東方不敗の幻想
インターネットのジャーナリズムについての覚書

touhou_huhai@gemini.livedoor.com
 



2008/04/30-18:25 小学生が集団レイプ=被加害児童50人以上か-韓国
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008043000877&rel=m
…インターネットと…ケーブルテレビ?
加害児童と被害児童を合わせると50人から100人と推定。
おいおい、まさかこれ、ネットのせいになるのか?


【追記】2008/04/30
いや、なるかもしれんな…詳しい事実が分らんと何とも言えないが。
これがネットのせいだとするなら、検閲やむなし…あれ、韓国って検閲してなかったか?どうなってるんだ…?

市民もサイバーパトロール・韓国フィルタリング事情
http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMIT13000013022008

レポートを読む限りでは、日本の規制反対派が「ここまでなら譲歩するしかない」といった、ぎりぎりのレベルを少しはみだす形でネット規制ができあがってるようだが。

…もしここまで監視体制を作って、国民総背番号制によるIDまで付けているのに、こういう事態が生じるとしたら、なんてこった、高市早苗議員や小倉秀夫先生の求める規制すら「全然足りない」ってことだ…。
そうなると、もうインターネットそのものをどうにかしないと…。

しかし、本当にそれで問題は解決するのか?本当にこれは「ネットのせい」か?
レイプを描いた映像や、小説や、マンガや、そもそもそういうものを「大人向け」に販売することを認めること自体が、抜け穴を生むんじゃないのか?
すべてを抹殺しなければ、どうしようもないんじゃないか?
いや、待て落ち着け。

【追記】2008/05/01
とりあえず韓国の知人にメールで問い合わせ。
まずは事実把握だ。

小学生の集団レイプ、韓国社会に波紋広がる
http://www.ohmynews.co.jp/news/20080430/24303

学校関係者が知っていた!?学校と教育庁が知っていただと!!!!!
何をやってるんだ!信じられない…。
なぜ時事通信は「ネット」の部分だけを切り取って出した…。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





㊥②化学反応 | 中学理科
http://www.casphy.com/bbs/test/read.cgi/jrscience/1202894965/l50

これは確信犯だろう!削除しろ!っと叫ぶのがネットの匿名パターナリズム。

キャスフィ
http://www.casphy.com/about.html

あのさぁ

硫化水素自殺、手法は「有害情報」=ネット書き込みで警察庁
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008043000899

製造方法自体を「有害情報」認定って、時事の記者の筆が走ったんじゃねーだろーな。

こういうその場の気分だけで、臨機応変に「有害」認定しちゃうのが警察の恐いところだと思いません?のどもと過ぎたら有害認定を解除すんじゃないだろうなー?

未成年以外も40歳代の男性とか自殺してるし、一方で警察の対応はアクセス制限どころか削除依頼だぜ?つまり成年も見られなくなるってこと。
もう完全に「子供を守る」から逸脱してるよなー。

ああ、でも、パターナリズムの支持者は、こういう警察の対応の何が問題なのか分からないだろうね。だったらいうけど製造方法自体を有害情報に認定するのはおかしいだろ。事故防止の注意書きとかどうすんだよ。

自殺をそそのかす行為や、周囲に被害を及ぼす行為が問題だってのをきちっと周知しろよ!一足とびに削除ってたどりつくのが、手法が目的化というか、まぁつまり、有害情報認定のテコにしたいんでしょうけど…。

本当にこの問題を終熄させ、再発防止を狙うんならマスコミが煽って煽って煽りまくったことを少しは考えればいいのに。
だからって新聞の黒塗り要請とかするんじゃなくて、まずマスコミの倫理部門集めて、WHOの文書でも読ませて、きちっと話し合いしろよ。
警察が「本当に困ってるんだ」ってじゅんじゅん説いてきかせれば、いくらマスコミのオツムが弱くても伝わる(はず)だからさぁ。

ここで、きっちり話し合いをしとかないと、ほかの問題でも同じことを繰り返すよ?
首しめゲームのときみたくさぁ!って言っても、「悪いのはネット」でマスコミは免罪になりつつあるなぁ。めぐりめぐってマスコミにも検閲がくるんだからよく考えてエクスキューズしろっつーか、こういうアホの連鎖って止まらないんだよなぁ…。

週刊朝日みたいに、顔が緑に変色するとか、ネガティブ情報いっぱい載せるのも手だと思いますけど?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




中国当局は東トルキスタンで金曜日のお祈りの日を“ウイグル青少年の信仰を奪い取る日”と決めた
http://www.turkistanim.org/japan/archive/20040219.htm
宗教への弾圧 - 東トルキスタンに起きていること
http://saveeastturk.org/jp/index.php/%E5%AE%97%E6%95%99%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%BC%BE%E5%9C%A7

中国政府が、ウイグルで18歳以下に宗教(主にイスラム教)への接触を禁止しているのは、「宗教活動」=「分離主義運動」=「反社会的運動」=「犯罪」という理屈だろう。この場合に制度が守ろうとしているのは、18歳以下の個人ではなく社会であるから、日本の新青環法案とは姿勢が異なる。と思いたい。

要するに、どうしても「子供を守る!」ためにネットや書籍への(引いては特定の施設や地域や人間への)接触を禁止したい、というのであれば、どうしたら、こんな風にならないように歯止めをかけるか考えておかないと。

日本政府は中国政府とは違う!絶対に違う!官僚も国民も善人だから安心しろ!
とかいうんじゃなく、保険を入れておかないと。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




高市氏のサイト規制法案、有害基準作成は民間 自民方針
http://www.asahi.com/politics/update/0429/TKY200804290197.html

うひゃひゃ。
いじめはどうした?児童売買春は?一番切実な問題はどうした!!

風紀を守るおばちゃまの、性表現はいけないザーマスの内容と、「ホットな話題」の自殺だけか。前者は、わいせつ物頒布罪を厳しくして、性行為の描写はすべて「有害」ってするだけの話だよな。まぁいいや。

つまり性行為の描写がなければ、同性愛を書いても、少年少女の恋愛を描いてもいいなら、それはそれで、基準が分かりやすくていい。「性欲を催させ」って、プラトニックラブは縛りがきついなぁ(爆笑)。

しかしくだらねぇ。表現規制のための表現規制。朝日のかんちがい報道だと思いたいね。

規制推進派がブログで「戦ってる」あいだに、自民党内で話はあさっての方にいったわけだ。在野の規制推進派が、いかに立法と無縁で、無益無害な存在かよく分かったよ。悲惨な現実を議員に伝える代わりに、規制反対派にむかって説いてみせて…あげくこのありさま。

ところで、この法律って、誰を救うんだ?特定の人々の道徳観を満足させるだけの話だろ。

性行為の表現を避けて、子供に売春の誘いをかけるなんて簡単にできるじゃん。
自殺って言葉を使わずに、いじめをするのだって容易いよ。

あーばかばかしい。規制推進派って全然ロビーしなかったのかね。
規制を必要とする切実な問題はおきざりに、くだらん表現規制だけができあがるのも結構だが。それは子供を守ると言ってた規制推進派が、ブログで楽しいごっこ遊びにうつつを抜かした「怠慢」だぜ。けっきょく建前だけで、ブログで騒げればそれでよかったのかね。

【追記】2008/04/30
本当に性行為と自殺についての表現だけ取り締まるなら、この法律は不快だが危険ははるかに少なくなる。言論の自由侵害の恐れは弱まる。もちろん、これを「実績」にして、あとから法改正して、暴力や性に関する「価値観」の制限、政治、宗教にまで踏み込むつもりだろうけど。規制反対派は、思想統制までの長い道のりを、少しでも遅らせるしかない。

しかし、いじめと売買春についてきれいさっぱり落としているとしたら切ないね。
緊急性があるものは、まずそれだろうに。

話は変わるが、
ボーガスニュースが、「匿名掲示板による相互監視社会」と皮肉っていた。
はいはい分かってますよ。なにもビッグブラザーは政府だけじゃない。匿名大衆の判断力をやたらと高く買い、そいつらが社会の道徳、善悪を決め付け、「指導」したがるパターナリズムだってすでに蔓延してる。

あれが民間による、究極の自主規制だ。政府のそれよりマシ?
とんでもない。リンチとカンガルーコートの支配するこのおぞましい社会を維持すれば「ご満足ですか?」と問われれば、いいえ。吐き気がする。

でもあのねぇ。件の匿名掲示板運営者と、警察のあいだには、暗黙の了解があると思う。
すでに情報提供に関して協力関係を作っているからこそ、潰されないんじゃないかな。
警察としては今あるものを潰して、その利用者が拡散したりするより、ある程度おめこぼしをする代わり、コントロール下におけるようにしてるんだと。
行政の側で、急激な実権の交代がない限り、その方針は続くと思う。
匿名掲示板の利用者が、力の弱い個人を獲物にしていたぶりぬく程度は、ちょっとしたガス抜きとして、おおむね好きにさせるでしょう。

いくら「カネばかりの薄汚いネット事業者が圧力をかけて法案を骨抜きに」って息巻いても、実際問題として、対抗する力がなければ、ブログでごにょごにょ書いたって何にもならない。それもガス抜きにしかならない。
行動を形にしないと。

たとえば、検閲は自分たちに及ばないと思い込んでる新聞やテレビは、ネット規制に好意的だし、匿名掲示板に対して、へつらうというよりは、まだ敵対心を持つだけの「空気の読めなさ」を残している。(いつまで続くか分からないけど)
こういう規制推進派を糾合して戦わないと、口先だけで批判しても、何にもならない。

規制推進派は、せめてMIAUのような自前の組織を作って、教育委員会や風紀関連のNGOと連携を強めたほうがいいんじゃないかな。中核メンバーがビンボーヒマナシなのは、MIAUだってそうでしょ?カンパくらいならするけどな…。
ま、「ボクラは議論をタノシミたいだけです」っていうなら、いいんだけど。それもカネのかからない娯楽ではある。児童の犯罪被害を、話のネタにしている、ということが途端に下劣さを帯びてくるけど。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「情報リタラシーの低い親」がいるから、国が大いなる兄として、その代わりを務めるべきという主張は、つきつめていけば、未成年をすべて全寮制の学校に収容し「健全な管理」をすべきという、手塚治虫の漫画「ゼロマン」の世界につながる。


とはいえ、現在、国民の多数派を占めるパターナリズムの支持者でも、まだそこまで国が個人の生活に介入することは求めていないだろう。彼等なりのバランス感覚でもって、「ここまでは個人の責任、ここまでは社会の責任」といった線引きはしている。当然だ。
だがそのバランス感覚は、時間とともに「国」の方に傾き続けており、今後は以下のような法制度もさして違和感なく提唱され、実現していくと思われる。



【未成年の特定有害地域への立ち入りを禁止する法案】

盛り場や繁華街への出入りに起因する未成年の犯罪被害が多発しているにも関らず、店舗や町内会などによる自主改善が見られないため、これらを「特定有害地域」に指定し、身分証明書(ICカード等)を鍵とした「ゲート」を設けて、未成年の出入りを禁止する、いわば現代版の吉原遊郭構想。

青少年保護育成条例にある、未成年の娯楽施設などへの深夜立ち入り禁止に関する条項を拡張し、あらためて法律として定める。

特定有害地域内の店舗や施設の経営者は、ゲートを適切に管理、運営するための協同組織を作ることを義務付ける(実際には、退職警察官らによる受託会社が業務を手がけることが考えられる)。また国や自治体は必要に応じて、ゲートの入退管理履歴の提出を命じられる。

・特定有害地域の指定は、実現性の高い場所から段階的に進めていく。
・ゲートを有効に機能させるための隔離壁の建設など、設備投資については、国や自治体が補助する。
・税制上の優遇やペナルティなどで、娯楽施設や風俗店などを特定有害地域に移転するよう促し、また特定有害地域にある住宅などの立ち退きを促す。
・特定有害地域外で営業する有害な店舗や施設には個別にゲート導入を義務付ける。


【生活習慣病予防のために食品購入を制限する法案】

まず、下記の文章を読んで頂きたい。

糖尿病等の生活習慣病対策を推進するための方策について
小児期の生活習慣病対策―国立成育医療センター
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/08/dl/s0803-5d.pdf

未成年の生活習慣病、特に糖尿病などは深刻な問題になっており、合併症による死や社会生活の制限は、犯罪被害に比べて「軽い」「たいしたことのない」問題では決してない。

未成年の生活習慣病は、特に「食育リタラシー」の低い保護者の食生活に依存する面が大きく、国の介入がなければ、未成年の深刻な被害を見逃すことになる。もはや保護者への教育や、食品メーカーや販売業者の自主規制などでは不十分である。

新法案では、世帯ごとの定期健康診断を義務化し(その費用は新設する生活習慣病予防保険制度によって負担させる)、健診の結果をもとに1カ月に世帯が摂取すべきカロリー量の範囲を算出する。このカロリー量を世帯ごとに発行する「食品購入許可証」(ICカード等)に記入する。
小売店や飲食店で、国民はこのカードを提示し、定められたカロリー量の範囲内で食品を購入する。店舗は定められたカロリー量を超える食品を提供してはならない。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





お前らがそうやってチベットのためを思って活動した人を冷笑すれば、次はお前らが捕まったときに、ほかの人間が冷笑するだけだ。
今こそ手を差し延べる機会だろうが!
溜飲を下げておしまいか。

そういうお前らが一番ナイーブで愚かでトンチキだよ!

と、ほかの人間に聞こえにくいところで言う私は…ただのくずだ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




そう。あと数年?十数年?のうちには、
検閲があたりまえになる。
未成年のうちから、検閲や情報統制、監視社会を当然として育った世代は、
「国民を守るため」のGPS首輪も、「国民を守るため」置かれた監視カメラも、「国民を守るため」健全な情報だけが見られるパソコンやテレビも、以前の世代よりずっと自然に受け入れるだろう。

「国民を守るため」電話も手紙も、メールもSNSも、犯罪の誘因となるコミュニケーション手段はすべて監視され、利用には完全なトレーサビリティが前提となり、不穏な動きがあればただちに遮断できるようになるが、誰も不満は持たなくなる。

私は信じる。「有害情報」にさらされた子供がその影響を受けて育つことを。だから同時に信じる。「安心・安全の理想」にさらされた子供がその影響を受けて育つことを。そして大人になったとき、前者は悪人に、後者は聖人になると。

判断力の優れた存在(すなわち国家)が、判断力の劣る存在(すなわち国民)に与える情報を制限し、それを見守り、その行動を制限し、正しい方向に導くのが、絶対善となる社会はやって来る。

笑ってしまうのは、あと十数年のうちに成年に達する世代にとって、この内容は
「それがどうした?当り前のことだろ?」
という反応しか呼び覚まさないということだ。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




どうも、はてなダイアリーの使い方がよく分からないのでこちらで書くとしよう。

小倉先生は、未成年のネット利用には、法による規制がなくてはならないと考えている。それは児童売買春などの犯罪被害を防ぐためだ。
http://benli.cocolog-nifty.com/la_causette/
私は、この際その必要性を認める。これを話を出発点にする。

私は、検閲による弊害を恐れる。政府であれ民間組織であれ、一律に有害情報を決めることは、判断基準となる法案の定義があいまいなため、大きな懸念がある。

具体的にいえば、高市法案にある「青少年に対し性に関する価値観の形成に著しく悪影響を及ぼすもの」は、強引に解釈すれば未成年の恋愛、成人であっても同性愛などがそれにあたるのではないかとか、「青少年に対し著しく残虐性を助長するもの」は暴力表現のある小説、マンガ、アニメなどがそれに当たるのではないか、といった問題点だ。さらに「青少年に対し著しく自らの心身の健康を害する行為を誘発するもの」にいたっては、解釈の幅が広すぎるように思う。

なお私は、自治体が定める「青少年保護育成条例」や刑法の「わいせつ物頒布罪」などにも疑問があるが、それはここでは脇に置く。

法律は定義を明確にしすぎないほうが、円滑に運用できるという意見もあるが、私はネット規制法が恣意的に、特定の道徳観、政治観、宗教観にもとづいて運用される弊害を恐れる。

小倉先生に尋ねたいのは、どうすればこうした弊害を避けられるか、いや少なくとも抑制できるかだ。定義をより狭めるとか、不要な条項は削るとか、あるいは運用にあたっての但し書きをつけるとか。

もし小倉先生が「こうした条項にはまったく問題がない」というのであれば、その根拠を示して欲しい。できれば「多分、青少年健全育成推進委員会は善良な人間がなる」「不満なら裁判を起せる」といったものではないといいが…。

分かってほしいのは、私がもはやネット規制法そのものに反対しているわけではないということだ。(それは諦めた)。法がもたらす利益を確保しつつ、その弊害を避けるためにどうすべきかを聞きたいのだ。

それによって、どうなる訳でもない。小倉先生が社会の改善のために法制度を変えようと運動する訳でもなく、私が口先以上の行動をとる訳でもない。
だが、それでも、意味がある質問だろうと思う。

【追記】2008/04/28
無給でもう取り組みを始めてるんだって!?

それぞれができることをやる
http://benli.cocolog-nifty.com/la_causette/2008/04/post_c5b3.html

やっぱりやってるのか!批判ばっかりじゃなくて、行動してるじゃないか!
もしかして形になるのに時間がかかるから、黙っていたのか。
それじゃ、まるっきり私の非難は的外れってことだな…。

どうやったら,統一協会的な純潔概念を私や楠さんに押しつけることができるとでもいうのですか?国会承認人事で,特定の宗教勢力から過半数の委員を選任することが実際にあり得るとお考えなのでしょうか。

統一協会的な純潔概念というと、おおげさすぎて、かえって現実味がないが。例えば同性愛反対が委員の多くを占める可能性、というのなら、十分にありうる。それが国会承認人事なら、民意を代表していて妥当、ということになるなんて、私は嫌だ!
国会で多数派になったら、そんなことまで決められるのか。いや、それはおかしい。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




華麗な源氏物語文化を展観 中京で千年紀展 26日開幕
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008042500192&genre=I1&area=K00
これか
http://www.bunpaku.or.jp/exhi_genji-event.html

いまでいう、ギャルゲ―の世界だよね。それを女流作家が書いて、第2世代が登場する続編を娘が書いて、みたいのが面白い。萌え。

展示されるのは後代の「2次創作」が中心みたいね。同人作品。蒔絵は好きだけど…ちぇっ。連休かー。とても行けないな。お金がないや。
ちなみに江戸にはエロ同人、つまり源氏を題材にした春画もいっぱい作られました。ひゃっひゃっひゃ。いやー。さすがに展示しないでしょうけどね。

そういえば紫の上は、子供のころ誘拐されたうえにレイプされちゃって、「結果的によかった」みたいな話…にはなってないですが。正直、川原泉の「笑う大天使」でもないけど、あんなゴーマン主人公、好きな奴いねーよな?義母に面影が似ててむらむらしてつい、みたいな動機ですよ?。凌辱系エロゲーの主人公より勝手な野郎だよ!しかも権力者!最悪!教育上あんなによくない奴はほかに見当らない。古文の授業では序盤だけしか読まないから安心してるんだろうなー。それは正しい。

あー。まったく源氏はひどい奴だ。図書館で借りられなくなる前に、買い集めとこうかな。
というのが正しいオタクの思考パターンなんだよな。初心に帰ろう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




やれやれ。こういうマメな外交ができるところが、中国政府のすごいところだよ。

公明代表らと会談・チベット問題などで意見交換
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20080418AT3S1800B18042008.html

弱小政党なんて見ていないようで、ちゃーんと反応を見てる訳ね。新聞での発言とかをさ。

よく飼いならした自民党の政権維持が妖しくなってきた現在、野党がまかりまちがってもチベット問題で、弾圧反対の立場をとらないよう、釘を刺しておくと。

社民、共産の両党はどう反応するかな?もし、本当に政権をとりにいくつもりがあるなら、ここで「自民党ごっこ」してはいけない。
選挙に勝った「後」に禍根を残す。

チベットの人々には残酷だが、これは「外交カード」になる。
100%中国政府を支持します!と叫べば、中国は「あっそ、よかった」と、それっきり振り向いてくれない。100%チベットを支持します!と叫べば、中国は「じゃぁイヤガラセしてやる」という判断になる。それもだめ。

「事を荒立たせたくはないんだけど…支持者がねー…オタクラのやってることに戸惑ってるんですよ…」

みたいなポーズをそれとなく出していくしかあるまい。
でも、左派政党って「外国政府だろうと社会主義なら無条件に身内、味方」という意識が働くだろうから、「87%中国政府を支持します!」くらいは言いそうだな。

あー。くっだらね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ