5000円になったとしても、中国からどんなに安い野菜や果物が入ってきても」(07年の政策ビラ)、「所得補償制度」を導入すればよいとしていました。

確かに民主の一部には以前からかなり強烈な自由化論者がいて、力を持っているようだ。それで遺恨が出る恐れはあるのかもしれない。

そうはいっても、他党の大物にビクビクしてものも言えないんじゃ、政党としての価値がない。

杉並は、高齢者と主婦の町だ。
大手マスコミがトーンを抑えても、庶民は意外とこういう問題に厳しく反応する。保守の地盤も固い。野党のスクラムでもそうは突き崩せない。そこで、やはり政治姿勢が大事になる。保守と共有しても構わない「正しさ」は、ぜひ前面に押し出して。

つまり国民新党と社民の福島党首の談話を出すなどが無難ではなかろうか。Webサイトに載せるとかまではしなくていいか。なにかアリバイはあった方がいいなぁ(後ろ向き)

あああ。それどころじゃないんだけどな。私の生活は。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 児童ポルノ問... 華南の水害懸念 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。